15Winter 木曜クラスブログ

職サークルWEB

15Winter 木曜クラスブログ

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第8回ホームルーム 2月25日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

 

皆さん、8週間お疲れ様でした!

楽しかったこと、辛かったこと

色々あったと思います。

それでも皆で乗り越えて、

最後まで諦めずに頑張れたことは

この先大きな自信に繋がると思います!

8週間頑張った自分をたくさん褒めてくださいね!

 

それでは、最後のホームルームの様子をお届けします!

今回のホームルームは、

 

・木曜クラスの振り返り

・自分のモチベーショングラフ

・身に付いた能力は?

・チームメイトにメッセージ

・全体での感想

 

最後まで本音で語り、密の濃い時間を過ごしました!

4-3

 

4-3

 

モチベーショングラフは、初回から8週目までの

自分のモチベーションをグラフにして表したものです。

作成したモチベーショングラフを

チームで共有し、皆がどのような思いで

100×10チャレンジを続けていたのかを見ていきました。

 

因みに、私のモチベーショングラフは

こんな感じになりました。

 

4-3

実は、8週間のモチベーションのうち

半分以上が0より下でした。

その理由は、社会人訪問によって

自分が成長できるのか自信がなかったからです。

友達が選考やセミナーに参加していることを聞いて、

焦っていたのだと思います。

 

それでも辞めなかったのは、

チームやクラスの皆が頑張っている姿を見て、

自分も頑張ろうと思えたからです。

本当に木曜クラスの皆さんには感謝しています。

協調性の大切さを実感した8週間でした。

 

100×10チャレンジを通じて得たことは

人それぞれ異なりますが、

皆さんの就職活動だけでなく、これからの人生にも

生かしてほしいと思います!

そして、一緒に頑張ってきた仲間を

これからも大切にしたいですね!

長い間、お疲れ様でした!

 

4-3

 

最後に、ブログのインタビューに

協力してくださりありがとうございました!

無事、最後まで更新することができました。

皆さんの振り返りに使っていただけたなら幸いです。

 


 

最後のインタビューは高田コーチです!

 

弓指「高田コーチお疲れ様でした!8週間の中での気付きを教えてください。」

コーチ「自分たちでやるというところが一番伸びたと思う。

やらされている感が少なかったのではないかなと感じるから。

今までのクールは、チームでは上手くいっていたけれど、

クラスでは上手くいかなかったから、

今回はクラスを1つのチームにしたいってのがあって、

最終回でできたから良かった。」

弓指「クラスを1つのチームにするためにしたことってありますか。」

コーチ「チームバラバラでグループを作って、ワークをするようにした。

チームでワークをしなかったのも意図的にだった。」

弓指「確かに、チームでワークすることが殆どなかったですね。」

コーチ「みんな自主性があったし、

みんながお互いサポートをしていたからね。

仕掛けはあったにせよ、自分達でクラスを作ってくれたから大成功!

結果も大成功!完璧!」

弓指「中間成果発表会が楽しみですね!

では、高田コーチが一番悩んだ時は、どんなときですか。」

コーチ「岡くんの目標を下げるかどうかで悩んだね。

目標を下げるとモチベーションも下がるし、下げていいんだって流れになるから。」

弓指「どのようにして解決しようと考えていたのですか。」

コーチ「岡くんの目標をクラスの目標に変えられないかと考えて、

岡くんをクラスの中心にした。

そしたら、岡くんのおかげでクラスがまとまったって感じ。

結果、みんなが岡くんを助けて、

岡くんは自分の目標を達成できた。

作戦や仕掛けは全部上手くいった感じ!」

弓指「そうだったんですね!全然気づかなかったです….。

高田コーチ、ありがとうございました!」

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

あだ名はさっしー。

花粉症が辛いです….!

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第7回ホームルーム 2月18日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

残り1週間を切りました!

社会人訪問を最後まで楽しみましょう!

 

それでは、第7回目のホームルームの様子をお届けします!

