15Autumn 月曜クラスブログ

職サークルWEB

15Autumn 月曜クラスブログ

100×10チャレンジ 15Autumn中間成果発表会

100×10チャレンジ  秋クール中間成果発表会

中間成果発表会表紙画像

 

~~~~~ 発表会レポート ~~~~~

 

「前半」と「後半」の2部構成となっております。

( →前半 : 中間成果発表会・前半 )

( →後半 : 中間成果発表会・後半 )

 

前半は、表彰100×10チャレンジの振り返りの共有が行われました。

2か月間一緒に頑張ってきた仲間たちが表彰され、終始和やかな雰囲気でした!

 

〈受賞者インタビュー〉

☆月曜クラス

100×10チャレンジ秋クールで見事70人への訪問を達成した、

Bチームの本多悠吾くん!

2年生ながら、3年生に負けない存在感と

持ち前の愛されキャラクターで

月曜クラスを盛り上げてくれた、飯田拓和くん!

月曜クラスを代表して、

ふたりに2か月間を終えての感想をインタビューしました!

 

☆火曜クラス

社会人訪問件数第4位のDチームの松本さん、

火曜クラスコーチ賞【仲間に影響を与えたで賞】

を受賞したBチームの鈴木さんにインタビューしました!

それぞれ受賞時の感想や、当時思い感じていたことを

話していただきました。

 

☆木曜クラス

全体のトップチームとなった木曜Aチーム、

個人賞を受賞したAチームの佐藤くん、Cチームの漆山さん、

そしてコーチ賞の【敢闘賞】を受賞した

Eチームの平原くん

それぞれに受賞した感想や、100×10チャレンジを終えての想いなど

お話ししていただきました!

 

☆金曜クラス

個人3位、コーチ賞のダブル受賞を果たした

Bチームの本田さんにインタビューしました。

それぞれの賞を受賞されての感想、

100×10チャレンジを終えて感じていること、

以前と変わったこと、

これからの活動などをお聞きしました。

 

各クラスごとの受賞者インタビューは、

中間成果発表会前半ページに収録されています。

ぜひご覧になってみてください!

( →前半 : 中間成果発表会・前半 )

 

 

中間成果発表会の後半は、

これからの継続活動のサポートとして、

「プチ社会人訪問」

「2月までの課題とそのためにスベキこと」

をグループでフリートーク。

懇親会も行われ、

2ヶ月間を社会人の方とともに振り返りました。

後半ページは以下のリンクからご覧ください!

( →後半 : 中間成果発表会・後半 )

 

 

100×10チャレンジ 15winter中間成果発表会 月曜クラス 受賞者インタビュー

はやてぃコーチ率いる

月曜クラスには二人の受賞者がいます!

 

cyu4

 

社会人訪問数第4位の本多くんと

コーチ特別賞『愛されているで賞』の飯田くんです。

今回、そんなふたりにインタビューをさせてもらいました!!

 

 

社会人訪問数 第4位 

本多悠吾くん

cyu2

本多くんは、なんとこの約50日間で70人の社会人へ訪問しました!

 

『訪問人数が増えていくにつれて変わったことはある?』

―自分の聞きたいことが少しずつ、明確化してきたことだと思います。

最初は、「楽しかったこと」「苦しかったこと」など、

極端で抽象的な質問ばかりでした。

しかし、訪問を重ねていくにつれて、

「こういう場面ではどうされますか?」などと、

抽象的な疑問を具体的にして、

社会人の方から様々なエピソードを聞けるようになりました。

質問力が上がったことが、一番実感としてある変化です。

 

『目標人数の社会人に訪問するために工夫したことは?』

―大きな目標「70件」を達成するために

小さな目標を沢山作り、着実に達成するようにしていました。

約50日で70人だったので、

まずは1週間で「10件」を達成するという目標を立てた。

そして、そこから「どうやったら達成できるか」

「どのように達成しようか」を考えて実行していました。

目標の明確化は、大きなポイントだったと思います!

 

本多くんは同じチームだったのですが、

途中からの追い上げが素晴らしく、

チームのメンバーにとっても良い刺激となっていました!

70人というあまり先の見えない目標値を、

小さな目標へと細分化することで

計画的に訪問数を増やすという工夫。

私もこれをもっと意識できていれば、

目標達成できたのではないかと改めて反省です。

 

 

そして、

田村コーチ特別賞『愛されているで賞』

飯田拓和くん

cyu

写真からも伝わってくるように、

クラスみんなに愛されている飯田くんはなんと2年生!!

『この賞を受けて、どんな気持ちになった?』
―予想もしていなかったです!! なんでーー!!??って(笑)
チームのリーダー、率先して活動した人などが
賞をもらうと思っていたので、まさか自分が!と思いました。
でも、素直にとても嬉しかったです!!
『100×10チャレンジの経験をどう活かしていくつもりですか?』
―友人に共有する!
―質問の質、行動の質をもっと磨いていく!
―社会人の方との対談の機会を積極的につくる!

『最後に、月曜クラスのみんなへメッセージをどうぞ!』

―月曜クラスのみなさん、2ヶ月間ありがとうございました!!
