パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

こんにちは。
こちらこそ「パフの仲間に入れていただいてありがとうございます!」な大門です。
ありがとう、と言ってもらえるほどのパフォーマンスを出せているかは、まだ不安ではありますが…。

さて、新入社員の2人ですが、早々に「パフの社員相関図を作る」という課題が与えられ、4月4日に社内プレゼンも行われました。
(業務が忙しくてプレゼンを見られなかったのが結構心残りです…)

その課題に際して全社員にインタビュー依頼があり、このような質問項目がありました。

「パフの仕事をする上でのご自身の強み(得意とすること)は何ですか?」

自身の強み。

もちろん、インタビューに対しての回答として返信はしましたし、昨年行った転職活動でもその辺りは文章化もしましたが、改めて「強み」と言われるとどうも一歩引いてしまい、強く言うことができないなと思ってしまいます。
というのも、ここ1~2年「苦手なこと、嫌いなことは強みになるチャンスがあり、得意なことは弱点にもなりうる」と考えているからです。

例えば、私自身の基本スペックは「ずぼら」です。片付けは苦手だし、必要なものはコタツから手の届くところに置いておきたいし、冬はできるなら冬眠したい。もしくは南の島で越冬したい。
けれど、そんな自分が分かっているからこそ、仕事ではとにかくその逆を目指して「冷静・丁寧・正確に」と自分に言い聞かせて一つ一つの仕事に向き合おうとしています。
(あ、「」内の出典元が分かった方はそっと眺めていてくださいw)
でも、向き合おうとして頑張ってみているけれど、それがちゃんとアウトプットできているのかは私自身ではなかなか評価しづらい…。

ありがたいことに先日のパフ通信で石上さんから「器用丁寧」と言っていただきました(感謝!)が、それをじゃあ「これが私の強みです!」と胸を張って言えるかどうか、と問われると、何となくおこがましい気がするのです。
あと、「これが強みです!」と言ってしまうことで、自分は慢心してしまうのでは…?という自分に対してのプレッシャーもかけています。
たぶんそう思って物事に当たった方が、私はよりよいパフォーマンスが出せてるんじゃないかな…?

なので、私はどちらかというと周りの皆さんから、「大門さんてこういうこと得意だよね!」とか「こういうこと強いよね!」と客観的に見ていただいて、フィードバックをいただけた方がたぶん「強み」を見つけられるんじゃないかと思います。
そのためには私も周りの皆さんのことをいっぱい見て、参考にさせていただいて、盗めるところは盗んでいく所存です。こっそり、虎視眈々と。

さて、いよいよこの次の更新から、新入社員2人もブログメンバーに加わります!
まずは阿久根さんから!
皆さん、楽しみにしていてくださいね。

ほんまにありがとう!

2018年4月5日 (木曜日)

おおきに!カカこと石上です。ついに!入社して、1年が経ちました・・・!

大岡さんからもおっしゃっていただいたように、パフの2019卒採用も佳境となり・・・

先日、3月30日に2019卒採用・第一号の最終選考合格者が出ました!!!!!!!!!!!!!(嬉)

採用担当としてかかわって、次選考にあげていった学生が最終選考を合格する気持ちって、こんなに嬉しいんですね。ここからは、その学生としっかりと向き合って、お互いに納得できる正解を見つけていこうと思います。

 

さて、今週からパフにも新入社員が入ってきました!