4-3

 

今回は街頭インタビューについてです。

前回の松本さんのお話以降、

街頭インタビューをする方が増えました。

街頭インタビューの良いところは、

社会人の方がたくさんいらっしゃるので

量には困らないことです。

反対に良くないところは、

短い時間でしかお話を聞くことができないので、

質が落ちることです。

実際私も街頭インタビューをしましたが、

なかなか深堀り質問をすることができませんでした。

 

では、どうしたら上手に街頭インタビューができるのか。

 

私たちのクラスでは、

・きっかけをつくる

・リアクションを大きくする

という2つの案が出てきました。

 

きっかけがあれば、会話が弾んで、

インタビュー時間が長くなるかもしれません。

ただし、初対面の人ときっかけをつくるのは難しいので、

例えば「最近お仕事で困ったことはありませんか?」と質問をして、

話を広げることでも良いと思います。

 

リアクションを大きくすることについては、

相手が気持ちよく話せるような反応をすることで、

もっと話したいと思ってもらい、

インタビュー時間が増えるかもしれません。

 

私は、良い質問を考えて深堀りをするしかないと思っていたので、

きっかけをつくるや、リアクションを大きくするといった

時間を増やす考えがとても新鮮でした。

正解はありませんが、もし皆で話し合わなければ、

私はずっと1つの答えしか見えていなかったと思います。

改めて、違うところから物事を見るには、

他の人の意見や考えを聞いてみることが

大切だと学びました。

 

また、きっかけをつくることや、リアクションを大きくすることは、

街頭インタビューだけでなく、社会人訪問にも役に立つと思います。

話が続かない、まだ深堀りが難しいという方は是非参考にしてみて下さい。

 


 

最後に、Fチームの5人に

インタビューをしました!

4-3

右から

佐々木勇貴人くん(ゆっきー)

三橋祐希くん(みっつー)

渡邉徳秀くん(のり)

私(さっしー)、

新井理沙さん(りーしゃ)

松浦志歩さん(まっつー)です。

ついつい私も入ってしまいました…!

 

弓指「100×10チャレンジを通じてどのように自分が変わったと思いますか?」

三橋「様々な人の意見や話を聞くことで、

少しばかり違う視点から物事を考えられるようになった気がします。

それと、改めて私自身の事を知れたと思う気がします!」

渡邉「自分の中にあったものを理解できたって感じかな。」

松浦「これから自分がどうするべきかとか色々考えていた時は、

振り返ると実は深く考えていなかったのだと気がつくことができたところです!」

佐々木「大きな変化というのはないけれど、

自分のこと(価値観とか)を知ることができた気がします。

社会人の方や木曜クラスのみんなと本音で話して、

本音で話したからこそ、本気で自分について考えた2ヶ月間でした。

就活の軸が定まったかなーて感じです。」

新井「自分から行動するようになった。

個人以外にグループで目標を明確に作ったため、

やり遂げなければいけないという焦りとそのために実行する力が身についた。

また、今まで見る癖が無かった手帳を1日に何度も見て

自分の向こう数日の予定をきちんと早めに把握する癖がついた。」

 

弓指「100×10チャレンジで学んだことはありますか?」

三橋「ビジネスマナーや人との関わり方など多くの事を学べだと思います。

中でも、就活に対しての仕事選びについて学べたと思います。」

渡邉「自分の生き方は自分自身で決めなきゃいけないこと。

言われたことは素直に受け取るけど、そこから何を学び、選ぶかは自分自身。」

松浦「まず、動き出さないと何も始まらない。

動かなければ、木曜クラスの皆にも、社会人の方々にも会うことはできませんでした。

私の考えはまだまだ浅いと思います。

しかし、全力助走中!

もっとたくさんの人にあって、

様々なものを見て聴いて経験して感じて動いて考えたい!!」

新井「無理かもと思ってもギリギリまで諦めないこと、

友達と助け合うことの大切さ。

やり遂げた時の達成感を学ぶことが出来た。

また、様々な社会人に実際に会って話すことで

就職に対するビジョンがハッキリと見えるようになり、

そのために自分が何をすべきなのかが分かるようになった。

そして、社会人の方と話すというのはどういうものなのかについて知り、

多少は慣れることが出来た。」

佐々木「とりあえず行動してみること。

アポとれるかなとか、社会人と上手く話せるかなとか、

色々と不安なこともあって動き出すのが遅くなってしまいました。

2月に入ってからは積極的にアポとったり訪問したりしたけれど、

最初の方もったいなかったなーと思います。

考えても分かんないときは行動してみる。

そして、その経験を将来に活かせるかどうかが大切だと思いました。」

 

弓指「Fチームの皆さん、ありがとうございました!」

 

 

次回、最終ホームルームは

高田コーチにインタビューします!

よろしくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

あだ名はさっしー。

睡眠時間がほしいです!

 

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第6回ホームルーム 2月11日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

最後のホームルームまで

あと14日を切りました!

気温の変化が大きいので、

風邪をひかないように

気をつけて下さいね!

 

それでは、第6回目のホームルームの様子をお届けします!

4-3

今回は秋クール参加者の松本さんが

ご自身の体験談をお話に

来て下さいました!

 

松本さんの目標件数は70件。

しかし、ホームルーム最終日まで

数件足りなかったそうです。

 

そんな松本さんが目標達成出来たのは、

チームメイトの協力のおかげでした。

チームメイトの方は松本さんに

ホームルームが始まる時間まで、

飯田橋の駅に行って、社会人の方に

インタビューしようと声をかけてくれたそうです。

 

駅でインタビューをした結果、

松本さんは目標の70件を

達成することができました。

 

 

私がすごいなと思ったことは、

自分は達成したから良いや

で終わるのではなく、

達成してない人のために

最後まで協力をする

いうことです。

 

私もですが、自分の訪問件数を

達成することに精一杯な時だと思います。

それでも、他の人の目標件数を

意識できて、お互い協力できれば

残りの2週間の使い方が変わってきて、

クラス全員が目標件数の達成に

近づくことができると思います!

 

自分の目標件数を達成することも

大切なことですが、クラス目標である

数字にこだわることを

達成するためには

皆が協力しないと達成できないことだと

松本さんのお話から、

学ぶことができました。

個人戦のように見えますが、

団体戦みたいですね!

 

また、クラス目標だけでなく

各チームにチーム目標が

あると思います。

チーム目標も忘れずに…!

 

最後に、Eチームの4人に

インタビューをしました!
4-3

右から

竹澤有海さん(うみ)、

稗田智美さん(ピエダ)、

藤森悠くん(はるちゃん)、

石川友香さん(もかちゃん)です。

 

弓指「今回のホームルームでの気づきを教えてください!」

稗田「もう一度100×10チャレンジをやっている意味を考え直そうと思った!!」

竹澤「みんな聞いた話を自分に落とし込んでる印象を受けました。吸収したことを自分なりに咀嚼して、アウトプットできるところまで成長したいな、と思いました!」

藤森「訪問の相手に応じた質問をし、攻めの姿勢で訪問に挑むことの重要性!」

石川「みんなが思ってることを共感したりどうしてそう思ったのかと疑問に考えたりして、また自分の訪問に生かしていきたいと思った!」

 

弓指「残り2週間の意気込みをお願いします!」

稗田「最後まで吸収できることたくさん見つけて自分に取り込んでいく!!」

竹澤「まずは健康第一!インフルエンザに気をつけて、最後まで力を出し切って頑張りたいと思います!」

藤森「個人目標の達成とチーム目標の達成です!終わった時にこのチームで良かったとみんなが思えるようにやりきりたいです!」

石川「残り2週間達成が危ういけど諦めず頑張りたいです!」

 

弓指「あ、確かに健康は大切!Eチームの皆さん、ありがとうございました!」

 

次回はFチームにインタビューへ行きます!
よろしくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

あだ名はさっしー。

私も北海道新幹線に乗りたい!!

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第5回ホームルーム 2月4日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!
最後のホームルームまであと21日!
時間が経つのは早いですね…

それでは、第5回目のホームルームの様子をお届けします!
今回も社会人訪問の振り返りをしていきました。

 

DSC_00930

 

中でも今回は、質問の内容についてです。

私たちが社会人の方へする質問は、
大きく3つに分類されます。

①就活に関する質問
②社会、業界、企業に関する質問
③働き方や生活の仕方に関する質問

自分がよくしている質問を
10個書き出して、どの種類の質問が
多いのかを見てみました。

 

DSC_00930

私は就職活動に関する質問が多かったです。
社会人の方に会うのだから、
就職活動のことで経験談を
参考にしたいという想いがあるので、
自然に就職活動に関する質問が
多いのかなと思います。
皆さんは毎回目的を意識して
社会人訪問をしていますか?

