パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

20年前(2000年7月から約1年間)メルマガで連載していた自伝(自虐?)のコラムを不定期で再掲しています。きょうは第18話です。

※第1話はこちら⇒新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」

※原則として昔の原文のままですが、事実とは異なっていた内容、誤字も含めての不適切な表現、「てにをは」のおかしな個所は、修正しています。また当時の写真やイメージ画像等を追加で掲載しています。

※文中にある「今」の内容は、すべて執筆したとき(西暦2000年当時)のものです。


1983年7月。

リクルートで営業の仕事を開始して早半年が経過したころでした。自転車を転がして神田の街中を営業しまくっていたボクは、ある小さなソフトウェア開発の会社に出くわしました。

当時「週刊就職情報」という中途採用の就職情報誌があったのですが、そのSE採用欄にちっぽけなスペースで広告を掲載していた会社でした。

その広告を見て「なんだかチンケな会社だな。新卒なんて採るのかな?」と思ったのですが、とりあえずダメもとで、その会社の社長に電話をしてみました(当時リクルートのアポ電話は、社長へのトップコールが鉄則でした)。

すると「あー、いいよ。いつでもいらっしゃい」と、意外にも先方の社長はフレンドリーな対応で、すんなりとアポが取れたのでありました。

そして、すぐその日のうちに訪問して、お決まりのリクルートブックを営業したのですが・・・これまた意外や意外。

「ん、気に入った。来年からは新卒採用しよう!これで採用できるんだね?」と、その場で50万円程度の媒体への掲載を即決されてしまったのでした。

契約はもらったものの素直に喜べない、少し複雑な心境でした。

だって、その会社は10坪ほどの超狭い事務所で社員も数名しかいない、会社案内も未だ無いような会社だったんです。

「こりゃ、リクルートブックに掲載しただけじゃ、とても新卒の採用なんて無理だな」

そう思ったボクは、後日あらためて、ちゃんとした会社案内の制作、学生向けのDMの企画など、トータルで500万円ほどの企画を持っていったのでした。

そして採用の手法や実務についても(適性検査やら面接の段取りやら)こと細かに提案し、「社長、こんな感じで進めていけば、なんとか数名の採用には結びつくと思いますよ。ボクと一緒に初めての新卒採用を成功させましょう!」と熱く語ったのでした。

さすがに500万円という金額は、当時のこの会社の規模や売上げからすればドデカイ金額だったのでしょう。

しばしの黙考の後、社長の発した言葉は「よし、分かった。釘ちゃんを信じてこの企画に乗ろう。釘ちゃんに全部任すよ。そのかわり、とびきり上等な大学生をつかまえような!」というものだったのです。

わずか2回の訪問で500万円の契約。そしてボクのことを「釘ちゃん」と超フレンドリーに呼びながら全幅の信頼を置いてくれた。単純なボクはジーンと来てしまい「よっしゃ、この会社の採用は俺が絶対に成功させてやる!」と、心に強く誓ったのでした。

この時、ボクは22歳。「実はまだ大学生」という身分は隠しており、リクルート入社2年目の若手正社員ということになっていたわけで……。

このウソが、その後ボクの一生を左右することになるなんて、この時は夢にも思っていませんでした。

(さてさてどうなることやら、と思いつつ次号につづく)


 

うまれよの「う」は、「うそをつくな」なんですが、このころの僕はこれに反して、自分の身分(学生であること)をひた隠しにしながら営業活動に明け暮れていました。

うそつきはパフの始まり?

いやいや、それじゃあ、あんまりですね(苦笑)。

さあ、最終回まであと33話。ピッチを上げていかないと9月中に終わらないですね。明日もまた続きを載せることにしましょう。

では今日は、在宅で仕事をした後、マジックドラゴンとしてのリアルな打ち合わせに行ってきます!

大分で会いましょう。

2020年7月15日 (水曜日)

ひっそりこっそりと行っていたのは僕が6歳から18歳までを過ごした大分県。

ほんとうは「還暦同窓会」に参加するためだったんですが、折からのコロナ禍の影響で開催は無期延期となってしまいました。

大分までの航空券はマイルで予約していたんですが、このマイルの有効期限がこの7月で切れてしまいます。

それじゃあまりにもったいないということで、大分行きを単独決行した、という次第です。

親しくしていただいている県職員の方が、県内の企業人事やキャリア支援家や現役学生と一緒に勉強会を企画してくださり、初日はそちらに講師として参加。まあ、仕事らしい仕事はこれだけで、あとの数日は昔懐かしいあちこちを巡ろうと企んでいました。

