パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

ヤキモキ

2019年11月13日 (水曜日)

僕は昔から(ここ7~8年くらいは特に)自分で仕事をしないようにしています。自分にしかできない仕事っていうのは実はほとんどなくて、だいたいのことは人に任すことで自分がやるよりも結果的には高いクオリティーでアウトプットされます。

パフの業績が昔と比べればずいぶん安定しているのも、僕が現場の仕事をしていないおかげだと思っています(威張っていいのかどうか分かりませんがw)。

人(部下)に任すことが出来なければ、人は成長しないし、当事者意識も生まれないし、それじゃ会社なんか成長しっこないです。

上に立つ人間に必要なことはただひとつ。「責任を取る」ということですね。

 

・・・とはいえ、人に任すって心配ですよね。過程では失敗もありますよね。ヤキモキしますよね。

でもいったん任せた仕事を中途半端なところで取り上げてしまうと、その仕事はうまくいったとしても、任されていた人や組織の成長はストップしてしまいますね。ストップだけならまだしもマイナスになったり潰したりすることにもなりかねませんね。

だから、どのタイミングで、どのようなフォローをすべきか悩みますよね。任せた人の能力や性格にもよるし、仕事の難しさや収めるお客さんにもよるし、その影響範囲にもよるし、まさにケースバイケースです。

なんでこんなことを今日の日記で書いたのかというと、まさにいま「ヤキモキ」していて、どんなフォローをすべきか悩ましい状況にいるためであります💦

あ、パフの仕事のことではないので、パフの社員やお客様は心配しなくても大丈夫です。あしからずです。

ということで、本日は引き続きヤキモキしながら状況を注視することにいたしましょう。

ではそろそろ朝食&スカーレット後、行ってきます!

 

茶会に招かれた日

2019年11月12日 (火曜日)

昨日は川越に本社のある某社の社長と会長(創業者)のお招きで、茶会に参加してきました。

川越駅からタクシーで10分ほどのところに、某社会長が8年前に2年がかりで建設した茶室があります。

写真を撮ることすら憚られる、荘厳な雰囲気の建物です。

庭石も含めてすべての資材は京都から取り寄せ、この道では著名な方の設計・監修によって建てられたものなのだそうです。

招かれたのは僕を含めて3名。そして社長と会長と某社社員の方の計5名が茶室に入りました。

 

 

お茶をたててくださる(亭主っていうらしい)のは、会長の奥様と社長のお姉さま。席に着くと作法のことやお部屋の説明などを知らせていただきます。

田舎育ちで茶の湯、茶道というものにまったく触れてこなかった僕は、「へー、へー、へー」と感心しまくりです。

まずはお茶の前に和菓子が出てきました。

桜色の上品なお餅と餡子のお菓子です。この食べ方にも作法があるらしいことはあとから知りました…。

そしていよいよお茶をたてていただきます。

 

 

無作法にも写真を撮ってしまいました💦。さすがに撮った写真はこれだけです。

いろんな説明をしていただきましたが、緊張のあまりほぼ忘れてしまいました((+_+))。

お茶は奇麗な緑色。ふわふわ泡立っています。

時代劇などで茶碗をくるっと回しているシーンを見かけると思うのですが、あれは茶碗の正面を外して飲むためにやるらしいです。

そしてお茶は3口くらいで飲み干すのが正しいらしいですね。

もちろんそんな細かい作法は僕は知らず、ズルズルと何回にも分けて飲んでしまいましたが、あとから聞いて、「へー、へー、へー」とただただ感心するばかりでした(苦笑)。

あ、それでもお茶はとても雅やかで美味しかったです。

この茶室での会は30分ほど。

あとは別室で、お酒と食事をふるまっていただきました。その別室にも、何百年以上も前(奈良時代、鎌倉時代、室町時代など)の美術品や陶芸品が展示されており、いつもの宴会とはまったく違った趣です。

