パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

ギックリ腰になった話

2019年6月19日 (水曜日)

こんにちは!木村です。

平原さん、なんとか、腰、ダイジョウブです。
違和感はまだ結構ありますが……。

ということで、日常ブログな内容で申し訳ありませんが、今回は、ギックリ腰になった話です。

それは、とある先週木曜日のこと。
来客打合せを終えて、「さあ、すぐ午後イチのお客様のところに行かなくてはっ!」と思って歩こうとした瞬間、腰(というより左足の付け根の奥底の部分)に痛みを感じ、立ったまま動けなくなってしまいました。

どちらかの足を踏み出そうとすると差し込む痛さがあり、足腰のバランスが崩せない。
両足の裏が、立っているその場の地面と、くっついているような感覚です。

1~2分で、お客様先に訪問するのは難しいと判断。
幸い(?)私一人のアポイントではなく、横山との同行だったので、内容は託すとに。
お客様にも横山にも申し訳ないですが、まったく動けない状態なので仕方がありません。

5分以内に横山を送り出し、その間やり取りを聞いていた社内にいるメンバーが、「何だ何だ」と皆で心配してくれ様子を見に来てくれました。
そして、ギックリ腰の対処法を調べてくれたり、経験談を話してくれたり、整骨院の情報を教えてくれたり、スニーカーを貸してくれたり、次から次へと情報と解決策が積み上がりました。
まさに「パフ総力戦!」といった感じです。

そしてその間、今日は子どものお迎えが難しいと判断し、パパと連携。そちらの問題は解決!(追ってフォロー)

申し訳なくもありがたい状況で、あとは自分が動けるか。
何をすると痛いか、何をするとラクか、可動域をすこしずつ確認し、自分の体と対話すること約40分。

「最近、目の前に整骨院ができたよ。窓からも見えるみえる!」と教えてもらった整骨院に電話し、空いていることを確認。診療終了の14時までに入れるよう、向かうことにしました。

移動式の椅子を支えにしながらだと少し歩けることがわかり、結局、道路を挟んで向かい側にある整骨院まで、ガラガラ椅子を押しながら移動。
(椅子1脚を押しながら超ゆっくりペースで歩くちょっと怪しい人、という視線は、無視!)
無事たどり着いて、みてもらうことができました。

結局は、骨盤や姿勢のズレ、全身各所の疲労によって筋肉が凝り固まったことで、結果、ギックリ腰になった(筋肉が張ってしまった)とのこと。
患部をまずは冷やす、そして周囲の筋肉をほぐす、サラシを腰に巻いて固定、で処置は無事終わりました。

新鮮だったのは、筋肉をほぐすという過程で、インナーマッスルを刺激されたこと。
背骨とくっついているお腹側の筋肉を押してもらい、めちゃくちゃ痛かったのですが、自分では自覚していない筋肉の存在を知ることができ、そこそこー!という嬉しさと、痛みの根源となる箇所を指摘された気がして、目からウロコ!とても新鮮!でした。

その後は、立ったり膝立ちしたりいろんな姿勢で残りの仕事を終え、超スローペースですが無事帰宅。子どものお世話も無事終えることができました。
もともと翌日は休みの予定だったので、家で安静に過ごすことができ、痛みはほぼなくなる状態まで回復!
その後も、おとといバスに急いで乗ろうと小走りしたら痛くなりかけたのですが、基本的に無理しないよう過ごしています。

 

長々と書いてしまいましたが、思うことは2つ。

1つめは、自分はラッキーだなということ。
来客打合せは無事に終えたタイミング。アポイントは横山一人になってしまったけれど内容は共有できていたので託すことができ。
パフの皆が心配してくれて。整骨院がたまたま目の前に最近できて。子ども対応はパパと連携ができ。無事歩いて帰宅でき。
翌日はたまたま休みだったので安静にでき。痛みは長引かず。子どもの保育園の先生たち(別のクラスの先生含む)からも心配いただき。
ああ、自分は本当にラッキーだし恵まれているなあ、と思いました。

