パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

大人は判ってくれる

2018年10月16日 (火曜日)

おはようございます牧野です。

最近、お天気が不安定なせいか風邪をひいてしまいました。

昨日はやるべきことの優先順位を決めて

体を休めていました。つまりお休みをいただきました。

なにか抜け漏れていたことがあったらすいません、

ご連絡ください。

さて、好きなドラマはたくさんあるのですが、

清水さんのバトンを受けて紹介するのでしたら、

「フリーター家を買う」(2010)でしょうか。

今クールのドラマ

「僕らは奇跡でできている」の脚本を書いている

橋部敦子さんの作品です。

新卒入社した会社を早々に辞めて

フリーター生活を送っていた主人公が、

バイトで入社した職場の人を巻き込みながら、

家族で住む家を買うお話です。

私がこのドラマの好きな所は、

主人公が周囲の人を巻き込みながら、

自分や周りの人を信じて、

自分の決めたことをやり遂げる所です。

橋部ドラマの特徴として、

困難に向かって、奮闘したり、葛藤したりする主人公に

周囲の人が影響を受けて、

自分を見つめなおして変化し、

行動していくところがあります。

主人公は決して冷静沈着ではないのですが、

周囲に向かって発信し、自分の考えを伝えます。

そこには、人(人間)への信頼があり、

その根底には自分への信頼があります。

何事も進めていく上で大切なことです。

就職活動のスケジュールがあってなきものとなりました。

周囲を巻き込むことと、自分を信じること

就職活動ではこの二つを伸ばせる良い機会だと思います。

当事者である(主に学生)もそうですが、

周囲の人(我々)もまさにそうです。

「僕らは奇跡でできている」チェックしていませんでしたが、

今から見てみようかな。

明日は、横山さんです。