毎週月曜が本当に楽しみでした。
個性豊かな先輩と過ごした8週間は良い思い出になったし、
これからも一生の付き合いをしていきたいです!
最高の出会いができたことに感謝します。
これからも甘えさせてくださいね♡

 

一言発言するだけで笑いが起きる、飯田くん。

愛されキャラとはまさに彼のことだと思います!(笑)

2年生ながらしっかりとした考えを持ち、

3年生へ良い刺激をくれる一方で

いつも月曜クラスを盛り上げてくれる

ムード―メーカーとして活躍していました!

 

 

インタビュー記事は以上です。

月曜クラスの受賞者の2名を、心より讃えたいです!

中間成果発表会 前半 100×10チャレンジ 12月19日(土)

月曜クラスから金曜クラスまで

秋クールの100×10チャレンジメンバーが

クラスごとに席へつき始まった中間成果発表会!!

 

chu

 

前半は、成果発表会の場として

① 実績表彰

② 成果発表トークタイム

の二つが行われました!

 

まず、実績表彰では、

 

社会人訪問数トップ賞

チーム:木曜Aチーム

個人:

1位 佐藤くん(木曜クラス)

2位 漆山さん(木曜クラス)

3位 本田さん(金曜クラス)

4位 本多くん(月曜クラス) 松本さん(火曜クラス)

 

各クラスのコーチ特別賞

木曜クラス:『敢闘賞』 平原くん

金曜クラス:『数字はうそをつかないで賞』 本田さん

月曜クラス:『愛されているで賞』 飯田くん

火曜クラス:『仲間に影響を与えたで賞』 鈴木さん

 

受賞された方々、おめでとうございます!!

表彰されるのも納得できるメンバーばかりで、心から拍手しました!

 

表彰された学生へのインタビュー記事がありますので

そちらも是非ご覧ください!

以下のリンクは各クラスごとにまとめた

社会人訪問順位入賞者と

コーチ賞受賞者へのインタビューとなっております!

・リンク : 月曜クラス受賞者インタビュー

・リンク : 火曜クラス受賞者インタビュー

・リンク : 木曜クラス受賞者インタビュー

・リンク : 金曜クラス受賞者インタビュー

 

そして、表彰の後は中間成果発表トークタイム

くだんトークナイトのように社会人と学生で円を作り、

学生が100×10チャレンジを通して得た成果を共有しました。

 

chu2

 

トークテーマは以下の3つ。

・100×10を通じて、人とどのように関わりましたか?

 協働するとは?

100×10を通じて、働くことへの価値観はどのように変化しましたか?

 あなたにとって、働くとは?

100×10を通じて、自分に起きたもっとも大きな変化は何ですか?

 今後伸ばしたい・変わりたい自分は?

 

社会人の方ももちろん、他のクラスのメンバーからお話を聞けて

とてもいい機会になったと思います!

 

chu3

 

特に、100×10チャレンジを通して起きた変化や

それに関するエピソードが人によって異なり、

興味深いと感じました。

私の話にも、いろんな視点から質問してくれたり

共感を示してくれて、新しい発見がある、

内容の濃いくだんトークナイトになったと思います。

 

前半は以上です。

…後半へ続く!

(リンク : 中間成果発表会・後半

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 8回ホームルーム 12月14日(月)レポート

こんにちは。

月曜クラスブログ担当の木場です。

 

今回は、

第8回のホームルームとCチームへのインタビューをお届けします!

 

第8回ホームルームは、

100×10チャレンジの最後のホームルームで、

 

・チームで振り返りの共有

・チームのメンバー同士でフィードバック

・振り返りレポートの清書

・クラス一人ずつのコメント発表

 

などなどを行いました。

 

初回のホームルームからは想像もつかないくらい、

どのワークも大盛り上がりでした!!

 

特に、チームのメンバーでのフィードバックは

①その人の好きなところ

②才能だと思うところ

③こうしたらもっと輝くなと思うポイント

④メッセージ

をメンバー同士で伝え合いました。

 

last

 

伝えるのも伝えらえるのもかなり照れましたが、

考えれば考えるほどにチームのメンバーがすごく魅力的だったなあと気づきましたし

このメンバーだったから頑張れたんだなあと思いました。

3つ目の『こうしたらもっと輝くなと思うポイント』は

耳の痛いものばかりだったので(笑)、早めに改善したいと思います!

 

ホームルーム後に

はやてぃコーチへの最後のインタビューをしました!

 

『8週間を通して、どんなクラスの変化を感じましたか?』

自分について話すことへの抵抗感がなくなったんじゃないかな。初めは、少し表面的なことを話していた感じがあったけど、今日は「それ言っちゃうんだ」というような自分の本音を出せていたよね。

 

『「最初感じ悪かったよ~」とか「本当はあの時やる気なかった」とか、結構みんな言い合ってましたよね!(笑)』

―そうそう。きれいにまとめたくなるところを、それぞれがぶっちゃけていて良かったよね。あと、みんながフィードバックしあっているときの笑顔がすごく良かったよね。このままずっと終わらないんじゃないかというくらいの盛り上がりで!いいクラスになったよね。

 

『月曜クラスのみんなへメッセージありますか?』

―2か月間本当にお疲れさま!!秋クールは、バイトに学校に他のインターンに…やめる理由はたくさんあった。その中でも目標を達成できたことは本当にすごいことだし、目標を達成できなくても目標のためにやり切れたということは誇っていい。まだやり切れていないっていう人は、就活までにぜひやり切ってほしいと思います。

 

はやてぃコーチ!!

