パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

採用したい学生

2013年8月22日 (木曜日)

皆さま、こんにちは。
マジックドラゴンの梓澤です。

先日、あるお客様とお会いした時の話をしたいと思います。

―――――――――――――――

15年卒採用ではどんな方を採用したいかという
お話をしていたところ、そのお客様はこうおっしゃいました。

「これからの会社を一緒に作っていける方」

それを聞いたとき、「うわー!」って感動しちゃって。

 

面接でも結局は「一緒に働きたいか」を見ているという話を耳にしたことがありますが、

その採用基準てはたしてどうなのだろう?

と思うことがありました。

 

確かに一緒に働きたい人と働きたいと思うのは、至極真っ当な考えで、

それがだめだとも思ったことはないですが、何かが足りない気がしていました。

 

そこで、

 

「これからの会社を一緒に作っていける方」

 

という考えにピンと来たのかもしれません。

「自分の会社での毎日のこと」を考えるか、
「自分が毎日働いていく会社のこと」を考えているか

の違いなのでしょうか。

 

この考え方が正しいというわけでもなんでもないですが、

こういう考え方って個人的にいいなと思ったのでご紹介まで。

オバサマになろう

2013年8月16日 (金曜日)

こんにちは。今年の4月からテニススクールに通い始めた吉川です。
旦那の趣味がテニスなのと、何か運動ぐらい始めたいという気持ちが重なって、30過ぎて生まれて初めてテニスをしました。

もちろんスクールでも一番下手。
ついていけないもどかしさと、失敗して一緒にやってる方々に迷惑かける申し訳なさで、正直、最初の1カ月間はつらい時間でした。

でも最近では、楽しくて仕方ありません。
少し上手くなってきたこともありますが、一緒にやるチームの方々とのコミュニケーションがとれはじめ、お互い声をかけながら楽しくプレーできていることが大きいです。

意外と気の小さい私は、初めてのコミュニティだと周りに話しかけられない性格です。
そんな私の壁を突破らってくれたのは、同世代の方々ではなく、オバサマたちでした。

最近の観察によるとオバサンの共通点はこんな感じです。

●声がデカイ。内緒話も丸聞こえ。
●自分の失敗に寛容。アラー!などと言ってごまかす。
●他人の失敗にも寛容。マー!などと言って励ます。
●楽をしようとする。冷房が最もよくあたるコート内のベスポジを常に模索している。
●楽できることが見つかったら、他人にも惜しげなく教える。「秋山さん、ここ涼しいよ、ほら!」と自慢げ。
●よく笑う。特に若い男性コーチが失敗するとバカうけ。

なんとも豪快かつ自然体、でも誰にでも同じ態度で、くるもの拒まずフルオープン。
そんなオバサン方のナチュラルな雰囲気づくりによって、私も失敗するのが怖くなくなって、堂々とプレーし始めたら技術力もあがってきた。
というのが最近です。

オバサマたちによってチームもだいぶまとまっています。
会社でもサークルでも友人関係でも、ちょっとおせっかいなこんなオバサマキャラって必要だなと実感。

まずは私が率先してオバサマになろう!(いや、もうなってる?)と心に決めたお盆でした。

縁ってあんだなー。

2013年8月12日 (月曜日)

こんにちは。
最近めっきりごぶさたしてしまっていたオオノです。私は生きています!笑

さて、みなさんは「縁」を感じたことはありますか?

先日、26年間生きてきて、こんなにこの言葉を強く意識した日はないくらい、
色んなことに思いを馳せる出来事がありました。
なんか人生ってすごい面白いなぁと、しみじみするような事です。
興奮して眠れないくらいです。
ちなみに何かは内緒です。。すみません。。

ただこの一件で感じたのは、
社会って一見殺伐としているように見えて、
実は色んなご縁で成り立っているのだということ。

縁は目には見えませんが、意外と見えたら
世の中、ご縁の糸だらけじゃないだろうかとさえ思います。

これから就職活動をする人も、
これから働く人も、
こんな風に縁を感じる事が起きると思います。

「あれ?これってご縁?」
そう気付いたら、そっと大事にしてほしいです。
巡り合うべくして出会っているのですよ、きっと。

そして(私も含め)
次は、そういうご縁を創っていける人になりたいですねー。


以上、オオノでした♪

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com