パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

節目を大切に!

2014年9月29日 (月曜日)

 こんにちは。パフの田代です。

 本日は「節目」をテーマにコラムを執筆します。

 ————————————————————-

 季節はすっかり秋めいてきました。

 今年は2016年採用の就職活動解禁日が後ろ倒しになることで、インターン
 シップをご検討される企業様が多いように感じます。一方で秋の大きな行
 事・内定式の準備もあります。

 そもそも内定式とは何のためにやるのでしょう。内定式とは、経団連の倫
 理憲章で定められた解禁日である10月1日以降に正式な内定通知を学生に
 渡すための式典です。

 内定式を開く多くの企業は、開催時期(日時)として10月1日に内定式を
 開きます。内定式のメインイベントは、内定承諾書を企業(会社)から受
 け取り、捺印して企業(会社)に提出すること。学生は、この式典によっ
 て正式に内定者となり、一段と社会人になる自覚が生まれることかと思い
 ます。

 ◆◆

 さて、内定式というのは、どのぐらいの企業が実施しているのでしょうか。

 過去の統計データを見ると約70%強の企業が実施、企業規模で言うと、従
 業員数1000人以上の企業で85%、300人未満の企業で50%強の実施という結
 果が出ています。(ディスコ社調べ)

 
 また、学生の希望する内定者フォローを調べてみると、最も高いパーセン
 テージを残したのが「内定者懇親会」(全体の50%前後)、次に多いのが
 社員との懇親会(全体の35%前後)というデータがあります。(HR総研
 調べ)このように、学生の多くは内定式などを通じて、他の内定者や先輩
 社員に会える場を求めていることが分かります。

 内定式の実施有無は企業の個性ですが、どんな形であれ、「節目」を定期
 的に作ることは非常に意味のあることだと私は考えます。特に2015年採用
 は景況感が良くなり、昨年よりも採用数が増えました。学生ももがき苦し
 み就職活動を行った人数は減っていることかと思います。だからこそ「節
 目」を作る。自覚を促す。大切です。

 新卒採用現場の最前線にいますと、やれ、2016年採用のスケジュール、イ
 ンターンシップの内容だと来年の事に目が行きがちですが、秋めいた季節
 の今、この「節目」に世の中が時間と頭と気持ちを向けてみるのも良いの
 ではないかと思う今日この頃です。

インターンシップの本音

2014年9月16日 (火曜日)

    こんにちは。パフの田代です。

 本日は「インターンシップの本音」をテーマにコラムを執筆します。

 ————————————————————-

 この夏、インターンシップを始める企業様が多いようです。ご存知の通り
 2016年採用の広報開始が2015年の3月になりました。企業側としては、少
 しでも早く学生と接触する場を設けたいというのが本音です。

 対する学生はどうでしょうか。先日、ある企業様のインターンシップを見
 学した際、参加学生に聞いてみたのですが、実に、参加者(約40名)の9
 割が既にインターンシップに参加したことがあると言っていました。

 「早い…学生の皆さんは何が目的なのかな…」

 気になる私は学生インタビューを続けてみました。数ある声のうち、一番
 多かったインターンシップへの参加理由。それは「広い視野で企業を見て
 みたいと思ったから」でした。確かに、学生と会話をしていても、業界や
 企業の知識はほぼゼロに近い。まずはアクションを起こそう!という漠然
 としたスタートのようです。(無理もありませんが)

 ◆◆

 こうした学生状況を見て、私が企業様に申し上げているのは「インターン
 シップの目的を明確に伝えましょう」ということです。先ほどお伝えした
 ように、学生の多くは「何となく」の行動。「就活に役立ちそうだから」
 と言った広く浅くの状態です。

 一方、企業側も「学生と早期に接触をして企業認知を広めよう」という思
 いで「まずはチャレンジしてみよう」という方々が多いのも事実。学生も
 企業も手探り感が拭えません。

 このような状態でポイントになるのは、最初の握りです。このインターン
 シップを開催する目的は何なのか?参加した学生は何を得て帰ってほしい
 のか?学生も何を得ようと思って今日来たのか?この「目的」を双方が最
 初に時間をかけてでも握っておく。何となくお互いやってみた…のポーズ
 で終わらせないためにも、とても大切なことだと思います。

 インターンシップの内容を充実させることも重要ですが、この場にかける
 思いのベクトルを合わせる。意義ある時間にするためには、両者が本気で
 取り組む必要がありますので、ボタンの掛け違えは避けたいものです。

 漠然とした心理状態では、感動(心の動き)も生まれません。

 “覚えたことは忘れても、感じたことは忘れない”

 インターンシップを成功させるためには、
 小手先ではない、真剣な「目的」が必要です。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com