パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

15年前のパフ創業時。大学を卒業したばかりの、ひとりのペーペー営業マンがいた。

パフの社員ではない(そもそも新卒を採用する余裕なんて創業時のパフにはなかった)。

名前を菊ちゃんという。

菊ちゃんは、(ネット広告代理店の大手企業である)オプトの新入社員。いまは大企業のオプトだが、当時は社員が10人しかいなかった。

そんな零細ベンチャー企業に夢と野望を抱きながら入社した菊ちゃん。

ところが創業社長の鉢嶺さん(当時パフの非常勤役員を務めてもらっていた)から、「キミはパフに行って釘崎さんの下で働きなさい」と言われて、訳の分からないまま、以降1年間、社会人としての第一歩をパフのどぶ板営業マンとして過ごすことになったのだ。

当時のパフは(創業直後なので当たり前だが)実績のある商品なんて何一つない。取引のあるお客さまも一社もいない。すべてがゼロからのスタートだった。

菊ちゃんは、何百社もの企業に電話をかけまくり、飛び込み訪問もしまくり、営業先の人事担当者に断られまくるという毎日を過ごしていた。

日に日に財政は厳しくなる一方。会社の預金通帳は、「これって小学生の貯金通帳?」と見間違うほどの残高になっていた。

本当に苦しい苦しい毎日だった。

そんな厳しい時代をともに過ごした菊ちゃん。出向期間を終えてオプトに戻って行ったのだが、その直後、彼はオプトを辞めてしまう。

オプトに入社後いきなりパフに出向させられて、厳しいどぶ板営業をやらされて、嫌気がさして辞めてしまったんだろうか。僕は、申し訳なく思っていた。

でもそんな心配をよそに、菊ちゃんは転職先の外資系パソコンメーカー(デルコンピュータですね)で大活躍し、気がつけばアジアの統括責任者にまで上り詰めていた。その後、アップルコンピュータに籍を移し、ここでもシンガポールの責任者を務めるまでになった。

「へー、あの菊ちゃんが。すごいなあ」と思っていた。

その菊ちゃんが、昨夜、パフに遊びに来てくれた。会うのは彼がパフを去って以来。実に14年ぶりだ。

学生に毛の生えたくらいの不良兄ちゃんだった菊ちゃんが、白髪混じりのスーパービジネスマンに変身していた。

いやあ、嬉しかったなあ。

その後、茅場町の焼鳥屋で乾杯。そして、「あの頃の新富町の事務所、まだあるんですか?行ってみましょうよ!」ということになり、タクシーで新富町まで。

そこで撮った写真がこれ。

kiku

創業時の超狭い事務所があった「新富町1丁目ビル」の前での菊ちゃんとのツーショットだ。

「あのころ、パフで鍛えてもらったおかげで今の僕があるんです。デルコンピュータよりもアップルコンピュータよりも、あのころのパフがイチバン辛かったけどイチバン必死に懸命に働いていました」と、菊ちゃんは語ってくれた。

菊ちゃんは、実はつい最近、古巣のオプトに戻り、海外事業責任者を務めることになったのだという。

「クギサキさん、こんどはまた海外で、いっしょにどぶ板営業やりましょうよ」

「お、いいね、やろうやろう!」

そんなことを、新富町のスナックのろで語り合っていた。

実に楽しく嬉しい、菊ちゃんとの再会だった。

 

さて、本日はついに2012年の仕事納め。最終日の大仕事は、大掃除と年賀状だ。実はまだぜんぜん着手できていない。なんとか本日中に仕事がすべて納まるように、行ってきます!

昭和の男同士の対談だった日

2012年12月27日 (木曜日)

昨夜は、職サークル「釘さんの部屋」特別編。講談社の人材開発部長である小久保さんをゲストにお招きし、約30分間の対談を行ない、Ustreamでその模様を公開した。

(アーカイブはこちらです⇒) 職サークル「釘さんの部屋」特別編(Ustream)

公開したのは30分だけなのだが、その前後の時間を含めると4時間以上の対談。公開前は、茅場町の蕎麦屋で。公開後は、新富町のスナックのろで。じっくり&しんみり&愉快な対談だった。

