15Summer 月曜クラスブログ

職サークルWEB

15Summer 月曜クラスブログ

100×10チャレンジ 15summer 中間成果発表会 月曜クラス 受賞者インタビュー

【表彰者インタビュー】

 

1. 櫻井芳野さん(以下よっしー)

-2ヶ月間の活動を終えて率直な感想をお願いします。

よっしー 「私はインターンを他に3つ掛け持ちしながらチームのリーダーをやっていたので、

最後までやりきれてほっとしているというのが率直な感想です。

ただもっとチームのためにできることはたくさんあったのでは、と少し後悔もあります。」

 

-なるほど!チームのためにできたことについてもう少し詳しくお願いします!

よっしー 「私のチームは1人途中で辞退してしまった子がいました。

訪問に連絡なしでこないことが続き、LINEで連絡したんだけど既読無視や未読が続きました。

私には連絡がなかったのですが、1人だけチームのメンバーで連絡を返してもらえた子がいました。

私の連絡の仕方とかが悪かったのかなと反省しました。

チームリーダーとして、その子が辞める前に気軽に相談できるような雰囲気作りが

できていなかったなと気付きました。

もっとみんなに目を向けて声かけたり相談に乗ってあげたりできればよかったな、と後悔があります。」

 

-他のインターンとの両立は大変でしたか?

よっしー 「8月の3回は他のインターンが終わった後にホームルームに参加していました。

アポイントメールやみんなとのLINEのやりとりが日中にできなかったのが大変でした。

日中に時間が取れなかったので、移動時間中や、夜にメールを下書きして、

朝起きてからメールを送るなどの工夫をしました。

でもインターン先で多くの社会人に会って直接話したので、

その場で社会人訪問をお願いしてポイント数を稼いでいました。

土日のどちらかはアルバイトにも行っていたし、

インターン後に社会人訪問したりとにかく忙しかったです。」

 

-この忙しい状況をチャンスに変えて、表彰されたのはすごいと思います!

実はブログを書くにあたって、

100×10チャレンジでそれなりの訪問数行こうと思うとかなり忙しいということに対して、

今後参加する人向けへのメッセージとして、

「訪問に行くのはホームルーム以外の時間だし、結構忙しいよ!

他のインターンとの両立厳しいよ!」みたいなことを書こうかと思っていて、

そこでいろいろなインターンと両立して、

訪問数も多かったよっしーに意見を聞きたいです!

よっしー 「たしかに、社会人リストとかチームでいく訪問の両立は厳しいと思います。

でも他のインターン先で絶対社会人に会った時に、

100×10のホームルームで学んだ質問の仕方とかを生かして

直接社会人訪問してしまうのもいいと思います!

あとはサークルとかのOB会でたくさん社会人がくるときにたくさん聞くのもやりました。

だから他のインターンのチャンスとか、使えるものは全部で使う!

という感じでやればなんとかなると思います。」

 

-自分が忙しいのが分かっていたのにリーダーを引き受けたのはなぜですか?

よっしー 「正直に言うとあのリーダー立候補を待っている空気が嫌で立候補しました。笑

あとは私の100×10チャレンジの目標が『逃げない』だったのですが、

忙しい中で自分がどれだけ頑張れて、

逃げずに最後までできるか挑戦したいなって思ってリーダーやりました。

チームのメンバーには迷惑たくさんかけてしまいましたが、

みんなが本当に支えてくれました。

本当にチームのメンバーには感謝しています。」

 

-逃げずにやり遂げた100×10で得たものはありましたか?

よっしー「言い訳が減りました。自分も忙しいけどみんなも忙しいし、

自分でリーダー立候補したんだから言い訳したらだめだろうって思って頑張れました。

あとはやり遂げたことで自信を持てました。」

 

-最後に!100×10チャレンジに参加してよかったですか?

よっしー 「もちろんよかったです!

知らない企業や素晴らしい社会人の方にお会いできたのはもちろんだけど、

1番はチームのメンバーやクラスメイトに出会えたことが良かったです!

自分の将来について、真剣に話し合える仲間ができたのは初めてで、

毎回のホームルームや訪問が本当に楽しかったです。

もし忙しくて参加しようか迷っている人がいたら、

とりあえず参加して、挑戦してみて欲しいです。」

 

-忙しい状況を前向きに捉えて、実行したよっしーを私も見習いたいと思います!

協力ありがとうございました!

 

 

2. 野之上義紀くん(以下のの)

-2ヶ月で100人の訪問を達成して率直な感想をお願いします!

のの 「達成感よりも、『あー終わった』と気が抜けました。笑」

 

-なるほど!それはなぜですか?

のの 「なぜかというと、社会人100人の訪問をしたからといって

特に何か得られるものがあるわけではなかったからです。

社会人訪問レポートを振り返って、

『あーこういうところが変われたんだな』とやっと感じることができました。」

 

-訪問をしていく途中、訪問を通じて得られるものとかはなかったですか?

のの 「はやてぃー、高田コーチ、ヒデさん、キャリぷらの元社員の方のお話を聞いて、

現在の立場にたどり着くまでに、相当な努力を積み重ねていたことが分かりました。

その話を聞いて得られたものは、『自分はまだまだだという気づき』です。」

 

-それではその得られた「気づき」を今後どのように生かしていきますか?

のの 「自分はまだまだと気づいたのなら、次はその人達を越せるよう行動あるのみです!」

 

-最後に!100×10チャレンジに参加してよかったですか?

のの 「もちろん!最高の2ヶ月でした!」

-100×10チャレンジのレジェンドになったのの、2か月間お疲れ様でした!

協力ありがとうございました!

 

 

100×10チャレンジ 15sumer 中間成果発表会

100×10チャレンジ 中間成果発表会

IMG_7583

〈発表会レポート〉

•前半(木曜:齋藤)(中間成果発表会レポート・前編)

前半は、表彰が行われました。2ヶ月間がんばってきた仲間たちの表彰の様子をお送りします。

 

•後半(金曜:青柳) (中間成果発表会レポート・後編)

中間成果発表会の後半は、

継続活動について、「プチ社会人訪問」、「不安解消プロジェクト」、

最後に釘崎校長からのお話などがありました。

 

〈ブログ担当者対談〉

•ブロガー対談(月曜:三上・火曜:小西)(ブロガー対談)

全クラスのブロガーが、ブログの執筆や100×10チャレンジを振り返っての感想、

苦労話などを対談しました!良かったら読んでください。

 

〈受賞者インタビュー〉

•月曜クラス(月曜クラス受賞者インタビュー)

100×10チャレンジサマークールで見事100人への訪問を達成し、

もちろん全体で1位のCチーム野之上義紀くん(のの)。

他のインターンとの両立など忙しさを乗り越え、

見事表彰されたCチーム櫻井芳野さん(よっしー)。

月曜クラスを代表して、2か月間を終えての感想をインタビューしました!

