パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

キャンプの秋

2019年9月18日 (水曜日)

おはようございます。田代です。

保坂さん、昨日の誕生日、おめでとうございます。
連休は野球観戦もできて、楽しい一日になったのではないかと!

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、ということで
本日は、秋のアクティビティについて一筆させていただこうと思います。

—————————————————-
◆野外キャンプの面白さ
—————————————————-

自分、こう見えて、野外アクティビティが好きです。

中でも、キャンプ!
独身時代、結婚してからも、毎年2回はキャンプに出かけています。

キャンプの良さを挙げると、枚挙に暇がありませんが、

例えば…

・便利な日常生活から離れ、大自然に囲まれる贅沢
・テント、寝床、料理まで。ゼロから準備を進める苦楽が楽しい
・テレビやラジオもシャットアウト。家族や友人と語れる場が貴重

などでしょうか。

9月に入り、暑さも和らぎ、絶好のキャンプシーズン到来。
ということで、この3連休、家族と1泊2日でキャンプに行ってきました。

とはいっても、子供はまだ0歳児。
そんな中、キャンプに行っても大丈夫なの?と思うかもしれません。

色々調べつくした結果、家から1時間以内に行ける近場のキャンプ場を探し、
下準備もしっかりそろえて、出かけることにしました。

こんな感じ。

キャンプ場の雰囲気はこんな感じ

我が家のテント

 

 

中はこんな感じ

テントの中で娘と遊んでみる

無事に終了

今シーズンは、
仕事で3回も、野外研修に行く機会がありました。

7月から毎月1回は仕事でキャンプ。
怪我無く、仲良く、安心安全に楽しめるよう全力で臨みますので、
寝床に着くまで神経を使うクタクタのイベントです。

以上にように、
公私にわたりキャンパーになってしまいました。

これからもキャンプの楽しさを伝えていければと思いますので
興味のある方は、お声がけください!

次は、平原さんです。
平原さんにとって、今年の秋は「●●の秋」になるのでしょうか。

29歳最後の日を振り返る

2019年9月17日 (火曜日)

最大かつ圧の強いMeiji閥です。
これからもパフ最大派閥として拡大を狙っていきますので
皆さんよろしくお願いします。

さて、本日は、タイトルのとおり、29歳最後の日を振り返ってみようと思っています。

長年にわたって使っているスケジューラー「NI」を見てみましたところ。

—–
10時~12時外出:GAFF
18時~21時来客:学生モニター交流会
—–

とありました。

GAFFって、なんだっけ・・・・
たぶんG社とPUFFの掛け合わせで、
両社のMTGなんだと思うのですが
一緒に外出予定登録されている社員が
一緒に関わっていたっけ?というメンバーで
????です。

学生モニター交流会には、
あのM社のHMKさんとTGWさんの名前があり、
すごーーーく懐かしいのですが、
どのような回だったか、思い出せません。。。。

私の記憶力のなさに愕然とします。

いずれにしろ、29歳最後の日は、
遅い時間まで仕事をしていたらしいです。
このころは、パフはそんなにホワイトではありませんでしたので、
仕方ないです。

・・・

あまりにつまらないブログになってしまったので、
39歳最後の日、私がどう過ごしていたか、アップして終わりにします。

ここです。朝苦手なくせして、午前中から来てしまいました。
ちょっとどんより雨で残念。

子供のころ乗りましたね!

円陣です。そう結局ここ、ドームです。
(クリックするとオフィシャルTwitterにリンクして、円陣の内容が見れます)

珍しく内野での観戦です。
いつもは、あの横断幕の後ろくらいにいるのですが、こちらから見る景色も素敵です。

負けちゃいましたけどね。ピッチャー宮國のピンチランナーという珍事も見ましたし。
大満足な、39歳最終日でした。40代もがんばります!

ご本人に許可をいただいていないので、ハートでアレンジしてしまいました。
誰と一緒に行ったかを当てた方には
来年ドームの試合のチケットをプレゼントしますので一緒に観戦しましょう♪

・・・・

本当につまらないブログですみません。
誕生日なので、お許しください!!!

明日はきっと、読者の皆さんにとって面白いブログを書いてくれるだろうタシロさんです!