ところが、一週間前から九州中部と北部は豪雨続き。少年時代を過ごした湯布院、出生地である熊本、旧友がいる福岡にも、お見舞いを兼ねて足を延ばそうと考えていたのですが、道路、鉄路が寸断されていたり、予約していた旅館が浸水の被害にあったりで、断念しました。

代わりに自由に動くことのできた、別府市内、国東半島、(国東からフェリーで20分ほどのところにある)姫島を散策したのでした。

以下、何点か写真を載せておくことにしましょう(^^)v

まずは大分市内でまじめな勉強会です

せっかくなので採用力検定の宣伝も

勉強会のあとは希望者で懇親会

地獄めぐりをしたり

別府で有名なオールディーズのお店(ヒットパレード)に行ったり

大分の北東部にある姫島の灯台と養殖エビ

両子寺 金剛力士像

涛音寮(とういんりょう)

大分県広報企画「大分で会いましょう。」のステッカー

 

ということで、今回は大分で(いままで僕が行ったことのなかった)いろんな場所や人と会ってきましたが、次こそは懐かしい同級生たちと会いたいですね。

さて、本日からボチボチと仕事再開です。昨日も帰国(?)早々オンライン会議(社員の賞与や昇給を決める評価会議!)をやってたんですけどね💦

今日もこれから秘密結社のオンライン会議です。では、エール再放送を見てから久しぶりに仕事します!

 

今日から(たぶん)来週の火曜日くらいまで日記をお休みさせていただきます。

何も書かずにばっくれようかと思ったんですが、毎日読んでくださっている方々に心配をおかけしてしまうとよくないので(^^;

時節柄、こっそりひっそりと今日からの数日間を過ごしたいと思います。

では大急ぎで準備して(いま準備の最中ですが)行ってきます!

 

20年前(2000年7月から約1年間)メルマガで連載していた自伝(自虐?)のコラムを不定期で再掲しています。きょうは第17話です。

※第1話はこちら⇒新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」

※原則として昔の原文のままですが、事実とは異なっていた内容、誤字も含めての不適切な表現、「てにをは」のおかしな個所は、修正しています。また当時の写真やイメージ画像等を追加で掲載しています。

※文中にある「今」の内容は、すべて執筆したとき(西暦2000年当時)のものです。


1983年4月。

僕が感動の初受注をあげた直後、わがリクルート神田営業所は、それまでの貧乏臭いビルから神田駅前のメインストリートに面した大きなビルに引っ越しをしました。

まだ新築間もないキレイなビルで、「売れない営業マン」の汚名を返上した僕を含む営業所のメンバーたちは、気持ちも新たに仕事に取り組んでいたのでした。

当時の営業所メンバーは、仕事が終わると神田駅そばの通称「ビニールハウス」と呼ばれるビニールテントで囲われた屋台みたいなところで飲んで帰る(いや帰れない日も多々ある)のが日課であり、本当は学生であったはずの僕は、すっかり身も心も「新社会人」になった感じでした。

なかでも毎日のように一緒に飲み歩いていたのが、その年の新入社員のムライミツルという営業マン(ムライさんについてはバックナンバーを参照。日の当たる道を共に歩いた人です)。

当時のリクルートには、とても優秀な社員が多かったのですが、このムライさんには「優秀」という形容詞で片付けてしまうにはおよそ収まりきらない何かを感じたものでした。

でも、僕の評価は高かったものの(ムライさん、エラソーにスミマセン!)、所長や先輩社員たちの評価は最悪もチョー最悪。

「ムライー・・・ったく、またオマエカ!!」

詳しいシチュエーションは忘れてしまいましたが、何かと問題を起こす新入社員だったのです。怒られてもすぐその後「ぶっ!」と営業所中に響き渡る屁をこくものだから余計上司の受けが悪かったのだと僕は密かに推測しています(笑)。

そうそう、僕とムライさんは毎晩一緒に夜遅くまで飲み歩いていたのですが、翌朝は誰よりも早く(朝7:30頃)出社して、皇居までジョギングをやったりもしていました。

どうしてジョギングなんて柄にもないことをやっていたのか、いま考えてもまったくもって不思議なのですが……。その他ここではとても書けないような数々の悪行・珍行を繰り返していた変なコンビなのでした。

このムライさん、実は後年、パフ創業に決定的な影響を与えた人物なんです。

でも、このころはそんなこと夢にも思わず、所長・上司に睨まれながらも楽しい営業活動を送る毎日でした。

(次号は、またも運命の出会いにつづく)


 

これは、あくまで20年前に書いた物語。いまならとても書けない内容ですね(苦笑)。

さて、雨雲はなかなか去ってくれませんが、明日からの予定はいまのところ変更なしです。

では、朝食&エール後、午前は在宅、午後はオンライン講演会+リアル打ち合わせに行ってきます!

