パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

#就活をもっと自由に

2018年9月26日 (水曜日)

やってきました、第64回かほログ!

R-CAP、私自身は受けたことがないのですが、ぜひ受けてみたいですね。
自分の認識とは違う、新たな発見があるのでは?とわくわくします。

 

―――

さて、昨日渋谷駅でこんな広告を見つけ、思わず調べてしまいました。

 

自由な髪型で
内定式に出席したら、
内定取り消しに
なりますか?
#就活をもっと自由に

 

ちょうど25日からスタートしたパンテーンの広告だそうです。

広告一面には「就活生の本音」がテキストで掲載されており、モザイクアートのようになっています。

 

なぜみんな同じ服を着て
なぜみんな同じ髪型で
なぜみんな同じことを言うのか。

自分が本来の自分でない、
こんな状況で判断する採用が本当に正しいのか。

これは私が就活生のときに思っていたことです。
のちに、私がパフに入るきっかけとなった理由の一つでもありました。

 

何もかも自由にすればいいと考えているわけではありません。
せめて、「入社後の自分のイメージの姿」に近い服装、髪色、髪型を表現するくらいは
当たり前の世の中にしたいな、と思っています。

それが全てではありませんが、学生個人個人の「らしさ」の一つではあります。

 

ものすごく極端な例を言うと、
私は学生時代、ロリィタファッションで
大学(しかも農学部だったので農場)へ通っていました。
※注:もちろん農場では作業着を着ます

今でも日本文化としてロリィタファッションは好きですが、
ロリィタファッションのまま社会に出たかったかと言うと、
私は働く女性感のあるオフィスカジュアルも格好良いと考え、憧れていました。

その場合、面接にロリィタファッションで行きたいと言うわけではなく、
私が私なりに考える社会人の格好で行くのであれば、
スーツでなくても良いのではないかと思うのです。

 

その方が企業側も自社のカラーに合う学生なのか、そうでないのか、わかりやすいです。

 

今回は服装、髪型に特化した話でしたが、
「個人個人の考え方」を本音で表現できる就活・採用もさらに大切だと考えます。

どうしたらそれらが実現できるのか、引き続き追求していきたいと思います。

 

―――

お次は大岡さんです!

全国の同世代が集まる研修を企画

2018年9月4日 (火曜日)

やってきました、第63回かほログ!

悲しいことに、何もトレーニングをしていません…!
年々体力がなくなってきているのを感じるので、体を鍛えたいです…!

―――

さて、先日の釘崎さんブログ(Fネット若手・中堅社員勉強会&交流会ダイジェスト!
にもありましたが、

先日はふるさと就職応援ネットワーク(通称Fネット)内の研修企画・運営を
パートナー企業の方と担ってきました。

ふるさと就職応援ネットワークとは、
全国各地で主にその地域で採用支援をしている企業が集まったネットワークです。

一見競合なのでは?とも思いますが、
基本的には担当地域や領域が被っていない企業同士なので、
「協力」という要素が大きいです。

例えばパフのお客様で名古屋で採用をしたい!という方がいれば、
名古屋エリアで採用支援をしている企業さんのご協力を得る、
といったようなことです。

そんなFネット企業に所属する若手・中堅社員が集まる研修企画。

北は仙台、南は沖縄まで総勢26名が集いました。

協力会社としてノウハウを共有し、
個々人の能力を高めることが目的なのですが、

・各地の採用支援会社が集まること
・同世代が集まること

にとても意義を感じる会でした。

まずは「各地の採用支援会社が集まること」ですが、
各地ごとに学生の動きや志向、はたまた企業の動きもかなり異なるので、
その地域のプロに最新情報を聞けることはとても勉強になります。

