パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

こんにちは。
石上さんから振られた「第二の領域」を考えてみている大門です。
たぶん私の場合、そこに入るのは「ヲタ活(特に現場)」ではないかなと笑。
会社でもチラホラ(?)公表しているので隠すことでもありませんが、ワタクシ現在いろいろな「沼」に足を踏み入れています。というか、踏み入れている沼が多くて「足だけじゃ足りないよね!手も入れないといけない状態じゃない?」とまで言われました(言い得て妙なのでネタとして使わせてもらっています。言った人の許可を得ていないので、誰に言われたかは伏せておきます)。
「いかにして効率よく仕事をこなし、『ヲタ活』のための時間を確保するか。そのためにいかにしてスキルアップをするか」は常に考えて仕事に臨んでいるので、図らずも「第二の領域」を拡げるために動いていたみたいです。
現場、いいですよ笑。概ね翌日は肌の調子がよいです。多少寝不足だったり就寝前のお肌のお手入れを手抜きしても、朝起きるとお肌ツヤツヤ。ちなみにこのブログ記事を書いている7/30時点もツヤツヤでモチモチです(前日の現場でいいことがありました笑)。

さて、私がパフに入社して半年(と1か月)が経ちました。
ちょっとイイトシでの中途入社とは言え、新しい環境に身を置き新しい仕事がどんどん降ってくる状況は、なかなかに迷い続ける日々でした。
私が日々こなしている仕事は、パフのためになっているのか。その先のお客様のためになっているのか。
「自分にできること」はあるけれど、それは果たして「パフやお客様に望まれていること」なのか。
私はパフのメンバーとしてジョインすることで何を期待されているのか。それをきちんと返せているのか。
などなど。

入社直後というよりは少しずついろんなことが見えてきた春以降、忙しさも相俟ってぐるぐると悩む時間が増えていった気がしています。
そうなると結構自分の中に溜め込んでしまうタイプなので、会社の人はもちろん、友人にも家族にも話をできず(単純に会うタイミングが合わなかったというのもありますが…)、5~6月はなかなかに鬱々とした日々を過ごしていましたね。見栄っ張りなのでなるべくそう見えないようにしてましたけど。

ただ、そんな日々を過ぎてちょっと持ち直してきた7月に入ってから、改めて自分のこの半年を振り返ってみて。
確かに全然自信を持てないながらも、「できることを一つ一つきちんとやろう」「今目の前にある仕事をこなすのに、自分にできる(状況に対してプラスになる)スキルは全部使っていこう。足りてないスキルは何かを考えて動こう」と、自分の中にある知識やスキルから心構えまで、思った以上に真剣に向き合っていたなと気付きました。
こういう感覚って正直久し振りで(前職で不真面目だったとかではないですよ!念のため)、それはそれでこれからパフで仕事をしていく上で一つ励みにしてもいいのかな、と今は思えています。
併せて、評価面談でちゃんと半年間の振り返りもしてフィードバックもいただいて、自分のパフォーマンスが多からずともパフとしてのパフォーマンスに繋がっていることや、改めて自分の弱点・足りていないことを知れたので、この先も地味に、そして地道に日々励んで行こうと思っています。
「第二の領域」を拡げるためにも!

では、本日はこの辺で。
次は阿久根さんです。

月火水木金「土日」

2018年7月30日 (月曜日)

おおきに!カカこと石上です。パフに入社してまもなく1年5カ月目に突入します。

土日の台風、皆さま大丈夫でしたでしょうか。

今月からパフもいよいよ営業シーズンに突入し、私も一年前よりは営業の流れをつかんできたので、今年はお客様とパフにきっちり貢献できる一年にしたいです。

 

先日、半年に一回行われる「評価面談」がありました。

その中で、自分で感じる一年経った変化は?と聞かれた時、最初に頭に浮かんだことは「休日をきちんと楽しめていること」でした(笑)

一見、ふざけた内容ですが、社会人2年目になり、より充実した生活を過ごせていると感じています。

 

<1年目のとき>

・休日は寝るだけ

・起きても動き気力がない

・平日は時間がつくれず、休日に輪読会の課題図書を読み、レポートを書き続けた

・日曜の夜は次の日起きられなくなるのを怯え、夕方には寝る支度をする

・友達に遊びに誘われても一部お断りし、前週に終わらなかった資料作成や課題を行う

※あくまで私の過ごし方です。

 

