パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

昨日は、一般社団法人日本採用力検定協会の第一回理事会。全メンバーが一堂に会し、今後の事業方針や事業計画に関しての喧々諤々の議論が繰り広げられた。

そもそもこの採用力検定の構想が生まれたのは、昨年(2016年)6月29日の夜。場所は蒲田だった。この会合に参加したのは、横浜国立大学の服部先生、人材研究所代表の曽和さん、エーアンドエス常務執行役員の木津さん、そして僕の4人だった。

僕は翌日の日記(日本の採用の夜明けは近いぜよ!)で、こんなことを書いていた。一部をコピペしてみる。

===

企業の採用力を向上させることは、企業はもちろんのこと、大学も学生も、そして社会全体をも救うことにつながる。

企業には(営業等の現場の仕事に比べて)採用という仕事を軽く見る風潮がどうしてもあるのだが、それは絶対に間違っている、というのが僕らの一致する意見だ。

採用を行うすべての企業の採用力を向上させることが、日本全体の人材の適正配置や適正な流動化を促すことにつながる。

昨夜もその話で盛り上がった。

そして、昨夜集まった4名で、「日本の採用を変える」取り組みをやっていこうということになった。

何をやるのか?

まだ秘密である(‘_’)。

昨夜限りの(酔った勢いでの)話で終わらせないように、ネクストアクションも決めた。

合言葉は「日本の夜明けは近いぜよ!」である。

昨夜は、図らずもその発起人集会となったわけだ。

===

「酔った勢いでの話」では終わらなかった。パフの大岡のせいで(笑)。

昨年の暮れぐらいだったか、大岡が

「あれはどうなったんですか?」

と僕に聞いてきた。

「ん?あれって?」

と、僕はわざとすっとぼけていたのだが、

「採用力検定ですよ! あれ面白いじゃないですか。やりましょうよ!!」

と珍しく熱く迫ってくるので、

「わかった、やろう。じゃ、お前やれ」

という会話があって、そこから具体的な準備が始まったのである。

どうせやるならば本格的にやりたい。そのためには構成メンバーの布陣が大切だ。

昨年の6月の蒲田会合の4人が含まれているのは言うまでもないが、他にも、日本のあるべき採用を語るにこれ以上の組み合わせはない、という最高の方々に理事就任をご快諾いただいた。

これから実に面白くなりそうだ。

理事の皆さん、よろしくお願いいたします!

理事7名、全員集合!

 

懇親会も大いに盛り上がりました。

 

ということで、あいかわらず合言葉は、「日本の夜明けは近いぜよ!」である(*^^)v

 

さて、本日は11月1日。今年もいよいよあと2か月を残すのみとなった。

そして今夜は、パフの11月度キックオフミーティング。移転計画の発表も行う予定だ。

では、朝食後いつものウォーキングで行ってきます!

失速してしまった10月のラン

2017年10月31日 (火曜日)

9月から本格再開したランニング。9月はみごと100kmを超える距離を走ることが出来た。

10月に入ってもいいペースは続き、10月11日時点では50km超を走っており、2か月連続の100kmランは楽勝だろうと思っていた。

が・・・。

以下は、ランアプリから出力した10月の集計結果。

あちゃー😵

走行距離は10月11日以降ほとんど伸びておらず64.05kmで終わっている。

名古屋のライバルも10月はたいして走っていないと思うのだが、負けていたらどうしよう(-_-;)。

10月で走ったのは8日間だけ。週末に走れたのは、10月8~9日の連休の2日間だけだった。それ以降は雨の日が続いてほとんど走れなかった。距離を稼げるはずの週末も台風の襲来などでことごとく潰された。

と、まあ、それは言い訳。昨日も今朝も晴天なのに走ることが出来ていない。ついつい夜更かしをしてしまい就寝時間が遅くなってしまったのだ。

僕の中の優先順位は「睡眠>ラン」。睡眠時間を削ってまで走るのはやめることにしている。昔は4時間程度の睡眠でも平気だったのだが、最近では最低5時間は寝ないとカラダがきついのよね。

11月は天気も良さそうだ。寒くなったけど走るにはちょうどいい。平日は宴席の予定が多いので、週末を狙って走り込むことにしよう。

では、本日はランの代わりに気合を入れたウォーキングで行ってきます!

