15Winter 火曜クラスブログ

職サークルWEB

15Winter 火曜クラスブログ

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第8回ホームルーム 2月23日(火)レポート

こんにちは。

火曜日ブログ担当の矢島です。

 

ついに2か月間の100×10チャレンジ

最後のホームルームが終わりましたね!

みなさん振り返ってみてどうでしたか。

 

辛かったことも、楽しかったことも

いろいろあったと思います。

 

私個人としては考え方が大きく変わりました。

「仕事選びはやっぱりお金でしょ。

お金さえもらえるならなんでもできる。」

と当初は思っていたのですが、

社会人の方々のお話をお聞きしていく中で、

「やりがい」や「自分の成長」

を考えた会社選びをしようと変わりました。

 

私には大きな収穫があり、結果としては大満足です!

数字以上のものを得ることができました!

 

10670043_695275740614833_532387091433828315_n

 

 

さて、

最後のホームルームでは

「面接実践講座」

をやりました。

 

12742769_695276947281379_610298183091657481_n

お互いに学生側と面接官側に分かれて

面接をするというワークでした。

 

このワークで

面接官側に立ったことで、

質問するときにどんなことを意図しているのか、

学生のどんなところを見ているのかに気づくことができました。

 

個人的には

このワークを行って、

第一印象がとても大きな影響を与えていると感じました。

受け答えというよりも、

学生役の人の自信が伝わってくるか

という点で見ていました。

 

全体のフィードバックでも

みんなが気づいたこととして

  • 目線
  • 表情
  • 感情  など

話の内容とは関係ない部分が特に印象に残っているということでした。

 

ということは、

少し意識するだけで相手に強い印象を与えることができるということです。

これからは細かなところを意識してべきだと強く感じました。

12742771_695275860614821_2713407047585722823_n

 

 

私たちのクラスは

ポイントを稼ぐことができず、

コーチの言った通りに動くこともできず、

途中何度も

武居コーチに怒られましたね。

 

その度に自分達に足りないところを指摘され、

その部分に注意した行動をとることで、

学生気分がほんの少しでも抜けたのかなと個人的には思っています。

 

印象に残っているのはやはり

7回目のホームルームで

お互いに無関心だったと気付かされたことです。

寂しいことだと思いましたが、

学生のうちに欠点に気づくことができたとポジティブに捉えています。

社会人としてコミュニケーションを取れるように、

これからは積極的に周りの人と会話していこうと思います。

 

 

この2ヶ月で得られた経験は、

これからの人生で簡単に味わえるものではないと考えています。

 

就活が終わったら忘れてしまうということがないように、

これからの社会人生活に活かしていきましょう!

 

 

火曜クラスのみなさん、

武居コーチ、パフの方々

2ヶ月間ありがとうございました!!

お疲れ様でした!!

 

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠です。

私の夢は運動会で活躍できるようなかっこいいお父さんになることです。

そのために日々できる限りの運動をしなければなりません。

現実的には結構難しいことですね。

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第7回ホームルーム 2月16日(火)レポート

こんにちは!

火曜日ブログ担当の矢島です。

 

 

今回のテーマは

「無関心」です。

 

12715709_692467077562366_6608728855750427235_n

毎週、ホームルームの最初に

ホワイトボードで現在のポイント数を報告するのですが、

今回Cチームのポイントが時間内に書かれていませんでした。

Cチームのホームルーム参加者がひとりもいなかったために

誰も書くことができなかったのです。

 

しかし、1チームでも書かれていないと話が進みません。

ホワイトボードの空欄があることに

気づかなかったわけではないのに、

誰もCチームの人と連絡を取っていませんでした。

武居コーチへの報告もしませんでした。

 

私たちには

1.仕事の責任感(ホワイトボードを完成させなかった)

2.事実確認(欠席していたCチームのポイントを確認しなかった)

以上の2つが足りていませんでした。

 