もうスマホで写真なんて撮ることすら忘れてしまいました。

織田信長や豊臣秀吉といった天下人は茶の湯などの文化に造詣が深く、また政治にも利用していたと言います。

僕も天下を治めるために茶道を少しやってみましょうか。いやいや、足がしびれてしまってたぶんダメですね。やっぱり酒道だけにしておきます(笑)。

ともあれ、社長、会長、奥様、お姉様、昨日はお招きいただきまして、ありがとうございました。たいへん緊張しましたが貴重な体験をさせていただきました。

さて、実はいま、僕が携わっている数少ない仕事のうちのひとつがトラブっています。来週いっぱいが勝負かな。なんとか打開策を講じなければです。

では、朝食&スカーレット後、まじめな仕事モードで行ってきます!

 

まり&つよぽんの結婚式

2019年11月11日 (月曜日)

一昨日は、パフ7年目社員の清水真理の結婚式。お相手はツヨシくん。

とっても素晴らしく感動的な式&披露宴でした。

ヒラハラやイシガミがたくさん写真を撮ってくれたので、本日はそれを一部アップして、日記読者の皆様にも幸せのお裾分けをさせていただきましょう(^_-)-☆。

 

おしゃれな受付です

 

お母さんに連れられて新婦登場

 

新郎のつよしくん。嬉しさを隠し切れない様子

 

なかなかやるじゃないか(#^^#)

 

披露宴スタート、新郎新婦が2階のガラスの向こうから入場

 

主賓挨拶に代えて、執行役員(保坂&大岡)と副社長(吉川)からのメッセージを代読しました


代読した副社長からのメッセージ

つよしさん、マリさん。ご結婚、おめでとうございます。新人の頃から仕事のコツをつかむのがうまく、何事にも前向きに取組む。優秀な新人が入ってきた!と嬉しくなって、マリにむちゃな仕事をバンバン任せていたのは私です。それが原因でいっときマリが元気を失くす時期もつくってしまいました。本当にごめんなさい。その時、つよしさんが常にそばにいて、色々とサポートをしてくれたと聞いています。本当にありがとうございました。その後気づけば会社にある仕事の8割のことはできてしまうマルチプレーヤーに育ち、「可愛くて賢くて気遣い屋のマリ様」として、パフ若手女性陣の憧れの存在になっていました。この成長ぶりも二人の愛の力ですね。実は山あり谷ありの日々も、いつも最高の笑顔で仕事をしているマリちゃん。本当にありがとう。そして常に世界一の愛をマリちゃんに与えてくれている、つよぽん。本当に本当にありがとう。そんな二人の結婚。とってもとっても嬉しいです。
これから、お二人がますます仲良く幸せになり、マリちゃんがさらにどんどん美しくなっていく姿を隣の席で見るのを楽しみに過ごします。


3人ともまるで親のような表情でスピーチを聞いています(*^_^*)

 

僕からは定番のプレゼント。新郎の名前にちなんで長渕剛の「乾杯」です

 

ケーキを互いに食べさせっこ

酔っ払った剛くんを清水が引っ張っている様子をあしらったケーキでした

 

真っ赤なドレスでのお色直し。きれいだねー(#^.^#)

 

ヘンなオジサンが隠し撮りしています

 

出席しているパフの面々との写真

 

新婦がよみあげる手紙に感動して涙する新郎

 

新郎の涙をヨシヨシと拭く新婦。ふつう逆じゃん(笑)

 

過去、何回も結婚式に参加してきましたが、新郎がここまで嬉しそうにしている式は初めてでした。我々まですごく幸せな気持ちになりました。

ということで、まりちゃん&つよぽん、おめでとうございました。いつまでも幸せにね!

 

では、僕も幸せな…食卓で、朝食&スカーレット後、行ってきます!