先ほどPCを立ち上げたら、「釘崎 清秀さん ― 友達からあなたの投稿に80,000件の「いいね!」がありました!」というメッセージが(Facebookの画面に)表示された。

 

僕はそれほど承認欲求が強い人間ではないのだけど、それでも自分の投稿に「いいね!」がたくさん付いていると嬉しいものだ。

この日々の日記の画面の下にも「Like」というボタンがあって、読者がぽちっと押すことで数字がカウント(インクリメント)されていく。

手抜きの日記だと可哀想なくらいLikeの数が少ない。でも、時間をかけて真面目に書いた日記だからといって数が増えるわけでもない。逆に、手抜きでも、短い日記でも、なぜかたくさんのLikeをもらうこともある。

最近の例だと、先週末の「銀行支社長と経営者協会とカカちゃんとマリちゃん」という日記。わりと時間をかけて真面目に書いたのだけどLikeの数は7個だけ。一方で、2週間ほど前に書いた「事務所移転を計画してます。」は、単に移転計画してますよ、ということを書いただけの日記だったのに、Likeの数は57個になっていた。

内定式の日の写真を載せただけの「2018年度入社予定者の内定式」には108個ものLikeがついていたし、ヨシカワの取締役就任をお知らせした「第21期定時株主総会だった日」も、10分くらいで書いた手抜き日記だったにもかかわらず、103個ものLikeがついていた。やっぱり前向きなことやメデタイことだとLikeしやすいんだろうな。

あ、そうそう。この日記には音楽ネタ(ピアノを練習してるぞ、とか、来年の2月3日にはライブを開催するぞ、とか)もよく載せるのだけど、総じて不評だ。

この上半期には、「みね子」の話もよく載せていたんだけど、これも一部の人以外には受けなかったようだ。最終回のあとに書いた「みんな一緒に頑張っぺ!」などは、テレビの画面を何回も写真に撮ったりして手間をかけて載せた大作(?)だったのに、Likeは20個と平凡な数に終わってしまった。

まあ、手抜きであっても力作であっても、やっぱりLikeは多いに越したことはないですね(*^^)v

ということで、本日は急きょのLikeネタでした。

本当は、来年の2月3日に開催する「春よ来いライブ2018」の宣伝を書こうと思ってたんですけどね。それはまた明日書くことにしましょう。たとえLikeがもらえなくてもね(笑)。

では、台風一過の晴天の下、元気なウォーキングで行ってきます!

 

昨日の午前はパフのメインバンクである某銀行の支社長が、担当者を伴ってわざわざパフまで来訪してくれた。

貸し剥がしに来たわけではない(‘◇’)ゞ

今年に入ってこの銀行との取引が(他行と比べて相対的に)ぐんと増えたことを受けて、そのお礼ということでお越しくださったのだ。

「借金」というとネガティブなイメージを持つ人が多いのではないかと思うが、実際には(少なくともパフ・・・というか僕の場合は)まったく逆。

低利での資金調達は、会社を強くしビジネスを拡大していくうえでの欠かせない施策だし、かつてのリーマンショックのような経済危機が突如襲ってきたときの必須の防衛手段でもある。

パフの取引金融機関は現在5つ。メガバンクふたつ、地銀ひとつ、信金ひとつ、政府系ひとつ。(個人を含めての)生保、損保、証券を加えるとまだまだたくさんある。

それぞれに特徴があってとても面白い。

金融業界(とくにメガバンクやメガ損保)は、就職先としての人気業界なのだが、本当に研究したいのであれば、僕のような(景気のいいときと悪いときの両方を経験したことのある)中小企業の社長に聞いてみるのがいい。人事担当者が絶対に話さない(話せない)裏も表もよくわかると思う。

と、話が逸れたけど支社長との面談はとても楽しかった。M銀行さん、今後ともよろしくお願いします!

 

午後からは、経団連会館に移動。

東京経営者協会が毎年主催している「就職・採用担当者のための産学交流会」に出席するためだ。

約80大学のキャリアセンター職員と約200名(社数はもうちょっと少なかったかな)の採用担当者が一堂に会する交流イベントだ。

冒頭では、人材研究所の曽和さんが講演していた。大学職員にも採用担当者にも、よりよい就職と採用を実現するための改善ポイントをたくさん伝授していたのだが、両者にとっては耳の痛い話も多くて、さすがの曽和さんも話しづらそうでしたね。

上の写真、顔が隠されているのはそのためではありませんが(笑)。

 

帰社後は夜9時半までプロダクト責任者が集まっての戦略会議。営業現場では顧客への来季採用に向けての提案活動が佳境を迎えているので、日中はなかなか皆が集まれない。夜9時を過ぎると眠くなるお年寄りな僕なのだが、この時間帯の会議もやむを得ない。

で、この会議に参加するメンバー(プロダクト責任者6名)から約束させられたことがある。

「どうせお前は役に立たないのだから、せめて会議後には焼肉をおごれ!」

・・・Σ( ̄□ ̄|||)。

まあ、それで売上が順調に伸びるのであれば安いものなので、約束どおり(渋々?)会社の近くにある焼肉店に足を運ぶことにした。その約束を密かに耳にしていたのか、執務室でひとり遅くまで残っていた新入社員イシガミをともなって(^^ゞ。

で、焼肉店で僕の前に座っていたのが、そのイシガミと入社5年目の先輩シミズ。カカちゃんとマリちゃんだ。

イシガミは、あいかわらずコンビニ飯ばかり食べていて、野菜が日ごろ不足しているという。先輩のシミズから「カカちゃん、肉ばかりガっついてないで、もっと野菜も食べなさい!」と怒られながらも、仲良く皆で終電近くまで肉を食べていましたとさ。

 

ということで、昨日の主な出来事でした。

さて、あっというまの金曜日。ちょっとだけみね子(ピアノ)に触れてから、行ってきます!