母校に誇りを持つ

2019年9月13日 (金曜日)

皆さん、こんにちは。今年は食欲の秋ではなく、スポーツの秋にしたいヨシカワです。

つい先日の企業様向けセミナーで「学生の生の声」をお届けしよう!と就職活動を終了した学生に来てもらい、「人事には言えない学生のホンネ」というテーマで、就職活動の際に感じた喜怒哀楽エピソードを語ってもらいました。

男性2名に協力いただいたのですが、今どき珍しく、30~60社の説明会に行き、選考を20~50社受けたという行動派。
実際の経験に基づく非常に論理的な発言。
それでいて周りを不快にさせるとげもなく、素直さとさわやかさがある素敵な学生さんたちでした。

実はそのうちのひとりが、私の母校である「東京経済大学」の学生。
同じ経営学部経営学科の後輩でした。

東京経済大学って皆さんご存知ですかね?(←大岡さんは、私に会うまで知らなかったそうですw)
正直、あまり偏差値が高い大学ではありません。

そんななか、人よりも多く行動し、最終的には複数社から内定。
その中でも最も成長できると実感した大手調査会社に入社を決めたそうです。

言葉の端々から、彼の颯爽とした立ち居振る舞いは、自分のやってきたことや通っている大学への誇りからくるものなのかな?と感じました。

一報、私と言えば…、就職活動生の頃は、自分の大学の偏差値が低いことを引け目に感じて、会社説明会の際「●●大学の●●です。本日は貴重なお時間、ありがとうございました。~~」から始まる質問をするのが恥ずかしくて、したい質問さえできないダメ学生でした。

よく私は、学生たちに「職業に貴賎なし」という話をします。
釘崎さんが20年実施している「うまれよ塾」で出てくる話です。

【職業に貴賎なし】
どんな仕事でも、自分の仕事に誇りを持っている人は輝いている。
仕事を貴いものにするも、卑しいものにするも、それは自分自身の考え方次第。
その人が、一生懸命、誰かのために取り組めているかどうかなのだ。

堂々とする彼と大学生時代の自分を比べて、自分をみじめにしていたのは、自分の心だったんだな、と分かりました。

よくよく考えれば、社会に出て出会った数少ない大学の先輩たちは、本当に素敵な人ばかりでした。
おごらず謙虚、でも自分にゆるぎない自信をもってしっかり真面目に行動する人がとても多かったです。

私はやっぱりすっごく素敵な環境にいたんだな。と卒業して20年近く経ってしみじみ実感した次第です。

新一万円札の肖像に内定されている渋沢栄一さんが作った学校という誇りを改めてもって、元気に休みに入ろうと思います!

【業務連絡】9月14日~23日、パフ入社以来最長の夏休みをいただきます!ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

来週は、パフ社員最大派閥、明治大学出身のホサカです。

就活生からのメッセージ

2019年9月11日 (水曜日)

おはようございます!社会人半年生の岡崎はすみんです!
早く人間になりたーーーーい!
ということで、バリバリどころか、定期的にポキポキ気持ちが折れながら一年目を何とか潜り抜ける日々でございます。

さて2回に1回はテイラースウィフトのことを書いているはすみんブログですが、皆さま準備はよろしいでしょうか?
てってれー今回もテイラー回ですっ(^▽^)/

今回は、就活生、また世の中の若者の言葉を代弁してもしたりない(?)曲をご紹介したいと思います。
「A Place In This World」という曲で、テイラーが初めて出したアルバム、その名も「Taylor Swift」というアルバムの4番目の曲です。
テイラーは歌手を夢見て12才の頃から曲を書き続けていて、この詞もその若い時期のものです。
自分を飾らない、素直で等身大で、でも希望と野望と根拠のない自信に溢れている、そんなテイラーを感じていただけるはずです。

念のため弁解させていただきますが、洋楽大好き~英語得意~まじすごいべ私~という意図はありません。
テイラースウィフトが1人の人として好きなんです、大好きなだけなんです。なので繊細なはすみんを、いじらないで下さい。
さて。英語が好きな方には原文で、そしてあまり好きでなくても皆さまに曲を感じて欲しくて、私なりに訳した日本語でも書いています。この訳は、私がどう受け取ったかを反映した訳です、正確かは保証できません。
どうか、偏見なく読んでいただけると幸いです。