2つめは、パフメンバーの対応がパフっぽい!ということ。
ひとりの些細なことにもかかわらず皆が心配してくれて、情報を集めてくれて、前向きな解決策をどんどん積極的に提案してくれる。
問題思考ではなく、解決思考なのかな、と。
(今回の件は問題を突き詰める話ではない気もしますが、その視点の会話はほぼしなかった気が。)
なんか、こういうところがパフっぽいのかしら、なんて、いま振り返ってみると思います。

日々のストレッチ・運動・姿勢が大事、ということなので、まずは1日10分。
仕事中や寝る前のストレッチを日課にしよう、と心に決め、ここに宣言いたします!
ちょっとしたことでもギックリ腰になる可能性はあるらしいので、みなさまもお気を付けください……!

さて、お次は、ギックリ腰の大先輩、こばやんさんです。

スイッチ・ON!!

2019年5月28日 (火曜日)

こんにちは、木村です。

 

改めまして平原さん、おかえりなさいませ!

復帰早々トップスピードで仕事している姿を見て、ああ、やっぱり平原さんだなあ…!と思いました。

いろいろと心強いです!!!

 

さて、私にとっては令和初のブログです。

平成ラストを飾る(?)前回のブログを書いてからもう1か月が経ち、ああ、ブログが1か月に1回しか回ってこないって、パフってメンバー増えたなあー!と思いましたが、GW期間が長かったんだと冷静な気づきをいたしました。

もはやGWがあったことすら忘れてしまうくらい、あっという間に日々は過ぎ、いつの間にか夏本番の暑さがスタートしてしまいました。

 

例年この時期に一足早く熱中症にかかり夏バテする私ですが、さっそく先週の暑さでやられてしまいました。やばいかなと思った時にはもう遅い。早めの対策が重要ですね。

水分補給、食事、睡眠。無理しない。首に保冷剤。無理せず冷房。

適度に、というとユルいイメージあるかもしれませんが、適切な度合いで、ガンバリマス!

 

そんな先週、すこしグッタリしている中、サトミンとお客様のもとに訪問させていただいたのですが、いろいろお話してアポイントが終わったころには、いつの間にか元気を取り戻していました!

なんでかなと改めて考えてみると、

 

・やっぱり自分はお客様とお話すると元気が出るタイプ!

(笑顔で元気に話すうちに、自分も元気になってくる!)

・お客様がお困りのことについて、何かしらお役に立てるのでは…!お役に立ちたい…!という思いがふつふつと湧いてくる!

・お困りのことをどうやったら解決できるのかな?と考えるのが楽しい!

・こうしたら解決できる可能性がありますかね?とアイディアベースのこともふまえてお客様と議論するのが楽しい!

・お役に立てそうな具体的ご提案ができると思うと嬉しい!

・パフの介在価値を感じていただけそうなご提案が色々できると思うと、さらにワクワクする!

 

といったようなことを感じているんだな、と。

自分が元気に前向きに楽しく感じられる要素が詰まっているのがお客様へのご訪問でありアポイントであり営業活動なんだなあ、と、書いていて実感しました。

 

入社したころは、自分が何をしているのかも何が何だかわからず右往左往する日々でしたが(きっとサトミンハスミンの比ではないくらい。苦笑)、経験を重ねて年月を経ていく中で、なんか楽しい・なんか嬉しい、が増えていき、自分の元気スイッチ・ワクワクスイッチが見えてきたように思います。

(そのスイッチは、現在進行形で、すこしずつ変化しているはず)

 

何か1つのきっかけで気付くこともあれば、歩みを辿って振り返った時に見えることもある。

ワカモノの皆さんと接していると、自分がどんな過程を経てきたのか、振り返るきっかけになるので感謝です!

(次回以降の平原さんのブログも楽しみです!)