2か月間の100×10チャレンジを終えた2人のリアルな話が聞けました!

 

•火曜クラス(火曜クラス受賞者インタビュー)

個人で1位のGチームの小西さん、個人で5位のCFチームの藤原くん、

コーチ賞を受賞したGチームの本橋さんにインタビューしました。

受賞の感想や100×10チャレンジを振り返って感じることなどをまとめています。

 

•木曜クラス(木曜クラス受賞者インタビュー)

チームで1位、個人で5位のBチーム高橋くんと、同じくBチームの橘さん、

コーチ賞を受賞したFチーム茂木さんへインタビューしました。

表彰されての感想や、100×10を終えて感じていることをお聞きしました。

 

•金曜クラス(金曜クラス受賞者インタビュー)

100×10チャレンジで表彰された金曜日クラスの方たちにインタビューしてきました!

まずは社会人訪問件数個人3位の山口航平くんと

コーチ賞である『金曜の顔で賞』を受賞したHチームのみなさんです!

賞状をもらえた素直な感想と、

2か月間の100×10チャレンジを終えての感想を聞いてみました。

 

 

ブロガー対談

【ブロガー対談】

木曜クラス 斉藤夏実

金曜クラス 青柳周平

月曜クラス 三上修平

火曜クラス 小西沙紀

 

*ブロガーをやっての感想

斉藤 「毎週ブログを書くことで、

ホームルームの内容を振り返ることができて、忘れずに済んだのが良かったかな。

あと、皆から『ブログ見ているよ』と言われて承認欲求が満たされた。」

 

三上 「俺は、訪問よりもブログに重きを置いていたな。

ブログの仕事はクラスに40人近くいるなか、自分1人だけの仕事だったし!

ブロガーをやっていて良かったと思ったのは

ブロガー特権としてコーチやクラスの皆に覚えてもらえることかな。」

 

青柳 「俺も同じ!クラスの人と関われる機会が多かったのは良かった。」

 

小西 「私は、ブログを書こうとすると、客観的にクラスの状況を見ようとするようになるし、

その分毎週深く振り返りができたのが良かった。

それを自分の訪問へのモチベーションに繋げられたし!」

 

*100×10ブロガーの苦労話

斉藤 「クラスのメンバーにインタビューをした時に、本音をぶつけてもらったことがあって、

それをどういう風に書こうか悩んだな。」

 

小西 「書き方って難しいよね。私もクラスで本音をぶつけ合った回があって、

その時の状況を言葉で上手く説明するのが難しかったな。」

 

三上 「俺のクラスでは、ブロガーはクラスのリーダーみたいな感じの立ち位置だったのかも。

だからコーチから怒られることもあった。

おかげで成果発表会で、『よく叱られたで賞』を頂いたんだけどね。笑

あと大変だったのは、海外旅行に行っていたときもブログを書いたこと!

毎週やらないといけないから休めないし、

なによりもネット環境が弱くて提出できなかったときは焦った。笑」

 

*次のクールでブロガーをやる人へ向けて

斉藤 「ブロガーをやって良かった?」

 

三上 「やってよかった!ホームルームはメモを取ったり、

休憩の時間はインタビューと忙しかったけれど、責任感を持ってできるし充実していたよ。」

 

斉藤 「ブロガー同士、他のクラスとの繋がりができて、他クラスの状況も知れるのが良かったと思う。

木曜の高田コーチが、毎週のブログの対談やインタビューの部分を見てから、

ホームルームでやることを決めていたと言っていたので、

次クールでも、チームへのインタビューや、メンバー同士の対談は継続してやってほしいな。

ホームルームの時間無いなかで、

メンバーやコーチにインタビューしなきゃいけないのは私自身大変なところだったけどね。」

 

小西 「クラスのメンバーにインタビューした時に色んな意見や価値観が聞けたのが良かったな。」

 

*100×10チャレンジをやって

斉藤 「ホームルームで本当にみんなから様々な意見が出て、

そんなに意見が出るほど皆一生懸命取り組めていたんだなって思った。

それってすごく良い経験だと思う!」

 

青柳 「毎回のホームルームでグループワークができるし、

たくさんの社会人に会えるし、知らない企業をたくさん知れるのは魅力だと思う。」

 

三上 「2か月間忙しくて、うまくいかないことや、悩むこともあったけど、

この経験をまた生かしていきたいな。」

 

最初ブログ執筆の仕事を任されたときは、任せてもらって嬉しい気持ちでした。

今回の夏クールは、皆それぞれが書きたいことを、かなり自由に書いていました。

私たちの記事を見てくださった方、どうもありがとうございました。(三上)

 

ブロガーというなかなかできない経験ができて良かったです。

客観的に振り返る作業は社会に出ても役に立つと思いました!(小西)

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第8回ホ―ムルーム 9月28日(月)レポート

みなさんこんにちは!

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

9月28日の第8回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

2か月間に及んだ100×10チャレンジ、

8週に渡りお届けしてきたホームルームレポートも、

今回のレポートで最終回になります!

私、しゅうへいもしみじみとしながらこのレポートを執筆しています!笑

それではレポートに入りましょう!

 

今回もチームごとに着席し、あいさつからスタートです!

12063417_641974025945005_5231555268037362396_n

 

はやてぃーから、

「今日のホームルームは2か月の振り返りの時間にしよう。

どんなことを学んだのか、どんなことに気づいたのか、

それを実感する時間にする。

それが活力になって、次のチャレンジに向かっていける。

振り返りが今回のホームルームの目的である。

自分が2か月頑張ったことを認識して、それを次に生かそう!」

とお話がありました。

 

そして、ここ1,2週間を振り返って、

・印象に残った社会人

・なぜ印象に残ったのか

・そのことに対する気づき・発見

を自分のチーム以外の人と共有をしました。

 

次にモチベーショングラフというものを活用して、

100×10チャレンジに参加している2か月間の

自分のモチベーションの変動を振り返りました!