 

A Place In This World/Taylor Swift

I don’t know what I want, so don’t ask me
Cause I’m still trying to figure it out
何したいかなんか分からない、そんなこと聞かないで
今それを探してるとこなの

Don’t know what’s down this road, I’m just walking
Trying to see through the rain coming down
この先なにがあるかも知らない、ただ歩いてるだけ
雨の中に目を凝らしながら

Even though I’m not the only one
Who feels the way I do
こんな風に感じているのは私だけじゃないとしても

サビ
I’m alone, on my own, and that’s all I know
I’ll be strong, I’ll be wrong, oh but life goes on
私は1人ぼっち、分かってるのはそれだけ
私はきっと強くいるわ、それに間違いだってする、でも人生は進んでく

Oh, I’m just a girl, trying to find a place in this world
私はただの女の子、この世界で居場所を探しているの

maybe I’m just a girl on a mission
but I’m ready to fly
多分私は、使命を持った、ただの女の子
でも飛びたつ準備はできてるの!

主な歌詞はこんなところです。
ちょっと曲も聞いてみようかな?と思った方はこちらのリンクで!
若いテイラーも見れて一石二鳥ですよ♡

 

この曲の個人的なクライマックスは、一番最初の以下の部分です。

I don’t know what I want, so don’t ask me.

世の中のどれだけの就活生が、目の前の面接官にこの言葉をぶつけたいことでしょうか笑

就活生の皆さんには、これだけ世界のトップに君臨する人が若いときこう言ってるんだから、それで大丈夫よ、と伝えたい。
そして自分にも、今はそれで大丈夫よ。どっち飛んでくかは知らないけど、maybe I’m just a girl on a mission, but I’m ready to fly. と言いたい。

この歌詞にあるような、かけがえのない自分の「居場所」を探すのが就活であり、またその後の人生なのかな、とも思ってみたり。

最後は上手く熱いメッセージにまとまったところで、はすみんのテイラーブログはここまで!
お次は、今度こそ半年生でもうバリバリ働くさとみんです。

年に一度のキャンプ★

2019年9月10日 (火曜日)

おはようございます、鬼丸です。

先日は夜中は台風で大荒れ、昼前には台風一過でこれでもか!というくらい暑くなった激しい天候の月曜でしたね。皆様は無事に出勤できましたでしょうか?

私は地下鉄通勤なので運行はしていたのですが、やはり動いている電車に人が集中するのでしばらく乗れず、遅刻ギリギリに出社できました。

 

さて、先日はある企業様のご支援でキャンプの運営お手伝いに行って参りました!

実は昨年も参加させて頂いたのですが、台風が来るということで二日目の予定は全てキャンセルして帰ったという因縁のイベントです。

しかし今回は晴れ男というご担当者様がいたおかげで、非常にいい天気でまぁ暑かったです。去年よりもずっと暑かったです。かなり日焼けした感覚があります。。

チームの絆を深めるワークやバーベキュー、観光地にも立ち寄ってとイベント盛りだくさんで大変充実した二日間でした。

また参加したメンバーの個性も強く、一人ひとりとても印象に残りました。

富士山もキレーに見えて、お手伝いする側でしたが大満足・大満喫!

来月には再度皆さんにお会いするのですが、その時にはまたどんな顔つきでやってくるのかとても楽しみです。

参加した皆さんの節目節目のシーンでお手伝いが出来るのはとてもありがたいことだな、と感じる二日間でした。

 

さて、お次はすっかり社会人半年生としてバリバリ仕事をしている岡崎さんです。

おはようございます。ハム石河です。
昨夜は台風すごかったですね。
8時までJRは動かないようですし、自宅待機の方も多いのではないでしょうか。

 

先日、新潟へ行ってきました。
新潟はアニメ漫画の聖地らしく、多数の有名な漫画家さんを輩出している県のとこので。

漫画アニメ館なる施設に足を運んでみて
声優体験をしてみたのですが、これが思った以上に難しい。

 

まず、言葉とアニメーションがあわない。
そして、ボー読み感が拭えない。
っていうか、セリフ覚えきらない。。。

 

という三重苦。

 