その場の雰囲気で質問したり、
なんとなく質問していませんか。

 

皆さん一人ひとりに社会人訪問の
目的があると思います。
その目的を果たすために
社会人訪問をしているのですよね。

自分が聞きたいことじゃないのに
「空気が無言になっちゃうから。」
「とりあえず質問しなきゃ。」
という理由で質問するのは
とても勿体ないと思います。

 

自分の目的を再確認して、
ちゃんと目的に沿った質問を
しているのか今一度
見直してみましょう!

そして、自分がこの人から
何を得たいのかを
毎回決めて訪問するように
心がけると収穫のある
社会人訪問になると思います!

 


最後に、Dチームの5人に
インタビューをしました!

 

5-1 kairyou

右から
大倉悠さん(はるるん)、
芦野友哉くん(あっしー)、
稲葉由里子さん(ゆりりん)、
岡安広賢くん(おかん)、
平林慧輔くん(けいちゃん)です。

 

弓指「良い質問だと思ったものや、よく聞く質問はありますか?」

稲葉「社会人の方へ自分の強みを聞いたり、あとは業界についてこれからの意向など自分なりに沢山調べてから行って、業界の問題点についてどうかと聞いています。その時に、良い質問だね、その考えは間違いじゃないよって言われたことや、初めてその質問されたと言われたことが嬉しかったです。」

大倉「業績落ちてる人へのフォローの仕方かな。その会社の関係性がわかるし、前に受けた人材会社の面接で、その質問いいねって言われた!」

芦野「求める人材の能力やその職に合う性格かな。」

岡安「仕事に対しての目標かな。目標が決まっていることによって、仕事の意欲も上がるから。」

平林「仕事をする上で譲れないものや拘り。あと、IT企業に訪問した際には選考についてをほぼ必ず聞いてます。仕事をどういうモチベーションでやっているかを知りたいからと、とあるIT企業の筆記選考で1社既に落ちていて選考についての情報収集をしたいからです。」

弓指「Dチームの良いところや改善したいところってありますか?」

稲葉「Dチームのいいところは、みんな協力的なところだと思う!仲間を大切にしてる感じがします!改善点は、訪問の時に個人個人の質問ばかりじゃなくてタッグを組む感じで質問をどんどん深掘りできたらいいなと思う!」

大倉「先週、我らがリーダーのゆりりんがLINEで喝を入れたことがあってね。言いたいことちゃんと言えるのがこのチームの強みかな。あと、みんな積極的だからそれに影響されて、やる気になれる!みんないい意味で優しいかな。」

芦野「みんな個性がバラバラなので楽しいし、学ぶことが多いです。」

岡安「良いところは、みんな気を遣うこともないから、安心して話ができることかな。」

平林「Dチームの良いところは単純で、協調性があるところです!」

 

弓指「Dチームの皆さん、ありがとうございました!」
次回はEチームにインタビューへ行きます!
よろしくお願い致します!

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――
弓指里花 (ゆみさしりか)
あだ名はさっしー。
舞台中心に活動している
ある俳優さんがとても好きです。

 

 

 

 


 

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第4回ホームルーム 1月28日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

みなさん、学校のテストや

レポートお疲れ様です!

それでは、第4回目のホームルームの

様子をお届けします!

 

今回のテーマは

社会人訪問の振り返り

 

4-2

 

社会人訪問を始めてから

ちょうど半分が過ぎました。

このタイミングで一度振り返り、

後半に改善点などを

反映させるためにも

良い時間だったと思います!

 

4-3

 

振り返りの中で特に

共感が多かったことは

沈黙があること

 

高田コーチが言うには、

沈黙には2種類あるそうです。

それは良い沈黙と悪い沈黙です。

 

良い沈黙は、相手が熟考するときに

生じる沈黙のこと。

例えば、社会人の方が考えないと

答えられない質問の場合に

生じる沈黙です。

この場合、

私たちが良い内容の質問をしたので

沈黙が生じたということになります。

 

悪い沈黙は、相手が考えていないときの沈黙。

例えば、ある質問が終わって、

次の質問をするときまでの沈黙は

悪い沈黙です。

この場合、

私たちの準備不足によって

沈黙が生じたということになります。

現時点で、大体が悪い沈黙だと思います。

 

では、どうしたら悪い沈黙は

なくなるのでしょうか。

 

私は、質問の量と質のバランス

を考えることだと思います。

質問が多すぎても1つ1つ内容が薄い

社会人訪問になるし、

深堀しすぎても他の内容のことを

聞くことができなくなるからです。

正解はありませんが、

これからの社会人訪問では

質問内容にも意識して

取り組んでいきたいと思います。

 


最後に、Cチームの3人に

インタビューをしました!