7回目のホームルームであったのに、

今まで言われたことが身についていませんでした。

「誰がいないのか?」

「なぜ休みなのか?」

そのくらいはお互い把握している必要がありました。

私たちはお互いを気にしていない「無関心」な状態でした。

 

個人的な話ですが、

自分が周囲に無関心であったということを初めて自覚しました。

例えばチームのメンバーが今どんな悩みを抱えているかなど

この6週間聞いてこなかったし気にしたこともありませんでした。

私たちはお互いに、

訪問によって得られた新しい価値観などの

プラスのことにだけ目を向けており、

多くの情報によって生まれた悩みや葛藤などの

マイナスについては一切考えていませんでした。

 

マイナス面の共有は自分からはなかなか言い出しにくいことです。

周りが気付いて尋ねてみる必要があります。

「何かあった?」

「大丈夫?」

この一言がきっかけになり、

抱えているものを人に話すことができるかもしれません。

 

考え方、関わり方は人それぞれですが、

私はそこまで目を向けることができたら、

コミュニケーションという面でも

より良い2ヶ月になっていたかもしれないと感じました。

「仕事は1人ではできない」

とほとんどすべての社会人の方がおっしゃっていました。

チームの一人一人の性格や抱えている状況を相互に理解してこそ

より良い仕事、効率的な仕事ができるのだと身をもって理解しました。

私の100×10チャレンジの経験から気づいたことであるので、

腑に落ちないところもあるかもしれませんが、

みなさんにも共有したいと思います。

 

12717710_692466720895735_3823118952125946946_n

 

あと少しで100×10チャレンジが終わりを迎え、

3月から本格的に就活が始まります。

せっかくできた仲間ですから、

これからもなにかしら頼ることがあっていいと思います。

協力して就活も頑張っていきましょう。

 

火曜クラスはあと2日。

次回の最終ホームルームにはお互いに関心を持って、

これまで思ったことを共有し合い、

2ヶ月間100×10チャレンジをやった結果として

悔いが残らないように最後までやりきりましょう♪

 

 

あとは、

忘れがちな訪問レポートを

最終締め切りまでに出し忘れないように。

 

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠です。

運動、旅行、ビール、読書など私の趣味を勝手に紹介してきましたが、

もっともっとたくさんいろいろなことをやってみたいです。

こんなの面白いよ、などなどみなさんの趣味を教えてください!

コメント待ってます♪

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第6回ホームルーム 2月9日(火)レポート

こんにちは!

火曜ブログ担当矢島です!

インフルエンザが流行ってきたみたいですね。

体調管理も社会人にとっては大事なことだと思います。

休息もしっかり取って頑張っていきましょう!

 

まず、先週までの結果報告でしたが、

前回達成できなかった

「全員が週4件訪問する」という目標を

今回は、なんと全班が達成しました!!

目標を達成するとこんなにも嬉しいんですね!!

 

前回考えた対策であるLINEでの情報交換や、

チームという枠を越えたメンバーでの訪問によって、

達成することができたのではないでしょうか。

今回達成できた要因をもう一度振り返り、

来週も引き続き達成を目指しましょう!

 

前回のブログで言ったことですが、

感想の共有をすることで新たな発見にもなります。

最近は仲良くなってきたからかクラスの雰囲気も

以前よりも和やかな気がします。

コーチの言葉や、仲間の意見などの一つ一つのアクションに対して

笑ったり、返事をしたりとみんなが反応するようになりました。

この和やかな雰囲気の中で、

同じ活動をしている仲間と会話をし、

自分になかった考えをどんどん吸収しましょう!

1人での活動より数倍のいい気づきが得られるはずです!