小さい頃から身近だったアニメの裏側は
こんなにも複雑だったのかと、かなりびっくり。

あのアニメ映画の〇〇役の人下手だなぁとか、今まで散々に言い散らかしてきたのですが、

もうそんなこと、いえないな…と心から思えた出来事でした。

 

経験してみてこそ、初めてわかることがあるんだなぁと。

 

安全なところから誰かを笑うくらいなら、一緒に一歩だけでも道を踏み外してみてもいいのかなと。

きっと知らない世界へと続く入り口なはずだから。

 

そうやって、人生に彩りを加えられたらいいなと

淡く思ったハムの夏休みでした。

 

さて、お次は鬼丸さんです。

オトナになって分かったこと

2019年9月6日 (金曜日)

 

おはようございます。阿久根です。
9月に入りましたね!!
少しずつ涼しくなり、新しい季節への移り変わりを感じて嬉しいこの頃です。
******
中学生〜高校生の頃は、よくクラスメイトと自分を比較して「自分の〇〇なところが嫌ー!!」⇨「なんだか自分のこと好きになれない…」と
慢性的に自己嫌悪に陥っていた記憶がありました。
「自分が嫌」という気持ちと自分自身が切り離せず
何をやっても物足りない、満たされない、自分は足りていないのだから、と
苦しかった思い出がたくさんあります。(多分、考える時間だけはたっぷりあって暇だったんだと思います笑)
働き始めて2年。昔の日記を見返し感じたことは、
「こんなに『自分を嫌い』と思うことは、最近ないな」ということ。
勿論今でも周りの人と比べ、「〇〇さんのように上手く出来ないな〜」と思うことはたくさんありますが、
“自分”という存在に自信が持てない というあの頃の感覚は
ほぼ今の私の中にはありません。
働き始めたら、沢山の方と出会う機会があり、
その中で一人ひとり持っている魅力は違うこと・失敗も寛容に受け入れ合えること…を少しずつ知り蓄積できたからこそ今があるのかなと思います。
働くことで、自分の至らなさを正直に知れる。
卑屈にならず前に進める。こんな素敵なことって他にないんじゃないかなと感じました。
お次は石河さんです。

こんにちは。

今月後半にある健康診断に向けて、ぷちダイエットを始めた大門です。

ほんとは日頃からもう少し意識しておけばいいのですが、何より健康診断=公式記録として残る→自分の1年間のモチベーションにも関わるので、健康診断前はしっかり頑張っておこうと思っております。

最近、顔の状態は映画(前回のブログ参照)を観に行くことでいい感じの肌艶を保っていたのですが、運動はせずに食べていたので身体はだるだるに(自分史上最大のでぶ期到来)。ただでさえ経年劣化や代謝が悪くなって下降線の一途なので、とりあえずここからの2週間はいろんなものに抗ってぷちダイエットに励むことにします。

******

さて、タイトルの件。

詳細よく分かっていないのですが、なんだかなにがしかの機会に私も学生さんの面談に立ち会うことになるみたいです。

コミュ障の私には何てハードルの高い、心の折れる時間なんだ…と、今からオソレしかないです。

当初はピンで学生さんと会ってお話をする、みたいなことを吉川さんから言われましたが、「ピンは無理です!せめて誰かのサブにしてください!」と食い下がり、何とかサブの位置にしてもらうことに。

というのも、単にコミュ障なだけではなく、過去何度かお話していますが、私には「新卒入社」やそのための「就職活動」の経験がないのです。それに、社会に出てからもフリーランスで音楽のお仕事をしながら非正規雇用のアルバイトや派遣などの仕事をしていた時期が長いので、一般的な就職を考えている人が参考にできる話を、生産性のある話を私ができるのか。疑問に思うより以前に答えはほぼほぼ「NO」だと思っています。学生がいわゆる社会人に求めるであろう期待値も、「パフ」という看板に対しても、クリアできない…というか方向性?軸?が違うんじゃないかな、と思ったりします。

私個人の感覚としては、大学を卒業したらどこかに就職しなきゃいけない、とは必ずしも思いません(やりたいことがあるなら、ですが)。

ファーストキャリアは確かに大事かもしれませんが、それを声高に言われるのを見ていると、自分自身の過去を一般的には否定されているようにも見えてきて、少し悲しい気持ちになります。

 

