パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

愚者は「愚かな者」なのか?

2019年1月18日 (金曜日)

おおきに!カカこと石上です。

パフに入社して1年10カ月目に突入しました。

これまで、とにかくやる!という環境で育ってきたので、謎に「なんでもやらなきゃ!」と固定概念が強いです。

今年はいろんな固定概念を壊したいです。

年末年始は、地元・京都で友達とカウントダウンし、初詣。おみくじは「凶」でした(汗)

 

—————————

2019年、一発目。

ボヘミアンラプソディーが旬な中、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」(2016)という映画を観ました。

ヒーローにして犯罪者、正義の犯罪集団フォー・ホースメン。(公式サイトより http://grandillusion.jp/

メンタリストやイリュージョニスト、カードマジシャンが集まり、派手なイリュージョンショー(マジックショーの大きい規模のもの)で不正に搾取されたお金を奪い続けるイリュージョニスト集団の物語です。

去年、第1作を観て面白かったので、第2作も観てみました。

 

そういえば、私・カカは、映画は「ボーっと観られるもの」が好きです。

アクションだったり、SF・ファンタジーなど、「考えさせられる」よりは「無邪気に観られる」を重視するタイプです。

 

そんな「グランド・イリュージョン」シリーズですが、第2作ではIT企業の個人情報売買の不正を暴くために、フォー・ホースメンが仕掛けます。

トランプカードやタロットカードが色んな場面で出てくるのですが、その中で主人公のFBI捜査官 兼 フォー・ホースメンのメンバーがタロットカードの「愚者」を引き当てる(正式には気づいたらポケットに入っている)シーンがあります。

 

「愚者」。

物語の嫌な予感・予兆を知らせるイメージが強いカードなのですが、その後のあるシーンで、こんなセリフが出てきます。

 

「愚者はタロットで最強と言われているが、その理由は、引いた者が愚かだからではない。

愚者は、自由でまっさらな状態で、愚者は、これから何にだってなれるんだよ」。

 

普段は映画を「ぼーっと」観ている私ですが、なぜかこの時だけ自然とこのセリフをメモしていました。

このセリフを機に、物語はラストスパートに続き、変化していきます。

 

自由でまっさらな状態だからこそ、何にだってなれる。

これはまさに私のような「新人」といわれるような人間や就活生にも当てはまる言葉だと思いました。

世間を知らない、社会を知らない、仕事もできない、知識や経験もない。

見方によっては、まさに社会の「愚者」かもしれません。

しかし、その分、努力をすれば何にでもなれる(可能性がある)し、自由な白紙状態なので、いろんな絵の具が塗られるし、周りの先輩社会人からもフィードバックやご指導をいただきながら、チャレンジできる。

「愚者」こそ「本当の成功」に一番近いのかもしれないと感じた映画でした。

 

お次は、今年もよろしくお願いいたします!大門さんです。

パフ通信の裏側

2018年12月19日 (水曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して1年と9ヶ月目に突入しました。

本日、ブログの更新が遅れてしまい、すみませんでした。

大岡さんに続き、お詫び申し上げます。

私が去年の夏から担当しているメルマガ「パフ通信」。
パフ通信は、月に2回、パフ社員と名刺交換をしてくださったことがある方々に配信しているメルマガです。
▼過去のメルマガはこちらから
 https://www.puff.co.jp/whatsnew/mailmagazine/
今日はそのメルマガの裏側をちょっとお見せします・・・!
・今年4月
メルマガのネタにならないかと思い、思い立って八丈島へ一人旅。
しかしながら、美しい自然を目の前にすると、メルマガのために
来た自分を恥ずかしく思い、自分の胸の中にしまっておくことに。
・今年11月
大学時代の友達と、新宿ではしご酒をして、美味しいお酒に楽しい時間を過ごす。
学生時代にはできなかった「仕事」や「働く」について語りながら、合計4軒を回り、これはネタにできる!と確信した日。
しかしながら、この楽しい時間はあくまで学生時代からの友達との話であって、パフのメルマガとして載せることではない、と気づき、自分の中に美味しい記憶を残すことに。
日々、聞いたことや見たことに対して「メルマガの話になるかな?」という視点で考えているのですが、最終的に私がしっくりくるのは「あ、あの時のこれって、こういうことだったんだ」と後から気が付くことです。
しょっぱなから、「メルマガに書くぞ!」と思って臨んだことは、イマイチぴんと来ず、その時間を経てから、感じた物事を書くことが大切だと気が付きました。
これからも、等身大でウソのないメルマガであり続けたいと思います。
お次は、これまでの年末年始の思い出をうかがいたい!大門さんです。
(更新遅れて、ご迷惑おかけしました。)