 


 

今回のホームルームでは

こんなことを教わりました。

 

▼「仕事の方程式」 (by 稲盛和夫さん)

考え方 × 熱意 × 能力 = 仕事の結果

 

これらのかけ算の結果として仕事の結果が現れてくるのです。

能力[1~100]は人それぞれであるが、

熱意[0~100]がなくては結果が出ません。

そして一番大切なのは

考え方[-100~100]です。

考え方はマイナスも含んでおり、

考え方次第で良い方向にも悪い方向にも向かってしまいます。

もし考え方がマイナスであれば、

数値=仕事の結果はマイナスとなってしまいます。

だからマイナスを含んでいる、”考え方”が一番大事なのです。

 

 

▼考え方

P  ポジティブシンキング

R  レスポンシビリティ(責任感)

O  オブジェクティブ(目標達成志向)

考え方には以上の3つが大切です。

 

考え方のお話に関連して、武居コーチから

訪問レポートについてのお話がありました。

クラス内での提出率が非常に悪いということでした。

私たちは学生ですが、

インターンとして参加している以上は

社会人の意識でいなくてはなりません。

となると訪問レポートは私たちに課せられた仕事です。

訪問したことに対する結果を報告しなくてはなりません。

 

 

これは考え方のうちのレスポンシビリティにあたります。

責任感を持って提出しなくてはいけません。

 

 

また私は訪問レポートを記入する意味として、

お聞きしたお話を文字にして、

より自分の中での理解を深めるためと考えています。

振り返ることで、訪問において

”自分の納得のいった話””自分とは考え方が違う話”

まとめ直すことができます。

この作業をすることで自分の考え方を見つめ直すことができます。

自分の成長のためにレポートを書いています。

 

ホームルームの振り返りレポートも同じです。

そのホームルームで学んだことをもう一度思い返すことで

定着すると思います。

 

これを受けてレポートについて話し合い、

私たちの班では、訪問が終わったら

その場で、あるいは電車移動中に書き上げれば

提出率が上がるのではないかと考えました。

また、チームで話しながら記入することで感想の共有にもなります。

 

訪問して伺った中に

「とにかくレスポンスを早くすることで信頼を得る」

というお話がありました。

確かに私の周りでも反応が早い人は記憶に残ります。

仕事をお願いしたらすぐに結果を出してくれそうな気がします。

反応が早いと仕事を依頼されることが増えるかもしれません。

 

「火曜クラスはいつも提出が早いね」

と武居コーチから言われたいなあ、と個人的に思っています。

熱い熱い武居コーチの信頼

得られるようなクラスを目指しませんか!

 

12733456_689516944524046_1436073604140562133_n

 

さて、火曜クラスは残すところあと9日しかありません。

社会人の方々も忙しく、アポが取りづらくなっています。

身近な社会人などに自分の聞きたいことを聞いていき、

ポイントを稼いでいきましょう!

 

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠です。

映画「ウォーターボーイズ」のモデルになった高校の出身です。

文化祭でシンクロ踊りました。

水がかかると女子高生がキャーキャー言ってました。

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第5回ホームルーム 2月2日(火)レポート

こんにちは!

火曜日ブログ担当矢島です。

最近訪問に慣れてきて、緊張しなくなりました!

”慣れ”って大事ですね!

12654386_686498094825931_7732592487627415653_n

前回、1週間で1人4件ずつ訪問しようということでしたが、

達成できたのが6班中で2班だけでした。

そもそも1人4件達成しようという目標は、

「最低でも1人20件は訪問しよう!

8週間の期間の中で、20件行くためには、

最低週3件は訪問しなくてはいけない。

ただ、最低限の目標を目指していては、

成長することはできないから、

+1件して、4件達成できるように頑張ろう!」

ということだったと思います。

 

前回のホームルームで、30分間ディスカッションをして

各班で1人4件ずつ訪問する方策を出したにもかかわらず、

この結果というのは少なすぎる気がします。

これは前回のディスカッションが活かせていなかったのかもしれません。

 