 

<追伸>

今回の結婚式は、かつて職サークルの協賛企業だったブライダル事業のエスクリさんの企画運営でした。そして担当コーディネーターは、大学2年生のころからクリエイティブチャレンジや100×10チャレンジに参加していたノンちゃん(本田希さん、現在は入社3年目のエスクリ社員)でした。すごい縁ですね(^_-)-☆

ノンちゃん👇どうもありがとう!

創業者ってやっかいですね

2019年11月8日 (金曜日)

詳しいことは書けませんが、昨日は銀行のとある分野の専門家とのミーティング。約90分間、いろんなことを想定したときにどうなるのか、ということをアドバイス(というかレクチャーかな)していただきました。

パフの創業者はまぎれもなく僕なのですが、その生い立ちや資本構成や事業承継の考え方は、通常のオーナー企業とはずいぶん異なります。

たしかに、フォークソング居酒屋を開業するために100%子会社を自腹で買収するなんて、めったにないことでしょう(笑)。

自分なりに、これから先の数年間のプランを持ってはいるのですが、税金や株価算定の仕組みを詳しく聞いてみると、なかなか一筋縄ではいきません。僕が創業者でなければ、話はそれほど複雑ではないのですが、創業者だと課されるものや適用されるものが種々異なってくるようなのです。

あとは自分の寿命ですね。いつまで生きるつもりなのか。いつまで働くのか。パフはいいとして、フォークソング居酒屋は誰がどのように継ぐのか、などなど。

自分の寿命を自分で決められればいいのですが、そんなこと予測すらできません。案外すぐに死んじゃうかもしれないし、120歳まで生きるかもしれないし(苦笑)。ましてや、まだ開業もしていないフォークソング居酒屋の事業承継のことなんて考えたこともありませんでしたから。

始めるのは簡単ですが、終わらせる(バトンを渡す)のは難しいものです。

ということで、もう少しいろんな専門家の意見を聞いたうえで考えてみることにしましょうか。

 

さてさて、今日は早くも金曜日です。羽田空港でアタフタしていたのが先週の今日。あっというまの一週間でした。

明日はパフのシミズの結婚式なので、今夜は早めに帰宅してお歌の練習でもしましょうか。早く帰れるのかな?

では、そろそろ朝食&スカーレット後、行ってきます!

 

久々の沖縄でした(番外編)

2019年11月7日 (木曜日)

てなわけで、本日は沖縄で撮った写真をアップするだけの日記です。昨日のこと(今朝までのこと?)は、棺桶まで持ち帰ります(^^;

 

以上!

沖縄の厳選写真集でした。

明日からは普通の日記に戻ります(^_-)-☆

久々の沖縄でした(後編)

2019年11月6日 (水曜日)

飛行機を降りてすぐ(沖縄国際大学のイベントを仕切っている)エスエフシーの塩田社長の携帯に電話しました。

「すみません!たったいま那覇空港に到着しました!」

「分かりました。すぐお迎えに行きます」

ということで、塩田社長にクルマで迎えに来ていただいたのでありました。

一点、ホッとしたことがありました。講演の開始時間が僕が認識していた時刻よりも30分あとだったのです。

これで道路が渋滞していたとしても十分間に合うことが判明。

沖縄はスカッと晴れたブルースカイ。車窓に広がる海を眺めながら、宜野湾のホテルに一路向かったのでありました。

この日の沖縄国際大学のイベントの参加者は、沖縄に事業所を置く企業の経営者や人事担当者の皆さん約160名。そして大学の教職員の皆さん約40名。合計200名の皆さんでした。

 

 

僕に依頼のあった演題は「採用力アップのための『採用の新常識』」。この春に出した書籍や採用力検定協会で出題した設問をもとに(実際の検定問題を例題にしながら)採用力アップのヒントになるようなお話をしました。

冒頭では、前日に全焼してしまった首里城の話題に触れないわけにはいきません。1日も早く再建され、あの美しく勇壮な姿がよみがえってほしいことにも触れさせてもらいました。

 