last3

8週間本当にお世話になりました!

 

 


 

そして!!!

最後のインタビューは、Cチームです!

lasitt

 

左から、

龍遥夏さん

遠藤真悠さん

浦川祐可さん

君和田郁也くん

野村誠哉くん(リーダー)

皆川恵さんはお休みでした。

 

『初めに決めた目標はやり切れた?』

―龍:目標は『視野を広げる』ことだった。就活で求められる学生の人物像が分かってきたし、いろんな仕事や働き方、考え方があるということが良く分かった。人数としては目標を達成できなかったけど、100×10チャレンジで達成したかった目的という部分は達成できたかな。

 

『どんな人への社会人訪問が印象に残っている?』

―遠藤:特殊車両を作ってくださっている会社の人事の方です。話を伺うというよりも、私のお話をすごく親身になって聞いてくださったので驚いたし嬉しかったです。訪問時間が過ぎても、もっと話そうかと提案してくれて「こんなに優しい人事の方がいるんだ!」と印象に残った!

 

『100×10チャレンジを通してどんな変化があった?』

―浦川:参加するまで、社会人の中でも特に人事の人は「人事の人!」というイメージがあってすごく緊張していたけど、社会人訪問を通して人事の人も一人の人間だなと思えるようになった。社会人にも学生の頃があったんだと思えるようになって、いい意味で緊張がなくなった。

 

『社会人訪問で失敗したこととかある?』

―君和田:初めの方の社会人訪問で、下調べをしていなくて変な質問をしてしまった。その訪問以来、会社に行く前にはしっかりと企業について調べていくことが礼儀だと気づいて、反省した。それ以来は、その失敗はしていないです(笑)

 

『リーダーとしてきつかったことはあった?』

―野村:みんなをまとめることが大変だった。みんなをまとめるためには、リーダーの自分が計画性をもって早めに連絡したりしなきゃいけないし、しっかりしなきゃいけなくて難しかった。あと、リーダーにはみんなの士気も高める役割があるけど、上手くできなかったので反省しています。

 

 

リーダーがものすごく責任感を持っていて、仲の良いチームだと思いました!

 

毎回、みんなにどんな話を聞けるのかなあと楽しみにしていたインタビュー…

これまで協力してくれた月曜クラスの皆さんありがとう!

 

 

 

以上で、全8回のホームルームのレポートは終わりです。

もう、月曜にホームルームへ行くことはないのかと思うと

とてもとても寂しいですが、

この8回のホームルームで身につけた振り返りの力を生かして

今後も活動を続けていきたいと思います。

 

読んでくれた皆さんありがとうございました!

 


 

ブログ執筆者:津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
都内のチョコレート屋さんを制覇するのが目標です!

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 7回ホームルーム 12月7日(月)レポート

こんにちは!

月曜クラスブログ担当の木場です。

 

今回は、

・第7回ホームルーム

・Dチームへのインタビュー

について書いていきます!

 

 

ホームルームの流れはこちら↓

  1. 今週の訪問の振り返り
  2. チームごとの話し合い
  3. クラスでの課題解決

 

 

チームごとの話し合いでは、

 

ウルトラインターンシップを『やりきった!!』と思えるために

残りの1週間具体的に何をしますか??

 

というテーマのもと話し合いました。

 

7

 

すでにチームでの目的は達成できているというチームもいくつかあったようですが、

みんなかなり話し合いに集中していました。

初回のホームルームからは想像もつかないようなボリュームでした!(笑)

 

「訪問人数が到達できそうにないひと、このインターンの目的が達成できそうにないって人がいると思うのですが、そんな人にメッセージをください。」

―『社会人になって納期に間に合わないという状況は必ず出てくる。だから、今の状況をどうしようと考えていることは社会人につながっていると、まずは前向きに捉えてほしい。最後は人事を尽くすしかない。』

 

「できることは全部やるってことですよね。」

―『あらゆる思いつく方法は全部やりきる!!大体後悔するのはやりきってないとき。結果を出すことも大事だけど、結果を出すための過程がもっと大事。「やりきった!」と思えるのは結果ではなく過程だよ。』

 

 

私自身、訪問目標人数には届きそうにありません。

しかし、社会人訪問で「最後まであきらめないという“姿勢”が大事」

だというアドバイスをいただいたので、最後まで数を追う姿勢は貫きたいと思います。

最近は少し息切れしてしまっていますが、残りも1週間、、、

当初の目標人数は達成できなくても、自分で決めた100×10チャレンジの目的は達成したいです!

 

7^

 

再設定した目標人数は達成できるように、

チーム皆が満足して終われるように、

最後まで走りぬきましょう!!

