パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

どーも、こんにちは!ハム石河です。
このところ時間の進み具合が早いです。ものすごく早いです。きづけば入社して1か月が経とうとしています。
世の中的にはいよいよ大型連休という雰囲気が漂っている感じがします。
GWの予定など既にきまっているかたもおおいのではないでしょうか。

さて、今回は本題はいる前に【バエる】ということについて書いてみたいと思います。
【バエる】と聞くとなじみが薄いかもしれません。【インスタ映え】ときくと、「なんか聞き覚えがあるなぁ」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そうです。実は、昨年の流行語大賞に選ばれた言葉なのです。

———————————————————————————–

【インスタ映え】とは・・・

①インスタグラムというSNSサイトに投稿した写真や動画が、際立って鮮やかに見えること。
②また、それに向いている被写体・素材であること。

———————————————————————————–

休みの日となると、このインスタグラムがなかなかのものでして。たくさんのユーザーがバエってる写真を
投稿しまくりプライベートを切り売りするわけです。
少し悪意がありそうな記述になってしまいましたが、インスタグラムを蔑もうなんて想いは微塵もありません。
ただ、この【バエってる写真】を撮ろうとする心理に、一言申したいと思っています。

そもそもなぜ【バエってる写真】を撮りたがるのか。それは「いいね」がほしい、いいようにみられたいなどの
心理が働こうとしているためなのかなと思います。
そのため、撮った写真にフィルターをかけて際立って鮮やかに見えせるように加工したり、
あるいは、角度を変えて被写体を撮ってみたり、撮り手は様々な施策を駆使して頑張るわけです。
この【バエってる写真】をアップさせるための、この努力を想像してしまうと僕は虚しいように感じてしまいます。
あるいは【バエる被写体】を、小さな一枚の写真におさめようとするの、同じように感じます。

ここまでインスタ映えについて書いてきましたが、似たようなことが採用活動にもいえるのではないでしょうか。

ほとんど多くの学生が、内定ほしさに自分を飾り過去を盛りいいようにみせようと面接に挑んできます。
この【バエてる】状態って一見するとかっこよくも見えますが、その人らしさが伝わってこなかったり
あるいは、一瞬の場面を映す写真とは違って、面接を通してぼろが出てきてしまったり。
結果的に、すごくかっこ悪い感じになってしまう。

多くの人事の方々にとっては見抜けてはいることだろうと思います。
ただ見抜けてしまっているからこそ、面接で厳しく追及したりしていないでしょうか。

学生だった立場からすると、それがものすごくつらいことでして、どんなに志望度が高くても
その1回の面接で志望度がガタ落ちするっていうのも珍しいはなしではありません。

面接官が学生をみているのと同じように、学生も面接官を見ています。
面接官が学生の発言を通してその人となりを見ているように、学生も面接官の言動を通してその会社そのものを見ています。
選別する見極める面接から、魅力を持ってもらい育む面接という側面も面接には必要があるのではないでしょうか。

学生の就活間、ひいては価値観がどんなものなのかを知らずしてはなかなかこの育む面接というのは難しいように感じます。
何が響いて何が響かないのか。

職サークルという取り組みをパフではやっています。
学生と企業とが同じ目線で採用と就職にむきあっていく。

今ちまたでは採用成功には就活前倒しが声高になっていますが、この心理としては、もちろん
早めに始めたほうが企業認知にもつながるからだという側面はあるとは思います。
ただ、それだけではなくで、早くから学生との接点を持つことで、何でどうして学生がそんな考えをもっているのか
「学生の就活観」にむきあっているからという側面もあるのではと感じます。

学生の本音の視点なき採用計画は、どんなにスマートなものであっても「いいね」(=内定承諾)にはつながらない
のかもしれません。

今日はここまでです!

お次は、吉川さんです!

