パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

締めくくり

2009年6月30日 (火曜日)

こんにちは。土田さんに、よいしょされた長崎です。
そんなに気を遣わなくてもよいよ、土田さん

さて、本日は6月30日。パフは6月決算なので、今日が1年の締めくくりの日。
ここ数週間は、誰もが走る「師走」並の忙しさでした。

「締め」っていいですよね。

区切りが自動的にやってくるので、そこまでひたすら頑張ることができます。

大学受験もひとつの区切り。否応なしに受験日がくるし、3月までに合格を
もらえなかったら、何らかの決断を下さなくてはいけない。

では、就職活動はどうでしょうか。
期日に迫られているという点では同じですね。でも、大学受験に比べると
選択肢が多いこと、基準値(偏差値のようなもの)がないこと、試験勉強が
できないことなど、画一的ではないのが特徴でしょう。

だからこそ、迷うのだと思います。
自分がどの道に進むべきなのか、決まりかけた道でよいのかどうか…。

ごく稀に「この道でよいのでしょうか」と聞かれることがあります。
この質問、非常に答えに窮します。「この道がよいかどうか」は、その人
にしかわからないし、よい道にするかどうかもその人次第だからです。

私の価値観では○でも、質問した人の価値観では×かもしれません。
だから、安易に答えることはできないし、そもそも答える資格が私には
ないのです。

迷いに迷う皆さんへ。
迷い、悩み、苦しむことは若者の特権。
迷い、悩み、苦しむことなしには、進歩も発展もありません。

最終的には自分で決めるしかありません。ただ、自分で決めた決断には
必ず「覚悟」がついてきます。覚悟があれば、何も怖くないですよ。

決められない場合には、自分で「締め日」を作るのもいいと思います。
締切があると、否応なしに判断せざるを得なくなりますからね。

本日はパフの締め日。
最後の最後まで走ろうと思います。

次回は、前回「竹を割ったような世話焼き」と紹介したらすねてしまった
猪突猛進型の平原さんです。

常山の蛇

2009年6月29日 (月曜日)

はい。もっとも嫌いな季節は夏です。土田です。
まだ7月にもならないというのに、すっかり暑くなってきました。

タダでさえ暑いのは苦手なのに、
スーツを着て外に出る社会人の夏はどうなってしまうんだろう
という不安にかられております。

——————————————————
さて、今日の成語的世界。
ついに3回目を迎えました。

今回は、かの有名な、『孫子の兵法』から。

【常山の蛇】

という成語を紹介します。
——————————————————

孫子の兵法って実は、将軍のために、戦術、戦略を語るものではなく、
為政者のために、国を治める方法、組織をまとめるすべを
語るものなんです。
つまり、軍事論というよりも、治国論なんです。

今回の【常山の蛇】は

【組織論】についてです。
現代にまで通ずる、孫子の深みを味わってください。
——————————————————

中国の常山(じょうざん)という山に、
「率然(そつぜん)」という名の大蛇が住んでいた。

この蛇。
頭を攻撃しようとすれば、尾が体に巻きついてくる。
尾を攻撃しようとすれば、鋭い牙で噛み付いてくる。
胴を攻撃しようとすれば、尾と、頭が同時に攻めてくる。

この常山の蛇のように、組織全体が、密な連携をとり、
一つの有機体となる必要がある。

と孫子は言っているのです。

—————————————————-

一つの部門、業務が不景気のあおりを受けて低迷しても、
他の部門、業務がカバーする。

一人の従業員が体調を崩しても、
残りのメンバーがその穴を埋める。

【常山の蛇】のように、
有機的な連携がとれており、
まるで1つの生命体のごとく動くことができる会社を
「いい会社」と呼ぶのかもしれません。

—————————————————–

わが国では、トップダウンの「縦型」組織が伝統的に多いといわれています。
「縦型」組織は、トップが末端を管理し、
上から下まで命令を伝達しやすいという利点がある反面、
外部からの脅威には弱い。

管理されている「末端」の部分には、
「上からの指示に従う」「命令を滞りなく遂行する」ことに長けていても、
「自分で臨機応変に判断する」「上に働きかけて連携を促す」
ということは不可能だからです。

——————————————————

只でさえ、不景気が叫ばれる昨今。

変化の多い今の時代です。
これからの時代は、伝統のいいところを残しながら、
【常山の蛇】へと「脱皮」する必要があるのかもしれません。

——————————————————

さて、就職活動性の皆さん。

あなたが今志望している会社は、内定をもらった会社は、
【常山の蛇】ですか?