では原因はなんだったのでしょうか。

・アポが取れてないのか。

・テストで忙しかったのか。

→じゃあその状況で4件達成するためにはどうしたら良いのか。

12661937_686498098159264_5965027784056219237_n

「原因を掘り下げていくことで対策が見つかる。」

と武居コーチがおっしゃっていました。

 

15分時間をいただき、

ディスカッションで各班原因を考え、それについて対策を練りました。

 

このディスカッションから

「アポが取れていないから、身近な社会人をもっと訪問するために意思を変える。」

「時間を有効に使うために次の一週間のメンバーの予定を合わせる。」

以上のような意見を聞くことができました。

各班の意見を一人一人がしっかりと実践すれば、

4件訪問の目標を達成できるでしょう!

 

ですが、

私には少し具体性がない案であると感じました。

このままで来週”確実に”全員が4件達成することができるのでしょうか?

意志が弱い人がいたら達成できないものなのでしょうか。

 

私は全員が4件訪問するためには

もっと具体的な施策が必要だと思います。

例えばクラスのLINEをもっと活用して、

アポイントが取れたらクラスのみんなに募集をかけるとか。

チームのポイントも大事ですが、

クラス全体の目標はクラス全員が4件達成することです。

クラスみんなで力を合わせていきましょう!

 

 

あとは訪問していて思ったことを共有することも大事だと思います。

私はブログを担当しているため、みんなから感じたことを聞いています。

話を聞くと、興味深い体験をしている人がたくさんいます。

私ももっと訪問したい!と思わせてくれます。

この体験をみんなにもしてほしい!

訪問が楽しくなり、件数も増えるかもしれません。

 

全員が目標達成できるような、

いい方法が思いついたらクラスのLINEで教えてください!!

気づいたことはみんなで共有していきましょう!

倍速で成長できると思います!

 


 

12662425_686493791493028_1489878280227466671_n

また、今回たまたま企業の方がいらっしゃったので20分間の訪問をしました。

 

20分間という普段より短く限られた時間であるため、

話を途切れさせてはいけないと感じた人もいました。

私自身は、聞きたいことを聞くことができませんでした。

 

私たちの班でうまくいかなかった原因は、

・話をつなげていこうとした人

→話が途切れることなく和やかだったが、違った話ができなかった。

・聞きたいことはあるのに話の流れを切ることができなかった人

→周りを気にかけて場の流れに任せた結果、本人はもやもやが残ってしまった。

 

以上の二者がいたために、場は和やかでしたが、

お互いに聞きたいことが聞けず、各自の思ったように進められませんでした。

 

そこで、大事なのは

意図を持った質問をすることだと感じました。

 

各々自分の知りたいことだけを聞くことで、

自分の興味のない質問にかかっていた時間を、他の質問に使うことができます。

意図を持った質問をすることで、限られた時間を有効的に使うことができると思います。

 

そのためにチームのメンバーが訪問からどんなことを得たいのかを

お互いに把握しておくことで、よりスムーズな訪問になるかと思いました。

 


 

インタビュー

 

今回は2人に生の声を聞いてみました!

まずは児玉光生くんです!

 

矢島「今日のワークで20分間の訪問をしたけど何か新たに見つけたことはある?」

児玉「相手のことを考えた質問をしなくてはいけないと思った。」

矢島「そう思った理由は?」

児玉「余計な話をしていたら時間を奪ってしまってもったいない。

社会人は学生を選ぶことができないからね。

HPに載っているような質問は社会人のためにならないしあまり良くないかも。

大切なのは『自己開示』+『相手の事を考える』+『話の流れ』

的確な質問をしていくことを20分の訪問から学んだよ!」

矢島「いつものような訪問なら気づけないことかもしれないね。

じゃあクラスのみんなにメッセージがあればどうぞ!」

児玉「もっと話しかけて欲しい!仲良くしたい!」

 

次は園原翔希くん!