就活の軸は「社会貢献」です

2018年11月29日 (木曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社してまもなく1年9カ月が経ちます。

試職第一号のHさん、営業支援、ありがとうございました!

Hさんのところに初めて営業に行ったのは、去年の夏。

まさかHさんが試職第一号になってくださるとは思いもよりませんでした。ご入社、待ってます!(笑)

 

さて、先日上司の吉川さんとパフの昔のお客様先に訪問する機会があり、パフの昔のイベントがどんなものだったかという話をたくさん教えていただきました。

その訪問先の方が、ふとこんなことを言われました。

 

「面接で就職活動(企業選び)の軸を聞くと、最近の学生はみんな揃ったように”社会貢献です”というけど本当だろうか」。

 

ドキッとしました。

なぜなら、私も就活の面接で「社会貢献」というキーワードを話していたからです。

そして、社会貢献は”ウソ”ではありません。

社会の役に立ちたい、大きな影響を及ぼしたい。そんな気持ちから「社会貢献」という言葉を使っていました。

 

懐かしいな~と思って話しをすすめていると、訪問先のもう一人の方が「究極、納税も立派な社会貢献ですからね」と言われました。

驚きました。恥ずかしながら、私にはその視点がなかったからです。

思い返してみると、就活の面接で就職活動(企業選び)の軸を聞かれて、大真面目に「社会貢献です」と答えると、面接官の方々が「?」となさっていた記憶があります。

ある面接官には、「社会貢献したいなら、NPO/NGO法人のほうが良いでは?」とフィードバックいただいたこともありました。

しかし、当時の私は企業で働き、社会貢献したかったのです。

 

では、私にとっての社会貢献とは何をさしていたのか。

 

おそらく、「人のために働けるか」という基準だったのではないかと思います。

身近な社会人に企業勤めがおらず、会社で働くことのイメージが持てなかった学生時代。

自分なりに企業に就職したいと思い立ったものの、利益追求のためだけに働くのは私の性格には合わなそう。

そんな試行錯誤を経て、「社会貢献」という言葉に落ち着いたのかな、と。

 

今思えば、どんなお仕事も「人のために働く」し、「社会を良くする」ことばかりなのですが、当時の私には想像もつかない世界でした。

二年目の今も、「働く」って何だろう?なんのために働くんだろう?と頭の中を日々グルグルしている日々です。

 

私の就職活動の本当の軸はなんだろうか?人生の答え探しはまだまだ続きそうです。

お次は、何かを決めるときってどうやって決めますか?大門さんです。

そうだ、選挙行こう。

2018年11月8日 (木曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して一年八ヶ月目に突入しました。

今日は、昨日行われたアメリカの中間選挙でちょっぴり驚いたことをお話ししたいと思います。

昨日の選挙結果は、上院が与党・共和党で占める中、8年ぶりに下院では民主党が多数派となりました。

NHK NEWS WEBより

以前から、ニュースでは取り上げられていたことなので何となく気にしていたのですが、昨日の選挙結果を見て、まさにトランプ大統領への民意が表された状態なのかもしれないと感じました。

NHK NEWS WEBより

 