はっきりもっと勇敢になって

2018年4月26日 (木曜日)

おはようございます。阿久根です。

入社して3週間、元々早起き体質だった私は6時起きの生活サイクルにも慣れてきて、大学生の頃と比較出来ないくらい健康的な一日のはじまりを迎えつつ出社しています!(笑)

早起きは良い事ばかりですね。
電車もそれほど混雑していませんし、何より気持ちに余裕が生まれます。

「今日はどんな一日になるだろう?」と期待に思いを膨らませながら朝の時間を過ごしている、今日この頃です。

パフに入社し、新卒採用の世界に身を置き始めた事で、改めて私自身の就職活動で起きた出来事や感じていた思いの棚おろしをする必要があると感じています。

思い返すと、就職活動を通してしばしば感じていたのは
「どうしよう、変な事言っちゃったかな。」「あの態度は誤解を招いてしまったかもしれない。」などという強烈な不安の感情でした。

現在就職活動をしている大学の後輩からも、同じような内容の相談を数多く受けます。

おそらく採用担当の方を「裁判官」のように見ていたのだと思います。

言動や行動の一つひとつを正解/不正解で評価し、最終的に無罪判決(=選考合格や内定)を下すイメージ といったところでしょうか。

もちろん、今なら分かりますが、言動や行動に「正解」などありませんでした。

しかし昨年の私は、目の前の結果に一喜一憂する慌ただしい毎日のなか、どういう基準で合否を決めているのか採用担当者の方に直接問いかける勇気もなく、狭い視点から「どうしよう、どうしよう」とひとり彷徨っていた覚えがあります。

不安な気持ちが大きかったからこそ、一過性の評価に振り回されてしまったのだとも思います。

石河くんの投稿にもありましたが、
入社直後よりお客様の会社での選考会の受付業務で、面接を客観的に見させて頂く機会を頂戴しています。

その際、面接の場にいらしたのは
学生を裁く事をせず、チームメイト探しに奔走する採用担当者の方々でした。

どのような学生に対しても真摯に向き合い、一言ひとことに耳を傾けて、その人の「本当の姿」を見つけようとされていたのです。

一つだけの正解を求めているのではなく、学生自身の「本当の姿」と会社の「本当の姿」がマッチするか。その確認作業として面接が存在するという事に、このお仕事を通してはじめて理解しました。

私たちは、もしかすると「評価される」という事を前提として行動し過ぎているのかもしれません。

それは上の世代の方々と比べて核家族化が進み、家族以外のオトナとの交流が少なくなったからか、想像ばかりが膨らみ、「社会人って、よく知らないけど力を持っている人」と過剰に思い込んでしまう事が理由の一つとして挙げられるかもしれません。

内申点を上げる為に、学級委員の活動に積極的になる中学生もそのような思い込みの結果としての行動といえそうです。(それが悪いとは思っていません!!)

正解を想像して「模範解答」ばかりを選んでいくのは、とっても楽だと思います。
まず嫌われる事はないですし、同じものを選ぶ人が沢山いるから安心出来る。

しかし、たった一社・たった一人を選び合うとなった時には
「模範解答」を提示するだけでは通用しないと思うんです。

辿り着く為には「自分でなければならない理由」つまり、素直な自分を見せる必要があると、私は思います。
純粋な思いだけが、心を動かすとも。

心地よくコミュニケーションする為の最低限のマナーはとっっっても大事です。
しかしそれを踏まえた上であれば、自分を出す事は全く問題じゃない。

どのような評価になるかを恐れて無難を選ぶのではなく、自分自身を表現するという勇気を、ほんの少しでも就活生が持ってくれたら良いなと思います。

自分だけしか語れない物語がある。
それは、例え他の人と全く同じリクルートスーツを着ていても
例え全く同じ髪型をしていても
決して埋もれる事はない最高の武器になる。と私は信じています。

お次は石河くんです!

こんにちは。
オフィス移転が目前に迫りくる中、僅かばかりの変化は見られるもののほとんどがそのままのオフィスでお仕事をしております。大門です。
自分の荷物はすぐに荷造りできると思いますが(ほとんどないので)、オフィス全体では期日までに果たして間に合うのか!?と密かにドキドキしています。

(と書いたあと、にわかにオフィス内が引っ越しモードになり、あちこちに段ボールが積まれはじめました)

 

さて先日、日帰りで新潟に行ってきました。
目的は、私が好きな「歌って踊るもの」のひとつ、女性アイドルさんグループのライブ。
立ち上げ時からキャプテンとして活躍されていた方の卒業ライブでした。