私がご支援している企業様の中にも、
東京だけでなく各地で採用をしているお客様が多くいらっしゃいますが、
各地の特色に悩まされている方もいらっしゃいます。

そういった場で少しでもお力になれたら、といつも思うので、
今回のような機会は貴重です。

次の「同世代が集まること」ですが、
他社の同世代が集まることは大変刺激になります。

同じ社会人経験の方がここまで考えているんだ、とか
こんなことを頑張っているんだ、ということを
肌で感じることができますし、

自分も取り入れてみようと思うヒントが得られたり、
自分の中でモヤモヤしていたことが晴れたりもします。

いつかも書きましたが、
少人数の企業ですと必然的に同期の人数が少ないです。

私もパフへは一人で入社し、
幸いお客様企業の同年入社の方々に、同じ会社の同期かのように
仲良くしていただいています。

この研修の場合は同業他社の同期にあたるわけですが、
支えあうにも、刺激しあうにも、やはりこういった交流は必要だなと感じます。

今回は企画・運営側という新たな立場で参加させていただきましたが、
上記の目的やメリットをどうしたら最大限活かせるのかという視点が
大きかったです。

「楽しみながらも実は学んでいた」くらいがいい塩梅なのではないか
と考えているのですが、それを仕掛けるのはなかなか難しいですね。

ただ、今回の学びは大きいので、今後の企画に活かしていこうと思います!
そして、何かを形にするのは面白いと思ったのが個人的な感想でもあります。

―――

お次は大岡さんです!

考える力

2018年8月15日 (水曜日)

やってきました、第62回かほログ!

小学生の夏休み、懐かしいですね。
私は比較的宿題の少ない学校に通っていた気がするのですが(曖昧)、
ちょっとずつ進める、ができなくて、
この日!と決めた日にすべて一気に終わらせていました(笑)

―――

さて、先日とあるお客さまとお話をしていたときのこと。
お客様が何気なくおっしゃったこの言葉に興味を持ちました。

「Instagramに載せる写真、みんなタイトルつければいいのに」

最初はどういうことだろう?と思ったのですが、
お伺いしてみると、

・パッと写真だけをアップするのでは伝わることも伝わらない
・一文字でもタイトルがあれば、見る側が想像をはたらかせることができる
・そういった表現の世界であれば面白いのに

とのことでした。

もちろん個人個人、世代によっても様々な活用方法がありますし、
流行り始めの初期と浸透した今ではInstagramの使い方も変わってきていますが、
なんか面白いかも、と思ったのでした。

Instagram、私もたまに見ますが、
たしかに、あんまり考えずにスーッと流し見ています。

アップする側もふと思い立ってアップすることが多いかと思います。

もちろんその手軽さが評価されているSNSでもあるのですが、
ほかの活用もできるかも、と。

「最近の若者には考える力が不足している」といった声も挙がっていますが、
いきなり本を読みなさい!とか美術館に行きなさい!いうのはハードルが高い人も
世の中にはいるかと思います。

そんな中で少しは身近なSNSから「ちょっと考えてみる」ということを
始めるのは入り込みやすいです。

その世代に受け入れやすい形で仕掛けていく、ということの
ヒントとなる気がしました。

―――
お次は大岡さんです!

若手社員との向き合い方

2018年7月26日 (木曜日)

やってきました、第61回かほログ!

咳に苦しんで一か月、なかなか治りませんね…。

人の心配している場合じゃないのかもしれませんが、
お客様からも、「咳が止まらなくて」とか
「夏風邪が社内で流行っていて」というお話を最近よく耳にするので
皆さまお気を付けくださいませ。

―――

さて、先日お客さまとこんな話をしておりました。

近年の新入社員はすごく良い子なのに
入社してその良さを発揮しきれていなく、
型にはまってしまうように思う、なぜだろう?

バリバリ働いてすぐにでも輝きそうな子でも
なにかストッパーがかかっているような感覚だ、と。

すぐにはその答えがわからなかったのですが、
話をしていくうちに、

「正解を求めすぎているのではないか」
「新入社員個々人が思う“社会人としてあるべき姿”に縛られすぎているのではないか」

という話になりました。

「~でなければならない」
「~せねば!」という責任感を大きく抱いているのではないか、と。

たしかにそうかもしれない、と思いました。

実際周りの若手社員を見ていても、それに近しいことはありますし、

先日は、今年から社会人となった妹から
「有休は新入社員が入社後すぐの夏にとってもよいものなのか」
「何を理由に取ったらいいのか」
といったお悩みLINEメッセージがひたすら飛んできました。

もっと自由でいいのに、
もっと思ったことをそのまま発言したり行動したりしてもいいのに、
もっとたくさん失敗したっていいのに、
と私は思ってしまうんですが、きっとそれは私の世代の話であって、