だいたいこの手の対談は、(ご覧頂いた方々には申し訳ないが)表に公開されるものよりも、前後の非公開の対談のほうが(自分たちにとってだけだが)断然に面白い。

小久保さんは三河湾に浮かぶ小さな島に生まれ育った漁師の息子。僕は九州の田舎旅館の流れ板前の息子。

蕎麦屋での対談は、お互いの生い立ちの話。幼少の頃の田舎や家族の話題で盛り上がった。

小久保さん58歳、僕52歳。僕が小学1年生のとき小久保さんは中学1年生なわけだから、かなりの先輩・お兄ちゃん。昭和30年代の匂いがぷんぷんした対談だったのだ。

公開後の「のろ」での対談は、地元の高校を卒業して東京に出てきた後の話。1970年代の恋愛話なども飛び出した。

いまは50代の昭和男でも、40年前は多感な少年だったのだ。喧嘩もすれば恋(失恋)もする。携帯もパソコンもメールも固定電話すらない不便な時代。ペーソス漂う青春時代。

ウィスキーの水割りを飲みながら、昭和の時代を懐かしく語り合った夜だった(笑)。

 

さて、年内の仕事もいよいよ秒読み態勢。本日でほとんどの仕事を終える。夜は15年ぶり(創業時に働いてもらっていた昔の若者?)の楽しみな来客もある。

朝から分刻みのスケジュールだが、しっかりと納めていこう。

ではでは寒さに負けず、行ってきます!

ライブをやりたくなった

2012年12月26日 (水曜日)

昨夜23時50分から、TBSのテレビ番組『クリスマスの約束2012』を観た。

今年12年目となるクリスマス恒例の番組だ。きっと20代の若い人たちから僕らの世代まで、幅広い人たちが観たのではないかな。

小田和正。65歳とは思えない唄声だ。

昨夜テレビを観ながら、思わず次のような「つぶやき」をFacebookに投稿してみた。

 

小田和正すごいな。65歳とは思えない唄声。僕も来年はソロステージに挑戦してみようかしら。「クリスマスの約束2012」を観ながらふと、つぶやいてみる。

 

こんな他愛もないつぶやきに対して、ひとり、またひとり、「いいね!」がついていき、同じ時間テレビを観ている人たちからのコメントもつきはじめた。気がつけば10名以上の方々からのいいね(いま見たら計25人になっていた)。

小田和正の唄声を聴きながら、だんだんと気持が高揚していった。

うん、これは、ライブだぜぇ(スギちゃん風に)。

ということで、来年は(昨夜の小田和正のように)自分の好きな歌だけを集めて唄う、「自分のためのライブ」をやりたいと思ったのであった。

と、どうでもいいことを書いたところで今年最後の早朝経営会議に行ってきます!

 

『綱引いちゃった』を観いちゃった

2012年12月25日 (火曜日)

僕の出身地である大分県。小学1年生から中学3年生までの9年間を過ごしたのは湯布院町なのだが、高校の3年間を(下宿生として)過ごしたのは県庁所在地である大分市。地方都市としてはマイナーな街かもしれないが、僕にとっては青春の想い出が詰まった街である。

その大分市を舞台にした映画がいま上映されている。

『綱引いちゃった』という映画だ。

tunahiki

前々から観なきゃと思っていたのだが、昨日やっと映画館に行くことができた。

「ご当地コメディB級映画」という雰囲気が漂う映画だけど、これがなかなかどうして。

井上真央(大分市役所の職員を演じている)の熱演や、玉山鉄二(綱引きチームのコーチ)、松坂慶子(井上真央のお母さん)ら名脇役のしっかりとした演技もあって、感動的な仕上がりだった。

ただ、残念だったのは観客が少なかったこと。

朝9時過ぎからの上映だったこともあってか劇場内はガラガラ。僕を入れて観客は4人だけだったのだ。

たしかに宣伝不足だよなあ、この映画。

大分出身の僕でさえ、井上真央に近い人から教えてもらうまで、この映画の存在を知らなかったくらいだし……。

大作というわけではないのだが、劇場で観ても損はしない。家族連れ、親子連れで観ても良い。もちろん大分に縁のある人にはぜひ観てほしい映画だ。

井上真央の大分弁が何ともいえず可愛いらしく、それを見る(聞く)だけでも観る価値がある(少なくとも僕にとっては^^)。

この日記を読んでくれた皆さんも、ぜひ観てくださいね。

 

そういえば昨日、世の中はクリスマスイブだったようだが、僕や我が家にとってはごく普通の祝日。とはいえ、映画を観たり、買い物をしたりして、ゆっくり過ごせたよい休日だった。

さて、今年の仕事納めまであと4日。いよいよ年の瀬だ。

仕事が無事納まって、トラブルも丸く収まり、万事うまく治まるようにしなきゃね。

では、いつもどおり朝食をとってから行ってきます!