12036864_641974022611672_7241381076558546208_n

 

そして自分で書いたものを机に置いて、

各自みんなのグラフを見て回って共有しました。

感じたことを共有すると、

「訪問を続けている間はモチベーションが落ちない、

訪問をしないと気持ちが切れてモチベーションは落ちる。」

という意見が挙がりました。

 

ここではやてぃーから、

このモチベーショングラフを見るポイントは3つ、

とお話がありました。

1. いい調子のとき、

2. モチベーションが下がるとき、

3. 落ちたモチベーションが上がるとき

の3つです。

 

それぞれのポイントの自分の気持ちの共通点を探そう。

特に落ちたモチベーションが上がるときのことを分析することで、

今後同じ状況のときに、どうやってモチベーションを上げるか、

解決方法のポイントを見出すことができるということでした!

これは社会人になっても同じで、

分析をすることで自分が立ち直るきっかけになります!

これが分かることも1つの2か月間の成果です。

同じインターンをやっていても、

感じること、持って帰るものは違うけど、

それが個性である。

人がたくさんいるからこそ分かる、

自分の個性とのことでした。

 

そのあと、2か月間の成果の振り返りを行いました!

具体的には、

・目標ポイント数に対しての成果

・初回のホームルームで決めた、なりたい自分に近づけたか

この2つに対して達成できたのか、できなかったのか。

できなかったことは、

どうしたらよいのか考えよう、ということでした。

そしてチーム内で共有をしました!

12036645_641974092611665_4599764002363421140_n

 

この後、大きめのふせんを使ってチームのみんなに、

・あなたが成長したところ

・2か月間一緒に過ごして分かったあなたの魅力

・メッセージ

これらをそれぞれふせんに書いて、お互い読みあって交換をしました。

11988393_641974999278241_2678098063309421299_n

みんな恥ずかしそうに交換をしています。笑

 

ちなみに私がチームのみんなにもらったメッセージはこちらです!

12107804_778905162235083_2710737023829253558_n

これは私にとって、この2か月間のリーダーとしての、

最大の成果です!宝物です!

 

このあとクラス全員で、輪になって座って、

それぞれが100×10チャレンジに対する思いを発表しました。

内容については割愛させて頂きますが、

みんなそれぞれの思いを聞いて、

胸に来るものがありましたね。。。

11215110_641974992611575_8889718841073805164_n

 

その時に話してくださった、

ヒデとはやてぃーの言葉を少し紹介します!

 

ヒデ「今のみんなの1人1人の言葉を聞いて、

みんなの中に変化が起きていたんだなと感じました。

その変化を大切にしていって欲しい。」

 

はやてぃー「あっという間の2か月でした。

社会人になった5年後、10年後、

学生の100×10チャレンジの訪問を受けて、

あなたみたいな社会人になりたい、

と思われるような社会人になっていって欲しい。」

 

というお2人からのメッセージでした。

 

以上、第8回ホームルームレポートでした!

 

 

=====================================================================

そして、ホームルームのあと、はやてぃーとヒデにお話を伺いました!

-ついに終わってしまいました。。。

2か月続けてやってきた上での今日のホームルームはいかがでしたか?

はやてぃー「本当に早かったね。」

ヒデ「2か月やったからこその思いが今日詰まってたんじゃない?

チームで写真撮ったりしているのを見ると、やってよかったんだと思うよ。」

 

-最後にメッセージをお願いします!

はやてぃー「100×10チャレンジの修了生で、

2か月間で全然訪問行かなかった人がいた。

でもその子は、そのあと奮起して、たくさん社会人訪問をした。

結果、就職活動では内定を多く勝ち取ることができた。

何が言いたいかというと、

大事なのはこれから。

この2か月間の不完全燃焼が次に生かせたら、

その不完全燃焼は成功になる。

魅力的な社会人になれる。

だから2か月を振り返って、次に生かしてほしい。」

 

-お2人、2か月間本当にありがとうございました!

 

 

はやてぃーとヒデには毎回ホームルームのあと

インタビューをさせて頂いていました。

時には怒られることもありましたが、

私にとってこの時間は成長の場でした!

どうもありがとうございました!

 

=====================================================================

そしてここから番外編です!

 

このホームルームが行われたのは9月28日。

なんと

ヒデの誕生日が9月27日。

はやてぃーの誕生日が9月30日。

12065633_641975105944897_3731799164535623629_n

 

ということでお2人の誕生日をみんなでお祝いしました!!

12027643_641975202611554_9045999253704186406_n

こっそり買ってきたケーキ。。。笑

最後にみんなで記念撮影!

12042753_641975295944878_8365568590079215246_n

 

 

初回のホームルームで撮影した写真と比べてどうでしょうか・・・?

お2人おめでとうございます!!

 

=====================================================================

今回のホームルームで全8回の最終回となってしまいました。

2か月間あっという間でしたね。。。

みなさんそれぞれ、終わってみての感想は違うと思います。

最初からそれぞれの目的、

得たいものが違う中集まって、

同じ訪問に行く中で、

うまくいかないこともありましたね。

でも、そこから得られたものは多かったはずです。

 

はやてぃーの言葉の通り、

大事なのはこれからです!

 

この2か月で得た経験、気づきを生かしましょう!

 

私自身、100×10チャレンジの訪問、ブログ執筆を通じて、

感じることがたくさんありました。

この感じたことを次に生かして、成長したいと思います!

 

100×10チャレンジに協力して頂いた社会人の皆様、

はやてぃーさん、ヒデさん、

パフの皆様、

月曜クラスのメンバー、

そしてこのブログを読んでくださった皆様!

 

どうもありがとうございました!!!

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

 

獨協大学3年です。

 

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。

ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

 

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第7回ホ―ムルーム 9月21日(月)レポート

みなさんこんにちは!

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

9月21日の第7回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

今日もチームごとに着席です!