阿久根・石河の2名が入社し、同期と一年上の先輩がいない私にとって、心待ちの新年度を迎えます。

 

一年前。私の入社式は、3月31日と少し早めでした。

そこで取締役の一人からもらった言葉があるのですが、今でも忘れません。

「みんな入社おめでとうと言うけれど、私は入社ありがとうと言うべきだと思います。イシガミさん、入社ありがとう。」

これを聞いたとき、私はとても驚きました。

そして、嬉しさと覚悟を持った瞬間でした。

この短い言葉には、新入社員が抱える会社で働くことの不安と期待を大きく包み込み、その上で仲間として受け入れるという意思を感じます。

たった一人の入社だった私にとって、この言葉はとても励みになり、安堵感ややる気を持てるものでした。

 

「おめでとう」は、相手を祝福したり、相手にとって利益や幸福がある時に使う言葉です。

今、採用担当をやっていて、採用活動は企業に利益をもたらすための仲間探しだと強く感じています。

つまり、採用活動をして、入社してくれる学生は企業にとって、とても「ありがたい」存在です。

そう考えると、自然と「入社ありがとう」という言葉が出るな、と思いました。(私自身がパフに利益や幸福をもたらすことができているかは横に置きます)

エントリーや説明会では、「ありがとう」と伝えていても、内定を出したり、入社すると「おめでとう」に自然と転換している企業は多いと思います。

ぜひ、これをお読みいただいている方は、今日から「ありがとう」を新入社員のみんなさんに伝えてみてください。

次は、パフへの入社ありがとうございます!大門さんです。

カマスが2匹入ってきましたよ。

2018年4月4日 (水曜日)

4/2は全国的に入社式でしたね。
パフでも2人の新人が入ってきました。
(という話を多分ここ数日いろんな人がすると思います^^;)

私が初めて社会に出たのは1994年。バブルがはじけ飛んで、採用力検定協会理事の木津さんをはじめとする2年上の先輩は20人くらい同期がいたのに私の同期は6人。
さらに翌年から採用中止になったので、しばらく後輩がいないまま一番下の立場で過ごすことになりました。
振り返るとこれが自身のキャリアにとてもマイナスだったような気がします。
そもそも 放任で「先輩から盗め」という、 部下を育てる文化があまりない会社で、上から強烈なマネジメントを受けるようなこともなかったうえに、下からの目もなかったことで、どんどん手を抜くことを覚えました。
それでも経験は積んでいくので、それなりに成績もあがるようになり、
「この程度やっておけば大丈夫」
という感覚がどんどん染みついていきました。
お客様に対する「寄り添ってる風」がとてもうまくなり、最低限の力で文句を言われない成績を上げる(=時給を上げる)ことばかりうまくなりました。
当然仕事に対してやりがいなど求めることはなく、そして、そのまま40過ぎまで過ごしてしまいました。
この会社に来て、ようやく新人時代にやれなかったことをやり直しているのかなと思います。
釘崎さんの「うまれよ塾」も入社2年を経てから初めて受けましたが、カマスの話はとても納得です。
※今後も色んな所で話すと思うので詳細は秘密w
元気な新人は皆のカンフル剤。 だからいるだけで周りにとって価値がある。
パフでも今週から自然と朝礼の皆の声が大きくなったり、なんとなく活気が強まったように感じます。
パフという組織は「人を育てる余裕がない」と言いながら、絶対にちゃんと見守り、何かあったときに助ける文化があります。
手取り足取りでなくてもこれは充分人を育てる文化だよ、と外から来た私は思ってます。
二人には、私が経験してこなかった上の目、下の目、お客様の目、外部スタッフの目といった色んなプレッシャーと愛情を力に変えて、まっすぐに育ってくれることを祈るばかりです。
そのためには来年入社の後輩の採用も頑張らねば!
というわけで明日は佳境に差し掛かった2019パフ採用を通して、たくさんのことを学んでいる石上です。

入社式

2018年4月3日 (火曜日)

やってきました、第55回かほログ!

