パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

採用ホームページ開設のメリット

2014年10月27日 (月曜日)

 こんにちは。パフの田代です。

 本日は「採用ホームページ」をテーマにコラムを執筆します。

 ————————————————————-

 2016年採用は、採用活動の解禁日が例年の12月から3月に変更されると
 いうこともあり、人事採用ご担当者様は既存のやり方をあらゆる角度か
 らチューニングしなければならないのが実情です。

 中でも話に挙がるのが、採用ホームページです。私が採用現場で感じて
 いるのは、採用ホームページの解禁日は大きく3つに分かれそうです。
 一番早くて秋(10月頃)、次のタイミングは年末年始(12~1月)、最
 も遅くて採用活動の解禁日(3月)です。各企業様の用途によって採用
 ホームページの解禁日も変わりそうですね。要注目です。

 そこで本日は、採用ホームページを開設するメリットと注意点を記載し
 てみたいと思います。

 ————————————————–
 ■採用ホームページを開設するメリット
 ————————————————–

 まずメリットからまとめます。大きく3つ。

 【1】学生は、移動中に企業を調べている
 
 学生のコミュニケーション手段はここ数年で大きく変わりました。スマ
 ートフォンの普及によって就職活動の情報収集も“スマホ”が中心とな
 っています。故に、企業の採用ホームページも、以前の“ガラケー”が
 スタンダードだった時代に比べ、学生は見る機会が増えています。企業
 の履歴書として、会社説明会や面接の前にチェックしているようです。

 【2】採用ホームページは、情報量の制約がない

 採用パンフレットなどの紙媒体のように、ページ数や文字量の制約がな
 いのがWEBの特徴。情報量を自社でコントロールできる極めて自由度
 が高いのがメリットです。もちろん多ければ良いというわけではありま
 せんので、ボリュームは気に掛ける必要があります。

 【3】更新頻度を上げるとファンも増える

 WEBは情報の更新が非常にしやすいですよね。適時更新していくこと
 で、学生の興味喚起を促すことができます。企業様によっては秋から採
 用広報をするケースもあり非常に広報期間が長くなります。採用ホーム
 ページを通じて学生に段階的に情報を出していくのが良いでしょう。

 
 というように、採用ホームページを開設するメリットは多数あります。
 ぜひ皆様も自社に合った活用方法をご検討してみてください。
 
 次回のコラムは、採用ホームページ続編。
 ホームページ開設の注意点をお伝えします。

相手を理解すること

2014年10月14日 (火曜日)

    こんにちは。パフの田代です。

 本日は「相手を理解すること」をテーマにコラムを執筆します。

 ————————————————————-

 突然ですが、質問です。

 下記の言葉のうち、意味を説明できるものは何個ありますでしょうか。

 □ 神7
 □ ディスる
 □ 美ジョガー
 □ モノノフ
 □ 国防男子
  □ ダテマスク
 □ タモロス

 なんじゃこりゃ…という方も多いかと思います。

 これは数多くある「若者の流行り言葉」から取り上げた一部。(詳細はイ
 ンターネットで調べて頂ければすぐヒットします!)人事採用担当の皆
 様は、日頃から新卒採用で学生と対峙しますが、要するに学生は日常的に
 このような言葉を口にしていると言うのです。

 採用業務において、自社の会社説明など人前でプレゼンテーションをする
 機会は非常に多いと思います。私もセミナーの運営で学生の前に立ちます。
 幾つか気にかけていることのうち、意識的に勉強しているのが「相手の立
 場を理解する」ことです。

 ◆◆◆

 プレゼンテーションは「話の分かりやすさ」や「記憶に残すこと」が大事
 だと言われています。「話の分かりやすさ」は論点をはっきりさせること
 や誰でも理解できる平易な言葉を活用するなどで対応できますが「記憶に
 残すこと」を意識的に行う場合、相手の気持ちに寄り添うことが重要にな
 ります。つまり、聞き手の置かれている生活環境やバックボーンを熟知し
 ておく必要があります。
 
 冒頭の「若者の流行り言葉」はリアルタイムを理解する上での一つの例え
 ですが、学生の生まれ育ったバックボーンを知ることも、これまた重要。
 彼らが生まれた時の「経済環境は?」「学校教育は?」「対人コミュニケ
 ーションの手段は?」など知っておくべき時代背景は沢山あります。

 リクルーター制を取り入れる企業が例年以上に増えている昨今。自社の魅
 力を伝えることも大切ですが、聞き手である学生のことをよく理解するこ
 とも共感度の高いコミュニケーションを取る上では必要不可欠なのです。

 ある企業の人事責任者様。

 毎年学生を惹きつける秘密を探りたくお話をしていましたが、コミュニケ
 ーションを取って3分。聞かなくても分かりました。

 「〇〇〇というドラマを知っているか?かくかくしかじか…」
 「アイドルの〇〇が人気の理由を知っているか?かくかくしかじか…」
 
 
 じぇじぇじぇ!まだまだ私も不勉強。脱帽でした。

 (そもそも、じぇじぇじぇは古いよな…苦)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com