12002110_640640102745064_8462558697794314496_n

今回は、はやてぃーのお話から始まりました。

 

ホームルームの前、そばを食べていたはやてぃー、

なんと歯が抜けたそうです。笑

こんな話から今回のホームルームはスタートです!笑

 

さて、今回は前回、前々回と違うことがあります。

前回、前々回はホームルームの最初に、

ホワイトボードに現状を理解のために、

訪問数などを数字にして書き込んでいました。

 

しかし、書くことが大事なのではなく、

現状理解のため、課題を発見することが目的であるということでした。

書いたところで、現状を理解していなければ意味がない。

なんでも、言われたからやるのではなく、

自発的に動く意識が必要であるということでした。

(ホワイトボードに書けという意味ではありません。)

訪問で出会う社会人は自発的に動く社会人ばかりです。

成長のために何が必要か考えようというお話でした。

 

そこで、はやてぃーから

「自発的にやってほしい、だから今日何したい?」

と投げかけられました。

このチーム、このクラスに残された時間は1週間、

このホームルームをどう使うか、みんなで考えることになりました。

12038546_640640106078397_3364687706793786670_n

いくつか意見が出た中で、2つにグループを分け、

運営側の釘崎さん、保坂さんを交えて、

ディスカッションをしようということになりました。

 

1つ目のグループは、

「100×10チャレンジにおけるチームの存在意義、チームの人数」

2つ目のグループは、

「100×10チャレンジやっている上で苦労したこと、問題点、改善点」

を議題にしました。

12011159_640640269411714_5168770910008509729_n

1つ目のグループは、

100×10チャレンジにおける、チームの必要性について、

それぞれのチーム論、悩んでいること、チーム内での個人の役割、チームの良さ

などについて、話が挙がりました。

 

釘崎さんからは、

「対立の生まれない組織はいい組織とは言えない。

例えばチーム内でどうしてもベクトルの合わない人がいた場合、

その人をリストラして進めていくのか、その人をなんとか引き戻して進めていくのか、

この決断もみんなにとって良い経験になる。

一番の悪は、思っていることを言わないこと。

モチベーションがないから仕事をしない、というのは

社会人になってからは許されないことであって、

モチベーションに関わらず、決めたことに対してはしっかり向き合う。

やり続ければ、そこに意義が発生して、それがモチベーションにつながる。」

というお話を頂きました。

グループとして、結論をまとめることができませんでしたが、

最後に1人ずつ、今感じていることを述べて終了しました!

 

 

2つ目のグループは、

100×10チャレンジをやっている上での問題点、苦労したことを出しあいました。

議論になったことの1つは、

「運営事務局から提供される、社会人紹介リストの件数少ない」ということ

自社に興味がない学生が訪問してくるのは、企業の方も嫌なのではないか。

訪問候補の社会人がもっといればあれば、

自分たちが興味のある人を選んで行くから良いのではないかという

学生からの意見がありました。

12004830_640640282745046_4031365730834589647_n

これに保坂さんは、

「もし、事務局から紹介された訪問社会人候補がたくさんあったら、

みんな選り好みしてしまうのではないかな。

しかも、学生のまだ視野の狭い中での価値観で、

興味を抱いたところに行ってしまう。

それは、視野を広げよう、社会人にたくさん会って、たくさんの価値観を知ろう、

自分の新しい未来を見つけよう

という100×10チャレンジのゴールとはズレれいない?

だからあえて、数を調整した社会人リストを配布している。

どの社会人も、みんなの成長を応援・支援してくれている協賛企業の方々ばかり。

その上で、訪問に慣れてきたり、自分なりの会いたい人がわかってきたら、

社会人リスト以外にも行けばいい。」

というお話を頂きました。

 

実は私はこのグループではなかったので、

このグループに参加していた学生に話を伺いました。

 

「100×10チャレンジに参加しての苦労を話したけれど、

そのほとんどが自分たちで改善できそうなことばかりで、

自分たちの主体性の乏しさを痛感した。

100×10チャレンジは、自分たちの想像以上に、

パフの方々、コーチ陣によって作りこまれていて、

あくまで自分たちはその上でしか、行動していないというのが分かった。」

という感想を持ったそうです!

 

そして、少し全体で話を共有し、今後どう生かせるか考えました!

 

最後にはやてぃーから、

「社会に出たら、待っていたら辛い、自分たちで作っていくのが大切。

会社でも、自分がこの会社を作っているんだ、

という思いがあれば、きっとその会社を好きになれる。

あと一週間だけど、ゴールはそこではなくて、

『魅力的な社会人になること』

だから、この経験を生かしてほしい。」

 

ヒデからは

「主体性が大事。やらされていると思うと不満が出る。

今日のホームルームで出た意見は、

自分たちで改善できたものばかりだった。

それに1時間半を使ったということについて、

よく考えて、今後のパフォーマンスを上げていってほしい。」

 

というおふたりからのお言葉でした。

 

以上、第7回ホームルームレポートでした!

 

 

=====================================================================

 

そして、ホームルームのあと、はやてぃーとヒデにお話を伺いました!

-今日のホームルーム、いつもとかなり違う展開になりましたが、どうでしたか?

 

はやてぃー「難しかったね。でも自分たちで作っていく意識は大事。

できなかったときは、できなかった自分をしっかり覚えていくこと。

あくまでゴールは、魅力的な社会人になること、これを忘れないでほしい。」

 

ヒデ「時間に対してどう思うかだね、時間の感覚。これが主体性に直結するところ。

話し合いもやっぱりこれが現状、お互い見合っている。対立を恐れないで発言してほしい。」

 

-来週に向けてのメッセージをお願いします!

はやてぃー「あと1週間、悔いのないように。

あのときああすればよかったと思わないようにやっていってほしい。」

 

-どうもありがとうございました。来週もよろしくお願いします!

 

=====================================================================

 

そして今回は、私がリーダーを務めるEチームに話を伺いました!

 

-みなさんお疲れ様です!インタビューお願いします!

(白熱の話し合いの最中に申し込んだので白い目で見られました。。笑)

もうあと一週間ですが、Eチーム、どうですか?

 

Eチームメンバー「良くも悪くもバラバラです。笑

個性的なメンバーだと思います。同時にみんな優しくていいチームです。」

 

-今日のホームルームの感想はどうでしたか?

 

Eチームメンバー「難しかった。チームとしてではなく、

この人数全体で話を進めるのは難しかったです。

でも得られるものも大きかったです。」

 

-残り1週間ですが、意気込みをお願いします!

 

Eチームメンバー「あと1週間、限られた時間でベストを尽くせるよう頑張ります!」

 

-どうもありがとうございました!