 

まとまりがないですが、明日のこばやんさんに、トスいたします!

こばやんさんのスイッチは、何ですか?

 

人って変わるもの

2019年4月26日 (金曜日)

こんにちは。木村です。

思い出の地ですか……どこでしょう。
生まれ育った大田区・大森。
高校時代を過ごし、何かあったら行きたくなる場所、多摩川の土手。
たくさんの友達や学問や先生に出会えて、過ごすのが好きだった大学。
自分たちでプランニングして行った珍道中旅行先、ペルー。
何かあったら行きたくなる場所その2、隅田川。
初受注いただいたお客様がいた京橋。土日にお客様と打合せした霞が関。
ウーム。なかなか一つに絞るのは難しいですね。
本題を考える前に、さっそく思い出迷子になりました……!

さて。年末に仕事復帰してから、早くも5か月が経ちました。

復帰後に絶不調に陥った体調も改善し、子どもの保育園も当初お世話になった園から4月には現在の保育園に移り(卒業アルバム制作と入園準備の怒涛の日々を乗り越え)、リスタートとなった新しい生活サイクルも少しずつ慣れてきて、環境がようやく落ち着きそうな今日この頃。

仕事の面では、営業復帰したり、企業様向けセミナーを開いたり。阿久根や石河、石上と日々ミーティングや同行をしたり、かといえば岡崎と里見が入社して同行したり。
5か月を振り返ってみると、なかなか変化に富んだ日々を過ごしてきたのだなと実感します。

産休に入ってから仕事復帰するまでの1年2か月も、長かったような短かったような不思議な時間ですが、個人的にはそれはもう、体から生活から何から何まで変化に富みまくった日々。
そして仕事の面で見ても、市場はインターンなどの早期化の動きが加速し、パフ社内では新しい企画もでき、新しいメンバーも増え。たった1年2か月ですが、変化に富みまくっているなあと、いろいろ眺めて思います。

この日々を振り返って思ったのは、「人って変わるよね」ということ。
自分で意識して変わることもあると思いますが、立場や環境やさまざまな経験によって、自然と変わってくることもある。そして、変わらざるを得ないこともある。

たった1年2か月ですら、社内メンバーを見ると、一人一人、やっている仕事やできるようになっている仕事がレベルアップし、考えや雰囲気も変わっていたり(良い意味で!)。
お客様を見ても、以前は自信無さそうにお仕事されていた担当者さんが自分の思いをもってグイグイと仕事を進めていたり、会社がどんどん拡大し今までにない取り組みにチャレンジしていたり。

3年、5年、10年……時代が変われば、環境も変われば、人も変わる。
変わるということを前提に、変わるということを楽しんで、日々過ごしていきたいなあ、と思ったのであります!

さて、連休前、そして平成最後のブログとなりました。
残り僅かな平成の日々を、そして連休を、素敵に過ごせますように♪

お次は、令和ブログ第一号ですね、こばやんさんです!

13年目の春

2019年4月5日 (金曜日)