 

矢島「印象的だったお話を教えて!」

園原「社会人の方に

パターンA「君はどういう人ですか?」

パターンB「君はきっと真面目で明るい性格だと思うんだけど実際はどうですか?」

のように2通りの方法で質問されて、答えやすさが違ったんだ。

Aのように質問された時は詰まったりしてしまったけど、

Bのように質問された時は答えやすかった。

自分の考えを提示したら相手は答えやすいってわかった。

会話術が学べたよ!」

 

児玉くん、園原くん

インタビューに答えてくれて

どうもありがとうございました!

 

火曜クラスでは

「全員が社会人として求められる

コミュニケーション能力を身につけること」

を目標に、コミュニケーション能力とはどんなものかを考えてきました。

 

私はコミュニケーションとは、

一方的ではなく、お互いに意見を言い合うことだと考えています。

社会人の方に訪問してお話を伺った中で、

「上司から言われたことをやっているだけなら、

それは仕事ではなくただの作業だ」

とおっしゃっていた方がいました。

自分の意見までを言うことができて、

コミュニケーションが成り立つと思います。

 

今回インタビューした2人は、

自分の考えを相手に提示することが大切だと

気づいたと言っていました。

もしかすると目標にだいぶ近づいているのかもしれませんね!

誰かに教わるのではなく、自分で体験したことこそ身につくものだと思います。

私も実際に訪問で実行して身につけていきたいです!

2人を見習って頑張ります!!

 

 

 

来週も頑張りましょう♪

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠です!

小説を読むのが好きで、道尾秀介が好きです。

「カラスの親指」名作です。オススメです。

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第4回ホームルーム 1月26日(火)レポート

半分が経過。

 

こんにちは!

早いもので第四回です!

この100×10チャレンジも折り返しですね。

みなさん進捗はいかがでしょうか。

私はこのままだと目標件数に届きそうになく、焦り始めています。

さあ気合いを入れ直しますよ!!

何かと忙しい時期ですが、残り半分頑張っていきましょう!

 

さて今回のホームルームは、

折り返し地点ということで

これまでの振り返りでした。

 

「メンバーの全員が1週間で4件いけるための効果的なアクションとは」

というテーマに沿ってチームでディスカッションをしました。

 


 

ところで今回の振り返りワークは、

武居コーチ直伝の

ラーニングサイクル      

に基づいたものでした。

 

◼︎ラーニングサイクルとは

DoLookThinkGrowDo’→…

「行動(Do)したら、見直す(Look)こと。

見直し(Look)たら、考える(Think)こと。

考える(Think)ことで、成長(Grow)する。

次の行動(Do’)は前よりも成長しているはず。」

 

 

振り返って直すべきところを反省し、

次に活かすことで成長していくということですね。

今までの自分はやったらやりっぱなしだったと思います。

これからの社会人訪問において、

訪問直後にメンバーと話し合う時間を作ろうと思います。

せっかく複数人で訪問しているので、

お互いに訪問に対しての反省を共有することで、

次に活かすことができると思いました。

成長するために大事なステップなので、

身につけて習慣にしていきたいです。

 

 


 

私たちの班では

振り返りからの反省ということで、

質問軸を決めようという意見になりました。

聞きたいことが定まっていないと

無意味な質問、無意味な時間になってしまいます。

また時間を作っていただいた社会人の方にも失礼です。

どんな自分になりたいのか。

そのためにはどんなことが知りたいのか。

私自身、考え直すいい機会になりました!

みなさんはどんな軸がありますか?

 

 

各班ユニークな意見もありましたね!

(4件行けなかったら罰金とか。笑)

 

私たちの班も振り返ったことで

「どの人にアポ取ったのだろう」

「ダラダラとした訪問はよくないよね」 など、

今まで思ってはいても口に出せていないことに気付きました。

そして、思っているだけでは伝わりません。

思いを共有することは大事だと感じました。

そのことに気付けたとき、チームとしてまとまった気がします。

実際、その後のアポを取る動きはチームのみんなとても早かったです!