 

 

ホームルームも残すところあと1回!

悔いのないように頑張りましょう!

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

 

獨協大学3年です。

 

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。

ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

 

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第6回ホ―ムルーム 9月14日(月)レポート

みなさんこんにちは!

 

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

9月14日の第6回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

今日も、チームごとに着席です!

 

前回同様に、

目標ポイント、訪問数、アポイント数、訪問数とアポイント数の合計

をホワイトボードに書きこむという

ミッションがありました。

 

12033113_637270386415369_2259401237716603418_n

 

今回は全チーム、ホームルームが始まるまでに

ホワイトボードに書き込むことができました。

今回は明確な時間設定がなかったのですが、

何時までに書けばよいかというのは、

必ず確認すべきことである。

社会人になってからでも、期日、期限は

必ず確認すべきものである、

と最初にはやてぃーからお話を頂きました。

 

そして、はやてぃーは100×10チャレンジの今クールで、

初めて社会人訪問を受けたそうです!

しかし、はやてぃーは、私たちが、

「本当に聞きたいことが聞けているのか?聞けたのか?」

という疑問を感じたそうです。

そこでもう一度、それぞれが

100×10チャレンジに参加した動機、得たい結果

について振り返りました。

そして、どんな質問をすれば、

自分の得たいものを得られるのかについて、

チームごとに考え、その情報をワールドカフェ方式で共有しました!

 

12002094_637270529748688_7470276966013417274_n

 

全体で挙がった意見としては、

「もっと自分が社会人になることをイメージするために、

社会人のパーソナルな部分、一日のスケジュールを知りたい」

などの意見が挙がりました。

 

はやてぃーからは、

・社会人だからこそ聞いてみたい質問

・その会社、業界だから聞いてみたい質問、

・その人だから聞いてみたい質問

を考えよう、とお話がありました。

 

さらに加えて、その質問で、

・何を知りたいか

・なぜ知りたいか

・どうしたら知れるか

についても考えよう、とお話がありました。

話し合いでは、

「通常の質問とセットで質問の意図も伝えると、

自分の知りたい答えが返ってくるのでは?」

という意見が出ました。

 

はやてぃーからは具体的に、

社会人の価値観ついて聞いたなら、

その背景にも迫れ

とお話がありました。

背景というのは、その価値観を持つきっかけとなった出来事などです。

背景には、必ずストーリーがあり、

そして、そのストーリーに人は感動しやすい。

価値観の背景に触れると、感動が起きる。

とのことでした。

 

12033166_637270489748692_2097926945018906751_n

 

自分の現状を理解して、

より変化、成長するために、

残り14日で実感するためにはどうするか

を考えよう、ということでした。

 

以上、第6回のホームルームレポートでした!

 

=====================================================================

 

ホームルームのあと、

アメリカ留学のために、今週が最後ホームルームとなってしまう、

ゆうが所属する、Aチームにお話を伺いました!

 

-みなさんホームルームお疲れ様でした。

今日のホームルームはいかがでしたか?

 

Aチーム「話し合いがとても充実した場になりました。

チーム内でお互いのカウンセリングや、

100×10チャレンジをやる意義についてまで話すことができました。」

 

ゆう「これは俺の最後のメッセージとしてブログに書いてほしいんだけど笑、

100×10チャレンジにおいては、

訪問よりもホームルームが成長の場だと思う。

ホームルームでの話し合いでは、

発言とか自分ができること以上のことを

やってみる場にするべき。

それをやっている人が少ない。

きっと、みんなが思っているよりホームルームは大事な場で、

共有の場ではなく、発信の場として意識してほしい。

発言したほうが楽しいし、場が盛り上がるしね。」

 

-確かに、発信の場という意識は低いかもしれませんね。

Aチームのみなさん、そんなゆうがいなくなっちゃいますけど、

どうします?笑

 

Aチーム「いなくなるのは寂しいです。笑

ゆうはクリエイティブチャレンジも参加して、経験もあるし、

数字についても私たちを引っ張ってくれました。

ゆうが数字で引っ張って、みんながそれについてきた部分もありました。

正直、頼れる人がいなくなっちゃいます。。。

それでもこのAチームでよかったと思えています。」

 

-リーダーにお伺いします。

ゆうがいなくなる今後の意気込みをお願いします!

Aチームリーダー、まみ

「4人でチーム目標の263ポイントを達成させます!

質にもこだわりつつ、

最後にみんなで満足できるように、頑張りたいです!」

 

-力強いコメントです!どうもありがとうございました!

 

=====================================================================

 

そして、はやてぃーとヒデにも少しだけお話を伺いました!

 

-先週の怒られたホームルームから、今週のホームルーム、

どうでしたか?

ヒデ「今週は成長できたと思うよ。」

 

-もう100×10チャレンジもあと少しですが、メッセージをお願いします!

はやてぃー「変化を大切にして、やってよかったと思えるようにしてほしい。」

ヒデ「変化・成長する。していないなら、できるようにチャレンジしよう。」

 

-どうもありがとうございました!来週もよろしくお願いします!

 

=====================================================================

 

そしてここからは番外編です!

 

先ほども、少し触れましたが、Aチームのゆうが、

アメリカ留学のために今週のホームルームが最後になってしまいました!

きっとゆうなら、海を越えても、社会人訪問たくさん行ってくれることでしょう!笑

12004846_637271029748638_6915628600077008893_n

 

感動のあまり号泣するゆう(嘘)

 

ゆう頑張れーー!!みんな応援してるぞーーー!!!

 

内輪っぽい感じになってしまいましたが、

100×10チャレンジも終盤に差し掛かり、

クラスも仲良くなっています!

今回はその一部を紹介しました!

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

 

獨協大学3年です。

 

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。

ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

 

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第5回ホ―ムルーム 9月7日(月)レポート

みなさんこんにちは!

 

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

9月7日の第5回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

11954714_634167063392368_7987426302405196540_n

 

今日はいつも通り、チームごとに着席です!

