パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

温故知新

2017年12月28日 (木曜日)

おはようございます!寒いですね。
社員旅行で、花やしきのローラーコースターに乗り、
黄色い声を出そうと思いましたが、
酒やけのせいか、高い声が全然出ず
心の中でがっかりしてしていた牧野です。

パフの20周年式典、私は裏方で舞台の袖にいましたが、
側面から
出演者の方々のクオリティの高いパフォーマンス、
会場の方々の温かく優しい声援に、
口頭で説明されるのではない
パフの歴史を改めて知り、
社内と社外の人々の距離の近さを感じたイベントでした。

祝賀会では、ご出席のお客様からお声がけいただき、
またパフの「職サークル」の卒業生が和気あいあいと
話している場を見ることが出来て嬉しかったです。

パフの式典から、
新しい出会いや、きっかけが
もう、うまれていると思います。

2017年、個人的に振り返ると
今まで自分がやってきた、
出来るだろうと思っていたことから
そことは違う新しいことにチャレンジした年でした。
手探りしている部分も多いですが、
どうやったらうまくいくのか、形になるのか、
2018年もさらに考えて行動していきたいと思います。
これが積み重なって新たな力になれば
更に嬉しい!

自分の得意分野を3つ掛け合わせると、
オンリーワンの力を備えた人材になれる。

パフの40周年記念イベントには、
そんな存在で参加したいです。
また舞台の袖で見守っているかもしれないですが(笑)

次回は、2018年も新たな進化を遂げる横山さんです。