今回私が驚いたのは、選挙結果、ではなく、選挙当日のトランプ大統領のツイッターでした。

選挙と言えば、私・カカは学生時代に議員インターンシップに参加していて、過去一度だけ統一地方選挙を経験しました。

朝から晩まで選挙カーに乗って、有権者の皆さまにご挨拶を行ない、選挙期間には各候補者が白熱しながら日々を駆け抜けていきます。

街灯演説やウグイス嬢などを担当していたのですが、日本の公職選挙法は非常に厳しくかなり綿密に事前に禁止事項を確認した覚えがあります。

その中に、選挙当日には「○○党(もしくは○○候補)に投票をお願いします」といった広報活動は禁止するという項目があります。

 

昨日のアメリカの中間選挙当日。

共和党のトランプ大統領は、自身のツイッターで「共和党に投票を!」「○○州のボブはいいヤツだ、みんな投票を!」(意訳)といったツイートを多数投稿していました。

 

選挙当日は静かに開票を待っていた私とは違い、アメリカでは選挙当日も盛り上がりを見せている様子がとっても驚きでした。

日本では法律で禁止されているのでできませんが、私は「当日まで」頑張ること自体は悪いことじゃないとも思いました。

 

国が違えば、選挙も違う。

そう感じたアメリカの中間選挙。

 

来春には日本でも統一地方選が行われます。皆さん、社会を変えるために選挙に行きましょう!

 

お次は、選挙期間中トランペットで応援いただきたい!(そんなステキな選挙もありですよね!)大門さんです。

おもろいことが好き!

2018年10月19日 (金曜日)

おおきに!カカこと石上です。

パフに入社して、1年7ヶ月が経ちました。

伸びしろを常に広げたいと思っております!

 

今日はちょっぴりユルい内容ですので、お時間あれば続きを読んでください。

私のツボなものをただただ載せるだけの回です。たまには、イイですよね?

 

今回のツボは、大阪市阿倍野区にある「文の里商店街」の広告です。

シャッターを下ろした店が目立つようになってきた文の里商店街。

商店街の活気を取り戻そうと大阪商工会議所が、商店街のPRポスター約200点を、電通関西支社に依頼して制作したそうです。

 

私のお気に入りを一挙にご紹介します。

 

この秀逸さ、初めて見たときからファンになってしまいました。

それだけ、見せ方一つで変わるんだなぁとも感じた事例です。

 

パフでも、常日頃、採用における見せ方を考えているのですが、実は文の里商店街くらいに「自由」でもイイのかもしれないなと思いました。

 

来週は、自分の中でのヒットってなんですか?大門さんです。

私が4キロを全力で走ったら

2018年9月28日 (金曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して1年と半年が経ちました。

二年目になり、休日もきっちりと充実させることが楽しいと感じるようになりました!

三連休の後半は縁結び神社に真剣にお参りしました!

 

突然ですが、私はこの24年間、文化部として生きてきました。

中学時代は和太鼓部、高校時代は茶道部、大学では軽音サークル、(過去の)習い事はピアノ、特技は美味しそうに食べること。

そんな私が、4キロを全力で走ったら・・・

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

先日の金曜日に名古屋の盟友・名大社でパフ×名大社の若手研修会があり、講師はパフの田代さん。

明日から使える社会人としてのアレコレを身につけたり、自社を改めて見直して営業活動に活かすという内容でした。

普段はお客様にご提案している田代さんの研修を「受ける側」として体感し、今後も自信をもっておススメできる!と確信した日でした。

 

そして・・・その次の日。

名古屋ドームにてリレーマラソン大会があり、こちらはパフVS名大社のガチンコ勝負を行いました。

初めてのナゴヤドーム

結果は見事、パフの勝利!!!チームで取った「勝ち」でした。

 

ここまでの道のりは、私にとってはとても長いものでした。

20年以上走ることをしてこなかった私が「ランニング」を始めたのは今年の4月。

この時から私の戦いは始まっていました。といっても、週に1回走るか走らない程度。

でも私にとっては歴史に残るような活動です。

シューズを買って、スマホにランニングアプリをダウンロードして、まずは2kmを走ることからスタート。

1kmあたり7分くらいかかるのに、2kmで持久力は切れて「しんどい」とつぶやく始末。

それでも毎回1秒でもタイムを縮められるように少しずつ取り組んでいました。

8月には1kmを6分程度で走れるようになり、最大6kmまでは持久力がつくようになりました。

リレーマラソン当日は周りの方たちよりは随分と少ない距離ですが、2kmを2回、全力で走ることができました。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生涯文化部のような私が4kmを全力で走ったら・・・