習い事はしていなかったのですが、好きな科目は生物で、
気づけば生物の資料集を見ていました。(息抜き)

クラスの半数以上が寝ている教室で私だけがわくわくと授業を聞いていた
のを不思議がられたこともありました(笑)

学問としては大学まででしたが、いまだに動物園やら水族館やらが大好きで
先日もジンベエザメに会いたいがゆえに夜行バスで大阪に行ってきた変人です。

―――

さて、昨日(もしくは一昨日)は
各社で入社式が行われていたのではないかと思います。

パフにも2名の新入社員が入社しました。

私が採用担当をさせていただいていた時期に、
たまたま2人とも私が説明会進行担当だったときに参加してくれていたので、
初めて会った時のことをよく覚えています。

それから選考で何度も足を運んでくれ、
入社するか否か考えている期間も見守っていたので、
こうして2人が入社式の場にいることがとても嬉しかったです。

入社式前日に私自身の入社時代を思い出してみたのですが、
どこかぼやっとしている部分もあり。

初心忘るべからず、なんですが、やはり年数が経つにつれて
意識しないと薄れてしまいます。

いざ当日を迎えてみると「そうそう、これ!」といった感じで
当時の思いが蘇ることも多々ありました。

入社当時の小さな不安が実はお客様支援のヒントだったり、
できないと思っていたことが少しずつできるようになっていることに気づいたり。
はたまた当時目指していたことにまだ近づけていない自分が見えたり。

4年目に突入した、ということもありますが、
より一層、気を引き締めていかねば、と思ったのでした。

―――

お次は、大岡さんです!

新年度スタート!

2018年4月2日 (月曜日)

おはようございます。牧野です。
週末は良いお天気で、桜最後の見納めとなりましたね。
桜は華やかに咲いてパッと散る。
旬が好きで、飽き性な日本人にぴったりの花だと思います。
(そうじゃ無い方ごめんなさい…)
にしても、屋外の花の下でのんびりご飯を食べたり、
談笑したりする光景を見ると、平和な気分になれます。
これは日本が誇れる良いところだと思います。

日本史、私も大好きです。
暗記の科目と言われますが、確かに当時使っていた教科書を見ると、
全てマーカーが引かれていて、
「大事なポイントは?」と聞かれたら「全部。」と回答せざるを得ない状態です。
必要な用語を時系列につなげていって盛りに盛り込んだ状態のモノが
教科書。になっていますね。
副読本の用語集を読んで初めて、用語のつながりが分かるという構造。
だから教科書だけ見ると暗記の科目になってしまうのかも知れません。
私は元々人に興味があって、人から入っていったので、
人の生涯だけでなく背景がつながって分かるようになる
授業の日本史が好きだったのだと思います。

学校を卒業して社会人になってから、
目にしたり体験したりするニュースや事件に遭遇して、
過去の物語として捉えていた日本史の、行間を埋める考えや発想が湧いてきました。
また日本史で学んだことから、現在の事件を見て、
あの出来事と同じなのか?違うのか?と考えたりもするようになりました。

・小学校のころの習い事が、役に立っていると思ったのが30歳位。

・高校までで学んだことがつながって見えてきたのが40歳位。

何の為に?が分からないまま、学生時代は集中的に学習する期間が続きますが、
「そうだったんだ」、「面白いな!」と感じるのは学習期間を離れた大人になってから。

新年度4月になって、パフにも新入社員が2名入ってきます。
新しい刺激を浴びて、私もさらに進化したいと思います。

パフはメンバーが互いに刺激を与え合い、前進する集団です。

明日は、学生の時、好きな科目や習い事はなんだった?横山さんです。

日本史嫌いな人へ

2018年3月30日 (金曜日)

こんにちは!清水です。

パフにお詳しい方には耳タコだと思いますが、
当社は兼務、兼務、兼務!という会社。
多分に漏れず、私もいくつかのプロジェクトに関わっています。
昨日はその中でも、「ワクスタのデスク」としてのお仕事、
インタビューを行いました!

*「ワクスタ」とは? ⇒ http://workstudy.jp/about
 Work Study Balance を略して「ワクスタ」!
 「学ぶ」と「働く」の繋がりを考えるメディアです。

今回取材をお受けいただいたのは、予備校で日本史を教えていらっしゃる先生。
(日本史好きの私としては、とても嬉しく楽しい取材でした!)