 


 

 

今回のインタビューはDチーム♪

 

7--

左から、

仲野日奈子さん

山本政敬くん

鳴海彩香さん(リーダー)

 

「今日のホームルームはどうだった?」

―『個人というよりはチームで今後について話し合いました! 私たちのチームは、良くも悪くも意見がまとまるのが早いので…』

「話し合って、残り1週間何をすることにしましたか?」

―『とりあえず、一番最初に一人一人書いた目標を達成する!』

 

「最初に書いた目標ってなんだったの?」

―『私は、社会人と会話ができるようになること。始めたころよりは、会話できるようになってると思う。自分の言いたいことを言葉にすることもできなかったし、質問に関連付けて質問することも難しかったけど、最近になって少し成長したと思う!残り一週間、もっと会話に自信が持てるよう頑張りたい。』

―『私はやりたいことを見つけること。初めは全然なかったんだけど、いろんな業界や企業のお話を聞いてみて、いいな!やってみたいな!と思えるのが共通したお仕事だった。だから、残りの1週間は、このなんとなく『いいな』って思う気持ちを掘り下げたい。』

―『最初の目標だった、社会人と普通に話せるようになるは達成できたと思う。ただ、社会人訪問を通して自分の軸がぶれ始めた。自分の興味がある分野はこれまで一つだと思っていたけど、いろんな人の話を聞いてもっとたくさんのことに関心がある自分に気が付いた。だから、最後まで、少しでも自分について考えていきたい。』

 

この100×10チャレンジの目的や気づきはそれぞれ違いますが、

みんな2か月前から成長したことは確かだと言っていました!

いろんな人の考え方や気づきを聞かせてもらえるこのインタビューも次回が最後です(泣)

ラストは、Cチームのみんなにお話を聞きます!

 

 


ブログ執筆者:津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
都内のチョコレート屋さんを制覇するのが目標です!

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 第6回ホームルーム 11月30日(月)レポート

こんにちは。

月曜クラスブログ担当の木場です!

 

本日は、

  1. 第6回ホームルームの様子
  2. 月曜クラスEチームへのインタビュー

の二つをレポートします!!

 

今回のホームルームの内容は3つでした。

  1. 今週の訪問の振り返り

振り返るポイントは3つ。

・どんな人に訪問したのか?

・その中で、最も印象に残ったのは?

・なぜ、その人が印象に残ったのか?(自分の考え)

2.昨年度冬クール終了生へのインタビュー!!

3.チームでの作戦会議

「残り二週間、悔いなく終わるためにはどうするべきか」

 

 

なんと!

今週はスペシャルゲストが来てくださいました!!

 

昨年度の100×10チャレンジ冬クールに参加されていた

4年生のみなさんです!!

 

4

 

今回来てくださった方たちのクラスは、みんなあだ名で呼びあっていたそうで

仲の良さが伺えました。

 

100×10チャレンジに参加して気付けたことや

期間中に大変だった思い出、

この取り組みで就活に活かせたこと、

私たち現100×10チャレンジ生へのメッセージなど

笑いを交えながらたくさんのお話をしてくださいました。

 

特に印象に残っているのが、

活動を通してデータでは見えない働き方や仕事に対する価値観が見えてきたというお話です。

 

私自身、企業のホームページや資料からはなかなか知ることのできない情報

(会社の雰囲気や働いている方々がどんな思いを持って働いているのか、などなど)を、

訪問を通して知ることが出来ていて、

それが自分に合っているのかどうかを考えることで

自分自身の価値観に少しずつ気付けているなという実感があります。

 

ですので、実際に就職活動を終えた4年生のお話を聞いて、

このまま活動を続けていくことが自分自身の価値観の発見につながるのだ

と確認することが出来てよかったです。

訪問への意欲がますます高まりました。

 

3

 

本日お話してくださった4人のうちの一人

桐渕すみれさんにお話を聞かせてもらいました。

 

『今日、私たちのクラスでインタビューを受けての感想を教えてください』

―「1年前の自分たちとみんなの姿が重なりました。

特に、手探りに訪問を頑張っているところですね。」

 

『私たちはいま、何を頑張るべきですか?クラスの学生へメッセージをください!!』

―「いっぱい迷ってほしい。

迷って迷っていろんな経験をしたことやそこから学べることは、

はやくゴールににたどり着くこと以上に大きな財産につながると思います!

頑張ってください!!」

 

先輩方、ありがとうございました!!

 


 

今回のインタビューはEチームの皆さんに協力してもらいました。

 

s

左から、

江藤泉さん

井上智絵さん

中里穂乃加さん

飯田拓和くん

Eチームは二人が二年生なんです!(右二人)

残念ながら、赤松香苗さん、佐原博くんはお休みでした。

 

 

『今日の感想を教えてください。4年生のお話を聞いてどう思った?』

 

「今やっている取り組みが、本当に就職活動につながるんだと実感できてよかったです。」

「このインターンが自己分析につながるというお話を聞けて」

「大手企業に絶対行きたいという気持ちから、訪問をしていろんな企業を知ることで自分がベンチャー寄りの価値観だと気が付いたと仰っていた人がいて、そういう自分が気付けていないことに気が付けるっていいな、と思った。」

 

2年生にとっては就職活動が先のことすぎて、あんまり実感がわかなかったという声もありました。きっと1年後に思い出せるのではないでしょうか?