こんにちは、木村です。
田代さん、私もイチローの引退会見を見ながら涙してました~。
元号の変更よりも何よりも、一つの時代が終わるんだなあと
まさに実感した時間でした。
最近、涙腺が緩くて困っております。着実に、年齢を重ねております。
 ※ブログご愛読者のみなさま、イワサキファンのみなさま、
  イワサキはブログに登場しませんがいつもと変わらず
  元気に過ごしていますのでご安心ください☆
さて、4月になりました。
新入社員のみなさま、そして進級をした学生のみなさま、おめでとうございます。4月入社に向けて採用・フォローアップをしてこられたご担当のみなさま、本当にお疲れ様でございました。
私はスケジュールの都合でまだパフの新入社員ハスミン&サトミンに会えておらず(笑)、来週には、1週間遅れで4月になった気分、フレッシュ!な気持ちを味わおうと思っています。
個人的には、日頃お世話になっているNHK・Eテレの番組で、ことあるごとく番組がリニューアルし、音楽も登場人物も変わってしまったので、別れと出会いの春を実感しています……。
寂しい気持ちが先行していますが、過去ばかり見ていては前に進めない!と思い、新しい番組・音楽・登場人物を応援しつつ、早く自分も新しい生活に慣れたいです!
昨日、アクネさん、イシカワさん、イシガミさんとミーティングをしている中で、自分がこの4月で入社13年目になった、ということを自覚いたしました。
干支がひと回りしています!
もう、お局以外の何者でもない!(ずっと前からだよ、というツッコミはナシ)
と同時に、10年目以降ってカウントする意味がないような気もするくらい、客観的に見てベテランですよね。
自分がその年次に見合った人間になっているか自問自答すると(仕事できているか、という視点だけではなく!)なかなかイメージとのギャップがあるなあと反省してしまいます。
が、すこしでもベテランらしく、すこしでも素敵な人になれるよう、精進していこう!とあらためて思った4月です。
13年目の目標は、
頼られる人になる。そして、判断力を磨く&スピードアップする。
頑張りすぎずに、ガンバリマス!
お次は、社会人何年目になりましたか?こばやんさんです。

キリカエジョーズになるために

2019年3月15日 (金曜日)

こんにちは、木村です。
子どもからうつった風邪がようやく治った!と思ったら
またうつり、グロッキーな中、発熱してぐずりまくる
子どもの看病をしている、なかなかハードな1週間です。
無事週末が迎えられるかな……!

さて、そんな中でもやらねばならぬ仕事はあり、
在宅勤務でできることを進めております。
スマホもPCもあり、会社に行かずとも仕事はできる
環境にあり、そんな環境を整えてくれている会社に感謝、
なのであります!

出社しなくても、どこでもいつでも仕事はできるし、
便利な世の中だなあ……と思いつつ、コントロール力が
試されますね。

入社したころは、出社しないと仕事できなかったし、
スマホもなかったので、お客様先に訪問するときも
お客様の情報や地図を印刷して持参していたし、
FAXももっと使っていたような。
いまの若者からしたら、ひと昔どころかふた昔も前の
ように思えるのだろうな……。
(10年ひと昔、ですもんね…)

そして、オンとオフをしっかり分けたい!休みの日には
仕事したくないし、会社や他の社員とは距離を置きたい!
と、当初は思っていました。
でも、そんな思い通りにいかないことも多々あるわけで。
便利な世の中・環境が整っていくほど、そうはいかない
こともあるわけで。

でも、そんな思い通りにいかないことも経ていく中で、
柔軟に対応できるよう、自分が変わってきたと思います。
もちろん、いまでもオンオフはしっかり切り替えたいし、
休みの日は仕事したくないし。
(今は会社や社員と距離を置きたい!とまで思わないけど)

例えば、平日はオン、土日の休みをオフ、ととらえるの
ではなくて、メールを見たときはオン、見終わったらオフ、
仕事の対応しなきゃならない30分だけオン、終わったらオフ、
というような、まさに照明のスイッチをつける・消す、
というような感覚で仕事のオンオフの切り替えが
できるようになってきました。

あとは、仕事への向き合い方も変わってきました。
仕事自体を後ろ向きで捉えるか、前向きで捉えるか。
(イヤだから逃げたいしやりたくないと思うか、
たとえイヤでもやってしまおう!進むし!と思うか)

もちろん、ずるずるとオンの状態が続くこともあるし、
重い腰を上げて仕事することもなくはないのですが、
自分の頭の中できちんと切り替えさえできれば、
良いのではないかなと思います。
勤務時間としてどう管理するか……といった点では
難しい面もあるかもしれませんが。

結局何が言いたいのかというと、
便利な世の中だからこそ、やっぱり自己コントロール力が
大事だよね、ということ。

情報はたくさんあるし、変化のスピードは早いし、
そんな中で時間は限られているし。
自分の能力をちょっとずつでも高めたり、対応できるよう
試行錯誤するしかないなあ、と思うのであります!