 

①清々しい

なにはともあれ、走ることは文化部にだって楽しい!ということがわかり、もっと走りたいと思うようになりました。

いい汗かいて、リフレッシュには最適です。そして、実は一人で真剣に走ることを嫌いじゃない自分がいました。

 

②営業の移動中に走っても息切れしない

現在営業のオンシーズンですが、資料を詰め込んだリュック(こないだ計ったら7キロありました)を背負ったまま10分間走ってもバテなくなりました。(走らなくてもすむような余裕を身につけなければ!汗)

 

③「ランニングを始めました」と言える

ハマってることは?趣味は?と聞かれて、今までは答えに困っていたのですが、最近はもっぱら「ランニング始めました」と伝えて、なんかこの答えカッコいいな~と思っています。

言葉にすることで、コミュニケーションが膨らんだり、私自身のパーソナルな部分も表現しやすく便利です。

 

④自分に素直になれる

運動は苦手だけど、走ることは楽しいと思うことで、自分に素直になれました。

スポーツや運動はできないことが明確に誰にでもわかるからでしょうか?

理由はわかりません。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近思うのは、今まで敬遠してたことは、思ってたよりも近づきやすいということです。

これは私の管轄外だし、不得意分野だし、苦手だし、怖いし、どうせできないし・・・

そんな風に思い込んで遠ざけていたことが、実は新しい自分に出会うきっかけだったり、人生を充実させるための一つだったりするんだと痛感しています。

 

食わず嫌いをせずに、何でも口に運んでみる。

食べ物だとできるのですが、なかなか物事に対してはできないこともまだまだあります。

しかし、4キロを全力で走った先には、まだ見ぬ世界が広がっていると思うと、これからも駆け抜けたいと誓う今日この頃です。

 

お次は、全力になれるものって何ですか?大門さんです。

 

生きるように働く

2018年9月6日 (木曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して1年と6ヶ月経ちました。

元気!勇気!やる気!に、満ち溢れていますので、ご安心ください!(笑)

ただ、なかなかタスク管理ができず、苦労しております。

 

———————-

先日、こんなイベントに行ってきました。

株式会社シゴトヒトが運営する「日本仕事百貨」(https://shigoto100.com/)からうまれたイベントです。

たまたまFacebookに流れていたものを発見し、(普段あまり目に留まらないのに)「なんか行ってみたい」と感じて、急遽友達と共に参加してきました。

このイベントは24時間ぶっ通しで、一時間ずつかわるがわるパネラーを変えて、色んなテーマで語り合うというもので、その中でも面白かったのは「役割を開拓する」というテーマでした。

パネラーは、日本仕事百貨のスタッフの方々とソーシャルウェブマガジンの方で、ご自身のこれまでの仕事や会社での役割についてを語ってくださいました。

会社としてどうしてもマネージャーが必要になったが、同期がみんなやめていたのでマネージャーになった、というお話や、先輩の背中を追いかけているうちにその努力を見てもらって自由度が増えたり、思いがけずあたらしい任務がきたり・・・。

どのエピソードも面白かったのですが、その中で役割の開拓の仕方はいくつもあると気づきました。

 

★やるしかない、やらざるを得ないから新しい役割ができる

★相手や仕事に期待されて新しい役割ができる

★苦手なことにチャレンジすることで役割を開拓できる

★空気を読むことで役割を見つける

 

最近、よく役割について考えている私は開拓の仕方がいくつもあることに軽く感動を覚えましたし、そう思うと、無理しなくても良いし、違うと思えば、別の開拓方法にチャレンジすれば良いんだな~と心も軽くなりました。

 

一方で・・・

自分の役割って実は言語化できないんじゃないか?

誰もやったことがない、何もないところに価値を生み出す役割を担う難しさってどんなもの?