お話を伺う中で印象的だったのが「因果関係」という言葉です。
その先生のお言葉をお借りすると、
「すべての事象には因果があり、連鎖的につながっている」。
つまり 「●年に●●が起きた」という史実(事実)の
原因や背景・その結果どんな変化が生まれたか、を突き詰めると
何らかの因果関係が見えてくる、ということです。
こうして考え続けたことで、論理的思考力が身についたと仰っていました。

私自身、歴史を学ぶことは
「よりよい未来をつくるために必要なこと」だと考えています。
この考えも「因果関係」に繋がっているように感じました。
私が日本史に興味を持ったのは、広島の原爆資料館を訪れたことがきっかけです。
戦争は同じ人間が起こした行動。
ということは、私たちも同じことを繰り返す可能性がある、と怖くなり
そうならないために原因や経緯を知らなければ、と思い歴史を学び始めました。
(今ではすっかり幕末オタクですが、スタートは第二次大戦だったんです(笑)。)

一般的に受験勉強における日本史は、「暗記科目」と位置づけられます。
ですが本来歴史とは、私たちと同じ人間、先祖がとった行動を後世に伝えるもの。
史実は、現代人が読み解き、それをどう今に活かすかを考えるための「材料」です。
学校教育においては「暗記力」で評価されてしまうため、
それを苦痛に感じる方は苦手意識を持つのではないでしょうか。

日本史だけでなく、視点を変えれば身近に感じたり、
“自分との”因果関係を見つけられたりする学問はたくさんあり、
実はそういった食わず嫌いなものから得た学びの方が大きかったりします。
大人になったからといって学ぶことを止めてはもったいない!
自分の人生にもあらゆる因果関係を見つけていきたいな、と思えた取材でした。

***
今回の取材記事は、4月中旬以降に公開予定です!
たくさんの方に読んでいただけると嬉しいです^^

お次は、
色んな分野の知識が豊富な、牧野さんです!

ポジティブシンキングさん発見

2018年3月29日 (木曜日)

こんにちは、コバやんです@
たしかにうちも共働きなので、こどもになにかあったら
お互い相談しつつ、お休みを調整する日々です。
というか、こどもが休んだ時より毎日の家事の分担など
そちらのほうが割と重要問題で
ともすると険悪になってしまいそうなのを
手探りでバランス取りながらの生活です(--;
夫になって3才、父になって2才。
まだまだ実践してから考える(悩む?)日々は続きます~。

 

と、考え込む生活でも、気持ちかが明るくなることも!
パフのある茅場町の桜並木がすっかり満開になり
歩くだけですっかり気分がほんわかしてきます@
並木は東京駅のほうまで続いているので
昼休みを利用して散歩をするのもなかなか楽しいものです。

4月も間近になり、街を歩いていても
リクルートスーツの学生を目にする機会も増えました。
パリっとした姿に桜の花がよく似合います。
大変なことも多いでしょうけど、ぜひ頑張ってほしいと思っています。

さて、選考が進めばうれしいものですが
光と影があるように、残念なご連絡をしなければならないこともあります。
パフブログでも何回か取り上げられている、所謂「お祈りメール」です。

ですが、この「お祈りメール」に関して
ポジティブすぎるニュースを先日目にしました。
写真で思わずニヤっとして、本文でハッとさせられる。
その気持ちを共感したくて
今日はその話題をピックアップしました!
 
 
■就活の「お祈りメール」がアートに

https://withnews.jp/article/f0180315004qq000000000000000W00o10101qq000016955A
 
 
なんということでしょう!
匠(専門学生)の手で、味気ない白黒のメールがまさかのアートに!
この発想力には舌を巻きます。

でも、作者さんへのインタビューを読むと
ただのユーモアや皮肉で作品にしているわけではなく
就活で感じた自身への思いがギュッと詰まっているように感じました。
以下、少しだけ引用です。
 