以前より仲良くしていただいている友達と一緒にライブを楽しんだ(そして大泣きした)のですが、ライブ終わりでお茶をしていた時にふと友達が
「ちゃんと卒業するって大事なことなんだね」
と、ぽつりと言いました。
卒業ライブをすることで、本人も、周りのメンバーも、そしてファンも、今までの時間が終わることとこの先へ進むことへの「心の準備」ができる、と。
それって実はとても大事なことだったんだね、と、初めて女性アイドルさんのライブを観た友達の目にはそう映ったようでした。
女性アイドルさんの卒業はいつかみんな順番が来る当たり前のこと、と思って見ていた私も、言われてみれば確かにそうだなあ…と思いながら帰りの新幹線でライブでの皆さんの姿を思い出していました。

そして、昨日の石上さんの「決意表明」のブログ読んで、何となくその話を思い出しまして。
「心の準備」をすることはなにも卒業する時だけではなく、新しい世界に飛び込む時にも必要で、両方を考えた時に「節目節目をきちんとすることは大事なんだな」とこの歳になって改めて感じています。
節目節目でちゃんと区切りをつけること。その上で次へ進むための「心の準備」をすること。
ともすれば何となく流れていってしまいがちな社会人としての時間ですが、形は違えども近い時間で2つの覚悟や心の準備を目の当たりにして、私自身も少し節目を大切にしていけたらな…と思いを新たにしています。

 

そういえば少し前ですが、石上さんと阿久根さんが「大学の卒業式の衣装」の話をしていました。
お互いのお着物の話をしていたような。
無邪気で可愛いなあ…とこっそり聞いていた私ですが、自分は大学の卒業式に深くスリットの入ったロングチャイニーズドレスにふわっふわのロングファーを纏って参加していたので、ちっとも可愛い話には混ざれないな…と思った話を付記しつつ。
次はブログ登場2回目の阿久根さんです。
(いましたよね?一人くらいチャイニーズドレスで卒業式に参加する人!)

私が決意表明を言葉にした日

2018年4月24日 (火曜日)

おおきに!カカこと石上です。入社して1年が過ぎ、まもなく1年2ヶ月目となります。

昨日の大岡さんのブログにもありました通り、先週、最終選考合格者の一人から口頭ではありますが、「パフにします!」という言葉をいただきました!(嬉)
とにもかくにも、嬉しいです!!!!!!!!!!!!!!
これもひとえに、みんなで採用の力だと思います。改めて社内外に紹介&御礼をしたいです。

パフでは、最終選考通過者には「内定」と言わず、「合格」と伝えています。
なぜなら、「自分に自分で内定出し」をしてほしいから。覚悟を持ってほしいから。

二年前、私は自分に自分で内定出しをし、パフの全社員の前で決意表明書を読み上げたのですが、探してみました。
そう、決意表明書です。少しばかり長いですが。


3か月前、3月2日に株式会社パフから合格通知をいただき、この度、私・石上夏花は自分自身に内定、入社する決意を致しました。
この道のりは決して楽ではなく、かなり遠回りでしたが、かけがえのない出会いと納得のいく就職活動を経験することができました。
なにより、就職活動をとても楽しみながら頑張ることができたのは、株式会社パフと最初に出会ったからだと思います。

昨年末に、初めて知り、新卒採用ページを拝見した時には、なぜかベッドの中で涙を流したことは忘れません。
初めての就職活動で初めに知った会社が、こんなにも小さく、しかし、こんなにも愛と夢に溢れている。就職活動へのイメージがガラッと変わりました。
そして私にとって初めての「合格」をいただいたのもパフ。
いろんな遠回りをしましたが、一番本気で向き合い、社員の方々の志を感じ、私の初めてをすべて奪っていった会社ですので、入社、つまり結婚を決めました。
改めて、合格をいただき本当にありがとうございます。

就職活動中に他社の選考で、「働く上で大切にしたいと考えている価値観の上位3つ」を記入せよ、という問いがありました。

私にとっての1位は、「相手への思いやり」です。
お客様に対してだけでなく、社員をはじめとしたあらゆる相手への思いやりを持って働くこと、つまり「圧倒的当事者意識」を1番大切にしたいです。
なぜなら、私にとって人間関係は最も大切な財産であり、働く上でのモチベーションに非常に影響するからです。