採用力と逆求人

2017年10月26日 (木曜日)

昨日は、ダイワコーポレーションさんの「わくわくプロジェクト」のキックオフミーティングに参加した後すぐ会社に戻り、「採用力」の打合せに参加した。

そう。パフとビジネスリサーチラボさんが発起人となって立ち上げた「一般社団法人日本採用力検定協会」(略称:採検)の打合せだ。

スケジュール調整が難航して、なかなかできていなかった理事会が来週の火曜日に開催される。第一回理事会だ。

理事会ではパフの大岡が中心となってまとめた事業計画を理事各位にご説明し、議論が必要なところは議論したうえで承認を得る。そしてその後、採検の事業が本格スタートすることになる。

7月3日の設立以来、表立った活動をしていなかった採検だが、これからがやっと本番。きっと頑張る。大岡が

 

その後、最近採用の世界をにぎわせているダイレクトリクルーティングについて少し思うところがあり、いろいろと研究していた。ダイレクトリクルーティングは「逆求人」とか「オファー型採用」と呼ばれることもある。

新しいサービスと思われているが、実はぜんぜん新しくない。

今から21年前。「逆求人」のアイディアを(ネーミングそのものも)求人サイトの世界に持ち込んでサービスを開始した僕が言っているのだから間違いない(笑)。

あのとき「逆求人」を商標登録しとけばよかったなと最近思う。でも当時は会社員だったので(権利は僕個人には帰属しないので)あんまり意味はないけど。

「逆求人」で検索していたら、1998年前半に作成されたであろうリンク集に行きついた。「就職活動に役立つサイト一覧」( http://www.mise.sss.fukushima-u.ac.jp/jobs/joblink.htm )というタイトルのリンク集だ。URLを見ると、福島大学のサーバーに置かれていたようだ。

このリンク集を見ていてびっくりしたのだが、僕がパフを立ち上げた直後に開設した「しゅうかん会社説明会」というサイトが上位に紹介されていた。なんとURLが、現在のパフのコーポレートサイトと同じhttps://www.puff.co.jp/ だったのだ。

そして僕が会社員時代、1995年に立ち上げた「登龍門」というサイトも、以下の紹介文とともに掲載されていた。

===

22.登龍門

登龍門は、今年で、開設4年を迎える総合求人情報サイトです。新卒学生に向けた企業情報コーナー「社会人への道」、キャリアアップを目指す社会人向けの企業情報コーナー「天職への道」の総合情報。求職者の自己紹介を匿名で企業に伝える「逆求人」、学生、人事担当者など読者参加の掲示板コーナーなど他ではまねのできない特徴的なコンテンツ。豪華執筆人による、「内定の達人」、「トップインタビュー」、「就職講座」など、求職者必見の読み物。毎週届く求人情報メールサービスや、仕事を探している方にも、企業の採用担当の方にも役立つ情報満載です。

===

なかなか、好意的な紹介のされ方だ。このなかにも「逆求人」という名前がしっかりと残っている。これを見て、どうだ、ざまあみろという爽快な気分になったが、「だからどうした?」と言われたら、「いえ、どうもしません」と答えざるを得ないのだけど(苦笑)。

まあ、ともあれ「逆求人」を20年以上前に発案した身として、最近のダイレクトリクルーティングが姿を変えながらも脚光を浴びているというのは複雑な気分。採用を手法論では語りたくないのだけど、理想的な採用の在り方というのは、いつまでもどこまでも追求していきたいと改めて思う。

そういう意味では、一般社団法人日本採用力検定協会が担うべき役割は重要だと思うのだ。きっと頑張る。大岡が(笑)。

 

昨日の夜は、採検の事業にも大きな刺激と影響をいただくことになるであろう「採用学」の4周年記念セミナーにも参加させていただいた。そして本日も、採検の理事になっていただいている人材研究所の曽和さんが講師を務めるとある会合に出席してくる。このことは明日の日記でまたご紹介することにしよう。

 

と、本日も盛りだくさんだけど、そろそろ行ってきます!

 

本日はこのあとすぐ、創業時から(厳密にいうと現社長とは創業前から)お付き合いのある物流企業ダイワコーポレーションさんに直行する。

朝8時半から、とあるプロジェクトのキックオフミーティングが開催されるのだが、そこにオブザーバーとして参加させていただく。

とあるプロジェクトとは?