 

大事なホームルームの30分を使った振り返りでした。

ぜひ活かして、残り1ヶ月有意義な訪問にしていきたいです!

 

ここまでの1ヶ月間、

訪問したことで生まれた悩みもあるかもしれません。

わからなくなったこともあるかもしれません。

せっかく同じ境遇で集まった仲間です。

ぜひホームルームでみんなに共有しましょう!

 

 

 

4件行くぞおおお!

 

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠

旅行が好きです!

海外が好きです!

オーストラリア・エアーズロックは忘れられません!

ヴァチカン鳥肌立ちました!

東南アジアに行ってみたいです♪

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第3回ホームルーム 1月19日(火)レポート

 

とってもとっても寒いですね!!

こんにちは!

火曜日ブログ担当の矢島です。

そろそろみなさん協賛企業の方々にも

お会いし始めているかと思います!

私はお会いしてみて、身近な社会人と違って

とっても緊張しました!

けど、個人的には、

自分が今まで知らなかった世界を

知ることができて楽しいです!

 

さて、第三回の今回は

ホームルームに対する感想と

インタビュー

「訪問して印象的だった話」

をお届けします!

 

ホームルームの活動内容

  1. 一週間の振り返り
  2. 円になる
    今週の訪問件数順、今週のテストのコマ数順
  3. ワーク:「人事のホンネ」

今回の実習は、

「人事のホンネ」

ということで模擬訪問をしました。

 

12541129_681059635369777_7598080014028783138_n

チームを二つに分けて

人事側と学生側で訪問をしてみる

という内容でした。

 

正直な話、
私には一貫してこのワークの目的が全くわかりませんでした。

 

しかし、

「的外れな質問は相手に対して失礼だと思った」

とか、

「情報の大切さがわかった」

という全体でのフィードバックから、

体感することで身に染みることもあるのだとわかりました。

実際自分も何が知りたくてその質問をしているのか

と気になるものもありました。

 

今後の訪問では

具体例を出して相手がイメージしやすいようにしたり、

最初に

「〇〇が知りたいからこの質問をしています」

と明示するなどの、

相手が答えやすい工夫をしていこうと思いました。

 

 

12523149_681060698703004_634141558071674066_n

 

また、武居コーチの

「普段面接っぽくQ&Aスタイルで訪問しているんだね」

という言葉から、

もっと会話調でいいのか!

お互い楽しくなる訪問にしよう!

という自分の中での新たな方針が決まりました。

 

 


 

インタビュー

社会人訪問した中で

「印象的だった話」

をお聞きしました!

 

今回は

佐藤なほさん、

小泉愛さん、

寺嶋瑞季さん、

近藤美聡さん

の4人にお聞きしました!

 

『企業を決めた理由として

「興味を持てるか」

「誇りを持てるか」

「活躍できるか」

が軸になっていました。

また、自己分析の仕方などを教えてもらえて

これからの就活の参考になりました!』

 

『同じ会社で二人の方にお話を聞きました。

20代の人のやりがいは「目標」で、

40代の人のやりがいは「お金」ということでした。

同じ会社なのに全く違うんだなあ、

と感じて面白かったです!』

 

『部下といかにうまく付き合うかを考えている人でした。

教育がうまく、理不尽に怒ることがないため

みんなから好かれています!』

 

『証券会社の営業の方にお話を聞きました。

証券会社がどんなことをやっているのか

全く知らなかったので、知ることができて楽しかったです。

「99%断られるけど1%でうまくいった時嬉しかった。」

という話が印象に残っています。』

 

皆さんとても興味深い話を

聞くことができたようですね。

これを読んでいただいた皆さんに

「社会人訪問して新しい価値を見つけたい」

と思っていただけたら幸いです。

 

それでは今週も頑張りましょう♪

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠

ビールが大好き!