そして2つ目は、「自分なりに考え、行動すること」です。私は、仕事は自分で作るものだと思うので、自分なりに考え、行動することを大切に働きたいです。
会社という組織である以上、ルールが存在し、それを守らなければいけないことがあり、働き始めて仕事に慣れるまではある程度型にはまって動くこともあります。
しかしながら、価値を創造するには、「挑戦」と「革新」が必要だと考えます。
そして、この「挑戦」と「革新」のために私ができることは「自分なりに考え、行動すること」なので大切にして働きたいと思います。

そして、3つ目は、「仕事を楽しむ姿勢」です。
地道な仕事や体力や精神力を使う仕事は、自身の考え方次第で取り組む姿勢が変わると思います。
仕事を楽しもうと心掛けることは、やる気やパフォーマンスがあがります。
私は、社会には楽な仕事はなく、精神的・体力的に厳しい仕事と関わることは必ずあると思いますし、だからこそ、やり遂げたときの達成感や充実感はひとしおです。
楽しもうとすることが、働くことの原動力になるのだと思い、これからも「前向き=楽しむ」の考え方で取り組みたいと思っています。

一人ひとりの幸せを追求するために「顔」の見える、そして「心」の見える採用の社会のために学び、頼られ、創ることのできるパフ社員になりたいと思います。
まだまだ未熟者な私ですが、先輩方のお力添え、お叱りを頂きながら、いち社会人として早く認めて頂けるよう、精進いたしたいと思います。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年7月5日 株式会社パフにて

石上 夏花


 

ああ、懐かしいです。
「働く上で大切にしたいと考えている価値観の上位3つ」。2年経った今でも、3つの項目は変わりません。

きっと覚悟を決めて入社したからでしょうか。

 

入社して一年が経った今。

次は、私が覚悟を持って、入社を受け入れる側だと感じています。

 

と、いうわけで、お次は大門さんです!

やってみなはれ。

2018年4月23日 (月曜日)

新人が二人入ってブログ当番のペースも落ちるかと期待していたら、平原がお休みに入ったので大して変わらんことに気がつきました。
早くも次の新人が入って来ることを心待ちにしている大岡です。
中途もあるしね。

というわけでパフの2019新卒採用もいよいよ大詰め。

採用は営業と同じだ。もしくは採用は恋愛と似ているなどという言葉をよく聞きますし、自分でもお客様に何度も口にして来ましたが、クロージングが一番難しいという点が全てにおいて何より似ているなと感じております。
ありがたいことにパフ採用においては内定承諾のお知らせも入ってきておりますが、合格者に向けて意思決定を促す際に、押すべきか引くべきか?押すとしてタイミングは今かもう少し先か?などとヤキモキする経験をしました。
私が担当している合格者は限られているので全員見ている石上はさぞかしお疲れのことでしょう。
ヤキモキするからこそ「行きます!」の一言が何より嬉しいわけですが。
また、面接においては見極めと動機付けのバランスが大事だということはよくわかっているつもりなのですが、これがやってみると全然出来ない。
私は最終の社長面接(面談?)前の3次面接に入らせてもらうことが多いので、パフの面白選考からは少し外れて結構がっつり学生にヒアリングをする係です。
感覚的に⚪︎×をつけることは簡単なのですが、パフ採用においては合格者にも不合格者にもフィードバックをすることになっているので、早々にウチには合わないと思った学生にも何故合わないのかをちゃんと伝えるための情報収集が続きます。
また、採用という点では繋がらなかった学生ともパフを受けてくれた縁を大事にしたいので違った意味での動機付けは必要なのです。
結局面談時間は見極めタイム、動機付けは最後の質問タイムで、と言うのが自身が今出来るパターンということになりましたが、個人としてレベルアップせねばならんことはまだまだたくさんあるなぁと感じた次第です。
何事も言うとやるとでは大違い。
採用担当者の苦労を少しですが肌で感じました。
パフが全員採用を実施する理由もこの辺にあるのだなと思います。
ちなみに動機付けは複数社員で臨むのがいいなと感じました。
社員同士のやりとりから自然と雰囲気が伝わるのも大きいですが、例えば質問に対して
「うちはこうだよ。」
で終わるのではなく
「うちはこうだよ。ねえ、石上」「ですね。」
のやりとりが個人の思い込みではなく、複数意見としてとても説得力を増すからです。
明日はこの採用活動を通して、きっと営業力も恋愛力も大きくアップしているはずの石上です。

「成長」の機会

2018年4月20日 (金曜日)

やってきました、第56回かほログ!