違う役割同士の共存のコツは?

仕事以外での役割の開拓も同じなのかな?

などなど、疑問がたくさん出てきましたので、またこれらについてもいつか考えてみたいと思います。

 

お次は、パフの中で次なる事業の種を育てる役割を担ってくださっている大門さんです!

デキるイメージ、デキない現実

2018年8月17日 (金曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して1年と4ヶ月か経ちました。

パフのマネジメントは、「見てないようで見てる」だと感じています。

そのあたりは今話題の部活指導とは違うのかもしれません。

 

私は幸いパフという環境で働いていて、理不尽のないマネジメントを受けさせていただいているので、苦手意識はありませんが、まだ自分がマネジメントをする姿は描けません。

今日はその「描く」ことから。

 

え が・く ゑ- [2] 【描く・画▽く】

( 動カ五[四] )

〔「絵書く」の意〕

1)物の形を絵や図にかき表す。絵や図をかく。 「水彩で花を-・く」
2)物の形状物事ありさまを,文章音楽などで表現する。 「若い教師の生活を-・いた作品
3)(心の中に)思い浮かべる想像してみる。 「理想を-・く」 「夢に-・く」
4)物が動いた跡がある形を表す。 「弧を-・く」 「トンビが輪を-・いて飛ぶ」
※三省堂大辞林より引用

1)の描くは苦手な私ですが、2)や3)は大好きです。

おそらく、ルーツは一人っ子でいつも一人で十何役もこなしながら、おままごとをしていたからだと思います。(笑)

 

思い描くことが好きな私ですが、仕事中も頭の中でいろんな画を描きます。

例えば、マルチタスクを次々とこなしていく自分や、受注が舞い込んでくる日々。

想像しているときはとっても楽しく、ワクワクしますし、なにより「デキる姿」にモチベーションを感じます。

 

しかし・・・・現実は「デキない」。

ちょっとしたことが抜けてしまったり、前もった行動ができなかったり、当然マルチタスクができずミスをしたり。

一つ一つに一喜一憂し、帰り道、元気の出る曲を聴きながら帰宅。

幸い、寝て起きたら嫌なことは忘れるタイプなので、次の日はまたリセット。

日々、感情が揺れ動くので疲れますが、そんな自分を嫌いではありません。

 

ただ、最近は「なりたい自分」ではなく「ありたい自分」を目指したいと考えています。

理想を追い続けるのではなく、信念を突き通す。

そうすれば、今の一喜一憂の状態から抜け出して、もっと広い視野で物事を見ることができるような気がしています。

 

明日の私は、どうありたいかな?

 

お次は、きちんと信念を持ってらっしゃる大門さんです!

月火水木金「土日」

2018年7月30日 (月曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社してまもなく1年5カ月目に突入します。

土日の台風、皆さま大丈夫でしたでしょうか。

今月からパフもいよいよ営業シーズンに突入し、私も一年前よりは営業の流れをつかんできたので、今年はお客様とパフにきっちり貢献できる一年にしたいです。

 

先日、半年に一回行われる「評価面談」がありました。

その中で、自分で感じる一年経った変化は?と聞かれた時、最初に頭に浮かんだことは「休日をきちんと楽しめていること」でした(笑)

一見、ふざけた内容ですが、社会人2年目になり、より充実した生活を過ごせていると感じています。

 

<1年目のとき>

・休日は寝るだけ

・起きても動き気力がない

・平日は時間がつくれず、休日に輪読会の課題図書を読み、レポートを書き続けた

・日曜の夜は次の日起きられなくなるのを怯え、夕方には寝る支度をする

・友達に遊びに誘われても一部お断りし、前週に終わらなかった資料作成や課題を行う

※あくまで私の過ごし方です。

 

<2年目のいま>

・休日も早起き

・気が向いたら夜はランニングをする

・読書の日、アウトドアの日、と自分で決めて過ごせている

・常にだれかと会うことで日曜の夜まできっちりリフレッシュする

・土日に行う仕事に関係のあることはメルマガ執筆くらい

※あくまで私の過ごし方です。

 