そして講演後は会場を大きな宴会場に移しての大懇親会。

たくさんのオリオンビールを皆さんに注いでいただき、すっかりいい気分になりました。

 

食事もたくさん並んでいたのですが、さすがに僕がパクつくわけにもいかず、注がれるビールをただ飲むだけでした(苦笑)。

 

企業の皆さんと大学教職員の皆さんとの懇親会は夜7時半くらいまで続いたのですが、途中で帰る人は誰もおらず最初から最後まで盛況のうちに幕を閉じました。

 

感心したのは、沖縄の皆さんの温かさとフレンドリーさ。本来はライバルである企業の採用担当者同士ですが、皆さんとても仲が良くて沖縄の地を盛り上げていく「同志」としての絆の強さがひしひしと伝わってきました。

 

さて。イベントは終わったのですが、夜はまだ終わりません。

参加者の皆さんをお見送りした後、エスエフシーの社長はじめ社員の皆さんと僕は場所を街中の料理屋さんに移しての打ち上げです。

ここでやっと食事にありつけました。

考えてみれば、飛行機遅延のトラブルで朝食も昼食もまともに食べていません。

だからというわけではありませんが、この打ち上げのお店の食事は本当に美味しかったです。あとおススメの泡盛(琉球王朝)も飲みやすく、ロックでかっぽかっぽ飲んでしまいました。

 

 

終わり良ければ総て良し。記憶に残る長~~い1日でした。

お招きくださったエスエフシーの皆さん、たいへんお世話になりました。ありがとうございましたm(__)m

 

さて、翌日からは三連休です。せっかく沖縄まで来たのに、このまんま東京にとんぼ返りするなんて、それじゃあんまりです。日記でもたくさん撮った写真を紹介しないわけにはいきません。

ということで明日は沖縄の美しい風景の数々を番外編として載せることにしましょう。

ひとまず本日はここまで。では朝食&スカーレット後、行ってきます!

あ、今日は大阪に行くんだった。急いで準備しなきゃ💦

久々の沖縄でした(前編)

2019年11月5日 (火曜日)

11月1日~11月3日は、久々の沖縄でした。

遊び?

ノンノンノン。

仕事です。

昨年よりFネット(ふるさと就職応援ネットワーク)に加盟している沖縄の株式会社エスエフシーさんからのご依頼のお仕事です。

沖縄国際大学主催の「企業と大学の就職懇談会」というイベントで講演するための出張だったのです。

金曜日の朝8時過ぎの飛行機に乗るべく朝6時に自宅を出発。7時前くらいに羽田空港に到着しました。

ラウンジで朝食をゆっくりとるために、保安検査場に向かいました。

が、なぜか搭乗手続きが「中断」されています。

なんだなんだ?

そうこうするうちにアナウンスが流れてきました。スマホにも連絡が来ました。掲示もされました。

整備中に機材の異常が見つかった

代替機を手配中

出発は定刻より2時間半以上遅れる

代替機は座席が不足するので旅程の変更に応じられる人を求める

そんな感じのアナウンスでした。

😵アチャーっていう感じですが、講演に穴をあけるわけにはいきません。なんとかしなければなりません。

ともかくも代替機に乗れるよう行列に並びました。

 

すごい行列です。イライラしながらの順番待ちです

 

結果、どうにかこうにか代替機の予約が取れました。やれやれ、です。

しかし、出発はやはり2時間半遅れ。しかも離陸時には滑走路も混みあっていて、沖縄に到着したのは予定よりも3時間遅れでした。

 

悠長にこんな写真を撮ってる場合ではありません💦

 

もともと講演の開始時刻まで余裕をもって飛行機を手配していたのですが、那覇空港に着いたのは超ギリギリの時間。

会場は、空港からかなり離れた宜野湾市のホテル。

やばい、間に合わない、どうする!?

おっと。時間が無くなってしまったので、この続きはまた明日(@^^)/~~~

では久々の九段下に行ってきます!