 

 

『残り2週間。後半で行なわれたチームの作戦会議では、どんなことを話し合った??』

 

「訪問を始めたときから目的が変わりました。初めは、自分で見つけられていない長所や能力を見つけられたらいいなと思っていましたが、それ以前に社会人としっかり会話できるようになることが目的・目標です。そのためには、もっと訪問を増やさないといけないなと今日確認できました!」

「訪問人数はたぶん目標に届かないけど、最後までやり切りたいです。すでにこれに参加してよかったなという気持ちはありますが、もっといろんな人にお話を聞いてより満足できる取り組みにしたい!!」

「この取り組みで、志望する業界が変わった!だけど、まだなんとなくなのでこれを終えるころには、もっとはっきりとした考えを持てるようになりたいです。」

 

 

残り2週間。

目標人数に達成できないことが確定してしまっている人もいるかもしれません。

でも、今日のホームルームでも話し合ったように、

「これだけはやり切る!」ということをはっきりさせて最後まで走り切れるかどうかが

自分にとっての100×10チャレンジの価値を左右するのかもしれないなーと思います。

最後まで頑張りましょう!!!

 

 


 

ブログ執筆者:津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
都内のチョコレート屋さんを制覇するのが目標です!

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 第5回ホームルーム 11月23日(月)レポート

こんにちは!

月曜クラスのブログ担当、木場です。

 

今回は、

前半: 第五回ホームルームの様子

後半: 月曜Fチームへのインタビュー

についてお届けします。

 

テーマは 『 チーム 』 です!

 


 

 

まずはいつものように、数字を振り返ってホームルームスタートです。

 

6

 

毎週こうやってそれぞれのチームが

数字を書き込むことで

・目標値と現在値とのギャップ

・チームごとの現在値やアポイント数の差

が明らかになります。

 

ホームルームでは、この数字を見て

 

1.今チームで何が起きているの?

2.なぜ起きているの?

3.じゃあどうするの?

 

この3つについて

「チームの全員が納得して、また走り出せる」

ことをゴールとして話し合いをしました。

 

キーワードは、

 

2

ぶっちゃけ

 

魅力的な社会人は、波風立たないような関係ではなく本音でぶつかることによって「また会いたい」と思わせるのだそうです。

 

各チーム、「ぶっちゃけ」を頭につけて自分のチームを振り返り、他のチームの様子を聞いたり、アドバイスをもらったりしました。

そして、自分のチームへ持ち帰り、初めに決めたチームの目標を思い出しこれからどうしていくべきかについて真剣に考えました。

 

ちなみに、私のチームはクラスでの訪問数は1番多いですが、

満足できない部分、まだまだ本音をいえていない部分がたくさんあることに気が付きました。

たとえば、

 

・チームのメンバーにも訪問への取り組む姿勢や熱量にばらつきがあるという点

・目標値に対しての焦りを感じていない

・訪問による成長が実感できていない

 

などなど、時間内では解決し終わらず

ホームルーム後にも大戸屋でじっくり話し合いました!

 

 

この話し合いがチームにどんな影響を与えたのか、

これからの取り組みに期待したいです!

他のチームの皆さんもかなり盛り上がっていたみたいなので、来週の数字も少し変わってくるんだろうなと思います。

 

 

ホームルーム後、はやてぃコーチへインタビューをしました。

 

「今日のホームルームは、どうしてチームの話し合いだったんですか?」

―『数字はチームが機能しているかどうかを表しているから、ここでその差を再認識して、危機感を持ってほしかった。

本当は自主的にやるべきなんだけど、上手くいっていないチームはやろうってならないからね。』

 

「チームがうまくいかない原因って何なんでしょうか。」

―『それぞれがいろんな不満や不安を

自分の中で完結させようとしていることだね。

それをチームにぶつけなきゃそのまま終わっちゃう。なんで上手く機能しないのか分からない、

そんな状態が一番危ないと思うよ。』

 

「今日は、いつもと違ってリーダーの訪問数を聞きましたが、何故ですか?」

―『リーダーの訪問数って、不思議なことに

チームの数に比例するんだよね。チームみんなで決めたリーダー。どうやって決まったのかをもう一度考えてほしい。』

 

「最後に、月曜クラスのメンバーへのコメントをください!」

―『やっぱり学校やバイトで忙しい人もいると思う。メンバーによって頑張り具合に差があるチームもあるかもしれない。

でもそれをそのまま傍観するのではなく、

自分が何か動かそうという主体性を持ってほしい。

そして、そのためにはどうするのか柔軟な発想をしてほしい。』

 

 

残りも3週間となりました。

チームの人と本音で話し合えるかどうかが、満足できる活動になるかを左右すると言っても過言ではないですよね。

わたしも、誰かに任せるのではなくて、自分がきっかけを作れるようになろうと思ったホームルームでした!