先日、入社後新入社員の二人の「社内改善会議」にカカさんと一緒に参加してきました。

二人は今、営業としての活動とは別に、研修の一環として社内の改善に取り組んでいます。

入社して丸三年経った私からすると「当たり前」となってきていることが、果たして本来のあるべき姿なのか、もっと良くするにはどうしたら良いのかという議論が繰り広げられています。

私も同じ道を通っているはずなのに、新鮮な意見が多く、面白いです。そして学ばせられることもあります。

後輩三人の意見を聞いていると、「こんなことあったなー」と思うこともあれば、「こんなこと考えたっけ?」と思うこともあるのです。

それが新鮮なわけなのですが、ふと気づいたのです。

私は筋が通ってないことには(嫌いなので)敏感なのですが、それ以外のことには鈍感であるということ。

「ああ、そういう感じね、オッケー!」と余り疑わずにその文化を受け入れてしまいます。

そんな性格なので、意識しないとその日常の課題が見えてこないのかもしれません。

というのは私の個人的な反省ですが、同時に、どういった環境で若者は「成長」するんだろうかと考えていました。

今回の「社内改善会議」のように、当たり前を当たり前で済ませずに、目を向け、考え抜き、行動することは「成長」にとってとても良いことだと思います。

山のような情報にあふれ、あらゆることのマニュアルが整っている現代ではなかなか、改めて考えるということが少なくなってきているかと思います。

さらにルールが過剰にあると、考え方・行動も決まってしまい、機械的になってしまいます。

最低限のルールがありながら、常にその上を考え、工夫を凝らしていくような組織こそが、個人としても、組織としても「成長」していくのではないかと考えます。

―――

お次は、大岡さんです!

スマホの呪縛から逃れてみる

2018年4月19日 (木曜日)

おはようございます。牧野です。
今年の春は、寒暖の差が激しく
昨日はクリーニングに出そうと思っていたコートをまた着ました。
皆さんも意識せずとも、
心身ともに外側から内側から刺激を受けているので
体調を崩されませんようにお気を付けください。

さて、昨日私は携帯電話を家に忘れてしまい
移動の時間や休憩の時間、手持ち無沙汰で
イライラしていました。
帰宅の電車は朝ほど混んでいないので、
久しぶりに顔を上げて電車の中や車窓の風景を
なんとなく眺めました。
誰かもブログで書いていましたが、
社内の人はみんなうつむいてスマホの画面を見ていたり、
目をつぶっていたり、
朝ほどではないですが、セカセカ、ぐったりした人達の風景です。
大きな声で話している外国人から見たら、
日本は、多忙でぐったりしている国に見えるのではと思います。
赤い電車の壁に描かれているクマは、
日本に暮らして疲れている人を癒すために選ばれたのかな~とぼんやり思いました。

採用アウトソーシング業務はピークを少し過ぎてきたのですが、
同じ姿勢でPC画面とにらめっこしている時間が長かったので、
気づけば人の顔を余り見なくなって、自分の表情も硬く乏しくなってる気がします。
それと、記憶力がとても弱くなっていること(決して年齢だけではない)。
情報が次々と目の前を通り過ぎるので、
覚えてはいるけど、何処にあったのかが自分一人の力では分からない。

私は一つのことに集中することは苦手ではないのですが、
併せて、歯止めが効かないタイプなので、
これからしばらく、もう少し外へ出て、顔の表情筋をほぐしたいと思います。

人に会って話せば、刺激を受けて新しいアイデアも浮かぶ!
もちろん社内でも、人を見て話すことを再度意識します。

明日は、帰る時目の前を通り過ぎると、必ず挨拶をしてくれる横山さんです。

今を楽しもう!

