パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

20年前(2000年7月から約1年間)メルマガで連載していた自伝(自虐?)のコラムを不定期で再掲しています。きょうは第6話です。

※第1話はこちら⇒新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」

※原則として昔の原文のままですが、事実とは異なっていた内容、誤字も含めての不適切な表現、「てにをは」のおかしな個所は、修正しています。また当時の写真やイメージ画像等を追加で掲載しています。

※文中にある「今」の内容は、すべて執筆したとき(西暦2000年当時)のものです。


中学2年まで、いろんなコンプレックスに苛まれていた僕ですが、中学3年の担任の先生との出会いによって、それまでの闇が一気に晴れていくこととなります。

とても素晴らしい、一生を通じて尊敬できる先生でした。

その先生の名は「中島先生」。当時40歳ちょっと。考えてみれば今の僕とさほど大差ない年齢です。

でも、今の僕なんかまったく及びもつかない、とってもとってもどでかい先生でした。

中島先生(卒業写真より)

人と人とを決して比較しない、差別しない、個をものすごく大事にしてくれて、良いところを見つけだし伸ばそうとしてくれる先生でした。

コンプレックスを抱えていた当時の僕がどんなに救われたことか。

優しさと厳しさとを兼ね備えた先生で、顔が腫れ上がるほどのビンタを何回も経験していますが、全くと言っていいほど恨むことなんてありませんでした。

この先生のおかげで、僕のクラスの連中は、頭のいい奴も悪い奴も、顔の美醜や、運動の出来不出来、家庭の貧富なんかもまったく関係なく、みんな明るく楽しい中学生最後の年を過ごせたんじゃないかと思います。

僕が後年、大学でサークルの部長を務めたり、会社で組織のリーダーを務めた時、あるいは経営者となった今、この中3の時の先生を見習うことが実は多いんです(さすがにビンタはしませんが!)。

余談ですが、この湯布院中学3年一組には、渡辺という野球部(全国大会で準優勝するほど強いチームだった)のキャプテンだった奴がいました。彼とはいつも喧嘩ばかりしていたのですが、この先生のおかげでいつのまにか大親友となりました。その後も腐れ縁が続いており、今でもたまに会って酒を飲んだりしています。

 

こんな素晴らしき中3も終わりに近づき、高校受験の時期となる訳です。

天才と比べると凡才だった僕でしたが、それほど苦労することもなく大分市内の進学校に見事合格。そして仲の良かったクラスの仲間たちとも離ればなれになる日がやって来ました。

卒業式の後、教室にもどった僕たちに先生は多くを語らず、おもむろに背広のポケットから小さいハーモニカを取り出し静かに演奏をはじめたのでした。

その曲は「ふるさと」。
(うーさーぎー、追ーいし、かーのーやーまー…)

我らが湯布院中学校は、山村の中学校のため、都会(というか大分市内)の高校に入る僕は、高校入学後は湯布院を離れて下宿することになっており、本当にこの日は、多くの仲間たちと(先生も含め)離ればなれになる日だったんですね。

そんなこともあって、先生のハーモニカを聞いて号泣状態。号泣しているのはもちろん僕だけではなく、ほとんどのクラスメートが泣いていました。「3年B組金八先生」さながらの情景でした。いや、僕らにとってはドラマよりずっとずっと感動的だったはず。一生忘れることの出来ない、感動の卒業式の日でした。

そして、それから数週間後の1976年4月。大分県立大分舞鶴高校に晴れて入学する日がやってきました。

初めての親元を離れてのひとり暮らし。「酒と泪と男と女」の下宿生活がスタートするのでありました。

(つづく)


この中島先生は今から13年前(2007年)に他界されました。

その翌年、上の物語にも出てくる同級生の渡辺と二人でお墓参りに行った時のことを当時の日記に書いていましたのでリンクを張っておくことにします。

中島先生の墓前に、旧友とともに近況を報告した日(2008年1月27日の日記)

中島先生率いる湯布院中学3年一組の級友たちと過ごした楽しい日々。45年経ったいまでも、思い出しては幸せな気持ちになります。

さて、本日は朝から雨模様。歩いていくかどうか悩みどころですが、朝食&エール後、傘をさして行ってきます!