企業ブランドや、表面的なイメージ、社会的な評判だけでなく、
たまにはこんな視点から、「会社」を見てみるといいのではないでしょうか。

今までとは違う、切り口の参考となれば幸いです。
——————————————————-

今回の成語、いかがでしたでしょうか?

次回は、パフ会員の、いや就職活動生みんなの頼れるお姉さん的存在である、
長崎の登場です。

マックでDS

2009年6月25日 (木曜日)

こんにちは、地元のカリスマからカリスマ営業に変身したい高田です。

「マックでDS」ってご存知ですか?

このマックDSというサービスは、マクドナルドへニンテンドーDSを持って行くと、
さまざまなコンテンツが無料でダウンロードできるというものです。
2009年6月19日からスタートし、全国のマクドナルドで導入されています。

このマックでDSは、ゲームで遊ぶ場所を家の中から、お店の中に変え、
飲食店とゲームのコラボレーションという新しい形を生み出した画期的なサービスだと思います。

そして、任天堂の岩田社長は、「全国のマクドナルドに来店されるお客様たちが、
いままで以上に笑顔になっていただきたいと思っています」とサービス発表会で伝えていました。

導入されてまだ数日しか経っていませんが、この土日、マクドナルドのお店に行ったら、
何人もの子供たちが遊んでいるのを見かけました。

皆さんもマクドナルドのお店に行ったら、ぜひ見てみてください。
子供が嬉しそうな顔で、たくさん遊んでいるのを見られると思います。

人にスゴイと思われるプロジェクトは、
ワクワクさせ、すぐに評判になり、あっという間に広がりますね。

どんな時代でも、人の「楽しい」を刺激するものは、受け入れられるのですね。
特に、感度の高い子供には、なおさらなのでしょう。

働く以上は、ぜひそういうプロジェクト、立ち上げて世に広めたいですね。

パフの展開しているサービスも、そういうものにしていきたいですね。

まだまだやることはありそうです。
頑張るぞー。

次は、ほぼ毎日、スクリーンセーバーに書かれている文字が変わる田代さんです。

俊輔、応援してます!

2009年6月24日 (水曜日)

みなさま、こんにちは。
異業種転職など、様々な経験をしてきて、
そろそろ履歴書の行が足りなくなるのではと心配している杉平です。

昨日の新聞、スポーツ欄に掲載されていたのは
「中村俊輔 スペイン一部のエスパニョールへ移籍」のニュース。

実はその昔、
アラブのオマーンで全日本のアウェイ戦を観戦したこともあるほど、
サッカーファンだった時期がありました。

俊輔がもう30歳(!)という事実に自分の年齢を思い知らされ、
個人的にショックを受けたことはさておいて。(笑)

愛着のある古巣・マリノスに戻ることよりも、
より選手として険しい道になるであろうスペイン1部リーグへの
移籍という道を選んだ彼に、プロとしての決断、そして覚悟を感じました。

彼はいわゆる「エリート選手」の類ではなく、
マリノスのジュニアからユースへの昇格をさせてもらえなかったり、
日韓ワールドカップでは代表選手に選んでもらえなかったりと、
様々な挫折や困難を乗り越えてここまできた努力の人です。
中学時代から日々の課題などを書き留めている「サッカーノート」を
現在まで欠かさずつけているとか。
そんな彼の生き様は、小学3年生の道徳の教科書に「努力・勤勉」の
テーマで取り上げられているほどです。

彼の記事を見てふと思い出したのは、
私が旅行会社で働いていた頃の、大先輩であり、大の仲良しでもある、
一人の「カリスマ添乗員」でした。

添乗員という仕事は、経験の積み重ねがモノを言う仕事なのですが、
添乗歴10年目というのが大きな節目とよく言われます。
不思議なことに、この時期を境に突然お客さまからのアンケート結果が
悪くなっていく添乗員とそうでない添乗員に分かれるのです。

