パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

「春よ来いライブ2020」完結編

2020年2月27日 (木曜日)

さて、昨日中途半端に終わってしまった「春よ来いライブ2020」のご報告。今日こそ完結させましょう。

第二ステージの3曲目は、風の「22才の別れ」。ご存じ伊勢正三が作詞作曲した名曲です(パフの若者たちは伊勢正三のことを吉幾三と間違っていたらしいですが😿)。

伊勢正三は僕の出身高校(大分舞鶴高校)の9つ上の先輩ということもあり、大きな影響を受けたミュージシャンの一人でもあります。

で、この曲は、ギターをスリーフィンガーで弾くのですが、僕はナッシュビルチューニングしたTakamineのギター、荒木さんはTaylorのミニギター、福田さんは7弦ベースを持って3人並んでの、まるで「南こうせつとかぐや姫」みたいなスタイルでの演奏に臨みました。

 

4曲目は、「ホームにて」。中島みゆきの初期の名曲です。都会に出てきた若者の故郷への想いを切々と歌った曲です。気持ちを込めて歌ったつもりですが、さあ、どうだったでしょうか。

5曲目は、「木蘭の涙」。スターダストレビューの名曲です。福田さんと僕が楽器を置いて、荒木さんのピアノの演奏だけでボーカルに専念しました。「逢いたくて逢いたくて~」という好きな人を失くした女性の気持ちを綴った歌詞。福田さんのボーカルは聴き応えがありましたね。

6曲目は、「少年時代」。これは若い人たちも知ってたんじゃないですかね。井上陽水の名曲ですね。「夏が過ぎ風あざみ~」なので、春よ来いライブのコンセプトとはちょっと違うのですが…。この曲から「素敵な仲間たち」の住本さん(バイオリン)、桶家さん(チェロ)、大門さん(トランペット)にも入ってもらって、ボリュームのある贅沢なアレンジにしました。

7曲目は、ご存じ「青春の影」。Tulipの名曲中の名曲、財津和夫が作詞作曲した作品です。高校生の頃からずっと歌っていて、僕が唯一、歌詞も楽譜も見ずにピアノを弾きながら歌える唄なんですが…。油断は禁物ですね💦、途中でなぜか歌詞が飛んでしまいました。観客にはバレてたかな?

さあ、そしてついにラスト曲。

8曲目は、「夢の中へ」。井上陽水の出世曲です。これをラストに選んだのは、悲しいこともつらいこともしばし忘れて「夢の中へ」来場の皆さんと一緒に飛び込んでライブを終わらせようと思ったからでありました。バイオリン、チェロ、トランペットの演奏もあって、狙い通り盛り上がったのではないでしょうか。

これで用意していた楽曲はすべて終了。時間はもう22時。お店の決まりで終わらせなければならない時間です。

ところが、客席の一部からアンコールを要求する声。いちばん声が大きかったのが、Profuture寺澤さんの息子リョウスケ君です。父親に似て図々しいのです(笑)。

「よし、分かった、やろう!」

ということで、奥のほうから見える店の人の冷ややかな視線を無視してアンコールをやることにしました。

選んだ曲は「レット・イット・ビー」。楽譜も歌詞カードもなく、やれるかどうか心配だったのですが、まあ、「春よ、来い」で散々しくじった後だったので、へんに度胸がついています。

不思議なもので、歌ってるうちに自然と歌詞が浮かんできました。ピアノも途中、間奏でしくじった以外は、わりとまともに弾けたのではないかと。

 

ふー、これでやっと全セットリストの紹介が終わりました。

 

思えば僕がライブをやり始めたのは2008年の秋。今年でもう12年、干支が一回りしてしまいました。

できればもう一回りくらいは、やり続けていきたいですね。

次回は、僕の還暦記念ライブ。11月下旬から12月上旬にかけてやろうと思ってます。

秋冬にやるには季節外れですが「春よ、来い」と「翳りゆく部屋」のリベンジは必ずやります。あと、ビリージョエルの「ピアノマン」にもチャレンジしてみようかなと(#^^#)。

ということで皆さん、これからも「釘さんライブ」をよろしくお願いいたしますm(__)m

 

さて、本日は東京ですが仕事場はパフではありません。下町方面に直行です。

では、朝食&スカーレット後、行ってきます!