いつも上司の吉川さんが「デキる社会人は、きっちり遊び、働く人」とおっしゃいます。

一年目の時は、イマイチその意味が分からず、メリハリのついた生活ができていませんでした。

しかし、二年目になり、仕事の日は仕事、休みの日は「遊ぶ(時に学ぶ)」のスイッチのオンオフができるようになってきました。

そして、その理由は「平日の過ごし方」にあることが分かりました。

 

新入社員の時、輪読会や若手研修で読んだ「七つの習慣」の第三の習慣に「最優先事項を優先する」というものがあります。

筆者は時間の使い方について『時間管理のマトリックス』を描き、その中でも第二の領域(重要度が高く、緊急性の低いもの)の時間をいかに増やすことができるかが重要だといいます。

実は一年前、この『時間管理のマトリックス』を自分の生活に当てはめてみたところ、第二の領域がとても小さく、絶望したことを今でも覚えています。

どうやったら、他の領域を少なくして、第二の領域を広げることができるのか。

頭の片隅に常にそれを置いて過ごすことを意識しました。

そうすると、完璧ではないものの、少しずつ平日の時間が無駄の少ない過ごし方に変わり、その結果、休日は「のびのびと」過ごせるようになりました。

例えば、日報記入を営業の移動中に書いたり、自分のタスクの優先順位を日々書き出して確認したり、来週や来月のスケジュールに何があるかをこまめにチェックして、そのための行動計画を作ったり。

とっても小さいことですが、一年目の私にはできなかったことを少しずつ、克服(?)中です。

ただ、まだまだ少しでも気を抜くと第二の領域が狭くなってしまいます。

今年一年で七つの習慣に従った生き方が自然とできるように日々を過ごしたい!と唱えながら、行動に移そうと意気込む今日この頃です。

 

お次は、第二の領域はなんでしょうか?大門さんです。

占いが好きな人へ

2018年7月10日 (火曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社して、1年4カ月目に突入しました。

先月で22期を終了したパフ。最終日にお客さまから受注をいただき、嬉しさで跳ね上がりました。

そして、22期はすべての取引企業さま、パートナー企業さま、パフにかかわってくださる方々や社員の家族など、本当にたくさんのお力添えをいただき、過去最高益を出すことができました。ありがとうございました!

もう既に23期モードに突入しているパフですが、先日の朝礼で吉川さんが「ブログをもっと趣味の話にしてみます!」という宣言がありました。

詳細はお楽しみですが、私も(勝手に)ゆるい回を増やそうと思います。

 

——————————-

そこで、今日は占い好きの方へ。

【誕生鮨】ってご存知ですか?

誕生鮨は、各日に定められた鮨で、誕生日ごとに鮨言葉・寿司言葉が定められているそうです。

誕生鮨ってなんやねん!とツッコミながら、読み進めてもらえればうれしいです。

 

例えば、私・カカの誕生日は8月11日。

誕生鮨:さざえ

鮨言葉:笑い

(食べログから引用 https://tabelog.com/yamaguchi/A3503/A350301/35002238/

笑い・・・・・・・・。

 

パフ社長・釘崎さんの11月30日。

誕生鮨:キャビア

鮨言葉:達成

(食べログから引用 https://tabelog.com/aichi/A2301/A230110/23000588/

ライブ満員御礼達成するようお祈りしております。

 

パフができた日、12月12日。

誕生鮨:ネギトロ巻き

鮨言葉:難攻不落

(銀のさら公式サイトから引用 https://www.ginsara.jp/menu/negitoromaki-1-hoso_1_detail.html

ネギトロ巻きと難攻不落のつながりがまったく見えませんね。

負けないぞー!(何に?)

 

というわけで、暑さが増す毎日ですが、ぜひ鮨占いで元気をちょっぴりチャージしてみてください。

お祝い品.com https://www.oiwai-item.com/sushi

お寿司以外にも色々面白い言葉があります。

——————————-

今回はほんとに息抜き回。お読みいただき、ありがとうございました!

明日は、何のお寿司でしたか?大門さんです。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com