育児もある中でどう対応していくか、
まだまだ試行錯誤な日々が続きます!

さて、お次は、うまく切り替えできていそうなこばやんさんです。

休日に子連れでリフレッシュ!

2019年2月22日 (金曜日)

こんにちは。木村です。

はてさて、我が家はどんな夫婦関係なんでしょうかね。
お互いの得意なことが正反対なので、時には大変なこともありますが(笑)、補完しあえているかなと思います。
岩崎さんの書いていた「イーブン夫婦」については、何をイーブンとするかで考え方が変わるなあと思ったのですが、自分が頑張るときと、夫が頑張るときと(あるいは子どもが頑張るときと)、これからも続く夫婦人生・家族人生を、長い目で見て、お互い補い合って過ごしていきたいな!なーんて思いました。

さて。
先日、かつてお客様としてお世話になった方とプライベートで会う、という機会が立て続けにありました。

とある会社のNさんと、別のとある会社のIさん&Kさん。
もともと、私の仕事人生(たった十数年ですが)を語るうえでは外せない、本当にお世話になった方々です。

異動されたあとも、機会を見つけてはご飯を食べたりお酒を飲んだりしていましたが、今回は、私の社会復帰を機に、子どもも一緒に会っちゃおうということで、休日に息子を連れて繰り出しました。

歩く楽しさに目覚め、常に動き回りたい真っ盛り!の子連れ外出はやはり大変ではありましたが、久々に会ってご飯を食べながら近況報告をし合い、息子もかまっていただき(笑)、とても嬉しくリフレッシュ!できた時間となりました。

今までは、平日のランチや飲み会で会っていましたが、今回は休日ということで、お互い私服でOFFモード。
さらに子連れということもあって、家事とか子育てとか、今までよりもリアルな日常生活の話をしたように思います。

自分が子どもを産んで、その子どもも一緒に休日に会うなんて、一緒にお仕事をしていた時には1ミリも考えられなかったわけですが。
一緒にお仕事をして、とてもお世話になったからこそ、私にとっては大事な方々で、そのつながりを大切にしたいんだなあ、と改めて認識したのでした。

異動後もキムラのお世話をし続けてもらっている、だけなのかもしれませんが……笑。
プライベートなお友達、とまで言うのは失礼かもしれないですが、今そのような関係でいられることがとってもありがたく、私は幸せですね!
また定期的に集まって、たわいない話ができたらいいなと思います。

お次は、子連れ外出をたくさんしていそうな、こばやんさんです!

復帰しました!

2019年1月9日 (水曜日)

こんにちは。木村です。

約1年と2か月、産休・育休をいただいておりましたが、12月より復職いたしました!
初めましての方も、お久しぶりの方も、改めましてよろしくお願いいたします!

※木村はこんな人です↓ (もはや懐かしい!)
https://www.puff.co.jp/saiyo/members/kimura/

子どもを出産してから今まで、長かったはずなのにあっという間で。
そして復帰した12月も、気づいたら終わって年が明けていて。
こうしてどんどん歳をとっていくのねー!と、痛感しまくっているところです。

電車通勤、電話対応、PC操作、仕事や会話のスピード感など、
久々の社会復帰はドキドキでした。
そして、風邪をこじらせたり、発熱したり、胃腸炎になったり、
久々の外界との接触は、思いのほか自分がグッタリでした。
年が明けて、ようやく心も体も落ち着いてきた、気がします!

幸いにも、私の周りには、私とほぼ同じ時期に産休・育休から復帰した
ママさんが何人もいます。それぞれ、いろんな思いや状況がある中で
新生活をスタートさせている様子を見聞きすると、私も(我が家も)
がんばろう!と思えるし、とっても心強いです。

子育ても、仕事も、毎日いろんなハプニングが起きますが、大変だけどオモシロイ。
つまずいても、2歩下がっても、まわり道しても、走らず、焦らず、1歩ずつ、
前を向いて歩いていこう!と、思っている今日この頃です。

※いろいろ思うことはあるけれど、久々のブログはやっぱり苦手で……。
アウトプット力を磨きます!