2018年4月18日 (水曜日)

こんにちは!清水です。

子供向けアニメ、いいですよね。
人として正しいことをまっすぐに伝えてくれるので、
荒んだ心にメッセージがグサッと刺さります(笑)。
先週末は、毎年恒例のコナン映画を観てきました。
今年は例年に増してかなりオトナ向けな内容でしたが、
周りのちびっ子たちは「最高にカッコよかった!!!」と大興奮(笑)!
年齢関係なく楽しめる映画というのは偉大だなーと思いました。
まだご覧になっていない方はぜひ!

さて、現在パフ(職サークル)では大学1~3年生向けのインターン
「クリエイティブチャレンジ」の募集を行っています。
先週土曜日にもガイダンスを行ったのですが、そのうちお1人は
入学したての大学1年生!
1浪したけれど第一志望ではない大学に入ったため、今から就職が不安で
入学早々キャリアセンターに相談に行ったら、パフのインターンを薦めていただいたとのこと。
最初にもらった質問は、どんなインターンをしておけば就職に有利ですか? でした。

ついこの前入学した彼からのこの質問に、私はちょっとショックを受けました。
というのも、大学生活が「就職のために費やす時間」と思っているように感じたからです。

確かに、日本の大学生は諸外国に比べて勉強をしないと言われています。
遊びすぎ なんて声もありますが、その中でも学ぶことや得るものはあるはず。
自分自身を振り返っても、10代後半~20代前半に出会った人、場所、モノは
人生を形作る大事な要素になっています。
だから「就職活動」はイベントの一つ、くらいに捉えてもっと気楽に臨んでほしいですし
1年生の4月からそんなに悩まないでほしい!

・・・ということを伝えました(笑)。

そこからは、就職活動の話だけでなく、
英語の勉強の仕方やおススメのアルバイト、車の免許など色んな話をしました。
結局、スケジュールの都合でクリエイティブチャレンジへの参加は叶わなかったのですが、
最後のお見送りする頃にはスッキリした顔で帰ってくれました。

彼にとっての「今」は大学1年生、
私にとっての「今」は社会人6年目。
どちらも同じ、戻って来ることのない、かけがえのない時間です。
ちょっと疲れたなーと感じるときは少し立ち止まって、
行けそうなときは思いっきり進んで、今を楽しみたいな!と思った土曜日でした。

お次は、牧野さんです☆
お楽しみに~!

子どもアニメに学べ!

2018年4月17日 (火曜日)

こんにちは、コバやんです@
うちも2歳児クラスになってワンパク度がどんどん上がています(笑)
でも先日保育園になかなか行きたがらなかったので理由を聞いてみると
「おともだちいなくなっちゃったの」とのこと。
先生に聞いてみると確かに園を離れた子がいるらしく
急に寂しくなっちゃったのかな、と話していました。
体の成長も著しいですが、目に見えなくても
心もちゃんと育っているようです♪
 
 

 
さて、子どもが育っていくにつれて、変わっていくものはたくさんありますが
土曜日の朝もそのひとつ。
今までは休みの朝はぐっすりまったりだったものが
ここ数か月ですっかり朝アニメの時間に(笑)
 
新幹線の大好きな息子がはまっているのが
プラレールから生まれた「新幹線変形ロボ シンカリオン」。
ご存知…ではない方がほとんどですよね(^^;
その名の通り、「はやぶさ」「こまち」「かがやき」などの人気新幹線が
ロボットに変形して戦うロボットアニメで
2才の息子はアニメが始まるとテレビの前で正座して夢中で見ています♪
 
 
さて、子供向けアニメなので
主人公も小学生の男の子、名前はハヤトくん。
そのハヤトくんは新幹線が大好きで
夢は新幹線の運転手になること。
 
そんな彼のモットーは
 
「俺は時間と言った事は守る男だからね!」
 
 
なんと頼もしい言葉かと、セリフをきいたときにはちょっと感動しました!
もちろん彼のセリフは
<新幹線=ダイヤをきっちり守る>ということに由来しているのでしょうが
それでもきいていて気持ちのいい言葉です。
大人でも声に出して宣言できる人はなかなかいないでしょう。
(私も反省です。。。)
 