 

さて、本日は「春よ来いライブ2020」の後半のお話です。第二ステージのセットリストも全公開します。

多くの読者の皆さんは「まだ続くのかよ~」とお思いでしょうが、Liveネタは本日でいったん終わりにしますので、もう少しだけお付き合いください💦

 

第一ステージのラスト曲「翳りゆく部屋」のピアノ演奏を最後の最後でしくじった僕は、悔しさを噛みしめながら控室に戻っていきました。

 

控室では悔しさのあまりメンバーたちに「第二ステージで時間余ったら、翳りゆく部屋、もう一回やっていい?」てなことを言って、呆れられていました(苦笑)。

するとメンバーのひとりから(チェロのオケちゃんだったかな?)「でも、万一アンコール来ちゃったらどうします?」との質問。

「まあ、そりゃあないっしょ」と答えましたが、とはいえ絶対にないとも限りませんし、拍手が鳴りやまなかったら、やっぱりやりたくなるかもしれません。

でも、ホントにアンコール曲なんて用意していませんでした。

「レットイットビーなら去年もやったからやれるかも。でも楽譜がないしなー」なんてことを言っているうちに第二ステージ開始の時間が迫ってきて、僕らはステージに向かいました。

第二ステージは21時から22時までの一時間(のはず)でした……。

第二ステージのセットリストは以下です。

<第二ステージ>

1.闇夜の国から(井上陽水)

2.春よ、来い(松任谷由実)

3.22才の別れ(風)

4.ホームにて(中島みゆき)

5.木蘭の涙(スターダストレビュー)

6.少年時代(井上陽水)

7.青春の影(Tulip)

8.夢の中へ(井上陽水)

以上8曲です。

1曲目の「闇夜の国から」は、僕が13歳~14歳のころ(1974年)、陽水が絶頂期に差し掛かるころにリリースされた曲です。深夜ラジオでよく聴いていましたが、人前で歌うのは初めてです。途中リズムが、4拍子から6/8拍子になり、7/8拍子になり、また4拍子に戻るという、なかなかに難しい曲なのですが、どうにか歌も演奏もやり終えました。

問題は2曲目の「春よ、来い」。このライブのタイトルは「春よ来いライブ」。実は、ユーミンの「春よ、来い」からパクったタイトルなのです。いつかはセットリストに加えなきゃと思っていました。

そして、あろうことか僕はこの「春よ、来い」のピアノ演奏をやろうと決意したのでした。それが昨年の7月ころ。たしか鮎の美味しい季節でした。そこから猛特訓が始まるのですが、ぜんぜん弾けない。まともに(といっても成功確率5割くらいで)弾けるようになったのは、この1~2週間のことでした。

ドキドキしながらも本番が始まりました。僕はピアノ演奏に専念。ボーカルは荒木さんです。前奏を弾き終えて、荒木さんの歌が始まります。と、同時にピアノのタッチミスをしてしまいました。「あ、やばい!」と焦ったら、もうそこからの修復ができなくなってしまいました。

思わず叫びました。

「ごめん!もう一回、最初からやります!」と、途中で演奏をやめてしまったのです。

もう、心臓バクバク、指先からは汗がびっしょり噴き出してきました。

もう一回初めから演奏をスタートしました。

なんと、また同じところで引っかかってしまいました。

「ごめん、もう一回!」

もう完全に冷静さを失っています。

そしてまたまた、同じところで引っかかってしまいます。

もはや頭の中は真っ白。

観客席には、どよめきと哀れみと緊張と爆笑とが入り混じった空気が流れています。

深呼吸しました。

なぜ間違うのか冷静に考えます。指を動かしてみます。

「あ、わかった!今度こそ大丈夫!」

さっきまで弾いていた鍵盤がひとつズレていたことに気が付いたのです。

そして、やり直し3回目でやっとまともな演奏を続けることができました。

やれやれ。

 

あれ?