今回からは括弧の中に

ニックネームを記載しました!

A、Bチームの皆さんにも

ニックネームを記載したので

前の記事も是非見てください!

DSC_00930

右から

篠原香織さん(しのちゃん)、

安あやかさん(やっちゃん)、

黒田一裕さん(くろちゃん)です。

 

弓指「皆さん、社会人訪問は順調ですか?」

 

篠原「これからたくさんアポイントを取ったので訪問できそうです

でもちょっと目標人数はきついかも!でも頑張ります!」

 

安「個人的には順調です。

数にこだわることを意識する習慣が付いたので、

計画が積極的にたてられるようになりました。

最近は他チームのみなさんと

コミュニケーションもとりやすくなってきたので、

訪問の数は増やしやすくなったと思います!」

 

黒田「いいえ。1/30終了時点でまだ7件しか行けてないからです。

これからまたオファーするなり

誰かに同行させてもらうなりして

目標到達へ邁進していきます。」

 

弓指「最近は全体LINEも動いていて、

他のチームの人と一緒に訪問する機会も増えましたもんね!

次に、皆さんの訪問人数と目標人数を教えてください!」

 

篠原「目標人数は40人で、現時点での訪問人数は5人!

まだ全然だわ~」

 

安「目標人数が30人で、今は14人くらい!

実は後半あんまり訪問できなくて…いまのうちに…笑」

 

黒田「目標人数は21人で、現時点では7人です。

2月は今のところ10件行く予定です。」

 

弓指「なるほど!最後に、目標人数を達成するために

考えていることとかありますか?」

 

篠原「入れられるとこは入れる!しかないと思う!

あとは、会う人がいなくて

自分一人で行かなきゃいけなくてもいく!」

 

安「わたしも!予定がちょっとでも空いてたら

入れるのは大事だと思う!

あと、社会人は忙しいから…って

遠慮しない方がいいかもって思った。

本当に訪問苦手な人は丁寧に断ってくれるから!」

 

黒田「とにかく2月前半に数字を稼ぎ、

後半でドタバタにならないよう計画的な訪問を行います。

2/28には日商簿記2級の再受験もありますので。」

 

弓指「ありがとうございます!

黒田くんは試験があるんですね!頑張って!」

 

Cチームの皆さんありがとうございました!

次回はDチームにインタビューへ行きます!

よろしくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

あだ名はさっしー。

高校生が主人公のスポーツ漫画が大好きです!

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第3回ホームルーム 1月21日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

最近とても寒い日が続いています。

風邪を引かないように気を付けて下さいね!

 

それでは、3回目のホームルームの様子をお届けします!

今回のテーマは

クラスの目標

 

高田コーチからのリクエストは3つ

・全員が目標達成

・1人もやめない

・最後に全員で気持ち良い打ち上げをしたい

 

リクエストを元に、チームで話し合い、

DSC_00930

考えた目標をクラスで共有しました。

DSC_00930

そして、決定したクラスの目標は

ニックネームを覚える

数字にこだわる

この2つになりました!

 

目標候補の中でも、多かったものは

報告する、共有するといった連絡に関する目標でした。

主な理由は、

・訪問日程などの報告がない

・気づきの共有ができてない

・LINEの反応がない(既読無視) など…

 

確かに…私のチームでも心当たりがあります。

気づいていながらも、自分だけしか気にしてないと思って、

チームの皆に共有しなかった私。反省です。

思っていることを本音で話し合わないと、

問題はいつになっても解決しません。

お互いが気付きを共有し合い、

学んだり意識することで、

個人の成長に繋がり、

より良いクラスができると思います。

今回のホームルームでは、気付きの共有と、

本音で語ることの大切さを学ぶことができました。

次からは私も気をつけます…。

ホームルームも次回でちょうど半分です。

悔いが残らないように、2月も頑張りましょう!!