なので、そんなちょっと捻じ曲がった思考と、普通はあまり得られない経歴を持った自分が、学生さんたちとちゃんと話せるのか。

正直、今でも不安しかありません。

 

とは言っても、決まったものはもうやるしかない。

幸いサブの位置になったので、下手なことは言わずにまずは聞き手に回ってじっとしていよう。

釘崎さんの話を聞いててみよう(変な話を振られませんように!)。

くらいには考えています。

 

さて、これは一体いつから始まるのか。どのくらいの回数があるのか。

全く知らされていません。ドキドキですね。

他のお仕事もあれもこれも飛んできて何だかもーよく分からない!と思っていたら、かかりつけの整骨院の先生に「脳が疲れてますよ」と2か月続けて言われました。あらやだ。

次にブログのお当番が回ってくる頃、少しは痩せてて、脳の疲れも取れているといいなと思います。

そして新卒就活歴のない私が、新卒での就職を考えている人と話をするプレッシャーにも少しは耐性がつけられていたらいいなと思います。

 

お次は阿久根さんです。

しばらく留守にします

2019年9月4日 (水曜日)

シンチャオ!(こんにちは!)カカこと石上です。

実は私、ベトナムに来ています。

ついに逃亡?!ではなく、あるプログラムの随行員として参加しています。

あるプログラムとは・・・「学習院大学キャリアセンター主催 ベトナムインターンシップ」です。

(※リンク先は、初年度開催報告会の様子です)

 

これは、昨年度から始まった企画で、学習院大学のキャリアセンターが主催となって、学生向けにベトナムでインターンシップを行う、というもの。

 

「インターンシップ」と聞くと、一企業の就業体験という感覚が当たり前になってきましたが、学習院大学では、「インターンシップ」は様々な社会との接点機会と捉えて、本企画ができあがったそうです。

このインターンシップ研修では、「4つのMISSION」が設定されています。

(※以下、初年度開催報告会ページから引用)

①大都市・大企業のインターンシップ。

②地方都市・農業のインターンシップ。

③在越ビジネスマン・卒業生桜友会とのダイアローグ。

④参加学生・ベトナム大学生との相互プレゼンテーション。

これら「4つのMISSION」がインターンシップ研修のプログラムを構成しています。

(※引用終了)

 

のべ10日間にわたるこのベトナムインターンシップに、縁あってパフの石上も同行させていただくこととなりました。

たしか、唐突に「ベトナム行ってきて」と、職サークル担当として苦戦している私に釘崎さんと吉川さんから連絡があったことを覚えています(笑)

 

そんなカカのベトナムインターンシップ参加目的は以下です。

・今の学生が何を思ってこのインターンシップに参加しているのか

・どんな経験で、どのように感じ、学生の考え方や価値観が変わっていくのか

・世の中で叫ばれているグローバル人材とはどういうことなのか

・ビジネスとしても注目されているベトナムの今を知る

 

このインターンシップに参加している学生は合計31名。

-海外に行ったことがないので、参加しました。

-夏休みにぼーっと過ごしそうなので、参加しました。

-何かしなきゃと思って、参加しました。

-海外で働きたい!そう思って参加しました。

学習院大学のすべての学部からの参加があり、参加理由もまちまち。

9月2日からスタートし、本日で3日目。

昨日から企業訪問が始まり、いよいよ「インターンシップ」がスタートしましたが、彼らの「変化」を少しずつ感じています。

 

成田空港の最初の集合では、みんな牽制しあっているような、何とも言えない緊張感がありましたが、一日目の夜には、挨拶したり、談笑するようになっていました。

ホテルの部屋割りも、バラバラでも自らコミュニケーションをとって、行動に移したり、現地の人と話すことで、初めて意思疎通をしたり。

企業訪問では、質問が積極的に出ていて、事前学習をそれぞれがしていて、自分なりに疑問や解釈を持っていることがわかりました。

 

最終日、そして報告会のころには、どんな31名ができあがっているのか、今からワクワクしています!

最後は、ここまでの様子を写真でご報告します!

道端の市場

鶏がそのまま・・・

日本語を学ぶベトナム学生の施設にもお伺いしました。とっても前向きで、素敵な言葉が並びます。

途中、少しだけ観光も。
ホーチミン廟の奥にあるお寺。

学生のみなさん同士も徐々に打ち解けています!