前者のアンケートに書かれるコメントはおおよそ、
「ベテランなのだろうけれど」と前置きがされた上で、
「対応が事務的で冷たい感じがする」「仕事をこなしている、という印象」
というようなものが多く見られます。

一方、10年経っても15年経っても
アンケート結果で常にトップを維持しているカリスマ添乗員の彼女。
何が違うんだろうと思って、こんな質問をしたことがあります。

「○○さんは、もう世界中どこに行っても
 わからないことなんてないでしょうから、心配も不安もないんじゃないですか?」

彼女の答えはこうでした。

「何回行ったって、行くたびに国も観光地も変化しているし、
 季節も違うし、お客さまだって違う。慣れてしまうことなんてないですよ。
 何年この仕事をしていても、初心忘れるべからず、ね。」

自分のレベルや経験値が高くなっても決して驕らずに、
いつも新鮮な気持ちで勉強や努力を続けている。
そんな人だけがトップを維持し続けていられるんだなーと、しみじみ納得。

初心を忘れないって、実際には結構難しいものです。
わたしもつい日常の中で忘れてしまっていて、
こうして今日、新聞記事を読んで、そうだった!と思い出したわけです。

大事なことを思い出させてくれた、俊輔に感謝!
今後の活躍にも期待しちゃいます。

さて、明日はパフのカリスマ営業マンを目指す、高田です!

3ヶ月

2009年6月23日 (火曜日)

こんにちは、お酒が入ると可愛くない笑みが自然とこぼれる今です。

先週の土日に久しぶりに、(といっても3ヶ月ぶりですが)バイト先に顔を出してきました。

バイト先といっても特定の場所が決まっているわけではない、イベントの運営、設営、撤去の派遣会社でした。

前回の日記で触れたように一部の人とはたまに飲みに言ったりもするのですが、お世話になった事務所の社員の方々、年の離れたスタッフなどなど、最後に入った現場以来会っていない方々もたくさんいました。そこで先日はバイト時代入り浸っていた丸ビルでイベントがあるということだったので、顔を出してきました。

たったの3ヶ月しか経っていないのですが、本当に長い間会っていないような気がして、妙な懐かしさを感じました。

それというのも社会人になって、パフという会社で新入社員として密度の濃い時間を過ごしているからなのだろうなぁ、としみじみ考えてしまいました。

バイト時代はバイト漬けの毎日でものすごく充実していた気がしていましたが、現在の生活の密度の濃さにはまったく及ぶべくもないようです。

毎日何か失敗をし、何か新しいことを学び、何か出来るようになり、そしてそれを自覚できる。

こんな毎日はいままでの人生においてありませんでした。

同じタイミングで入社した他の新入社員の方々も同じ感覚を味わっているのかと考えると、なかなか不思議なうれしさがこみ上げてきます。

この密度の濃さを維持していれば成長し続け、お客様のお役に立つことが出来る日が来ると信じて毎日をこなすことなく、過ごしていきます。

次はバイトに限らず様々なお仕事を経験していらっしゃる杉平さんです。

ECO&ネコの楽しさ

2009年6月22日 (月曜日)

こんにちは。木村です
平原葉子、土田歩、木村友香の3人チームの合言葉は
「ECOぶっちぎり、ネコまっしぐら」です。

それぞれの名前から、大きな「」っぱに、「」があって、
」が生えていて、「」がたくさん茂っている姿を想像し、
今話題の「ECO」を意識してチーム名となりました
(後半部分は意味があるようでありません・・・。)

さて、このECOチーム。
朝から「チームロープレ」を行っています。
※ロープレとは、ロールプレイングの略。
 営業役、お客様役などに分かれて、本番に備え練習することを指します。

チームロープレの始めには、冒頭でご紹介した合言葉を唱えています。

「ECO!ぶっちぎり! ネコ!まっしぐら!(ニャー)」

朝からアホな、と思うかもしれません。
しかし、意外や意外。とても良い気合入れになっているのです。

朝一番からロープレ。ちょっと後ろ向きになりがちなことですが、
みんなで声を出して、3人で決めた合言葉を唱えることで、
自然と意識が統一されている気がしています。

そして、「ちょっと笑ってしまうキーワード」が合言葉の中に
入っているからこそ、朝一番から笑顔がこぼれて、チームロープレ
の時間を前向きに進めることができるのではと思っています。
私は今、楽しく一日をスタートすることが出来ています。