彼らには彼らの育ってきた環境が影響しているんだろうなと思います。

(そんなことを言いながら、私にもどこかその節はあるのではないかと
ふと思います。)

いつかもブログに書きましたが、

・目の前に大量の口コミがある時代
・ググれば答えが出てくる時代
・マニュアルが備わっている時代

なので、意識してそうなっているというよりも、
それが自然に備わっているのかと。

 

となると、何かしら、組織の仕組みや研修、交流の中で

「正解が必ずしもあるとは限らない」
「自由な発想が許される」
「上司も実は過去にさんざんしくじってきた」

といったような情報を得られるとよいのでは、と思いました。

同じ「若手社員」、「就活生」であっても
やはり一年ごとにその志向、傾向は変わっていくのだな、と感じます。

その変化を毎年キャッチアップしていこうと改めて思いました。

―――
お次は大岡さんです!

胡散臭いけどホントの話

2018年7月6日 (金曜日)

やってきました、第60回かほログ!

もうブログを書くのも60回目なんですね。

これだけ書いているともうどこかで話した気もするのですが、
私はパフで新卒入社して以来3年半、半年ごとに所属部門が変わっています。

1月~6月はアウトソーシング(お客さまの新卒採用業務代行)、
7月~12月は営業をやっております。

今週はまさにその切替えタイミングだったのですが、
今年は異例でアウトソーシング業務もまだ担当させていただいている中なので、
頭の切り替えに苦戦しております。

採用実務で使う頭と営業で使う頭、
上手く言い表せないのですが、全く違います。

 

ただ、私はこの形式が好きで、毎年やらせていただいています。

営業はお客さま視点、現場視点を求められると思うのですが、
実際にやってみた方が短期間でこれでもかというくらいに情報が入ってきます。

想像以上に大変なこと、面白いこと、日々発見があります。

同じことを体験したほうが、お客さまへの提案にも、サービスの向上にも、役立ちます。

職サークルも同じで、
「今」の学生をリアルに知ることができることは、
お客さまにとってはもちろん、営業にとっても大きな価値があります。

一年、一年と経っていく上で、
学生の志向も変わってきます。

それを自身を持ってお客さまに伝えられるこの営業職がいいと思って
私はパフに入社しました。

 

昔っから曲がったことや嘘が大嫌いだった私は、学生時代、
勝手に「営業職は騙し合いの世界だろう」と決めつけていました。
だから営業職にはなりたくない、と。

 

それが覆ったパフとの出会い、
初心を忘れずに頑張っていきたいと思います。

胡散臭い話ですみません。
でも本心です。

―――

お次は大岡さんです!

寸劇出演をきっかけに考えたこと

2018年6月19日 (火曜日)

やってきました、第59回かほログ!

ここのところ職サークルシンポジウムの告知が頻出の当ブログですが、
ついに明日ですので!しぶとく告知させていただきます。

そして私がシンポジウムで何をするのかも含め…
↓私の現在のメール署名の一部です。

――――――――――――――――――――――――――――――――
≪TOPICS≫
★6/20(水)「職サークルシンポジウム」開催!
― 「採用力」が、社会を変える ― ※横山は寸劇に登場予定

採用力検定協会理事であり「採用学研究所」所長でもある
伊達氏による採用力の定義解説。“採用力チェックシート”もプレゼント!
https://www.puff.co.jp/sympo2018
――――――――――――――――――――――――――――――――

※横山は寸劇に登場予定……

寸劇に出ます…!
前回の大岡さんのブログにもありましたが。

皆さま、ぜひお越しください!

と、言いながら、私は演劇ド素人ですので、
どうか寸劇は温かく温かく温かーく見守っていただけますと幸いです…
(何なら日常から返答が棒読みで有名なくらいです…)

 

さて、演技の表現力は皆無ですが、
不器用だからこそ、不器用なりに
演じる役がどのような人物なのかを考えています。

手元にあるのは日常の一部分のみを切り取った場面が描かれた台本ですが、

その発言内容、口調、テンションから
その人物はどのような性格で、どのような時に何を思うのか、
どのような生活を送っているのか、
登場人物同士で普段なされる会話はどのようなものなのか…