素敵な夜景も見えました

 

改めて、貴重な機会に感謝するとともに、

留守中を守っていただいている社内の皆さん、やりとりに不便さを寛容に受け止めてくださっている皆さまに御礼申し上げます。

 

カカを行かせて良かったと言っていただけるよう、残りも頑張ってきます!

お次は、大門さんです。

S生命様の取材で出張した広島からの帰りの新幹線で書いております大岡です。

さて、今回の社会人生活を振り返るブログ。
前回ちょっと先輩エピソードを書いただけでその動物園ぶりがやばかった我が心の故郷文化放送ブレーンですが、
お笑いネタ以外にもホントにタレント揃いでして、順に紹介していくとかなりの回数が稼げる、
もとい、面白い話題を提供し続けられるなと考えております。
と言うわけで、社会人生活を振り返る改メ、最初に入った会社の仲間を振り返りたいと思います。

※前回実名紹介を何人かに指摘されましたが、今後も頑として実名で進めます。
が、流石にこれまずいな、という話題がいくつかありますので、それについては名前か
エピソードのどちらかを伏せることにします。

さて、私が最初に配属されたチームはリーダーが久保田さんでした。
メンバーに宇川さんがいたことは覚えてるんですが、他のメンバーだれだったかな?
昔過ぎるのと、わけあってこのチームあっという間に解散したので思い出せません。

久保田さんで覚えているのは初受注の時。
大崎にあったキャダムシステム様という会社に、「BB KAISHA KIT」という紙媒体をご紹介し、
※補足 キャダムシステム様、今ググったら2004年に統合されてなくなってるんですね。さみしい。
※補足 このBB KAISHA KIT、はがきに企業情報が載っているから本誌を見なくてもはがきを出す企業が選べる!
 ということでものすごい返信率を記録した当時のブレーンの大ヒット商品。
 でも私が入った時期はバブルが弾けていたので、さほどエントリー集めに苦労していなかったため
 そんなに簡単に売れる商材ではなくなっていた。
なぜか忘れましたが至ってスムーズに「発注します」とのお言葉をいただいて、上司の久保田さんに報告しました。
一緒にクロージングに行く、という話になって、
「いやいや、もう決まってるのに何しに?」
と、生意気な感想を持ったことを鮮明に覚えています。
訪問先でも、なぜかまだ意思決定されてない前提でお客様との会話を進めようとされて、
その場で担当の確か村田さんからはっきりと発注意思を示していただいて
ようやく手続きの話に進んだ一連の流れを思い出すと今でもヤキモキします。
これに限らず先輩の同行って嫌いだったなぁ。
全部一人でやりたかった。全部自分の手柄にしたかった。
パフでは主にどうこうする側に回っている今日この頃ですが、
正直なところ、今のパフの若手はどういう気持ちなんだろうか?

もう一つ久保田さんに教わったことは、お客様と学歴の話はしてはダメだということ。
そういう話題になりそうになったら
「いやいや、僕なんて私立なんで」
と言って躱しなさいと教わりました。
そのせいか久保田さんの学歴を思いの外高い(W)と勘違いしていたのを3年目くらいで
木津さんに正された(N)のが思い出です。

その後、お身体を悪くされて?退職されたと聞いていて心配していましたが、最近フェイスブックで繋がりました。
しかし投稿見ても何やってるのか全くわかりません。
ブレーンの中では薄味な方ですが、どこかずっと謎な存在です。

宇川さんは、会社員とは別にDJの顔も持つ変わり種。
久保田さんと違い、ブレーンの中でも究極に濃い方の方です。酒盗くらい。
山パンでものすごい額の取引作ってらっしゃったり、営業としてかなりすごかった印象です。
すぐにいなくなっちゃったのであまり直接の思い出はありませんが、武勇伝は死ぬほど聞かされました。
この武勇伝はブレーン内でもかなりヤバイ部類の話で、さすがに詳しくは書けませんので
聴きたい人は直接聞いてください。
ほんとは書きたい。あー書きたい。

次は誰にしようかなー。
200人の会社で、直接触れた人も50人は下らないのでまだまだネタは尽きません。

お次は石上です。が、どこで書くつもりなんだろう??
?と思った方はきっと明日石上が!とさせてくれることでしょう。