新しい徒歩通勤路

2020年5月29日 (金曜日)

緊急事態宣言が解除されて、朝の通勤電車も徐々に混んできたみたいですね。

「みたいですね」というのは、僕は電車には乗らずに歩いているから。新型コロナ感染拡大防止対策のためではなく、旧来型肥満防止対策のためです(笑)。

普段は、浜町⇒東日本橋⇒東神田⇒靖国通り⇒岩本町⇒駿河台下⇒神保町⇒九段下という経路で歩いています。

でもそろそろ飽きてきました。

昨日は経路をちょっと変えて、浜町⇒人形町⇒三越前⇒読売新聞本社前⇒竹橋⇒九段下という経路で歩きました。

 

昨日の竹橋付近の景色です

 

晴れた日に皇居を見ながら歩くのは快適ですね。

これから梅雨に入った時が問題ですが、合羽でも買うことにしましょうか。暑いかな。旧来型肥満防止対策のためには効果的かもしれませんがw

ということでいつにも増して、中身のない手抜き日記でした😝。

では、本日も朝食&エール後、1時間のウォーキングで行ってきます!

 

10万円をどこでどう使おうか。

2020年5月28日 (木曜日)

昨日、我が家にもついに来ました。これ👇が。

特別定額給付金を申請するための書類です。全国民に10万円が一律に給付されるっていうあれですね。

フォークソング居酒屋開業(いつになるんだろうか…)のために、うん千万円単位の資金調達を目論んでいる身としては小さなお金だし、日々の暮らしに(今のところ)困っているわけでもないので「不要」って書いて送り返そうかと思っていたのですが考えが変わりました。

もらうだけもらって、パーッと使い切ることにします。経済を回すために。

問題はどこで使うか。何に使うか。

やっぱりこの自粛期間で売り上げが低迷してしまった飲食店で使うべきでしょうか。ミニシアターに行って映画を観まくるのもいいかもしれません。故郷に飛行機で帰って、旅館に泊まったり、みやげもの屋さんでたくさん買い物をするのもいいですね。

なにしろケチ臭く銀行口座に貯めこんだりせず、パーッと使っちゃいましょう。早いところ街に活気を取り戻さなきゃね。

さて、本日は会社に行く予定です。火&水は終日在宅だったのでカラダが鈍ってしまいました。朝食&エール後、60分のウォーキングで行ってきます!

さて、今朝の日記ネタはどうしたものか。

昨日の日記ネタだったFネット総選挙は終了し、次期幹事が無事に決定したのですが、新会長含め新しい執行体制が発足するのは来週末になるので、そのタイミングでまた書くことにしましょう。

ということで、今日はまた「新・パフの創業物語」を書こうと思って、原著である「パフの創業物語」をネットでググって取り出すことにしました。

「パフ 創業物語」でググると検索結果の先頭に表示されるのが20年前に書いた「パフの創業物語」です。先ほども同じようにググってみました。

すると「パフの創業物語」の何個か下に、「オプト創業物語 」という検索結果が出てきました。

ん?なぜオプトさんのコンテンツが上位に表示されるんだろう。創業物語というワードは確かに一致しているけれど……。

ちなみにオプト創業者の鉢嶺登さんと僕とは旧知の間柄で、パフの創業から3年間ほどは社外役員になってもらって、オプトの生きのいい若者に出向してもらったりもしていました。

でも、そんなことをGoogleの検索エンジンが知る由もなく。

不思議に思って、「オプト創業物語 」をクリックしてみました。

あー、なるほど、そういうことかあ。

鉢嶺さんも創業時のあれこれを物語として自社(オプトホールディングス)のホームページに載せているんですが、そこに僕のことも書いてくれていたんですね。

ちょっと引用してみましょう。

(引用元:オプトの歴史と逸話11 ~原宿オフィスと新卒採用へのこだわり~


1995年5月資本金300万円から

1000万円への増資をきっかけに
2つめのオフィス?!に移った。オフィスといっても、原宿の一軒家で、1階は韓国料理屋。
しかも、韓国料理屋の中階段を昇らねばオフィスには行けない。
家賃は20万円。
贅沢は言っていられない。(中略)

その年新卒採用を始めた。
まだ創業2年目で正社員は私含め3名だったが絶対欲しかった。
佐藤君や古谷君という学生バイトが優秀だったこともある。
有名な新卒採用媒体はコストもかかるし、大手企業に埋もれてしまう。

色々と手法を探していると、やはり創業間もないネット求人媒体を見つけた。
「登竜門」
と言う日本初とも言えるネット求人サイトであった
(責任者の釘崎さんはその後独立しパフという新卒採用媒体を立ち上げる。
http://www.puff.co.jp

その後はずっとパフを活用して良い人材を採用した。
パフは当時70社あまりの企業しか掲載されておらず、
しかも三菱商事やマクドナルド、講談社といった大手企業と
我々のような無名ベンチャー企業が一堂に会しており、
じっくり比較でき、優秀な学生を採用できたのだ。