大人の、とくに仕事の世界で考えてみると
”時間(納期やスケジュール)”と”言ったこと(契約・約束)”は
とにかく大事なことです。
できる限りスケジュールは前倒しにして
日程にバッファを残して仕事をしたいと思いつつも
いろいろなことが絡んで上手くいかないことも多いもの。
つい言い訳を並べてしまいそうな気持ちを
このセリフとハヤトくんの主人公らしい溌剌さが
ドカーンっと吹っ飛ばしてくれる、そんなイメージがしてきます(^^
 
 
自分の子どもがどんな子に育ってくれるのか
まだまだ想像もつきませんが
同じ新幹線好きとして「時間と言った事は守る男」に
育ってほしいなぁと、一緒にアニメを見て思う今日この頃です@
 
 

 
それではでは、コバやんのひとりごと、今日はこのへんで。
お次は清水さんです。よろしくお願いします♪

社会に育てられています

2018年4月16日 (月曜日)

教育とか躾は難しいなぁと日々感じている岩崎です。
特に身体も心も完成していない、まだ小さい子供にとって、
今大人がどう接していくかは、今後その子がどんな大人になるかに
多大な影響を与えると思うと、一つ一つの言動に気を配らなくてはと考えています。

 

早いもので、昨年1歳児クラスに入園した娘が、今年2歳児クラスに進級しました。
我が家にとって、初めての進級。
当然、娘自身はまだそんなことはよくわかっていないのですが、
私の方が久々に進級を迎える春ということで、ハラハラドキドキしていました。
(私の通っていた高校は2~3年生は持ち上がりだったので、実に16年ぶり)

 

クラスの定員に増員はなく、転園・退園の子もいないので、子供たちは全員
持ち上がりであることは2月の保護者会で聞かされていました。
担任の先生の発表があったのは、3月29日。
3人の先生のうち、1人は持ち上がり、1人は5歳児クラスへ、1人は退職でした。

 

1歳児クラスで過ごした最後の日、これまでお世話になった先生全員と
挨拶することができました。
5歳児クラスとなる先生とは、寂しさはありますが、同じ園にはいるし、
今後も朝の合同保育で顔を合わせることもあるので、そこまで悲しくなく。
持ち上がりの先生は、これまで娘を担当してくれていた先生だったので、
とても心強く、これからもお願いしますと笑顔でご挨拶。
(娘はこの先生が大好きなので、また1年一緒でほっとしています)

 

退職される先生は1歳児クラスで担任のリーダーをしてくださっていて、
私の中で、保育園=その先生くらいの方だったので、退職という事実が
とてもショックでした。
初めての保育園生活で、親である私たちが心の頼りにしていた先生でした。
最後にご挨拶した時、先生は涙を流して、娘との思い出を語ってくれました。
本当に本当にお世話になりました。

 

娘は保育園に通い始めた頃は、人見知りでなかなか馴染めず、
登園したり休んだりを繰り返したこともあって、緊張した日々を過ごして
いたと思います。
いつも指しゃぶりをしながら、遠くから見ているという感じでした。
家での様子と園での様子がかなり違うので、先生達にも驚かれていました。

 

それが、1年経ってみると、「みんなー!」とか「ねーねー!」とか大きな声で
先生やお友達に呼びかけて、ガンガン飛び跳ねて、走り回って、時には怒られて。
家での様子を話すと、「わかります!園でもそうですよw」と言われるように
なりました。
人見知りは変わってはいませんが、お友達や先生たちはもちろん、
お友達の親御さんにも積極的に話しかけるような子になってきました(笑)
これには親もビックリです。

 

田代さんのブログにあった、『若者を育てるのは社会』。
本当にその通り。
たくさんの大人がたくさんの愛情を持って関わってくれていることは、
きっと娘にとってかけがえのない経験になると確信しています。
幸せなことですね。

 

卒園式の前に、園内の壁に「こんなに大きくなりました」と
卒園する子たちの赤ちゃんの頃と6歳の今の写真が並べて飾られていて、
まったく関係ない私がじーんとしてしまいました(笑)
本当に温かな環境で親子ともに面倒を見てもらっています。

 

そのお返しとして、私にできることは、自分の子供だけでなく、
社会を構成する1人として、若者と温かくも厳しく接することを
さぼらずにいないといけませんね。
頑張ります。

 

次は、同じくお子さんが2歳児クラスに進級した小林さんです。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com