<2年目のいま>

・休日も早起き

・気が向いたら夜はランニングをする

・読書の日、アウトドアの日、と自分で決めて過ごせている

・常にだれかと会うことで日曜の夜まできっちりリフレッシュする

・土日に行う仕事に関係のあることはメルマガ執筆くらい

※あくまで私の過ごし方です。

 

いつも上司の吉川さんが「デキる社会人は、きっちり遊び、働く人」とおっしゃいます。

一年目の時は、イマイチその意味が分からず、メリハリのついた生活ができていませんでした。

しかし、二年目になり、仕事の日は仕事、休みの日は「遊ぶ(時に学ぶ)」のスイッチのオンオフができるようになってきました。

そして、その理由は「平日の過ごし方」にあることが分かりました。

 

新入社員の時、輪読会や若手研修で読んだ「七つの習慣」の第三の習慣に「最優先事項を優先する」というものがあります。

筆者は時間の使い方について『時間管理のマトリックス』を描き、その中でも第二の領域(重要度が高く、緊急性の低いもの)の時間をいかに増やすことができるかが重要だといいます。

実は一年前、この『時間管理のマトリックス』を自分の生活に当てはめてみたところ、第二の領域がとても小さく、絶望したことを今でも覚えています。

どうやったら、他の領域を少なくして、第二の領域を広げることができるのか。

頭の片隅に常にそれを置いて過ごすことを意識しました。

そうすると、完璧ではないものの、少しずつ平日の時間が無駄の少ない過ごし方に変わり、その結果、休日は「のびのびと」過ごせるようになりました。

例えば、日報記入を営業の移動中に書いたり、自分のタスクの優先順位を日々書き出して確認したり、来週や来月のスケジュールに何があるかをこまめにチェックして、そのための行動計画を作ったり。

とっても小さいことですが、一年目の私にはできなかったことを少しずつ、克服(?)中です。

ただ、まだまだ少しでも気を抜くと第二の領域が狭くなってしまいます。

今年一年で七つの習慣に従った生き方が自然とできるように日々を過ごしたい!と唱えながら、行動に移そうと意気込む今日この頃です。

 

お次は、第二の領域はなんでしょうか?大門さんです。

コロタマとか中途サイトとか

2018年7月27日 (金曜日)

連日の猛暑からようやく一息ついたと思ったら今度は台風ですか。

穏やかな日というのは本当に少ないですね。
パフも自社の採用で「文化祭の前の日が毎日続く会社」と学生に伝えているそうですが、これがかなりいい得て妙でして。
怒涛の期末を追えて一晩寝たら期初。
穏やかな日がありません。
怒涛の要因の一つが来週実施されるパフ2大大型イベントの一つ
『コロンブスの卵』
https://www.puff.co.jp/seminars/20190802/
パフがご支援したお客様が自ら登壇してその成果を共有するという、きわめてパフらしいイベントです。
他社とは一線を画す実践的な内容になりますので是非ご来場ください。
2019採用は一段落の企業様が多くなってきた今日この頃。
振り返り、ヒアリング、提案書作成と五月雨ではありつつも 2020提案もいよいよラッシュが始まった感じで、そんな中でこのイベントも準備も重なって、と本当に毎日文化祭前日です。
私もB-4で登壇しますので、今、その資料を作る合間にこのブログを書いております。
この怒涛を救ってくれるかもしれない仲間がこの8月から増えます。
なんと私の元同僚。詳しくは入社後ということで今回は予告のみ。
そして、さらに仲間を増やすべく、中途サイトがオープンしました!
https://www.puff.co.jp/carrer/
まだまだコンテンツは少ないですが、順次アップ予定です。
「試職」というパフらしい試みも行っていますので、パフに転職したい人だけでなく、パフにちょっとでも興味のある人は是非覗いてみてください。
さて、今回も告知中心で失礼しました。
コロタマの資料作りに戻ります。
明日は23期をど真ん中で支える予定の石上です。

若手社員との向き合い方

2018年7月26日 (木曜日)

やってきました、第61回かほログ!