 


 

 

後半は、Fチームへのインタビューを紹介します!!

IMG_9066[1]jo

左から、

渡邊正光くん

佐藤育さん

前提菜摘さん

深山美優希さん

前にいるのが、リーダー松田聖史くんです!

 

「まず、今日のチームの話し合いで出た問題点を教えてください!」

―『目標への意識が薄れてきていて、ちょっと100×10の優先順位が下がってきてるかな』

『はじめに決めた目標訪問数が多すぎてムリかなあと思っています。あと、思ったよりなかなかアポイントがとれていない・・・』

『ひとつ自分がこれだ!と思える企業に出会えて、もう満足しちゃっているかもしれない。』

 

「チームとしてはうまく機能していますか?」

―『個人としてはよく頑張れていると思うけど、リーダーとしてはまだまだチームを引っ張れていないと思う。もっとみんな本音を出してほしいな。』

 

「みんなも、まだ本音で話せていないって感じているの?」

―『他の人たちによりは本音で話せていると思う』

『まだ話せていないこともあるけれど、前よりは話せているかな。』

『遠慮とは違って、言ったら空気がマズくなると思って言えないこともあるかなあ・・』

 

「チームの雰囲気をどんな風に良くしていこうと思っていますか?」

―『上手くいっているチームの話を聞いて、お互いのことやスケジュールをよく把握しているなあと思ったので、まずはそこからまねしていこうと思っています。』

 

「もう今日のホームルームで、すっきり全部吐きだせた?」

―『うーん…(笑)』

『時間が足りなかったから、もうちょっと話し合わないといけないかな。』

『これから次第で今より良くなると思ってる!みんなで頑張りたい!』

 

 

今回の話し合いによって、チームがどう変わっていくのかが楽しみですね!

チームで行き詰ってしまったときは、他のチームのひとやコーチに相談するのもいいかもしれません!

 

 

今回は、多くのチームにとって大切な回となったのではないでしょうか。

私も、「なんかなあ~」と感じることに対してそのまま放っておくのではなくて、メンバーそれぞれが自分が何か動かそうと主体的になることが、よいチームになるためには必要なんだなあと思いました。

私も含め、忙しい人や訪問になかなかいけない人もいるかもしれませんが、チームの貢献の仕方って様々あると思うので、ただの傍観者にならないようにしたいですね。

 

チームはもちろん、クラス全員がやってよかったと思えるように最後まで頑張りましょう(^^)

 

 


 

ブログ執筆者:津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
特に、お寿司と焼肉には目がありません!

 

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス ホームルーム前半ダイジェスト

こんにちは!

月曜クラスブログ担当の木場です。

 

今回は、これまで公開したブログを

総おさらいできるページを作成してみました!

100×10チャレンジ 秋クールの

前半部分として第1回目~第4回目のブログ

本ページに収録してあります。

 

この機会に、これまでのブログを読み返して

ホームルームで学んできたことを振り返ってみませんか??

 

 

 

月曜クラス第1回ブログ

自分の訪問目標人数100×10チャレンジの目的を考えた第1回。

社会人と学生の違いや成果にこだわることの重要性についても学びました!

インタビューは何を聞けばいいのか、どんな内容を伝えればいいのか…

初めてのブログ執筆に不安でいっぱいでした(笑)

 

 

月曜クラス第2回ブログ

第2回ホームルームでは、3つの約束について復習したり、

絵を描くワークを通して、正確に情報を引き出すことの大切さやポイントを学びました!

この回で、はやてぃコーチの言っていた

注意してくれるということは、成長してほしいという愛情の印

というお話を、社会人の方にアドバイスをもらう度に思い出します!

 

 

 

月曜クラス第3回ブログ

第3回では、はやてぃコーチへの質問を考えることで、

より良い質問の行い方、質問の答えに対する反応の大切さについて学びました。

このあたりから、クラスの人に「ブログ読んだよー」と声をかけてもらえたり

「ここを変えるといいんじゃない?」というアドバイスをもらえるようになり、

すごく嬉しくて、もっと頑張って書こうと思えました!

 

 

 

月曜クラス第4回ブログ

振り返りの効果を学んだ第4回ホームルーム。

ブログでは、振り返りのポイントであった量と質について取り上げました。

『量をやらないと質に転化しない』

社会人訪問だけではなくて、他の取り組みにも言えるんじゃないかなあと思います。

 

 

 

以上、第1回~第4回までのブログの振り返りでした。

文章を書くことに苦手意識があり、初めは不安な気持ちでいっぱいでしたが、

クラスの友人や他の曜日ブログ担当者にアドバイスをもらったり、

自分なりに工夫をしてみたりと、なんだかんだ楽しんで取り組ませてもらっています!!

 

残りの4回のブログも、今よりももっと中身のあるものを書けるように

じっくり考えていきたいと思っています!

アドバイスや感想などが励みなので(笑)、ぜひお願いします!!

 

 

ブログ執筆者: 津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
特に、お寿司と焼肉には目がありません!