 

ホームルームが始まるまでに、

目標ポイント、訪問数、アポイント数、訪問数とアポイント数の合計

をホワイトボードに書きこむという

ミッションがありました。

 

12002066_768848906574042_1009551296313859709_n

 

しかし、これに対して、自ら率先して書き込むことができたチームはありませんでした。

このできなかったことに対して、はやてぃーから厳しいお叱りの言葉がありました。

 

チームの訪問数やアポイント数の現状の現状を知らなくて何ができるのか。

大学の授業では、教室で待っていれば授業は始まるかもしれない。

しかし、社会人では待っていてはいけない。

自分で仕事を取りにいかなければいけない。

 

とお話がありました。

一連のこの話は、会社に入社した後にされる、

新人研修で話される話であるとのことでした。

 

社会人になると必ず「目標」と「期限」があり、

期限を守れるのが「社会人」である。

これができなかった私たちは「学生」であった。

 

とのことでした。

 

そして今日のテーマは、

「ハッキリさせる」ことです。

数字にしてあらわすことで、現状をはっきりさせる。

今日の導入部分ではっきりしたことは、

私たちは時間・成果にこだわれていない学生であるということです。

 

11954814_768848839907382_7971398719741647618_n

 

チームの合計訪問数の現状を理解できていないチームも多くあり、

これもまた現状である。

成果にこだわる人は現状を理解している。

現状で今後のやり方が変わるから、現状を知らないといけない

とのことでした。

 

さらにはやてぃーから、

初回のワークではみんな動きが早くて期待したのに、

がっかりした、残念という厳しい言葉をかけられました。

 

 

ここで少し時間をとって、

パフの社長である釘崎さんからお話を頂きました。

簡単にではありますが、ご紹介したいと思います。

 

釘崎さんが100×10チャレンジを作ったのは、

釘崎さん自身の学生のときの体験談からだと言います。

 

釘崎さんも学生時代に社会人訪問をたくさんしていたそうです。

300社、600人~700人の人に会ったそうです。

 

11207315_768848946574038_8609374133668290430_n

 

なぜそのようなことをしていたかというと、

釘崎さんは大学3年生の1月から、営業マンをやっていて、

その営業を通じて、多くの人に会ったそうです。

しかし、始めた頃は

1日に100件のアポ取りの電話をかけても

1件もアポは取れなかった。

そして1000件の電話で

やっとアポが取れたそうです。

しかし、営業はアポ取りがゴールではありません。

結局、このアポは契約に至りませんでした。

その後もアポは少しずつ増えましたが、契約は0のまま。

2か月その状態が続きました。

お給料をもらっているにも関わらず、

売り上げは0。

そんな状況は本当につらかったそうです。

 

そして2000件のアポで

ようやく1件の契約が取れました。

その金額は200万円。

そこでエンジンがかかり、

10か月で300社、600~700人の人に出会うことができ、

存在感のある営業マンになれたそうです。

 

これは釘崎さんにとって33年前の話だそうです。

 

釘崎さんは、

33年前の自分に感謝していて、

この営業マン時代があって成長できた、

この仕事を投げ出していたら、

間違いなく今の自分はいないとおっしゃっていました。

 

100×10チャレンジで思ったように件数が取れないなら、

どうやって乗り越えるか、

どうやってはね返すか。

 

やらないと成長はできない。

 

5年後、10年後、

あのときの自分にありがとうと言えるように、

頑張って続けていってくれ。

 

と激励の言葉を頂きました!

 

釘崎さんの話のような、

リアルな実体験、経験談は

とても響きますね。

みなさんも、やる気がでたのではないでしょうか!!

 

そしてここで、

チームごとのワークに入り、

チームの現状、個人の現状をはっきりさせよう

ということになりました。

 

確認することは3つです。

1、数字を使ってチームに何が起きているのか。

2、なぜそのようなことが起きているのか。

3、そのことについて、今後どう対応するのか。

 

12003284_768848863240713_1853343394770061850_n

 

これらをチームごとに確認したあと、

はやてぃーからは、

やっとチームが動き出した。

社会人は絶対チームで動く。

何か問題があるとき、

自ら、話し合いの場を作れる人間になってほしい。

自分から話し合いの場を作る人が、

魅力的な社会人である。

 

今できていないなら、

その位置に居続けることが問題であって、

その位置に留まるのではなく、

現状を責めるのではなく、

じゃあどうするかを考えるよう。

 

ホームルームに来ているだけではダメ。

このインターンが終わったあと、

自分が参加してよかったと思えるようにやっていこう。

 

とお話を頂きました。

 

最後に今週取るアポイント数の目標を設定しました。

 

以上、第5回のホームルームレポートでした!

 

 

=====================================================================

 

ホームルームのあと、

ホームルームに全員スーツで参加していた、

Gチームにお話を伺いました!

 

-みなさんホームルームお疲れ様でした。

みなさんスーツですけど、今日はチームで訪問に行ったのですか?

Gチーム「今日は2社訪問に行きました。」

 

-お、いい調子ですね。

チームとして、心がけていることはありますか?

 

Gチーム「社会人リストや、イベントで名刺交換した社会人の方に、

なるべくチーム全員が訪問に行けるようにしています。」

 

-いいですね。

リーダーに伺います。Gチームの良いところ、改善したいところはありますか?

 

Gチームリーダー、ゆうた(以下、ゆうた)

「チームとしては、みんな意欲的にやってくれています。

改善点は、アポ取りに際して、日程の組み方が下手かなと思います。

あとは、質の高い質問をもっとしたいです。

訪問を繰り返していく上で、質問がパターン化してしまっています。

社会人の方から、変わった答えが返ってくるような質問をしたいですね。」

 

-最後にリーダーからGチームの目標をお願いします!

 

ゆうた「訪問の量は当然であって、今後は質も追い求めていきたいです!」

 

-ありがとうございました!今後も頑張っていきましょう!

(写真を撮り忘れてしまいました。。。すいません。。。)

 

 

=====================================================================

 

そして、はやてぃーとヒデにも少しだけお話を伺いました!

 

-もう100×10チャレンジも折り返し地点です。

 

はやてぃー「そうだよ。もう終わっちゃうよ。

時間を大切にしないと。」

 

-ヒデさん、先週と比べたらどうですか?

 

「話し合いとか見ていると、先週よりはいいよね。」

 

ここでまさかの時間切れになってしまいました。。。!!!

お二方、いつも答えて頂きありがとうございます!

 

 

実は今回のホームルームは、

かなりはやてぃーに怒られてしまいました。(主に私。。。)

 

またみんなで頑張っていきましょう!