咳に苦しんで一か月、なかなか治りませんね…。

人の心配している場合じゃないのかもしれませんが、
お客様からも、「咳が止まらなくて」とか
「夏風邪が社内で流行っていて」というお話を最近よく耳にするので
皆さまお気を付けくださいませ。

―――

さて、先日お客さまとこんな話をしておりました。

近年の新入社員はすごく良い子なのに
入社してその良さを発揮しきれていなく、
型にはまってしまうように思う、なぜだろう?

バリバリ働いてすぐにでも輝きそうな子でも
なにかストッパーがかかっているような感覚だ、と。

すぐにはその答えがわからなかったのですが、
話をしていくうちに、

「正解を求めすぎているのではないか」
「新入社員個々人が思う“社会人としてあるべき姿”に縛られすぎているのではないか」

という話になりました。

「~でなければならない」
「~せねば!」という責任感を大きく抱いているのではないか、と。

たしかにそうかもしれない、と思いました。

実際周りの若手社員を見ていても、それに近しいことはありますし、

先日は、今年から社会人となった妹から
「有休は新入社員が入社後すぐの夏にとってもよいものなのか」
「何を理由に取ったらいいのか」
といったお悩みLINEメッセージがひたすら飛んできました。

もっと自由でいいのに、
もっと思ったことをそのまま発言したり行動したりしてもいいのに、
もっとたくさん失敗したっていいのに、
と私は思ってしまうんですが、きっとそれは私の世代の話であって、

彼らには彼らの育ってきた環境が影響しているんだろうなと思います。

(そんなことを言いながら、私にもどこかその節はあるのではないかと
ふと思います。)

いつかもブログに書きましたが、

・目の前に大量の口コミがある時代
・ググれば答えが出てくる時代
・マニュアルが備わっている時代

なので、意識してそうなっているというよりも、
それが自然に備わっているのかと。

 

となると、何かしら、組織の仕組みや研修、交流の中で

「正解が必ずしもあるとは限らない」
「自由な発想が許される」
「上司も実は過去にさんざんしくじってきた」

といったような情報を得られるとよいのでは、と思いました。

同じ「若手社員」、「就活生」であっても
やはり一年ごとにその志向、傾向は変わっていくのだな、と感じます。

その変化を毎年キャッチアップしていこうと改めて思いました。

―――
お次は大岡さんです!

変わるには変われる力を

2018年7月25日 (水曜日)

おはようございます!牧野です。

連日暑い日が続きますね。今日は少し落ち着きましたが。

夏の東京の暑さには慣れているつもりで、服装対策もしていましたが、

昨日は少し頭痛がして、普段は食べない甘いもの(特に果物)が食べたくなり、

みんなに聞いてみたらどうやら熱中症気味のようです。

外出がそれほど多くなくても注意ですね。

(日本の夏のビジネススタイルは、スーツをやめて男女ともワンピース仕様にしたらどうかと思っています。)

さて清水さんからありがたいバトンを頂きましたが、

成長出来ているかの評価はいったん脇に置いて、

変化に関しては、変化の多い環境に身を置いていたからか、

変化を好む傾向があるようです。

性格適正検査ではいつも「変化を好む傾向寄り」に出ていましたが、

長らくそれはその時に身を置く周囲の環境の影響だと思っていました。

しかし、最近ようやく「自分は本当に変化が好き(=無いとつまらない)」のだと自覚があります。

まとめられるものはなるべくまとめたいので、

仕事ですべてを叶えられると良いのですが、

それでは不足を感じると、仕事以外にも触手を伸ばして探しているようです。

野生のヤギが塩を求めて崖を歩いているみたいですね。(そんな危ないことはまだしていませんが)

それが成長に繋がっているといいですが、

変化しているかと問われれば、変化しています。

一方で変わらない部分も沢山あり(ライフイベントが少ないのが多分にある)ます。

久しぶりに会う人には、良くも悪くも「前会った時と変わらない懐かしい人」です。

大事なのは、以前と違う環境に遭遇したり、

変わることを求められたときに

変われるかの力だと思います。

これはどこに身を置いても役に立ちます。

もちろんパフ(とそれに関わっている皆様)にはとても大事です。

当たり前のことを今さら言ってますが、

私はブーブー文句を言いながら「変わる派」です。

これって「ホモサピエンスの進化の一部を担っているよね」くらいのことをココロの中では思っています。

明日は、咳はやく治るといいね。横山さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長し続けるには?