消え去れ、雨雲よ!

2020年7月8日 (水曜日)

月曜日、熊本県の八代市や人吉市の豪雨を憂えた日記を書いたのですが、いまだに豪雨をもたらす雨雲は九州に居座っています。

昨日から今朝にかけて、今度は僕が育った大分県の湯布院町(現在は由布市)にも甚大な被害をもたらしたようです。

湯布院を流れる大分川やその支流も氾濫したようです。

地元に住む友達のことが心配です。昨日、福祉関係の仕事をしている友人から「いまから独居老人の安否確認に行ってきます」という連絡をもらったばかりでしたが、大丈夫だったでしょうか。本人にも十分に気を付けてもらいたいです。

実は、僕は明後日から一週間、大分に行くことにしています。

本来ならこの週末、「還暦同窓会」が湯布院で開催されることになっていたのですが、今般のコロナ禍の影響で延期となってしまいました。

でも、あきらめきれない僕は、予約してあった航空券をキャンセルすることなく(単にマイルの有効期限が切れてもったいないという理由なんですが💦)、ひっそりこっそり九州北東部の一人旅を目論んでいます。

ついでに雨雲を追い払ってこようかと思います。

今日は東海地区にも激しい雨が降るようですね・・・と書いていたら、先ほど岐阜と長野にも大雨特別警報が発令されたようです。

ほんとこの異常気象には参りましたね。

消え去れ、雨雲よ!

皆様のご無事をお祈りいたします。

 

さて、僕は本日、夕方まで在宅です。雑務をあれこれとやる予定。

夕方からは出社してリアルな打ち合わせですね。

では、朝食&エール再放送後、仕事します!

 

20年前(2000年7月から約1年間)メルマガで連載していた自伝(自虐?)のコラムを不定期で再掲しています。きょうは第16話です。

※第1話はこちら⇒新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」

※原則として昔の原文のままですが、事実とは異なっていた内容、誤字も含めての不適切な表現、「てにをは」のおかしな個所は、修正しています。また当時の写真やイメージ画像等を追加で掲載しています。

※文中にある「今」の内容は、すべて執筆したとき(西暦2000年当時)のものです。


社長 : 「分かりました。じゃあ、お付き合いさせていただきましょう」

釘崎 : 「へっ?」

社長 : 「まずは、当社の会社案内を作ってもらえますか?そうですねぇ。予算は200万円でどうですか?」

釘崎 : 「に、にひゃふまんーーー!?」

僕がリクルートで営業の仕事を開始して、はや2ヶ月。まったく売れず、情けなく惨めな思いで「もう辞めようか……」と思い始めていた矢先に、不意に訪れた初受注の瞬間でした。

釘崎 : 「に、にひゃふまん、い、いや200万円の会社案内を作らせていただけるのですか?」

社長 : 「200万円じゃ足りません?」

釘崎 : 「い、いやいや、大丈夫です。て、ていうか、僕じゃよくわからないので、制作マンをこれからすぐ連れてきます!」

会社案内の制作は、営業マン側にいろんな知識やある程度のセンスが必要とされるため、新米営業マンが受注することなんて滅多にありませんでした。

しかも、今まで何一つとして商談を成功させたことのなかった『売れない営業マン』に売れるはずのない商品だったのです。

わけの分からないままに、営業所に戻り所長に報告。

所長は「おー!くぎー、遂にやったかー!おめでとう!」と自分のことのように喜んでくれ、キツーい(キスじゃなく)握手を交わしてくれました。

制作マンや、庶務の女性や、事務所に居あわせた他の営業マン達も「クギサキくーん、良かったねー」 「おー、クギ、これでやっと棒グラフに色がつくなー」と口々に喜んでくれました。

そ、そうか……俺、ついに売れたんだ……と、やっと実感が湧いてきて、なんだか熱いモノがこみ上げてくる自分に気がつきました。

今から17年8ヶ月も昔の出来事ですが(注:2020年の現在から数えると37年前の出来事となります)、絶対一生忘れる事のない感動の日でした。

 