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 第4回ホームルーム 11月16日(月)レポート

こんにちは!

月曜クラスブログ担当の木場です。

 

今回は、

1.第4回ホームルーム

2.月曜Aチームメンバーへのインタビュー

の様子をお伝えします。

 

 

 

今回のホームルームでは、振り返りの大切さについて学びました。

振り返りの目的は2つ。

 

・目標量に到達する(量)

・訪問の質を上げる(質)

 

この二つを達成するために

今の自分たちの活動を振り返って、

良いところより良くできるところについてチームで話し合い。

 

IMG_9049[1]

 

そして、

チームのホスト(代表者)以外が、各々他のチームへ移動し

他チームの気づきを自分のチームへ持ち帰るというワールドカフェ方式で

気づきの共有を行いました。

 

IMG_9051[1]

 

どのチームも、目標量と訪問の質に関して

ものすごくたくさんの気づきや改善策を考えていて、

チームの話し合いだけでは出てこないような内容をクラスで共有することができました。

 

・電車移動などの隙間時間に訪問レポートを書き終える

・訪問の振り返りを一緒に行った人と共有する

・先に先に、アポイントを取っていく

・自分の身近な社会人をチームの人に紹介する

・電話でアポイントを取っていく

・合同説明会に行き、訪問数を稼ぐ

 

などなど、書ききれないくらいの意見が出てきました。

他の意見を聞くことで、それに触発されて新しい気づきが生まれることもあり、

視野を広げること、他の人の意見を聞くことの大切さも実感したワークでした。

 

いつも一緒に訪問しているようなチームで振り返りをすることも大切ですが、

他のチームの振り返りを覗き見ることも、すごく勉強になるし面白いですね!

 

すぐに実行できるアイデアも多く、さっそく私も、他のチームから学んだ

移動時間や学校の休み時間を訪問レポートを書く時間に充てる

という工夫を次の日から実践しています!

 

 

 

そして、ホームルーム後、

はやてぃコーチに量と質についてお話を伺いました。

 

―目標数にまだまだ遠い人が多いですが、

個人的には、数を稼ぐことが目的になるのはあまり意味がないのかな~と思っています。

質が大事というか…

 

『確かに、質をおろそかにするのはダメだよ。

だけど、量をやらないと質に転化しないポイントがあって、

訪問数5件の人が質の話してもね…(笑) 最低でも30件は行ってほしい

そっから質の話をしてほしいな。』

 

―30件というのが、ポイントなんですか?

 

10件でやっと慣れる。

 20件くらいが模索期間。

 30件ぐらいで工夫ができるようになる。だから、30がボーダーラインかな。』

 

―工夫というのは、聞き方とか話す内容についてですか?

 

『そうそう。新しい気づきや発見があったり、自分なりの観点が出てくる。

少ないと慣れで終わるからもったいないと思うよ。早く30に到達してほしい。』

 

 

たしかに、

コーチの言うように訪問数をこなせていないのに質の話をするのは

ちょっと経験不足かもしれないと気が付きました。

まずは30件、内容が薄くならないようには気をつけながらも

早く突破したいと思います!

 

 

 


 

ホームルームに関連して、量と質について

月曜クラスAチームの4人にインタビューしてきました!

 

IMG_9038[1]

 

左から、

山口涼さん

津谷瑞貴さん

松葉歩実さん

山本真輔さん

(吉村仁見さん、和田怜子さんは残念ながらお休み…)

 

―まず、目標値と現状を教えてください!

『目標は257! 今はまだ50…。』

 

―目標値達成のために何か考えていることがありますか?

『本当は教えたくないけど(笑)、

 渋谷に行ってスーツを着ている人に聞いて回ろうかなと思っています。』

 

―え?!それ本当にやるつもり?

『もちろん、そんなに追い込まれないように頑張るよ。最終手段として考えています!』

 

―量を追いすぎると質が落ちるって意見に対してはどう思う?

『ホームルームでもお話あったけど、数をこなすことで気づきが得られて

 その結果、質についても考えられるようになると思う。

 だから、最初から質について考えるのは無理なんじゃないかな。』

『僕は、量にこだわって、その過程は後から振り返ればいいと思う。

 自分が建てた目標だから、質の問題以前に、その数にこだわりたい。』

 

―みんな量を求めようっていう姿勢なんだね!

『コーチの言う通り、30まではとにかく量にこだわって早く達成したい。』

『私も後半、行きたい企業や志望業界の人にに訪問したいから、早く30件は突破したい。

 30件までは量だけを追って、それ以降は量と質の2本立てで頑張りたい。』

 

グループの目標値にはまだまだ遠いけど大丈夫そう?と聞くと、

『達成するしかない!!』と4人とも口をそろえて言っていて、

とても力強くてかっこいいチームだな、と思いました!

きっと257件という目標を達成することでしょう!負けてられないです(笑)

 

 

月曜クラスは仲がいいし雰囲気もいいけど

今のペースは、やはり他のクールに比べて遅いそうです。

全8回のホームルームも、もう4回目を終えました。

残りも20日ちょいです。

 

自分の現在の訪問数と目標数を把握し、

どんな対策で目標達成するのか考えなければない時期です。

アポイントを取らないことには訪問できないので、

私も含めて皆さん、先に先にアポイントを取るよう頑張りましょう!