 

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

 

獨協大学3年です。

 

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。

ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

 

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第4回ホ―ムルーム 8月31日(月)レポート

みなさんこんにちは!

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

8月31日の第4回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

今回のホームルームの流れはこちら!

 

  • あいさつ
  • 3人グループで情報共有
  • 前回ホームルームの振り返り
  • 訪問・アポ取り人数別でグループを作り意見交換
  • チームメンバーで集まり、話し合い
  • まとめ
  • 訪問レポート提出・社会人リスト配布

 

第4回8月31日のホームルームです!

もう8月も終わってしまいました。。。

1か月本当にあっという間でしたね。

11954759_630925050383236_6323172353326423485_n

 

あいさつのあとに、

8月があっという間だということは、

9月もあっという間である。

とはやてぃーから最初にお話がありました。

 

さて!

今日はいつものチームごとの着席ではなく、

自由に着席です!

 

3人でグループになってまわりの人と

 

・おすすめ社会人

・今後会いたい社会人

 

の共有をしました!

11960236_630925047049903_1537025190086290466_n

 

グループを変えて数回共有の作業を行いました。

クラスとして知っている情報を共有して、

クラスの資源として活用していこう

とはやてぃーからお話がありました。

 

 

そして前回

「成果にこだわる」

ことについてクラスで話し合いましたが、

もう一度そのことについて確認を行いました。

 

そのあと、訪問人数・アポ取りの人数別に分かれて、

訪問を経験して得た

「気づき」、「反省点」などについて話し合いました。

 

1779902_125414987806879_8240844632222388158_n

 

そして

月曜クラスは訪問達成数が10パーセント以下のチームが多い

という厳しい現実が。。。

 

そして初回に設定した

「ミニマム100」

 

いつまでにチーム合計で100人訪問を達成するか

という目標がありました。

7チームのうち、4チームが

この第4回までに「ミニマム100」

を達成の予定でしたが

1チームも達成できていません。

 

自分の決めた数字を

なぜ達成できていないのか

これを分析する必要がある。

 

成果にこだわるために、

成長するために、

数字にこだわるために、

成長したくないならインターンに参加する意味ない。

 

 

今よりギアを上げていく必要がある

 

 

というはやてぃーからのお話でした。

 

今後どうしていくか

チームで話し合い・作戦会議は宿題となりました。

 

以上、第4回ホームルームのレポートでした!

 

 

 

=====================================================================

 

ホームルームのあと、はやてぃーとヒデにお話を伺いました!

 

-月曜クラスとしては全然ダメですよね。。。

ヒデ「全然ダメだよ~!」

はやてぃー「表見てみなよ。」

-他の曜日に差をつけられてしまっています。。。

はやてぃー「しゅうへいはちゃんと訪問行けているの?」

-いや、、、あんまりです。。。

ヒデ「ダメじゃん。」

-はい。。。

はやてぃー「忙しいの?」

-うーん。。。

はやてぃー「忙しくてもアポは取れるからね。アポがないのは言い訳にならないよ。」

-はい。。。

ヒデ「しゅうへい、もっと働け!数字だよ。」

-はい。。。。。。。。。。

ヒデ「じゃあ終わりね、お疲れ様。」

-ありがとうございました。

 

コーチのお二人に言われたことが

正論過ぎてぐうの音も出ませんでした。汗

全くインタビューになっていません。泣

 

月曜クラスは現状、かなり厳しいです!

巻き返し目指して頑張りましょう!

 

 

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

 

獨協大学3年です。

 

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。

ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

 

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第3回ホ―ムルーム 8月24日(月)レポート

みなさんこんにちは!

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

8月24日の第3回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

今回のホームルームの流れはこちら!

  • あいさつ
  • チーム内で今週の訪問の振り返り・共有
  • クラス全体で今週の訪問の振り返り・共有
  • チーム内でワーク
  • ワールドカフェ方式で情報共有
  • 全体共有・チーム内で振り返り
  • まとめ
  • 訪問レポート提出・社会人リスト配布

 

11891139_627916910684050_9079502516451636896_n

 

 

第3回目ホームルームです!

社会人訪問、各チーム活発になってきているようです!

2チームが、社会人訪問が延びてしまったため

ホームルームに遅れてきてしまいました。。。。。

訪問が盛り上がるのは良いことだと思います!

 

しかし、みんなが揃ってホームルームが始められたら、

気持ちいいですね!!

11954553_627917004017374_8905908723855258615_n

 

この100×10チャレンジは、2か月の長いインターンです。

しかし、100×10生のみんなは感じてきていると思いますが、

「時間がない!」

はやてぃーからも、

「2か月あっという間だから、ちょっとした隙が後々大きくなる。」

というお話がありました。

成果にこだわって、頑張っていきまます!

 

共有の時間では、

どんな人にあって、

どんな話をしたか、

具体的に話してくれました。

 

ここではやてぃーから、

訪問では、社会人の話で、

いいと思った部分に深掘りする、

なんで社会人はそう思ったのか、

自分はなんでそう思ったのか、

自分が感じたものは何だろう?

と自分に問うことを繰り返すことで、

自分はそうだったんだと気づくということでした!

 

そのあと「成果にこだわる」ということはどういうことなのか、

チーム内で考えました。

そしてワールドカフェ方式で共有しました。

 

11888018_627916917350716_544055335035321960_n

 

その後、

月曜クラスにとって「成果にこだわる」

というのはどういうものか、

考えました。

 

成果にこだわるというのは、

「量と質」にこだわるということ。

 

しかし、質にこだわるには、

ある程度の量をこなして、

「質」を理解しなければいけない。

理解するまでは、「量」をこなすしかない。

まだ質を語るレベルではない。

 

訪問に至るまでの過程、準備を妥協しない。

というふうにまとまりました!

11895961_627917547350653_348378122878961571_n

 

これをみんなで頭に入れて、実行していきます!

 

はやてぃーからは、

毎回のホームルームは、

「成果にこだわれている?」

これを問う時間であると言われました。

この質問を毎回自分たちに問いかけていこう!

そして、この質問に「YES」と答えられるように

行動していこう!

自問自答していこう!

ということでした。

 

「YES」は毎週続けられるように。

「NO」は「YES」に変わるように。

なぜ「NO」なのかを考えるように。

 

成果にこだわり続けられる人が、魅力的な人!