日本ビール検定2級持っています。

世界のビールの瓶を集めて部屋に飾っています。

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第2回ホームルーム 1月12日(火)レポート

こんにちは!

火曜日担当の矢島です!

最近とっても寒くなりましたね。

こないだは東京で初雪が観測されたようです。

風邪など引かぬように、

引き続き社会人訪問頑張りましょう!

 

さて第二回の今回は

ホームルームの流れと

Dチームへのインタビューをお届けします!

 

ホームルームの活動内容

  1. 振り返り:「社会人訪問はつらい?楽しい?」
  2. アイスブレイク→円になる
    訪問件数順、バイトで働いた時間数順に
  3. ワーク:「学生の武器とは?」

 

 

まだ全員と打ち解けていないため

前回と同様に円になりました!

今回は声かけもうまくいって、きちんと並べましたね♪

目に見える成長が嬉しいです!

12573756_678277415647999_3596471221402356802_n

並んだあとは、

訪問した感想を共有しました。

まだ一週目だからなのか、

不安な気持ちだったり、

質問に困ったことなど、

だいたい同じような印象を感じていました。

 

実際に訪問してみることで、

なにを聞きたいのか、

自分自身わかってないことを確認しました。

自分は質問の軸を考えていませんでした。

どんな社会人になりたいかを考えることで

質問したいことが出てくるかもしれませんね!

 

今後訪問数を重ねていくにつれて、

徐々に自分の軸が固まっていったら

みんなのいろいろな意見を聞いてみたいです!

 

ワークでは学生の武器として、

第一印象として大切な、あいさつの練習をしました。

 

ホームルームの始まる前に自分が教室に入ってきた時の

映像が撮影されていました。

ほぼ全員が

あまり良い印象ではありませんでした。

  • 笑えていない
  • 頭だけの礼になっている
  • 姿勢が悪い
  • 目線が低い  etc…

12573805_678278072314600_7243588047814111399_n

向かい合ってお互いの気になったところを指摘し合いました。

「こういう風に見えるよ!」

指摘の仕方一つでも相手の成長に関係するそうです。

お互いどのように見えているのか

普段から指摘し合って高めていきましょう!

 

あれだけ何度も練習したら本番でもきっとうまくいきます!

 

 


 

インタビュー

さて、今日は私の所属しているDチームに

一週目を終えた感想を聞いてみました!

 

Q.どんなこと質問したの?

「自分のことをよく知っている人に

欠点を探してもらったよ。

他己分析してもらうことで自分をより知れた!」

「私はその人の生き方とか

なぜこの選択をして人生歩んできたのか

とかが知りたかったから、

『仕事楽しいですか?』

『給料と仕事内容は見合ってると思いますか?』

とか聞いちゃった。」

 

Q.気をつけようと思ったことはある?

「時間内に聴きたいこと聞けるように

質問に優先順位つけようと思った。」

「軸を持ってから質問を決めた方がいいかな?

って思いました!質問も考えやすいし!」

 

 

Q.今度はどんなことを聞いてみたい?

「女性の働き方をすごく気にしていて、

その辺を主に聞いてみたい!

よくいうライフワークバランス!」

「通勤で電車を使う場合、

電車の中でなにしてますか?って聞きたい!」

 

 

失敗を活かして次の質問までも

しっかり考えられていて頼もしいメンバーです!

 

こんな質問でいい反応があったよ!などを

ホームルームで全体に向けて発表しても良いかもしれませんね。

 

では今週も頑張りましょう♪

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠

運動大好き。月1でトランポリンに行きます。

こんなおもしろスポーツ知ってます、

って人いたら教えてください。

100×10チャレンジ 16Winter 火曜クラス 第1回ホームルーム 1月5日(火)レポート

100×10チャレンジ スタート!!

 

はじめまして!

火曜日ブログ担当を務めさせていただきます。

矢島大誠です。

 

このブログを通して

クラスのみんなの成長度合いや、

心境の変化を伝えていきたいと思っています!

