パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

グループワーク選考

2015年4月20日 (月曜日)

こんにちは。パフの田代です。

 本日は「グループワーク選考」をテーマにコラムを執筆します。

 ————————————————————-

 ◆グループワーク選考とは…

 グループワーク選考とは、複数人の応募者にグループを組ませ、ある一つの
 課題を与えて時間内に解決させるという形式の選考です。課題に取り組むプ
 ロセスを面接官が見て、合否を判断します。

 「協調性」を計るという意味ではグループディスカッションと似ていますが、
 グループワークは討論形式ではなく、「新規企画立案」「資料分析、戦略立
 案を行う」といったように実際の業務・仕事内容に近い集団作業となります。

 ◆グループワーク選考の目的

 グループディスカッションよりも自由な状況で行われるグループワークでは、
 選考の目的は、グループの中で各応募者がそれぞれどのような「役回り」を
 行うのかを見ることにあります。
 
 段取りを考え指示を出すリーダーになる人、気遣いをして意見や作業のサポ
 ートをする人、タイムキーパーをする人、批評家、指示を待つだけの人など、
 個人面接では見られない集団の中での立ち回り方をはっきりと見ることがで
 きます。

 他にはコミュニケーション能力、集中力、計画性、論理性、協調性、判断力
 なども、グループワークの過程と成果から大まかに見えてきます。選考の目
 的に照らしてテーマの設定が妥当かどうかを検討する必要があります。

 
 ◎グループワーク選考のメリット
 —————————————————–

 ・テーマを実務に近づけることで、企業/業務理解促進、
  応募者のセルフスクリーニング促進ができる
 
 ・一度に多くの応募者を評価でき、効率が良い

 ・集団の中での応募者の顔を見ることができる

 ・コミュニケーション能力、協調性など
  個人面接では見られない特徴を見ることができる

 ◎グループワーク選考のデメリット
  —————————————————–

 ・時間的な制約があるので第一印象に左右されやすい
 
 ・グループワークに慣れていない面接官が多いので判断の精度が低い
 
 ・応募者は他の応募者の発言や対応に影響される

  メリット、デメリットを考えた上で、
 自社の選考に当てはめてみてはいかがでしょうか。

 今回のコラムは以上です。

企業の探し方の観点

2015年4月6日 (月曜日)

こんにちは。パフ新入社員の横山佳穂と申します。

今年度のパフ新入社員は私1名ですが、

いち早く先輩方に追いつき、追い越せるよう努めてまいります!

皆様、何卒よろしくお願い致します。

 

大学では農業の研究をしながら、8月よりパフにて内定者インターンとして活動していました。

その一環として学生向けメルマガにてコラムを書いていたのですが、

今月よりこちらのブログにも掲載させていただきます。

就活生~新入社員という学生と社会人の狭間の視点から書いたコラムです。

拙い内容ではありますが、お目通しいただけましたら幸いです。

 

今回のテーマは「企業の探し方の観点」です。

———————————————————————————————

就職活動で企業を選ぶとき、皆さんはどこに目を向けますか?

仕事内容、社員の人柄、裁量の大きさ、

……回答は様々かもしれません。

私が就活をしていたときのことです。

全く異なる業界の間で就職先を迷っていたところ、

「業界も絞れていないなんてキミは一体何をしたいんだ。軸がない。そんなんじゃ決まるわけがないよ。」

とある社会人に言われました。

本当にそうでしょうか。

私は、その企業で目指したい夢があるか、自分が生き生きと働けるかという観点で企業選びをしていました。

「業界」や「職種」というカテゴリーではなく、企業ひとつひとつを単体で考えていたのです。

そのため最後まで業界を定めずに就職先を決定しましたが、未だに後悔の念を抱いたことはありません。

就職先を選択する際にこれといった決め方の正解はなく、自分の基準で、自分が納得のいく決め方でいい。
私はそう思っています。

会社説明会や選考に行った際も、見方は自由です。

私は説明会の運営やミスに対するフォロー体勢、社員の目がイキイキしているか、
社員同士の会話の様子等から、なかなか表に出てこない部分を推測していました。

それが観点として良かったのかどうかではなく、とことん自分のやり方にこだわって決めた道は後悔しませんし、
自分の選択に対してしっかりと責任をもてるのではないでしょうか。

皆さんは、どう思いますか。

 

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com