まずいです。そろそろ仕事に出かけなければならない時間が来てしまいました💦

「Liveネタは本日でいったん終わりにします」って冒頭に書きましたが撤回します。

この続きはまた明日、書かせてくださいm(__)m

実は昨夜から大阪に来ていまして、きょうはこのあとお昼まで桜ノ宮でお仕事なのでありました。

いまは京橋のホテルなんですけどね。雨も上がったみたいなので歩いて行こうと思います。

では、ささっと準備をして行ってきます!

 

先週末の2月21日(金)、無事(でもありませんがw)「春よ来いライブ2020」が終了しました。

お忙しいなかご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。

おかげさまで、2年連続のチケット完売。ウィルス騒ぎで前日までに3席のキャンセルが出てしまったのですが、当日その3席もきれいに埋まるという快挙。満員御礼の中での開催でした。

いやー、緊張しましたね。僕はもちろんですが、来場者の皆さんもw。

だって、いつ演奏をしくじるか分からないわけですからね。サッカーやラグビー観戦みたいに手に汗握ったのではないかと思います(苦笑)。

あらためてセットリストを公開いたしましょう。

<第一ステージ>

1.春の童謡メドレー(①花 、 ②どこかで春が、  ③早春譜、④朧月夜)

2.優しいあの子(スピッツ)

3.蕾(コブクロ)

4.人形劇メドレー(①ガンバの冒険、②ブレーメンの音楽隊、③ピーターパン)

5.ユーミン&呉田軽穂メドレー(①旅立つ秋、②赤いスイートピー)

6.しあわせの風をさがして(荒木明子オリジナル曲)

7.翳りゆく部屋(ユーミン)

 

オープニング曲は、僕らが子供の頃、小学校で教わった春の代表的な文部省唱歌4曲メドレーです。誰もが知っていると思って選んだんですが、20代30代の若者たちは学校で教わったことがない、という衝撃的な事実が明らかになりました(パフの若手社員は誰も知りませんでした💦)。

2曲目の「優しいあの子」は、NHK朝ドラ「なつぞら」の主題歌ですね。軽快な曲で、去年の夏くらいからやろうって決めてました。

3曲目の「蕾」は練習でいちばん苦労した唄です。コブクロの黒田パートを福田さん、小渕パートを僕が歌ったのですが、まー、ハモリの難しいこと難しいこと。でも、どうにかこうにか歌い切りました。

4曲目の人形劇メドレーは、僕が大学生時代に作詞作曲した完全オリジナル曲。ガンバは19歳、ブレーメンは20歳、ピーターパンは21歳のときに作りました。まさか40年の歳月を経て披露することになるとはね(笑)。

当時の劇団(人形劇団ZOO)の仲間たちも来場してくれました。仲間内でえらく盛り上がっていました。

同い年の先輩きよみさん(右)と、後輩のオオツカくん(左)、やっちゃん(中央右)、じゅんちゃん(中央左)

山形からの出張帰りに寄ってくれた後輩ヒグチくん(左)

僕が着ていた赤いトレーナーは、人形劇団ZOOのユニフォームだったのです

 

5曲目は、福田さんのユーミン(松任谷由実)メドレー。懐かしかったです。「旅立つ秋」は、ユーミンがまだ荒井由実だった時代のセカンドアルバム『MISSLIM』(ミスリム)に収録されています。「赤いスイートピー」は松田聖子の大ヒット曲として有名ですが、作曲者がユーミンだってことを知ってる人は当時でも少なかったと思います。呉田軽穂のペンネームでしたからね。

写真はリハのときのものですw

 

6曲目、荒木さんのオリジナル曲「しあわせの風をさがして」は、プロの歌手に提供したものでCDにもなっているらしいです。じっくりと聴かせてもらいました。僕は初めて聴きましたが、隣でうっとりしながら聴き惚れていました(#^^#)。

あっちゃん、妙齢になっても素敵ですね

 