2018年7月24日 (火曜日)

こんにちは!清水です。
お子さんの成長って本当に早いですよね。
SNSを久しぶりに開くと、別人のように大きくなっていて
いつも驚かされます(笑)。

さて、先週金曜日、2016年度の100×10修了生数名とお食事する機会がありました。
彼らに最後に会ったのは今年の3月末。
「来週から社会人…不安です…。」
なんて話をしていましたが、あれから約4か月。
前回会ったときとはすっかり顔つきが変わって、立派な社会人になっていました。
自社の社員ではないので、能力が向上したか、ということは分かりません。
でも彼らの中の「目には見えない何か」が確かに変化・成長していて、
それが目に見える形、例えば顔つきとなってあらわれているのだと思います。

「仕事どう?」と聞いてみると、
「楽しく働いています!」という人もいれば、
「実は、いますごくツラいんです…。」という人も。
当たり前ですが、同じ入社4ヵ月でも経験したことはそれぞれ違って、
その感じ方や受け取り方もそれぞれだと、実感しました。
他社の新入社員の本音を聞くのって、
採用や教育に携わる人にとって貴重かつ重要な機会ですね。
私もそうだったなーと、みんなのリアルな話を聞いていて
なんだか感慨深くなりました(笑)。

と同時に、自分自身についても
日々変化・成長できているのかな、と考えてしまいました。

勉強やスポーツなどと同様、ある程度の年月経験すると
基本的な仕事が出来るようになり、成長実感は薄れていくと思います。
それ自体が悪いことだとは思いませんが、実感がない中で
努力し続けるのって、結構難しいことです。

色んなやり方があると思いますが、私の場合、
まずは自ら「どんな変化・成長をしたいか」考え、プロセスを練っています。
試行錯誤中でうまくいかないことばかりですが(笑)、
新入社員に負けないくらい、自分で成長が実感できるくらい、やり切ろうと思います!

お次は、キャリア・成長のプロ、牧野さんです^^

パパ嫌期の心理

2018年7月23日 (月曜日)

こんにちは、半袖コバやんです@
営業職の方はお客様先に出向くことが多いですし
「身だしなみ」として長袖スーツの着用をされてますね。
私は社内にいることがほとんどなので
遠慮なく半袖ワイシャツにさせてもらっています。
 
私も田代さんと同じく長袖ワイシャツを折ったり腕まくりしたりが
かなり嫌いなので、夏の半袖Y文化にはかなり助けられています。
 
さて、このところ他の皆さんが自分のことをブログに書いているようなので
私も今回は横道に逸れて、徒然と書いてみました@
 
 

 
子どもは「2、3歳が一番かわいい」なんて言わていますが
ころころ動き回る、自分の興味のあることを際限なく喋りまくる、
なるほど、確かにこれはかわいいな、と日々飽きずにうちの息子を眺めています。
 
そんな息子も性格がだいぶはっきりしてきたので
親バカながら、ちょっとまとめてみました。
 
 
・まわりにやさしい
 独り占めせず、必ず親や先生や友達となんでも分け合う。
 「どうぞ」もちゃんとできてえらい。
 
・お調子者
 突然コミカルに踊りだしたり、オーバーリアクションだったり。
 顔ハメ看板で写真を撮ってもらうのが大好き。
 
・食い意地が張っている
 とにかく食べること大好き。
 人の食べているものには興味津々。
 生クリームが大好物。
 
・人前ではちょっと控えめ
 挨拶はちゃんとできるけど声ちっちゃい。
 子供が集まっているとこに突っ込めない。
 
・かなりビビリ
 40cmくらいの高さからジャンプできない。
 でも遊具やアスレチックは好き。
 (なので登るだけ登って助けを求めてくる)
 
・嫌なことには返事もしない
 自分がしたくないことには徹底的に無視を貫く。
 「お返事は?」と言われてようやくもごもご返事
 
 
こうしてみるとすっかり一人前のちびっこですね。
「三つ子の魂百まで」何位て言われていますから
もしかしたら食い意地は一生ものかもしれません(笑)
 