 

最後にはやてぃーから!

 

「成果にこだわれている?」

これに「はい!」と答えられる1週間を過ごしてください!

 

以上、第3回ホームルームのレポートでした!

 

===================

 

ホームルームのあと、はやてぃーとヒデからお話を伺いました!

 

-3回目ホームルーム、「成果にこだわる」ということについて、

みんな真剣に考えて、私たちなりの解釈を出しました。

これについてはどうでしたか?

はやてぃー「良かったと思うよ。量と質に関して今日気づけたのは大きいと思うね。」

ヒデ「就活の面接にしても、就職してからも、最初は量をこなさないといけないから。

これを乗り越えた人が成果を出している。」

はやてぃー「野球でも、最後に自分の味方になるのは、

自分がどれだけバットを振ったか、

という自信だから。

自分がこれだけやったんだ!という自信が必要になるからね。」

 

-ヒデさん、後ろから客観的に見て今日の、月曜クラスはいかがでしたか?

ヒデ「今日のホームルームに関しては、良かったと思う。

でも、今後行動に移せるかがカギだと思うよ。

あとは、各チームいかに成熟させることができるかだね。」

 

・・・

これは、リーダーとしての自分の課題でもあります。。。

ありがとうございました!来週もよろしくお願い致します!

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

獨協大学3年です。

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。
ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。

100×10チャレンジ 15summer 月曜クラス 第2回ホ―ムルーム 8月17日(月)レポート

みなさんこんにちは!

月曜クラスブログ担当の三上修平です。

 

8月17日の第2回ホームルームのレポートをみなさんにお届け致します!

 

今回のホームルームの流れはこちら!

  • あいさつ
  • チーム内で初回訪問の振り返り
  • 前回のホームルームの振り返り
  • チーム対抗のワーク
  • ワールドカフェ方式で情報共有
  • まとめ
  • 社会人リスト配布

 

11218153_625242557618152_7759544693818065683_n

 

お盆明け、2回目のホームルームです!

あれ?人数が少ない。。。

みなさん忙しいようです。残念。。。

 

お盆には、はやてぃー(月曜担当コーチ)も田舎に帰ったそうです!

8月15日は終戦記念日ということで、

おばあちゃんから戦争の話を聞いたようです。

はやてぃーは昔から戦争の話をよく聞いていたようですが、

大人になってから話を聞くと、

子供の時に聞いたときとは違う感想を持つ、

という話をしてくださいました。

これは自分が成長して、

自分が新しい視点を持てているからだそうです。

 

これは社会人訪問にも共通しています!

 

一度訪問した方でも時間をおいて、

また再度訪問するのもありということです!

自分が成長して、

過去とは別の視点で話が聞けるはずです!

 

 

次にチームごとに

初回の社会人訪問の報告会を行いました。

 

11873773_625242570951484_1407969001608323941_n

 

家族や親せきにインタビューを行った人の感想は、

「恥ずかしかった」、「敬語がなくなっちゃった」、

「今まで深く仕事について聞いたことがなかったので聞けて良かった」など。

ほかには、

「質問が単発になってしまって話の派生ができなかった」、

「話が深掘りできなかった」、

「バイト先の店長にインタビューしたら、途中からタメ口になってしまった笑」、

などが挙がりました。

 

このあと、はやてぃーから、

『社会人に自分が思い込みで持っている情報、

自分の持っているイメージをぶつけてみよう!』

というお話がありました。

例えとして、

 

○○の仕事って実際忙しいのですか?

なぜかというと○○というイメージで、、、

 

のような形です。

とにかく社会人の方とぶっちゃけ話をしてきて欲しい

ということでした!

 

 

この後、ワールドカフェという方式で、

皆で情報交換をしました。

 

11880461_625242694284805_1726692866321871336_n

この時間は短時間で他チームと情報交換でき、

とても有意義な時間となりました!

 

まとめとして、

うまくいったことは、どんどん真似する!

わからないことは、人に聞く!

毎週疑問を無くしていく!

ということでした!

 

以上、月曜クラス第2回ホームルームのレポートでした!

 

 

===================

 

ホームルームのあと、はやてぃーとヒデ(月曜クラス副担当コーチ)からお話を伺いました!

-まずは初回の訪問を終え、2回目ホームルームはいかがでしたか?

はやてぃー「ここからが本番だね!」

ヒデ「プロの世界は先手必勝、弱者は初戦に勝たなきゃいけない。」

はやてぃー「最後に1位をとるのは、マラソンでいうトップ集団にいる人だからね。

ずっとトップ集団にいることを意識してほしいね。」

ヒデ「これは長丁場になればなるほど、難しいことだけどね。」

-確かにそうです!月曜クラスのメンバーみんなが、ずっとトップ集団にいたいものです。

来週もよろしくお願いします!

 

ということで、月曜クラスのみなさんは、

トップ集団であり続けることを意識して、頑張っていきましょう!

 

 

 

そして今回、月曜クラス唯一の2年生!

Dチームの野之上くんにインタビューを行いました!

ニックネームは「のの」です!

 

-100×10チャレンジにはなぜ参加したのですか?

のの「今まで色々なボランティア活動など行ってきたけど、どこか違うな、というのがありました。

そこで、自分が本当にやりたいことはなんだ、と考えるようになって、

この100×10チャレンジで見つけようと思い、参加しようと思いました。」

-2年生なのに考えていることが立派です。笑

今週の初回の訪問は7人にインタビューできたのですね。

感想はいかがですか?

のの「家族を中心にインタビューしたので、フランクにできました。

でもインタビューの方法はまだ改善の余地があると思います。」

-最後にこれからの意気込みをお願いします!

のの「自分の目標は80ポイント。この目標を何が何でも達成したいです。

そのためには、積極的にアポ取り、さらには他の人の取ったアポにも同行していきたいです!」

-頼もしい言葉頂きました!お互い頑張っていきましょう!

どうもありがとうございました!

 

物怖じせず、2年生とは感じさせない、強い姿勢を彼から感じました!

ののに負けないよう頑張っていきましょう!

 

 

——ブログ執筆者紹介/三上修平——

獨協大学3年です。

趣味はスノーボード、音楽を聴くこと、ライブに行くこと。
ロックバンドのFall Out Boyの大ファン!

スターウォーズが大好きで、自他共に認めるスターウォーズオタク(笑)。