ということを勝手に妄想しています。

自分とは違う人間の人生に触れることはなんだかわくわくします。
上手く言い表せないのですが、異文化に触れるわくわく感に似ています。

 

ふと思ったのですが、
私が働く上でのわくわく感もそれに近いかもしれません。

営業先でお客様が心を開き、ご自身の本心を語ってくれた瞬間。
お客様から厳しいご意見をいただいた瞬間。
自社の新卒採用面接で学生が素の姿を見せた瞬間。
社内で一つの仕事に対しても考え方、手段が社員ごとに異なることを学んだ瞬間。

会話すればするほど、
その人個人の性格や考え方、人生経験、生活がじわじわと見えてきます。

自分にはない要素が見えたとき、私はとてもわくわくしますし、
刺激を受けます。

もちろん身の回りには自分にはない要素だらけなので、
私が毎日働くことが楽しいと感じるのは、
そのわくわく感と刺激なのではないかと思います。

 

慣れることなく、忙しさを言い訳にせず、
つねに発見をし続けていきたいなと思います。

―――

お次は大岡さんです!

笑いが起こる、会議室

2018年5月31日 (木曜日)

やってきました、第58回かほログ!

髪が、何色なんだかわからない色の横山です。
自分でもわかりません(笑)
真面目な色にしたつもりがすぐ変色してしまったので、
次は職サークルシンポジウム前に染めてきます…!

ついでに宣伝させてください!

★6/20(水)「職サークルシンポジウム」開催!
― 「採用力」が、社会を変える ―

採用力検定協会理事であり「採用学研究所」所長でもある
伊達氏による採用力の定義解説。
“採用力チェックシート”もプレゼント!
https://www.puff.co.jp/sympo2018
(横山もプログラムのどこかで登場します)

―――

さて、本題です。

入社してしばらく経ちますが、
社内にいてよく思うことは
パフは「常に笑いがたえない会社」だな、ということです。

しかもそれは「皆がニコニコしている」といった意味ではなく
「ド迫力の笑い声が社内に響く」といった表現の方が近いかもしれません。

特に会議では、
一度の会議で必ずと言っていいほど、笑いが起こります。

扉を閉めて隣の部屋にいても聞こえるほど。

もちろん議論は至って真面目ですし、
無駄話も無駄な時間も一切ない会議です。

それでも笑いが起こるというのはとても良いことだと思います。
むしろ、私はそんな会議が好きです。

何が良いかというと、
誰もが自身の意見を言いやすい空間であり、
わからないことをわからないと言いやすい空間である点です。

性格上、私は会議での発言が少ないですが(良くないですね)、
このパフのような会議でなかったら一切声を発することができないかもしれません…

ただし、重要なのは「議論は真面目である」ということ。
単に「だらけきった笑い」では時間の活用としてもったいないです。

議論への真剣度合いと笑いのバランスが取れている会議こそ、
良い会議なのではないかと考えます。

―――

お次は大岡さんです!

本当に気持ちが伝わる言葉とは?

2018年5月14日 (月曜日)

やってきました、第57回かほログ!

新しいオフィスは(私の席から見て)正面に窓があるのがよいと感じております!
空間が明るいとか、視界に緑が入るとか、そういったリフレッシュ要素が含まれるオフィスが好きです。

―――

さて、最近は、どうしたら気持ちが相手に伝わるんだろう?
といったことを日々考えております。

若手メンバーがお客様にお電話をかけているとき。
まだ初々しい、完璧ではないビジネス敬語であることもあります。

学生が企業の方に何かしら連絡を入れるとき。
敬語にまだまだ慣れておらず、学生らしさがあります。

勿論これから社会に出ていく上でビジネスに使える敬語を身に着けることは求められるのですが、一方で、「いや、むしろこの方が本人の気持ちや感情が相手に伝わっていいな」と思うこともあるのです。

 

私がお客様にメールをお送りするとき。
自身で見返していて「そんなつもりはないのに、なんか冷たいな」と思うことが最近気になっていることです。

メールであっても相手の顔が見えているかのような、相手と意思疎通ができた上でお仕事を進めている状態がベストだと考えています。

きちんとした言葉遣いをしていながらも、温かみのあるメールを返している先輩を見ていると、とても勉強になります。

正しい言葉遣いだから、正しい対応だからそれで良いのかというと、そうではないですよね。

 

最近は内定だしを迎えたお客様も多く、新しく採用担当になったお客様から学生との接し方や内定クロージングについてご相談いただく機会が増えてきました。

勿論「スタンダードな形式」や「コツ」はあるのですが、それに沿うだけでは本来の気持ちがぼやけてしまってもったいないです。

 

ぜひ採用担当者の皆さん一人ひとりの個性や感情を表に出していただいた方が学生に伝わるのではないかと考えています。「ぜひうちの会社に来てほしい」という熱い想いもきちんと形にしてぶつけた方が、心に響きます!