 
さて、そんな息子もただいま絶賛「パパ嫌(いや)期」に突入しました。
とにかく何をするにも「お母さん(ママ)がいい!」の一点張り。
拒否されまくるお父さんの身としては切ないものです。
 
どうせ拒否されるなら、と「パパ嫌期」がどんなものか調べてみたところ
子どもの心の中で起きているこんな動きが原因だったようです。
 
1)子どもの自我が発達して「自分のもの」意識が強くなる
2)自分の大好きなものを独占したい
3)大好きなもの筆頭=ママ
4)「(パパより)ママがいい!」⇒ パパ嫌期突入!
 
なるほどー。
パパは嫌われているわけではなく
ママの優先度がかなり高くなっていることが理由なんですね。
 
試しに「お風呂はお母さんと入る!」とごねていた息子に
息子の大好きなキャラになりきって一緒にお風呂入ろうと誘ってみると
あっさりお風呂に入ってくれました(笑)
パパ嫌期の抜け道見つけたり!
 
ただ、3歳を過ぎても「パパ嫌期」が続くときは
本当にパパの何かが嫌(すぐ怒るから嫌、タバコの臭いが嫌など)らしいので
そこは気を付けなければですね。
(嫌な点が改善されれば、これもなくなるそうですよ)
 
子どもの心の中はまさに宇宙ですねー。
 
 

 
それではでは、コバやんのひとりごと、今日はこのへんで。
お次は清水さん、よろしくお願いしまーす!

クールビズでは甘い!

2018年7月20日 (金曜日)

さすが、田代さん!夏が大嫌いな岩崎です。
雪国生まれなこともあるのか、寒さへの耐性はあるのですが、暑さはまるでダメ。
高校生の時は夏バテして毎日そうめんしか食べられなかった記憶があります。
早く秋になってくれー!!と願ってやまない日々です。

 

田代さんが半袖シャツを買ったのは初耳でした。
うちの旦那もいまだ頑なに長袖シャツを着ているので、そろそろ半袖にしなよ、
と言いたいと思います。

 

この暑さの中、男性はスーツを着て革靴履いて。
女性は化粧してストッキングを履いて。
こういうのって日本人気質って言うのでしょうかね?
真面目なんだか、何なんだか…。

 

熱帯や亜熱帯では、こんな恰好で働いている人いないですよね?
(私はそのような地域に行ったことないので、妄想ですが…)
『クールビズ』とか生ぬるいこと言ってないで、
もうみんなTシャツと麻のパンツにサンダルでいいんじゃないの?と思います。

 

だって、仕事ができるかどうかと服装ってまったく関係ないですよね。
信頼関係があれば、その人がどんな服装をしていてもいいと思うのです。

 

私の中で、『心地良く働く』ってものすごく重要なポイントなので、
酷暑のせいにして、明日からも好き勝手な恰好で出社したいと思います(笑)

特に内容のない話で失礼いたしました。

 

お次は何年も前から半袖シャツを愛用している小林さんです。

半袖ワイシャツ

2018年7月19日 (木曜日)

おはようございます。田代です。

猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は中年おっさんである私のどーでもいい戯言(たわごと)を記載します。

※注意
このブログを御覧になる多忙なビジネスパーソンの皆様。
これ以上、読まないでください。暇で暇で仕方のない方のみ閲覧してください。

◆私が半袖ワイシャツを着てこなかった理由

どうでもいい話。

つい先日、社会人になって初めて「半袖ワイシャツ」を買いました。

これは私のポリシーなのですが、
どんなに暑くても、1年中、長袖ワイシャツを着ていましたし、
暑さに隙さえあれば、ネクタイをして過ごしていました。

私が半袖ワイシャツを着てこなかった理由。

【1】はっきり言ってダサい

おじさんの象徴ともとれる半袖ワイシャツ。
これは巷(ちまた)の調査結果や独自のヒアリングから分析したのですが、
正直ダサいというデータが出ていますし、実際私もそう思っていました。