お休みをいただき、また復帰させていただき、ありがとうございます!
社内のみなさま、そしてお客様やパートナーはじめパフに関わっていただいている
みなさまに、感謝でございます!!

お次は、私から久々にバトンターッチ!こばやんさんです。

相手を知る大切さ

2017年10月12日 (木曜日)

こんにちは。木村です。

Excelは苦手です。
が、「素敵ツール」であることは間違いなく、仲良くしたいと思ってます!!
自分で駆使できたらいいなあ、と思いますが、私の場合イチから学ぶには
あまりに時間がかかりそうなので、Excelが得意な人に協力してもらっています。
(感謝……!)

効率的に仕事すると言えば、まだまだ若いころ、先輩に
「誰に何を聞いたらいいかを把握しておくのが大事」と教わりました。

まだまだ仕事のやり方もわからない当時は、ふーん、と思っていましたが、
その言葉の意味、その大切さ、そこから学ぶべきことがたくさんあると、
いまではよーく、よーく、わかります!!

 

自分でできないこと・わからないことがあるときに、悶々と自分で抱えて
やり切ろうとするのではなく、一番得意そうな人、情報を知っている人、
方向性の近道を教えてくれそうな人、に、助けを求めたり、協力をお願いする。

そうすると、簡単にできる方法が見つかり、すっきり問題が解決されることも増える。
ヒントをもらえれば、そこから一歩踏み出して自分で考えることもできる。

そして何よりも「誰が何を得意なのか」「誰がどんな情報に詳しそうか」
「誰がどんな仕事をしているか」「誰だったら協力してくれそうか」
「誰が今日はいつ何をどこでしているか=声をかけるタイミングはいつか」
ということを考えることになるわけです。

“どれだけ、相手のことを知っているか”

自分が行き詰った問題・状態を解決するためだけではなく、
メンバーの理解、仕事の理解にもつながる。

これができると、生きるチカラ、仕事のセンスがグッとアップするよなーと、
今では心の底から思います!(当時教えてくれた先輩、ありがとうございます!)

お客様はもちろん、社内メンバーのことを知るって、大切ですね。

 

* * * * * * * * * *

 

さて、私事ですが、今週末で産休・育休に入ることになりました。
1年~1年半後には復帰予定ですが、今日でブログは一区切りです。

体調が安定せずお休みを頂いた期間もあり、お客様や社内メンバーはじめ
関係者のみなさまには大変ご迷惑・ご心配をおかけしてしまいました。

いまでは健康に過ごすことができ、ごはんを食べること、普通の生活が
できること、仕事ができること、当たり前のことが当たり前にできるって
素晴らしいことだなあ、と思います。

入社から10年強、至らぬ点が多い私を受け入れてくださったさまざまな
お客様には、感謝してもしきれません。ありがとうございます。
そしてそんな私ながら色々と支えてくださった社内のみなさまにも、
心から感謝しています。ありがとうございます。
そして、一番近くで支えてくれている家族に感謝です。いつもありがとう。

元気に戻って参りますので、そのときまで私はしばらく失礼しますが、
明るくパワフルなパフメンバーを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

何を書こうかといろいろ迷ってアップの時間が遅くなってしまい失礼しました……!
お次は、子育て先輩のこばやんさんです。

 

きっかけになれるか?