 


 

最後に、Bチームにインタビューをしました!

DSC_00930

右から

小平 航くん(こだ)、

中西 遥さん(なかはる)、

高橋茉子さん(まこち)です。

大原将太くん(しょーちゃん)はお休みです。

 

弓指「皆さん、今週は社会人訪問へ行きましたか?

小平「2人行きました。」

中西「私も2人です。」

高橋「私は行ってません…」

弓指「小平くんと中西さんは社会人訪問して、何か気付きや学びってありましたか?」

小平「緊張していて、語尾が小さくなっていたらしい。最後まで言葉を言いきれてなくて、訪問先の方から言われて初めて気がついた…。」

中西「社会人の方が話上手なので、あまり話すことができなかった。社会人の方に比べて経験や知識はないけれど、同じくらい話せるようになりたいな~。」

小平「次は最後まで言いきることに意識したい。あと、緊張もあって2割くらいしか話せなかったから、もっと自分から話に行かないとダメだと思う!」

高橋「私はまだ身近な社会人訪問しかしていないから、来週の社会人訪問で気付きがあれば良いなと思います。」

弓指「少しずつ改善できると良いね!最後に、このクラスについてどう思いますか?」

高橋「ホームルーム3回もやってるし挨拶の練習もしているけれど、チーム以外の人とは距離があるかな…。」

小平「あと、入室するときの挨拶。みんな前を向いているから挨拶していいのかなって戸惑うよね。」

弓指「わかります!私も入室するときは戸惑った。まだ全然慣れないね…。ホームルーム以外でも皆とお話する機会が欲しいね!」

 

Bチームの皆さん、ありがとうございました!

ニックネームは後日、追加させて頂きます!すみません!

次回はCチームにインタビューへ行きます!

よろしくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

あだ名はさっしー。

24日に1つ歳をとってしまいました..。

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第2回ホームルーム 1月14日(木)レポート

こんにちは、木曜クラスブログ担当の弓指里花です!

早速、ブログを読んでいると声をかけてくれた方がいて、とても嬉しいです!

ありがとうございます!

 

それでは、第2回のホームルームの様子をお届けします!

 

DSC_00930

 

今回のテーマは

みんなの不安や悩み

 

身近な社会人訪問や協賛企業へのアポ申請、訪問レポートの記入など、

一通り終えていかがでしたか?

私は全然うまくいきませんでした。

話が膨らますことができなくて、

気まずい雰囲気に…。

 

皆さんの悩みや不安には、

「話が脱線してしまう。」

「メンバーのスケジュールが合わない。」

「業界調べってどのくらいすれば、良いの?」

などが挙げられました。

 

では、悩みや不安はなぜ出てくるのか。

 

私は、訪問先で失礼なことをしたくない、

悪い印象を持たれたくないと思いから、

不安や悩みは出てくるのだと思います。

また、自分の考えや行動が正しいかどうかを

判断できないときに同じく出てくると思います。

 

ここで、皆の不安を吹き飛ばす

高田コーチからの言葉

 

怒られた人ほど成長する。

そして、失敗をたくさんしてほしい。

 

怒られたり失敗するからこそ、

意識して改善、そして自己成長に

繋がっていくのだと思います。

失敗を恐れずに行動する…積極性ですね!

今のうちにたくさん失敗をして,

これからの100×10チャレンジや就活に活かしていきましょう!

 


最後に、Aチームの皆さんにインタビューをしました!

DSC_00930

右から

岡 潤佑くん(おかちゃん)、

金子千聡さん(ちーちゃん)、

横井美和さん(わーみー)、

岸 豪太くん(ごうちゃん)

です。

山崎くん(てっしー)と植村さん(しょうこ)

はお休みです。

 

Q.第2回ホームルームを終えて、どうでしたか?