 

まだまだ模索中の私が言うのもおかしいですが、現時点での考えを綴ってみました。

―――

 

お次は大岡さんです!

「成長」の機会

2018年4月20日 (金曜日)

やってきました、第56回かほログ!

先日、入社後新入社員の二人の「社内改善会議」にカカさんと一緒に参加してきました。

二人は今、営業としての活動とは別に、研修の一環として社内の改善に取り組んでいます。

入社して丸三年経った私からすると「当たり前」となってきていることが、果たして本来のあるべき姿なのか、もっと良くするにはどうしたら良いのかという議論が繰り広げられています。

私も同じ道を通っているはずなのに、新鮮な意見が多く、面白いです。そして学ばせられることもあります。

後輩三人の意見を聞いていると、「こんなことあったなー」と思うこともあれば、「こんなこと考えたっけ?」と思うこともあるのです。

それが新鮮なわけなのですが、ふと気づいたのです。

私は筋が通ってないことには(嫌いなので)敏感なのですが、それ以外のことには鈍感であるということ。

「ああ、そういう感じね、オッケー!」と余り疑わずにその文化を受け入れてしまいます。

そんな性格なので、意識しないとその日常の課題が見えてこないのかもしれません。

というのは私の個人的な反省ですが、同時に、どういった環境で若者は「成長」するんだろうかと考えていました。

今回の「社内改善会議」のように、当たり前を当たり前で済ませずに、目を向け、考え抜き、行動することは「成長」にとってとても良いことだと思います。

山のような情報にあふれ、あらゆることのマニュアルが整っている現代ではなかなか、改めて考えるということが少なくなってきているかと思います。

さらにルールが過剰にあると、考え方・行動も決まってしまい、機械的になってしまいます。

最低限のルールがありながら、常にその上を考え、工夫を凝らしていくような組織こそが、個人としても、組織としても「成長」していくのではないかと考えます。

―――

お次は、大岡さんです!

入社式

2018年4月3日 (火曜日)

やってきました、第55回かほログ!

習い事はしていなかったのですが、好きな科目は生物で、
気づけば生物の資料集を見ていました。(息抜き)

クラスの半数以上が寝ている教室で私だけがわくわくと授業を聞いていた
のを不思議がられたこともありました(笑)

学問としては大学まででしたが、いまだに動物園やら水族館やらが大好きで
先日もジンベエザメに会いたいがゆえに夜行バスで大阪に行ってきた変人です。

―――

さて、昨日(もしくは一昨日)は
各社で入社式が行われていたのではないかと思います。

パフにも2名の新入社員が入社しました。

私が採用担当をさせていただいていた時期に、
たまたま2人とも私が説明会進行担当だったときに参加してくれていたので、
初めて会った時のことをよく覚えています。

それから選考で何度も足を運んでくれ、
入社するか否か考えている期間も見守っていたので、
こうして2人が入社式の場にいることがとても嬉しかったです。

入社式前日に私自身の入社時代を思い出してみたのですが、
どこかぼやっとしている部分もあり。

初心忘るべからず、なんですが、やはり年数が経つにつれて
意識しないと薄れてしまいます。

いざ当日を迎えてみると「そうそう、これ!」といった感じで
当時の思いが蘇ることも多々ありました。

入社当時の小さな不安が実はお客様支援のヒントだったり、
できないと思っていたことが少しずつできるようになっていることに気づいたり。
はたまた当時目指していたことにまだ近づけていない自分が見えたり。

4年目に突入した、ということもありますが、
より一層、気を引き締めていかねば、と思ったのでした。

―――

お次は、大岡さんです!

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com