【2】人によっては中学生に見える

私が半袖ワイシャツを最後に着たのは…
思い返すと、中3の夏の終わり、15の夜でした。

若手ビジネスパーソンが、何も考えずに無地の半袖ワイシャツを着ると
中学生に見える可能性もあり、注意が必要です。
スタイリッシュに着こなす難易度が非常に高いということです。

【3】やっぱり、女子にモテたい

あるメディアで、女子は、男性が長袖を腕まくりしていると
「かっこよく見える」という都市伝説があり、私は馬鹿正直に信じていました。
そりゃ、パリッとスーツにネクタイを着こなしていれば、かっこいいですものね。

以上の理由によって、私は半袖ワイシャツを強く拒んでいました。

◆入社して14年間、拘泥した「俺のポリシー」を捨てた日

では、なぜ、私が半袖ワイシャツを着るようになったのでしょうか。

【1】おっさんであるという自覚を持つようにした

現在の私のビジネスフィールドは、学生の就職支援です。
年中、学生と対話しているので、気持ちは若いと思っていますし、
アイドルと同じ永遠の18歳のつもりでいます。

でも、もう、はっきり言って、おっさんです。

おっさんの汗は、ベタベタ、テカテカ、加齢臭。
長袖ワイシャツを腕まくりしてもカッコよくありません。
お客様にも社内にも迷惑をかけます。

誰かに「止めてほしい」と言われたわけでもありませんが、
年を重ねる人ほど、周囲は指摘しづらいと自覚すべきで、
自分のポリシーを疑うようにしました。

穿ったポリシーを曲げずに、
周りに迷惑をかける頑固おやじになりたくないと思いました。

あとは、新入社員の男子・石河君のピチピチ感に耐えきれず、もう引退すべきかなと。

【2】異常気象とも言える猛暑に耐えられなくなった

今年の夏は暑い。
自宅から最寄り駅までの約13分のウォーキング。
歩くだけで汗だく、つゆだく、並一丁。会社に着くまでに、汗が止まりません。

今後の世界を俯瞰すると、これから先、夏が涼しくなることはないでしょう。
異常気象と向き合わなければいけないと決意したので、
いつまでも、長袖ワイシャツでいる場合じゃないと思ったんですね。

朝からクダラナイ文章を失礼しました。
プロフェッショナル・仕事の流儀的に言えば「こだわりを疑い、ルールは変える」

以上、今日も汗かき、べそかき、一日乗り切りましょう。
続きまして、夏は嫌いそうに見える岩崎さんです。

皆さん、こんにちは。
昨日のあゆさんのブログがあまりに脱力で、タイトルをまねてみました。

たまには脱力いいですよね苦笑。

・・・

さてさて、昨日は海の日でしたね。

私は、海が大好きです。
暑くて日焼けしたくなくて、海水浴には行きませんが、
海を眺めるのが大好きです。

今年は行けなかったのですが、海の日のイベントに行ったりもします。

旅行では、海か湖か川の近くをリクエストし、
乗り物好きでもある私―遊覧船や水上バスがあったら必ずコースに入れてもらうようにします。

なぜ、こんなに海が好きなのか、自分でもよくわからない自分がいました。
地平線を眺めていると落ち着く。波の変化は多種多様で飽きない。
自然を感じることができるなど、思いつくものはありますが。

先日のNHKスペシャルで、
私たちの祖先ホモサピエンスは東南アジアから、海を渡って日本にやってきた。
それは、私たち先祖が持つ「好奇心」からだったのだろう、と言っていました。

なるほど。海の向こうへの好奇心なのね。

海の向こうに行ってみたい。

ずっと心の底で思っていたのだな。

と。

そんな私、海外になかなか行けません。

言葉のハードルがあるから。

でも、語学力がなくてその好奇心に蓋を閉めてしまうのはもったいない。

長期休暇で海外に行くのはとうぶん先になってしまいそうだけど。

2020に向けて、まずは英語力アップ。

海辺でリスニングなんて素敵かも。週末、お台場へいっちゃおうかな。

暑いけど、せっかくの夏。

気持ちのよい過ごし方を考えて、乗り越えましょう!

 

・・・

 

さて明日は、暑くてもいつもスーツ・ネクタイでびしっとしているタシロさんです。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com