第一ステージのラスト曲は、これまたユーミンの「翳りゆく部屋」。なんと僕のピアノ弾き語りです。途中までどうにかこうにか大きなミスなく弾いていたのですが、最後の最後に大ポカをやらかしてしまいました。還暦ライブでは必ずやリベンジします。

真剣な表情ですw

 

おっと、調子に乗って書いていたら時間が無くなってしまいました。今日からしばらくの間は、新型コロナウィルス対策で電車が混む前に出社しようと思っているのです。

この続きは、また明日(書けるかな?)。

実は今夜からまた大阪へ。時節柄、新幹線には乗りたくないのですが……。

では、大急ぎで出張準備を整えて、朝食&スカーレット後、行ってきます!

 

いよいよ本日です。このために昨夜、福岡から飛行機で舞い戻ってきました。

そう、山と鼓と葉の「春よ来いライブ2020」予定通り開催します!

いろんなイベントの開催中止が報道された昨日でした。たしかに不特定多数の方々が集まるイベントだと中止もやむを得ないかと。

しかし、幸か不幸か、本日のライブは「特定少数」の方々のみが参加するイベントです。

会場として、東京ドームや武道館や東京国際フォーラムや横浜アリーナを選ばなくて良かったなと(笑)。

 

本日は18時半開場です。

受付には消毒液が設置されていますので、よーく手を洗って席におつきください(全席指定です)。

第1ステージが始まるまでのあいだ、同じテーブルの方々とご歓談しながら喉と胃をよーくアルコール消毒しておいてください。

そしていよいよ本番。

第1ステージは、19時半から20時半まで。

あっと驚くメドレーで始まります。3曲目には、山と鼓と葉の史上最高に難しい曲にもチャレンジします。

そして僕が40年近く前(大学生の時)に作詞作曲したオリジナル曲を初めて歌います。

ほかにも、鼓(福田聡さん)のコーナーや、葉(荒木明子さん)のコーナーもあります。葉は、昔ご自身が作詞作曲した唄を披露してくれるそうです。僕も聴いたことがないので楽しみです。

 

30分ほどの休憩をはさんでの第2ステージは、21時から22時まで。

このライブの名前の由来となったあの曲を、僕がピアノで演奏します。

この曲は昨年の夏からずっと練習しているのですが、むちゃくちゃ難しくって、一時は断念しようかと思っていましたが、最近やっと5割の確率で間違わずに弾けるようになってきました。さて、本日は成功するのでしょうか。

そのほか、すべての曲が名曲です。僕と同年代の方々は学生時代を思い出しながら涙することでしょう。若手の皆さんは、自分のお父さんお母さんの青春時代はこうだったんだなと想像しながら聴いてやってください。

ところで、一時は満席となっていて予約できない状態だったのですが、昨日キャンセルが出まして、今ならあと3席だけ申し込める状態です。早い者勝ちなので、やっぱり行こう!と思った方は、以下のチケットサイト👇にアクセスしてみてください。

https://yamatokotoha2020.peatix.com/

このサイトから開催概要をコピペしておきますね。


◆◆◆ 春よ来いライブ2020 ◆◆◆
■日時:2020年2月21日(金)18時半開場(19時半1stスタート、21時2ndスタート。終了は22時半の予定)
■場所:神保町楽屋(じんぼうちょうらくや)
(東京都千代田区神田神保町1-42-7 ソマードビル1F)
■定員:45名
■チャージ料金:2,500円(税込)
※お食事代は別途お店でお支払いいただきます。


ということで、皆さんのお越しを楽しみにお待ちしています(^_-)-☆

さて、僕はこれから自宅で昨日までの出張精算という超大事な仕事wをしたあと、スタジオ入りして直前リハです。会社には行きません。

では腹が減っては戦はできぬ。朝食&スカーレット後、(スタジオに)行ってきます!