 

 

ブログ執筆者: 津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。
2年前、小麦アレルギーになったことをきっかけに、
グルテンフリーを勉強中です!

100×10チャレンジ 15Autumn 月曜クラス 第3回ホームルーム 11月9日(月)レポート

こんにちは。
月曜日クラスブログ担当の木場です!
今回は第3回ホームルームと
月曜クラスのGチームへのインタビューの二本立てでお送りします。
まず、第3回ホームルームは以下のような流れでした。
1.自己紹介と訪問の振り返り・共有
2.はやてぃコーチへの訪問タイム
3.質問の仕方についてのアドバイス
12115640_654152394727168_4222939174017763526_n
今回は、はやてぃコーチを訪問させていただいている社会人と仮定して
クラス全員での社会人訪問を行いました!
1グループにつき5つ質問を考え、
はやてぃコーチが各グループの質問の中でも
最も聞きたい一つに答えてくれました。
ここで今回学んだ質問の仕方は、
なんでそれを聞きたいのか?
 質問が出てきた背景は?
 を添えて、質問をするということ。
これを伝えるか伝えないかで、
質問の受け手の答えやすさが変わってくるそうです。
たしかに、訪問をしていくなかで、
うまく質問が伝わらなかったな、と感じることがあります。
そういうことを聞きたいんじゃないんだけど、どう尋ねたらいいのか分からない…
そういうときは、漠然とした質問を投げかけるのではなく、
自分の意見や、考えている過程、それを聞いて何を知りたいのかも
一緒に伝えることが出来たら、
より自分が聞きたいことに近いお話をしてもらえるかもしれない、と納得しました!
そしてもう一つ、
話を聞いて思ったことを伝える。
これも、質問をする上で大切だそうです。
話したことに対しての反応が見られなかったり、返答がないと
質問の受け手は逃げられたような気持ちになると
仰っていました。
そうなんだ!とは思いましたが、
私はあまりピンときませんでした。
質問される側になったことがないからかもしれません。
そもそも、今回のホームルームを受けるまで、
あまり質問される側の立場になって考えたことがありませんでした。
なので、今週の訪問は、少し難しそうですが
質問される側の気持ちを考えつつ、質問する』
ということをテーマにして、意識してみようかな~と思っています。
今まで気が付かなかった視点を手に入れた、第3回ホームルーム!
以上が振り返りレポートでした!
今週のチームポイントを見れば、
少しずつチームで差が出てきているのが分かりますね。
はやてぃコーチ曰く、この差がチームが上手くいっているかどうかを
表しているといっても過言ではないそうです。
12105752_654152544727153_523673536411933109_n
わたしのチームも含め、
このままのペースだとチーム目標に到達しないのではないでしょうか?(泣)
それ以前に、ポイント数をしっかりと意識できていますか?
正直、私個人は今回のホームルームまで
8週間という期間で、着実にポイントを積むという意識が薄かったと思います。反省。
ホームルームの初めにもお話が出てきましたが、
正確な現在地(ポイント数)を知り、今後の計画をたてることが大切ですよね。
次回はもうホームルームも4回目を迎えます。
この辺で、現状と目標のギャップを明確にし、
目標を達成できそうか、チームの動き方を見直す必要があるのかもしれません。
自分たちで立てた目標を達成できるよう、
クラス内でも協力しあって、頑張りましょう!

ということで、
月曜クラスの中でも
現時点のチームポイントが高いGチームにインタビューしてきました!
oo
この写真がGチームの皆さんです笑
左から
篠原彩織さん
武内夏実さん
岩井良平さん
梅本聡さん
森川優香さん(←リーダー)
写真を見てもわかるように、
すごくすごく明るく楽しいチームです!
チームがうまくいっているコツが気になります!
「チームのポイントが高いですが、この理由は何だと思いますか?」
—え?!本当?気にしてなかった!
 うーん、LINEの動きはすごくいいです(笑)
 あとは、いじられキャラの人を中心に仲良くなった感じです(笑)
「チームで動く上で、大切にしていることは何ですか?」
ほうれんそう!報告・連絡・相談です。
 だから、LINEを使って頻繁に連絡することになるんです!
 あと、個人目標は絶対達成しようね、と話しています。
 それがグループの目標達成にもつながると思うので・・・
「2週間を振り返って、もっと頑張りたいことは何ですか?」
アポイントを早く取ることです。
 アポイントを早く取らないと、訪問もできないし、
 時間が過ぎるのはあっという間だな~と実感しています(泣)
 あと、自分のグループだけでなく、
 別のグループとももっと交流したいです!!!
インタビューして、チームがうまく動くためには
やっぱり話す回数や連絡をする回数って大切なんだな、と思いました。
お互いの動きが見えるような状態がいいのかもしれません。
今はまだポイント数があまり順調に増えていないチームも
他チームの良いところをどんどん真似して、
自分のチームを盛り上げていきましょう!!

ブログ執筆者:
津田塾大学3年 木場遥香(こばはるか)
趣味はデブ活で、常に美味しいものを探しています。2年前、小麦アレルギーになったことをきっかけに、グルテンフリーを勉強中です!