ところで、この初受注には後日談がありまして……。

初受注をくださったこの会社の社長に、「あのー、どうしてあの日、初めて会った僕にいきなり注文を出そうと思われたんですか?」と勇気を持って聞いたことがあります。

「いやー、実はね、私には関西のある会社に就職したばかりのひとり息子がおりましてね」

「は、はい」

「いま、大阪で営業をやっとって、ひとり暮らししながら苦労しとるらしいんですわ」

「そうなんですかあ」

「釘崎さんが、うちの課長に小一時間も粘りながら一生懸命営業しとる姿を遠目で見とったら、なんだかうちの息子とだぶってきましてなあ……」

「は、はあ・・・」

「うちの息子もこの若い営業マンみたいに一生懸命営業しとるんだろうか・・・よし、私がこの営業マンと直接話をしてみよう、と思ったわけですわ」

「な、なるほど・・・」

「まあそれで釘崎さんと話をするうちに、ますます釘崎さんが息子みたいに思えてきましてね。息子にエールを送るつもりで、こいつに仕事を任せてみるかと、親バカで恥ずかしいんですが、初対面の釘崎さんにお願いした次第なんですわ」

つまり、この初受注は僕の実力でも何でもなく、「たまたま」飛び込んだ会社の社長の息子さんが、「たまたま」僕と同じくらいの年頃の営業マンで、「たまたま」事務所に居合わせたその社長は、僕と息子さんのことがダブって見えてしまい、ついうっかりホロホロと注文を「出してしまった」と、いうことだったのです。

出来すぎなくらいうまい話しですが、これは全部ほんとうのこと。まさに事実は小説より奇なり。この感動の初受注がなければ、パフが生まれることなんてなかったかもしれません。

(ひとりでウルウルしながら次号につづく)


 

20年前に書いた37年前このエピソード。書いておいてよかったなと思います。いまならここまでリアルに描けなかったかもしれません。

この初受注をくださった会社、水道橋の駅そばにありました。現在のパフの本社事務所から歩いて10分くらいのところです。何年か前に行ってみたことがあるのですが、当時のビルも会社も見あたりませんでした。ネットで検索しても見つかりませんでした。

できることならもう一度お会いして、当時のお礼ができたらなと思うのでした。

さて、本日僕はオンラインmeetingが数本。夜は久々の会食です。

では朝食&エールの再放送後、準備します!

 

僕が生まれたのは(旧住所で書くと)熊本県八代郡坂本村葉木にある「鶴の湯旅館」という昭和29年に建てられた木造三階建ての旅館です(日本で最後に建てられた木造三階建ての建物らしいです)。

僕の母方の祖父(気性の激しい明治生まれの九州男児)が創業した旅館です。

建物のすぐ脇には球磨川が流れています。最近リライトを始めたこちら( 新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」)にも書いていました。

住んでいたのは3歳くらいまでなんですが、小学生の頃は毎年夏休みになるとこの生家に2週間くらい帰っていました。僕にとっての本当の「ふるさと」です。

現在では、僕の従兄のご家族が旅館業を継続しておられます。

検索したら洒落たホームページもありました。

 

鶴の湯旅館のホームページ

 

ところがこの地域、今般の大雨の被災地になってしまいました。

心配になって、熊本に住む従兄に電話しますが繋がりません。夜になって、やっと連絡が取れて無事であることが確認できました。建物も少し小高いところに建てられていたことから水も上がってこなかったとのこと。少しホッとしました。

僕の家族は、この生家で暮らしたあと、球磨川をさらに上っていったところにある人吉市にも1年近く暮らしていました。僕が5歳だったころですが当時のことは今でもよく覚えています。

今回の大雨の被害は、この人吉のほうが酷くて、市中のほとんどの建物が浸水してしまいました。

従兄の話によると、僕が通っていた幼稚園(青井神社のなかにある青井幼稚園)も浸水してしまって酷い状況だとのことでした。

 

現在の青井幼稚園。10年ほど前、熊本出張した折に立ち寄ったときに撮影

 

暮らしていたのはもう50年以上も前のことですが、なんだかすごくショックです。

被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げたいと思います。

それにしても毎年のように襲ってくる自然災害。温暖化の影響なのでしょうが、そうして考えると(我々が目の前の便利な暮らしを追求したことと引き換えにもたらされた)人災なのかもしれません。

不便でも貧しくてもいいから、僕らの地球を、ふるさとを守ってほしい。自然災害が起きるたびにそんなことを思います。

 

さて、本日は第25期のキックオフミーティング。オンラインなのですが、節目の会議でもあるので会社まで行こうと思います。東京も朝から大雨ですけどね。

では朝食&エール後、行ってきます!