楽しく」過ごす。

自分が楽しんで、お客様や一緒に働くメンバーも楽しいと感じて
もらいながら仕事が出来たら、とっても幸せだなと思います。

自分が「楽しむ」こと。「ワクワク」すること。
相手にも「楽しさ」や「ワクワク」を感じてもらうこと。

みなさんは、毎日「ワクワク」していますか?
私は、これを忘れずに日々過ごしていきたいなと感じています。

この考えのヒントをいつも下さるP社のみなさん、そしてパートナーIさんに感謝です

明日は、お酒が入ると可愛い笑みが自然とこぼれる今です。

6月は〇〇の月!

2009年6月19日 (金曜日)

中学・高校の学生時代は剣道馬鹿といえる程
のめりこんでいた大野です。
(今でも傘を持つと、うずうずします)

さて、6月も中旬が過ぎましたが
6月とは新人社員にとってどんな意味を持つのでしょうか。   

やたらと世間では五月病が注目されていますが
私は本当に大事なのは、実は6月じゃないかと考えています。

パフの営業グループ長、吉川さんは
今月初めの営業ミーティングでこう話していました。

「いい、新人!6月は本気の月よ!」と。

周囲の友人を見ていると4月、5月はまだ慣れない環境にとまどいながら、
ただただ勢いとがむしゃらに毎日を過ごしている新人が多いと思います。

それも6月になると、少しづつ仕事を知ってきます。
会社やお客様との関わり方や大人の世界の事情も・・・。
蓄積された仕事の疲れがぼろぼろ出てくる時期でもあります。
5月と異なり長期休みもありません。

だからこそ、今が、だと思うのです。

話は少し飛びますが
剣道部に所属していた高校時代、常に監督に言われた言葉があります。

「頑張ることなら誰にでもできる。
本当の勝負とは、全力を出し切って、もう駄目だと諦めかけた状況になってから
如何にはい上がれるか、そこで初めて自分の強さが問われる」と。

入社し3ヶ月目を向かえ、悔しい事も、納得いかない事も、たくさんあるけれども、
この日記を書きながら、恩師の言葉を思い出し
果たして今の自分は、全力を出し切れているのかと
反省をしつつ、自分で自分を奮い立たせた6月の大野でした。

ちなみに私が所属する田代チームの月言葉は

「オタマジャクシが空から振る時代
何が起こるか分からない。
自分の力で奇跡を降らせるのだ。」です。

次は営業グループの中でも
真っ先にチーム合言葉決めた
木村さんにお願いします。

こんにちは。プロの域にはまだまだ程遠いと思っている岩崎です。

さて、ひたすらインドアな生活が好きな私ですが、
実は大のサッカー好き(観戦専門)でもあります。
先日はついに2010年サッカーワールドカップへの出場を決めましたね!
日本では夜中の試合でしたが、近くのライブハウスでサポーターたちと
一緒にハラハラしつつ、喜びを分け合いました。
決して安心して見ていられる試合内容ではありませんでしたが、
「よし!これからが本番。応援し続けよう!」と思ったのを覚えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな中、週明けのとある新聞を読んでいると、
社説に私としては信じられない記事が載っていました。

詳しく書くことは避けますが、要約すると、
「サッカーの流行りってもう終わったよねー」
「今はサッカーより野球の方が人気だよねー」
「WBCは優勝だったけど、ワールドカップはどうかねぇ・・・」
「まぁ、せいぜい頑張ってもらいたいね」

というような内容でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野球とサッカーってとかく人気の比較をされがちです。
しかし、それは人の好き嫌いの問題であって、
パスタが好きか?ハンバーグが好きか?と聞いているのと同じではないでしょうか。
確かに以前に比べてサッカーの盛り上がりは欠けていたかもしれません。
世界のレベルに達しているとはきっと思えないでしょう。
それでも、日本のサッカーを応援しようと思っている人たちは、
日本中に山ほどいるのです。