これから2ヶ月間みんなで力を合わせて頑張りましょう♪

よろしくお願いします!

 

コーチ紹介

 

まずは火曜クラスのコーチを紹介します!

武居 秀俊コーチです。

 

何も考えずに発言したら

いろいろと突っ込まれそうだなと感じました。

とにかく勢いがすごい!

 

そんなコーチから3つのお願いがありました。

 

①時間の厳守(時間こそが最も公平な僕らの資産)

②参加の要請(リアクションを早く。時間を有意義に。)

③あいさつの徹底(人として、誇れる人であり続けましょう。)

 

しっかり守って習慣にしましょう!

 

コーチに私たちの第一印象をお聞きしたところ

「みんな真面目そうに見える。文章がよく書けているね。」

とのことです。

 

強みを強くすることが得意とおっしゃっていた武居コーチ。

私たちのこの特徴を強みとして

さらに伸ばすことができるように頑張りたいです!

 

さて、初回ホームルームは以下の流れで進みました。

 

ホームルームでの活動内容

1.アイスブレイク→1列に並ぶ

出身地、一番の思い出の場所、誕生日順に

2.チーム決定

3.グループワーク:「若い女性と水夫」

4.グループワークの振り返り

 

まずアイスブレイクとして、1分30秒で

「一人一人とあいさつをしながら北から南の順で出身地ごとに円になって並んでください」

という課題が与えられました。

 

火曜ブログ①

どう考えても時間が足りないだろうと思ってはいたものの、

みんなどうしたらよいかわからず

一人一人出身地を尋ねていました。

案の定、時間になっても列はぐちゃぐちゃ。

 

「社会人には納期がある。

学生気分が抜けてない。」

 

コーチの喝が入りました。

その後は大きな声で

自分の出身地を呼びかける人も現れ、

ある程度正しい順番になることができました。

 

3回目に誕生日順で並んだ時は、

誰一人間違えずに1列になりました!

学んだことを活かした成長が見られて素晴らしい!

 

それぞれが自分の大体の位置に“ゴール意識”で

移動したことが成功につながったのだろうと思います。

 

グループワークでは

「若い女性と水夫」に取り組みました。

このワークは登場人物5人の行動を

正しい順番に並べるというものでした。

詳しくは検索すると出てきます!

 

一人一人の価値観の違いが大きく、

同じ文章を読んだのに読み取り方が違って興味深かったです。

グループとしての意見をまとめることにはとても苦労しました。

火曜ブログ②

 

私たちのチームでは

「行った行動の“良い度”“悪い度”」

をもとに順位付けしました。

 

この順位付けに正解はありません。

大事なのはこの順番にした理由です。

理由を明確にした行動を取らなければいけない

ということを学びました。

 

その後全体で振り返りをしました。

チーム内での振り返りよりも多くの意見が出て、

良い振り返りだったと感じます!

 

「相手の意見が納得のできる意見でなかった場合に

どのように対処したら良いのか」

これには結局、納得出来る答えが出ませんでした。

 

「世の中に正解はない。あるのは納得解だ。」

武居コーチもおっしゃっていました。

社会人訪問を通して納得できる答えを

見つけることができるように頑張りたいです!

 

グループのみんなの目標

私たちのグループでは

以下のような目標が上がりました!

「幅広い企業を見たい」

「すでにひとつの業界に絞っているけど、

他のいろいろな業界を見て、

最終的に今行きたい業界に

行きたいと思うことができたらいいな」

「話術が欲しい」

「自分の芯を固めたい」

 

それぞれ目標は違うけど

力を合わせて達成したいです!

火曜ブログ③

 

2ヶ月後が楽しみですね♪

 

 

—–ブログ執筆者紹介—–

東京薬科大学3年 矢島大誠

運動大好き。月1でトランポリンに行きます。

こんなおもしろスポーツ知ってます、

って人いたら教えてください。