岡 「【あ・い・さ・つ】と【当たり前を変えていく】、クラス全体で目標を達成していこうと言う言葉は為になりました。」

横井 「皆で感じていたことを共有し、新しい課題を見つけた。またクラスで共有するという新しい発見もあった!!!そして、挨拶の大切さも実感した。普段何気なくしている挨拶をもっと気を付けてやってみようと思った。」

金子 「私も2人と同じこと感じました。あと、挨拶しあうのは純粋に楽しかった!挨拶するってこんなに楽しいんだっていうのが嬉しかったのと、色んな人挨拶してるうちに、もっとクラスのみんなと仲良くなりたいな〜って思いました。」

岸 「ホームルームでの経験は自分にとって絶対に大事なものになると思うようになった!挨拶をこんなに見つめ直すような機会って滅多にないし、社会人の方々と話をする機会も同じ。今後の活動も頑張りたいと闘志を燃やしてます!笑」

弓指 「なるほど~!今日の挨拶は勉強になったよね!そういえば、ビデオに映っている自分はどうだった?」

岡 「全く挨拶して無くてすごいショックだったよ~。普段から見られてるって事が痛い程思い知らされた(ー ー;)」

横井 「そうだね~、本当に挨拶大事だよね。見られてるって意識もって生活するの大事ね!」

 

Aチームの皆さん、ありがとうございました!

次回はBチームにインタビューへ行きます!

よろしくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――
弓指里花 (ゆみさしりか)
あだ名はさっしー。
好きな食べ物は、うどんとお刺身。

100×10チャレンジ 16Winter 木曜クラス 第1回ホームルーム 1月7日(木)レポート

皆さん初めまして!

 

100×10チャレンジ冬クール、

木曜クラスのブログは、

私、弓指里花が担当させて頂くことになりました。

 

2ヶ月間、コーチや各チームへのインタビューも取り入れながら、

木曜クラスの様子をお届けします!

不慣れなところもありますが、宜しくお願い致します。

 

はじめに、木曜クラスのメンバーを紹介します!
木曜ブログ

 

元気で明るい人が多く、クラスの雰囲気も良かったです。

2カ月後には一人ひとりが

どのくらい成長しているのか楽しみですね!

 

ここから先は、初回ホームルームの内容を

・コーチからの自己紹介

・全体ワーク

・グループワーク

 

の順にお伝えします。

 

 

1. 木曜クラスのコーチ紹介

 

私たちのクラスをサポートしてくれるコーチは、

高田裕明コーチです!

木曜ブログ2

 

黄緑色のジャケットが印象的で、

とても明るいコーチです!

2ヶ月間、メンバー一同宜しくお願い致します。

 

 

2. 全体ワーク

 

お誕生日順や、出身都道府県別、中高の部活動別で

集まるワークを行いました。

ワークの後は、いよいよチーム決めでした。

木曜ブログ3

 

私が印象に残っていることは、自分から

「私○○部!」、「東京出身です!」

と声をかける人が多かったことです。

自分から行動している人がいて嬉しいです!

 

 

3. グループワーク

 

お題は “若い女性と水夫”

登場人物5人のうち、正しい行動をしたと

思う人から順位をつけていきました。

私のグループでは個々の意見を共有するも、

なかなかチームとしての順位が決められませんでした。

 

4木曜ブログ

 

そしてワーク後に高田コーチから頂いたお言葉。

 

正解かどうかじゃなくて、

チームで納得できたかどうかが大事。

 

正解がないと分かっていながらも、

どれが正しいかを無意識に求めていました…。

 

短時間で意見をまとめる力や、相手を説得する力、

相手の意見を聞く力も必要だと思うと、

グループワークって奥が深いですね!とても勉強になりました。
最後に、高田コーチにインタビューをしました!

 

Q1. 初回ホームルームを終えて、どうでしたか?

―このクラスは良い結果がでると思うよ。

そして、学びが早いね。

 

Q2. なぜそのように思いましたか?

―クラス皆が元気良くて、面白い。

そして、挨拶とか皆がしっかりやっていたから。

 

Q3. 他に気がついたことはありますか?

―リーダーシップを発揮できるのに、

遠慮している人が多いかな。

初回だからっていうのもあるけれど。

挙手が増えたり、

もっと皆が積極的になったら良いな!

 

 

高田コーチ、ありがとうございました!

 

次回はホームルーム終了後に、Aチームの皆さんに

インタビューしていきますので

ご協力お願いします!

今後とも、応援宜しくお願い致します!

 

 

―――――ブログ執筆者紹介―――――

弓指里花 (ゆみさしりか)

東洋大学 理工学部 応用化学科 3年

あだ名はさっしー。旅行することが好きで、

今年は大阪、ラオス、オーストラリアに行く予定。