その記事には確かに事実しか書いていなかったのですが、
違う意見を持った人たちが読んだらどう思うだろう?という
目線が明らかに欠けていたように感じました。
新聞という公の場で、主観的な意見が強く印象に残ってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分の意見を持つことはとても大切です。
それを人に伝えることももちろん大切です。
でも、独りよがりになっていては意味がありません。
人は自分とは違います。
人の価値観や意見もしっかりと受け止められうような視野を持つことが、
コミュニケーションの第一歩なのだと改めて感じました。

また、世の中に溢れている情報も、元をたどればきっと誰かの
「主観」が入った情報になります。
何か一番大切なのか、その根幹にあるものを探ったり、
情報を鵜呑みにせず、時には疑って見ることも大切なのだと、
今回の1件を通じて実感したのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次は、学生時代に剣道をやっていたという大野さんです。

努力と工夫

2009年6月17日 (水曜日)

こんにちは。伊藤です。

新入社員時代のこと。お客様にこう言われました。

伊藤「これから頑張ります!」

お客様「いや、頑張らなくていいから、結果を出しなさい」

真顔で即答されて印象深かったためか、または、いまだにパフを支えてくださるお客様だからか、いずれにせよ、10年近く経った今も忘れることがありません。

同じく新人時代。パートナー企業である某社長にこう言われました。

伊藤「パフでトップになります!」

某社社長「新人がそんな小さいことを言うな。(この業界のトップを走る)リクルートの社員を混ぜても1位になるつもりで結果を出せ」

これも忘れられません。

・・・・・・

“若手”と言われている頃(と言っても、パフを離れて社会全体を見渡せば、まだ“若手”かもしれませんが)、ありがたいことに、いろいろな人に、様々な意見をいただきました。共通していたのは「結果を出しなさい」ということ。「頑張りなさい」「努力しなさい」と言われた記憶がありません。

以来、プロである人々を見ていても確かに「私は努力しています!」という主張をする人を見たことがありません。

プロの人たちは何をしているか。

「努力」は当たり前。「工夫」しているかが結果を出せるか否かの分かれ目。

最近、そんなふうに思います。

「努力」は当然として、「工夫」によって「結果」を出し続けられる「プロのビジネスマン」にもっともっと近づきたいと思う最近です。

明日は、サービス履行の部署において、プロの風格が出てきた岩崎さんです。

もうすぐ公開日。

2009年6月16日 (火曜日)

大学3年生、修士1年生向け「職学校Web」プレサイトオープンに向け、
日々、制作を進めている、吉田です。
※並行し、パフのコーポレートサイトの制作も進めていますがこちらの公開予定は7月上旬です。

パフには、サービスマネジメントグループに所属する(2009年6月現在)
3名で構成された、Web&systemチームというのが存在します。

------------------------------------
Mさん・・・・パフの契約社員。デザインからコーディングまで一気にこなす、
       クール&おちゃめなスーパーウーマンです。
       ※諸事情で、あとは書きません。          
    
A山さん・・・お客様でもあるシステム関連企業から、
       先月(!)出向でやってきた方。
       就職活動中はパフの就職サイトを活用していたこともあり、
       パフの選考をも受けていたという、色黒の26歳男性。
       社内のシステム回りを担当しています。
------------------------------------
      
上記、2名なくしては、
鋭意制作中の「職学校Web」プレサイト、
コーポレートサイトの実現はありません。
(3名のうちの1名は私)

さて、このWeb&systemチーム、公開までの限定ではありますが、
毎日「夕礼」を行っています。

-------------
1.当日の進捗状況の確認
2.当日の退社時間の共有
-------------
一部、「?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
この夕礼、とても大事なものとして捉えています。

それぞれに他の業務も担当し、働き方も違うメンバー。
日々の進捗状況の確認が重要であるとともに、良い点があります。

・毎日相互に進捗状況の確認ができること。(毎日と相互がポイント)
・協力を得たいときにすぐに手分けを行うことができること。
・退社時間目標を共有し、相互に意識すること。

※さらに当日個々に感じた懸念事項(不安点)などを、当日中に共有できること

良い点ばかり書き出しましたが、改善点が多々あるとも考えています。

チームとして協力し合える体制が必要なのだと思いつつ、
日々改善しながらコツコツ進めようと思います。

大学3年生、修士1年生向け
就職活動応援サイト
「職学校Web」プレ公開まで、あと10日です!

みなさん6月26日公開です。
ご期待ください。

次は、伊藤です。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com