昨夜も(ほぼ)禁酒でした。

2020年2月20日 (木曜日)

昨夜、名古屋から新幹線で博多に入りました。やっぱり遠いですね福岡は。当たり前ですが。

「今夜くらいは飲みに行ってもいいんじゃない?昨夜も我慢したんだし。博多は酒も料理も美味しいし女性も綺麗だよ、イヒヒヒヒ」

・・・という悪魔のささやきには耳を貸さず、博多駅からまっすぐ宿泊先のホテルにチェックインしました。キッパリ。

新幹線の中で晩御飯(名古屋駅で買った弁当)を食べたんですが、缶ビール1本だけは飲ませていただきました。

まあ、ビール1本くらいは、お茶替わりなのでアルコールを摂取したうちには入りません。

・・・と、くだらないことを書いている場合ではありません。

実は大急ぎでやらなければいけない仕事(本日の某顧客の会社説明会参加者リストを印刷する、という、会社や自宅なら超簡単なことなんですが、ホテルにプリンターがないためファイルをUSBに詰め込んで外のコンビニを探して印刷しに行く、という、還暦おやじには酷な仕事です💦)があるので、今日はこの辺で。

では、コンビニを探しに行ってきます!

あ、説明会会場も探さなきゃ!

昨夜から名古屋に来ています。

いまの外の景色。名駅前のビジネスホテルからです

 

名古屋は寒いっすね。昨日の朝は雪が舞ってたそうですが、新幹線を降りた瞬間、ここは北国か?と思ったくらいです。

昨夜は、誰とも会わず、飲みにも行かず。ホテルにチェックインしたあとは仕事と読書とテレビのニュースを見るのみ。そして23時過ぎには消灯してベッドにもぐりこみました。

こんな品行方正な出張は久しぶりですね。

今日はこのあと朝9時から夕方まで、某お客様の会社説明会のファシリテータ役として会場に缶詰めになります。

そして説明会が終わったらすぐに新幹線で福岡(博多)まで移動です。福岡も同じお客様の同じ仕事で、やっぱり朝から夕方まで缶詰です。

名古屋から福岡までの移動では飛行機を使おうと思ったのですが、「新幹線のグリーン車を使ったほうが楽だよ」という名古屋の某社長のアドバイスに従うことにしました。

とはいえ、名古屋から博多までは遠いです。車内でアルコール摂取を我慢できるかが今日のポイントでしょうか(笑)。

 

さて、そろそろおなかも減ってきました。

今日の朝ご飯はこれです。

「こちら明日のご朝食券です」とチェックインした際にホテルフロントのお姉さんにいただきました。

そうか、このホテルの朝食はなか卯なのか…。朝食でなか卯…。そして520円…。まるで独身のサラリーマンに戻った気分です(苦笑)。

では、そんな気分で名古屋でのお仕事開始。いつもどおり朝食&スカーレット後、行ってきます!

続、社長元気で留守がいい

2020年2月18日 (火曜日)

ということで、先週に続いて今週も今日の午後からずっと会社を留守にします。木曜日の夜東京に帰ってきますが、翌日の金曜日も会社には行きません。

日記読者の皆さんにとっては耳タコになっているコレがあるからです( ^)o(^ )

2週連続で留守にしていても会社業務には何の支障もありません。

ただし、来週の月曜日までに仕上げなければならない誰にも振れない真面目で難しい仕事が二つだけあります(なんなのかはまたいずれ)。

出張中はやれないでしょうから、金曜日のライブが終わったら翌土曜日と日曜日に自室に籠ってしっかりとやることにしましょう。

あ、そうそう。出張といえば酒席がつきものですが、今週に限っては、禁酒、禁煙(あ、20年前にタバコはやめてましたw)ホテルに入ったらすぐのうがい、手洗い、加湿器ON、たっぷり睡眠という健康的な日々を送るつもりです。

今夜は名古屋泊ですが、決して栄方面には行きません。明日は福岡泊ですが、決して中洲方面には行きません。

耳タコのコレがあるからです。

今週はすべてをコレに集中させるつもりです。誰にも振れない真面目で難しい仕事は後回しね(よい子はそんな仕事の仕方を真似しないように💦)。

ではそんなわけで、大急ぎで出張の準備をしてから行ってきます!