イベント納め

2012年12月21日 (金曜日)

本日は、『シェア活Live』というイベントが、渋谷で開催される。テーマは、「優良BtoB企業の探し方」

参加する企業は4社なのだが、この4社自らがイベントへの参加を(自社にエントリーしている)学生に呼び掛けている。

ふつう就職情報会社が開催する合同説明会のようなイベントは、主催者である就職情報会社が会員学生に対して告知・動員する。

でも、今回のパフのイベントの告知・動員は、参加企業が自分たちで行なっている。自社にエントリーしている学生を、(このイベントに参加する)他社に紹介するためだ。

え?なんで???

それは「ナイショ」である。

知りたければ、(本日に限ってはエントリー者以外にも開放しているので)今夕のイベントに参加してみたらよい(偉そうでゴメンナサイ、笑)。

ところで、本日のイベントで今年のイベントは終了。イベント納めである。

今年はいったい、何回イベントをやったんだろう。

数えるのも面倒なくらい、たくさんのイベントを開催した。本当にお疲れ様でした、である。

来年のイベントは1月9日から。

束の間の休息であるが、また来年も、学生と社会人の「本音のコミュニケーション」を生み出して行きたい。

さて、イベントは本日で納めなのだが、まだまだその他の仕事は納まらない。はやく納まってほしいなあ…と願いつつ、行ってきます!

つきしま村塾みたいだった日

2012年12月20日 (木曜日)

『つきしま村塾』っていっても、いまや当時のことを知る人は少なくなってしまった。

いまから約12年前。西暦2001年の1月。当時パフの本社があった月島で始めた塾のことだ。

学生も社会人も同じ目の高さで談論風発。皆で就職の向こう側にあるものを酒を酌み交わしながら語り合おう!という趣旨のイベントだった。

※このイベントのことは、8~9年前のメルマガで連載していた「パフの自転車操業物語」というコラムのなかで書いているので、ぜひ読んでみてください。

⇒ ヘンな就職講座『つきしま村塾』

 

で、昨日のイベント。「エン活ライブ」という名前のイベントだったのだが、終盤、かつての『つきしま村塾』みたいに参加者全員(学生も社会人も)が円座になって、皆で思い思いに、聞きたいことを聞き、言いたいことを言い合った。何も飾らず、ホンネで本当のことを…。

とてもいい空気が流れていた。

ファシリテーションをしている僕も、とても心地よかった。ここまで楽しみながら進行役を務めたのは久しぶりだ。まるで12年前の『つきしま村塾』をやっているような感じだった。

こんなふうにできたのは、実は参加者数が少なかったから。学生数10名。社会人(我々スタッフを含めて)8名。合計で18名の超少人数だったのだ。

アンケートを見ると、企業の方々(人事担当者)の評価も極めて高かった。学生の評価&感想も、今年のイベントのなかで最高クラスだった。大きなイベントで得られるものとはまた違ったものを得られたイベントとなったようだ。学生は、終了後、皆で飲みに行ったみたいだし。

今後のイベント設計に向けて、大切にすべき軸を思い出した、そんな昨日の「エン活ライブ」だった。

 

さて、本日もいろいろあるぞ。ヘルペスとの戦いもまだ続いている。他にもいろんな戦いがある。気持だけでも負けないように行ってきます!

 

 

イベントラスいち

2012年12月19日 (水曜日)

先週、『就活大応援祭』という大きなイベントが終わったばかりなのだが、また本日、イベントが開催される。

本日のイベントは小規模(最大でも50名)のイベント。

とはいえ、はじめての試みのイベントなので、スタッフは準備がなかなかたいへんなのではないかな。

『エン活Live』というネーミングのイベントなのだが、本日のテーマは、 【自分の力で挑戦していきたい、あなたへ】というもの

職サークルの「エン活」診断をもとに、「自分に合う会社とは?」を考えてみようというものなのだが、さて、どんな展開になるか。

ところで本日のイベントは、今年「ラスいち」のイベント。

あさって(21日)もう一回行なうのだが、それで今年のイベントがすべて終了する。

今年は、パフの歴史はじまって以来、もっともたくさんのイベントを行なった年なのではないだろうか。

いろんなことがあった今年のイベントだけど、良い形で締めたいものだ。

ではでは、まずは早朝会議に行ってきます!