2017年9月22日 (金曜日)

こんにちは。
もともと小さい子が苦手なので、保育士は向いてないと思う、木村です。
年頃もあり、子供を産んだ友達がたくさんいるので、ここ数年でようやく
小さい子に慣れ、自然と笑えるようになりました。

母が最近まで現役の幼稚園教諭だったので、
「保育士や先生は、簡単になりたいと思うような仕事じゃない」
「人の人生を左右しかねない仕事だからこそ、なるには覚悟が必要だ」
と、物心ついたときから思っていました。
(何かを言われたりしたわけではなく、背中から感じ取っていました)

「教育」には覚悟が必要だと思うからこそ敬遠していたのですが、
あえて勉強してみよう、と思って大学で教職免許を取りました。
実習に行き、大変さも楽しさも身をもって体感してみて、
やっぱり覚悟が必要な仕事だな、と思いましたが、
若者とのふれあいや、誰かの人生のきっかけになり得る仕事は、
とても価値があるし難しいけどオモシロイんだな、と思えるようになりました。

その後教職の道には進んでいませんが、職サークルの活動は
若者とふれあえて、誰かの人生のきっかけになり得る活動だと思うので、
やはり価値があるし難しいけどオモシロイなあ、と、今でも思います。

そして、仕事をしながら思うのは、教育に限らず、
日々の仕事が、誰かの人生のきっかけになり得るんだよなあ、ということ。
例えば、お客様とお話しているうちにとても仲良くなって、
仕事のみならずプライベートでも遊ぶようになったり。

もちろん仕事の場面でも、自分やその人にとって「覚悟」が必要で、
お互いにとって「転機」になるようなお仕事を一緒に進めさせていただいたり。
お客様の作っている製品や商品を好んで使うようになったり、
いろんな企業や人がいることによって当たり前の生活ができることに
心から感謝できるようになったり。

仕事をすること自体が、人生のきっかけになり、人生を作るのですよね。
仕事をすること自体に価値があるし、難しいけど、だからこそオモシロイ。

そう自分が思えることって幸せなのかもしれない、と思うと、
お客様や、会社や、パートナーさんや、いまある環境に感謝しなくては!
と思います。いつもありがとうございます!

とりとめないですが、今日も1日、誰かの何かのきっかけになれるよう過ごすぞ!
と思う、9月下旬なのでした。

お次は、子煩悩なこばやんさんです。

後方支援とは

2017年9月4日 (月曜日)

こんにちは。木村です。

謎解きとか人狼ゲームとか、普段使わない頭を使うゲームは苦手です。
やってみるとオモシロイなあ~!とは思うんですが、頭痛肩こりなど
疲労度がハンパなく、なかなか自ら手を伸ばすことができません……。

さて、ストックしていたブログ下書きが消えてしまったのでどうしようかな(泣)

 

ここ最近、営業の後方支援的な仕事を多くしているのですが、
体を動かすのではなく、頭を動かす難しさと面白さを日々感じています。
(人狼ゲームとかより、こういうリアルなことで頭を使うほうが好きかも)

その仕事の目的やゴール、何がベターでありベストなのかを考えたり、
社内メンバーやお客様のために何をすべきかを考えたり。
皆がやりやすいために、お客様がより信頼してくださるために、
そして最終的には結果につながりやすいために、何をすべきか。

きっと生き物みたいに状況も環境も変化するから正解は無いけれど、
あれこれ試行錯誤しながら取り組んでいます。

やっていて思うのは、考える仕事って、自分の中だけで完結してしまいそうだけど、
社内メンバーのこともお客様のこともすごく考えるし、コミュニケーションを
密に取らないとやっていけないな、ということ。

目的やゴールの確認はもちろんですが、どんな内容が良いのか、
何を実は求めているのか、何があったら嬉しいのか、何だったらやりやすいのか。
いろんなことを、いろんな人と確認し合いながら進める。
チームやメンバーを意識して仕事をすることの大切さを、あらためて感じています。

 

いまの仕事が、皆の結果につながり、効率化につながり、より良いサイクルで
まわっていけるように……。道のりは遠いのですが、すこしでも近くなるように、
考えて考えて、そしてコミュニケーションをしながら、仕事していこう!と思うのでした。

 

お次は、職サークルで後方支援をしているこばやんさんです。