その年、2名に内定を出した(星谷くんと小口さん)。
当社の新卒第1期生である。
内定を出すと、小口さんのお父様から連絡があり、
私との面談を希望された。
どうやら地方から出てきた娘さんが悪い人に騙されていると思われたようだ。
確かに韓国料理屋の2階事務所では不安になるのも致し方ない。
結局、面談をして事なきを得たが、
それから社長の私がご両親に逆に面談されるという風習?!は数年続くことになる。

それでも新卒採用にはこだわった。
特に社風を大切にする会社においては新卒がとても良いと思う。
何しろへんな固定概念がない。
真っ白なキャンバス。
俺はこんな会社を創りたいと言えば、
純粋にできると信じてくれ、
それに向かって一緒に走ってくれる。
そういえば、前職の森ビルも私が入社した当時は同様の理由で新卒採用のみだった。
周囲のベンチャーを見ても
早くから新卒採用している企業は伸びているように思う
のは気のせいだろうか。


なるほどねー、そういうことだったのか。鉢嶺さん、嬉しいじゃあないですか。

オプトのことや鉢嶺さんのことや登龍門のことは、僕の創業物語でももちろん出てきます。かなり後半の方ですが。

その時にまた詳しいことを語ることにいたしましょう。

では、本日も朝食&エール後・・・あ、きょうはこのあと面接です。準備しましょう。履歴書届いたかな?

きょうは選挙の開票日

2020年5月26日 (火曜日)

僕(パフ)が事務局を引き受けているFネット(ふるさと就職応援ネットワーク)には5名の幹事(うちひとりは会長)がいて、会の方針やルール・重要事項を決めながら運営しています。

この幹事の任期は2年間。来月(6月末)で任期満了となります。

で、いま次の幹事を決めるための「Fネット総選挙」を実施中でして、次期幹事に推薦された候補者10名のなかから5名を選出します。

👆投票画面です

 

加盟企業には2票(社長に1票、社員代表に1票)の投票権が与えられています。全加盟企業が権利行使してくれれば44票が投じられることになります。

実は本日がこの選挙結果を発表する日なのです。

昨夜をもって投票を締め切りました。あとは投票箱(アンケートシステムですがw)から票を取り出してカウントするのみ。

さて、どうなるんでしょうね。

ちなみに選出された幹事5名による新幹事会を来月中に開いて、次期会長を互選によって決めることになっています。

山田会長の再選はあるんでしょうか。でもその前に、幹事として選出されないといけないですからね。そういう意味では、今回の選挙は現会長の支持率を測る、という意味合いもありそうですw。

午前中に開票を終えて、お昼過ぎには加盟各社に選挙結果をお知らせする予定です。

Fネット加盟各社のみなさん、どうぞお楽しみに!

さて、本日僕は在宅勤務。お江戸日本橋から全国に開票速報をお届けしましょう。

では、朝食&エール後、開票します!

 

20年前(2000年7月から約1年間)メルマガで連載していた自伝(自虐?)のコラムを不定期で再掲しています。きょうは第5話です。

※第1話はこちら⇒新・パフの創業物語<第1話> 「最初の出会いは産婆さん?」

※原則として昔の原文のままですが、事実とは異なっていた内容、誤字も含めての不適切な表現、「てにをは」のおかしな個所は、修正しています。また当時の写真やイメージ画像等を追加で掲載しています。


礼子ちゃんのおかげで自信を取り戻した僕は、以降の小学生時代をとても楽しく過ごしていました。

時が過ぎ、中学(湯布院中学校)に進学した僕は、入学式の初日に柔道部の門を叩きました。

この頃テレビで「柔道一直線」(桜木健一主演、近藤正臣が足でピアノを弾いたことで有名)が流行っており「強くなって黒帯を締めたい!」と単純に思ったのが入部のきっかけでした。

ブームだったこともあって4月には新入部員が30名ほどいたのですが、3ヶ月後に残ったのはわずか7名。

先輩に容赦なく畳に投げつけられる毎日に、ほとんどの連中は逃げ出すように退部していきました。

僕も毎日辛くて、辞めたいと思ったこともしばしばだったのですが、意外と負けず嫌いなところもあり、そのままズルズルと続けることになりました。「黒帯をいつかは締めたい!」という思いもかなり強かったのでしょう。

結果的に中学3年の夏の大会まで柔道を続けることになり、3年生の夏には昇段試験にも受かり、念願の黒帯(初段)を締めるまでになりました(初段の免状と黒帯を先生から受け取ったときには、ムッチャクチャ嬉しかったです)。

今では、お腹も胸もぜい肉だらけでプヨプヨしていますが、当時は結構逞しかったものです。

卒業記念に撮った柔道部の写真

ところで、中学生ともなると高校進学を前提とした勉強にも力を入れざるを得ない時期。我が湯布院中学校は、田舎の中学校でありながら学業指導にも熱心な学校でした(それが普通なんですかね)。