僕が2年前に人事専門誌「月刊マネジメント」に寄稿した記事に詳しく掲載しているので、その紹介文章から引用してみよう。

☆☆☆

【タイトル】

「若手社員に任せる新卒採用プロジェクト」〜あえて「効率的でない採用」に挑んだD社の現場から。オモテとウラの成長記録〜

【記事の概要】

弊社が新卒採用の支援を以前より行っている、株式会社ダイワコーポレーションという物流企業が本年2 月より取り組んでいる新卒採用プロジェクト(同社では
「和く和く(わくわく)プロジェクト」と命名している)について紹介。これは、入社3 年以内の若手社員全員に,新卒採用の企画・運営を全面的に任せるというもの。

人事マネジメント9月号 記事ダウンロード】
http://www.puff.co.jp/official/201509JM.pdf

☆☆☆

このプロジェクト、入社2年目を迎えると全員が参加できることになっている。そして最長3年間在籍すると卒業していく。大学の部活のように、毎年メンバーの入学と卒業を繰り返すことで、組織の新陳代謝が図られているのだ。

本日から四代目のプロジェクトが、新メンバーとともにスタートする。

このプロジェクトをいままで側面から支えてきたのがパフのキムラなのだが、ご存知の通り(ご存知ですよね?)先日から産休に入っておりプロジェクトを卒業。本日からは新メンバー(さて誰でしょう?)が支えることになる。

ということで、僕も「行かねば!」ということで行ってくる。何もしないけど(笑)。

僕は「人事マネジメント」に寄稿した記事を、次のような文章で結んでいる。

☆☆☆

 【互いに育て合う組織風土へ】

 新卒採用に巻き込まれることに否定的な現場社員は多い。「新卒採用なんかのために駆り出されるのは迷惑だ」とあからさまに抵抗する社員も少なくない。採用担当者でさえも,自らが手足を動かして学生と接触することを「非効率」という名のもとに避けようとする風潮がある。
 確かに仕事に効率性を求めるのは当然のことだし,ビジネスの最前線にいる現場の社員に,本業とは違う業務を行わせることに抵抗感があるのも無理ないことかもしれない。
 しかし,それは実にもったいないことだ。効率性を追求するあまり,(組織に本来必要な)多様な価値観を受け入れるための寛容性や人間性が失われてしまっていないだろうか。採用に無関心であるということが,結局は自分の後輩や部下に対しても無関心な自分を作り出してしまっていないだろうか。無気力で不活性な,余裕のない組織風土を生み出す一因になってはいないだろうか。
 新卒採用プロセスを利用して,現場の社員たちに多くの純粋な若者との交流の機会を持たせることで,社員たちは改めて自社の価値を発見できるはずだ。自分たちの将来の仲間は,自分たちで見つけ育てていく,という習慣が自然にできれば,会社は人間らしい温かい組織となり,ことさら大仰な教育制度など作らずとも,互いが互いを尊重し,助け合い,育て合う組織風土になるだろう。

☆☆☆

なかなか、いいことを書いているじゃないか(#^^#)。

では、ちょっと早めに大井町方面まで行ってきます。わくわくできるかな?

 

20年前の今日も朝ランしてた。

2017年10月24日 (火曜日)

台風一過。久々の朝ランだった。

ところでパフはもうすぐ満20歳。走りながら20年前の今ごろを思い出していた。

僕が起業を決意したのが1997年10月10日。その翌日から会社設立のための資本金集めに奔走していたのだが、早朝にも走っていた。

ダイエットとかではなく自分自身を鼓舞するのが目的だった。

僕は子供のころから走るのが大の苦手だった。そんな苦手で嫌いなことを継続してやってみようと思った。

嫌いなことや苦手なことをやり続けることが出来れば、独立してもなんとかやっていけると(当時の僕は)思っていたような気がする。なんて単純な奴なんだろう(笑)。

やっぱり独立することが怖かったんだと思う。うっかりすると弱気になってしまう自分がいた。

そんな気持ちを打ち消すためにも、毎朝走っていた。会社を登記する12月12日までの約2か月間、おそらく1日も欠かさずに走っていた。

・・・てなことを今朝、思い出した。

そういえば17年ほど前(会社を作って3年後くらいのころ)、約1年間かけて「パフの創業物語」というメルマガの連載コラムを書いていた。

ひょんなことから先週末、読み直していた。

あまりに稚拙な文章で読んでいて恥ずかしくなってしまったのだが、この節目のタイミングで書き直してみようかなという衝動に駆られている。

と、とりとめのないことを書いていたら家を出る時間が近づいてしまった。

この独り言の続きはまた今度。

では、いつも通りのウォーキングで行ってきます!