僕は柔道漬けの毎日だったため、家で勉強や宿題をやることは殆どありませんでしたが、それでもまー、授業中はちゃんと起きていたこともあってクラスでは2番か3番、学年では10番前後をキープしていたでしょうか。

自分では「我ながらよーがんばっちょる。こんくらいの成績やったら上出来じゃよ…」と思っていたのですが、学校の先生や母親は、そうは思ってくれなかったようで、 「お前なー、どしちもっと勉強せんのかのー。お前の兄ちゃんはのー、学年で1番以外取ったことなかったんぞ!」と、いつも口やかましく言われていました。

僕には5歳年上で「中学始まって以来の秀才」とまで言わしめた成績優秀な兄貴がいて、当時の学年主任や数学や英語など主要科目の先生の多くが、兄を教えた人だったんですね。

そんな秀才だった生徒の弟が入学してくるということで、先生たちの期待はずいぶんと大きかったようです。

折悪しく?そんな兄が、東大法学部に受かってしまったものだから、余計その期待は膨らんでいきました。

「おい、お前の兄ちゃんは東大ぞ!お前もがんばって東大めざさんか!」と母親や一部教師たち。

「うるせー、俺は俺じゃ!兄貴なんかと比べるんじゃねー。何が東大じゃ!」「お前らは兄貴の東大入学だけで満足しちょりゃ、それでいいんじゃ」と、僕の心の叫び。

なぜか学業の上ではかなり劣等感を抱いていた中学時代。普通なら誉められてもおかしくない成績だったのに、おかしなものですね。

おそらくこの中学時代に兄と比較された悔しさが、大学卒業後に普通の進路を選択しなかった僕の生き方に繋がっているような気がします。

(つづく)


そういえば先週放送の「エール」に、桜木健一が登場していました。スランプに陥っている主人公(窪田正孝)に気づきの一言を語るレコード会社の録音技師として。ほんの数十秒の出演だったんですが感激しました。桜木健一、もう72歳なんですねえ……。

さて、本日は在宅勤務の予定だったんですが、会社に置いてある資料を取りに行かねばなりません。今週は月末なので、郵便受けには請求書もぼちぼち届き始めるころですしね。ついでに経理担当者宅までお届けすることにしましょう。

では朝食&エール後、きょうは自転車で行ってきます!

 

行きつけのお店を応援しよう!

2020年5月22日 (金曜日)

お客さんや仲間たちと、よく行く食べ物屋さんが何軒かあります。

僕は食べ物ブロガーとはちがって、たくさんのお店を開拓するのは苦手です。

でも、そのぶん気持ちの通じる店長やオーナーが経営するお店には、足しげく通っています。

このお店もそのひとつです。

 

 

東京大神宮のすぐそばにあるイタリアンレストラン、シンチェーロさんです。

もうずいぶん前になりますが、このお店のすぐそばに事務所を構えていた今野さん(株式会社GOODandMORE社長)に教えてもらったお店です。

パフが現在の事務所に移転した2年前からは、僕の行きつけ&お気に入りのお店になりました。美味しいワインを飲みながら少人数で語り合いたい夜などはよく利用しています。

でも、外出自粛となったこの2か月はパッタリと行けなくなってしまいました。

ところが、今野さんがつい先日このお店のことをFacebookでご紹介していました。


当面の間、ランチとテイクアウトの店として営業している。
テイクアウトは・・・
・12:30までの予約で14:00までのお渡し
・16:00までの予約で17:00~20:00のお渡し
なんだって。


 

わ、そうだったのか、これは行かねば!

ということで、昨日出社していた社員たちにも声をかけてテイクアウトのランチをオーダーしたのでした(なんと全9名の社員から手が挙がりました。ランチを食べるために出社した社員もいるのではないかという疑惑もw)。

食べたランチがこれ。

ホサカ撮影

写真ではよく分からないと思いますが、パスタとミートボールとサラダとパンとデザート(苺とケーキ)のセット。ボリューム満点でとっても美味しかったです。

これで料金はリーズナブルな1,100円(税込み)。

いいでしょ?

九段下、飯田橋界隈でお仕事をしてらっしゃる方は、ぜひご利用ください!

昨日出社していなかった経理担当者が「私も食べたい!」というので、僕は今日も二日連続でのパスタランチになりそうです💦

さて、本日は銀行との電話打ち合わせ、顧問税理士さんとの2か月ぶりの対面打ち合わせ、採検理事陣とのオンライン打ち合わせなどが立て込んでいます。在宅でも出来るんですが、ランチを食べるためには出社ですね。

では、朝食&エール後、行ってきます!