 
-お祈りメールを出してもらえるのは、ありがたいことだと思っています。

-どうしてもかなえたい夢があったので、その可能性が少しでもあるところ
 を片っ端から受け続けていたら、(お祈りメールが)こんな数になってい
 ました。

-就活の苦しいところは、不採用の理由を教えてもらえないので、なぜ落ち
 たのわからないところだと思います。あれが良くなかったのかな、言わな
 きゃよかったな、と自分のダメなところを考え続けてしまい、落ち込むと
 きもありました。
 
 
こうした言葉は就活に関わる人間として
ぐっと胸に重く響きますね。
私だって「お祈り」されたことはたくさんあります。
この学生が感じたように、気持ちが沈んだことも思い出しました。

その経験があるからこそ
いま仕事で関わる学生に真摯でなければならないと強く感じました。

まだまだ就活の日々は続きます。
誰もが最後は笑顔になれる就活を目指して
私たち社会人側も変化が必要です。
 
 

それではでは、コバやんのひとりごと、今日はこのへんで。
お次は清水さんです。よろしくお願いします♪

#保育園初年度欠席記録

2018年3月28日 (水曜日)

平原さん、約1年間お疲れさまでした!の岩崎です。
1人の子供で手一杯感のある私とは違い、3人とは…。
お休みされるのは寂しいし、心細いですが、
まずは元気な赤ちゃんを産んでくださいね!
落ち着いたらまたお家に遊びに行かせてください♪

 

さて、私も働く母として職場復帰してから1年が経ちました。
あっという間だったような、長かったような。
やっぱり大変だったような、思っていたより何とかなったような。
何をおいても家族、会社、保育園など周りのサポートのおかげです。
日々感謝。

 

家事・育児と仕事の両立という意味では、我が家は旦那も当たり前に
家のことや子供のことをできるので、かなり分担できています。
比較的早い時間に帰宅できることもあって、私だけが頑張らなくては!という
意識はまったくありません。

 

好もうと好まざるとにかかわらず、今のパフには色々な働き方をしている人がいて、
私の勤務時間についてはもちろん、自宅にいても会社とまったく同じ環境で
仕事ができる環境を用意してもらいました。
どうしても出社ができない時、どうしても時間が足りない時、かなり助かっています。
お給料の面でも、評価の面でも十分すぎるほどだと感じています。

 

そんな恵まれている環境の中で、私がとっても神経をすり減らしたもの。
それは有給休暇の消化具合でした。
『保育園の洗礼』と噂には聞いてものの、あっという間になくなる、なくなる!
独身時代・子なし時代は使い切ることのなかった有休がどんどん減っていくので、
これまで感じたことのない焦りを感じました。

 

どこの誰の参考にもならないと思いますが、自分の備忘も兼ねて、
今年度の消化具合を残しておきます。

 

4月:8日(慣らし保育5日含む。その他呼び出し2回)
5月:7日(中耳炎とヒトメタニューモウィルスに感染。その他呼び出し1回)
6月:5日(呼び出し1回。手足口病に感染)
7月:1日
8月:2日(夏休みは別途3日間)
9月:2日
10月:5日(アデノウィルスに感染して登園不可に。私も発熱したりして大変)
11月:1日(私の発熱の残り。娘は皆勤)
12月:0日
1月:0日(冬休みとして別途1日間)
2月:0日
3月:0日

 

夏頃までの勢いで、インフルエンザに感染でもしたらどうしようと
戦々恐々していたのですが、秋~冬頃には鼻水が出たり咳をしていたりすることは
あっても熱を出すことが少なくなり、身体が強くなってきたんだなぁと感じます。
何とかインフルエンザシーズンのピークを乗り越え、
来年度に有休を繰り越せそうです。

 

この1年で自分のことはもちろん、子供のことは特に、
『ごまかしたり、見て見ぬふりはしないこと』を痛切に感じました。
あれ?と思ったら、すぐに病院!薬をもらって、休む時は休む!
楽しみなイベントがある時に限って体調を崩すこともがあるので、
無理させがちですが、そこはぐっと我慢して静養する。
それがきちんと働き続けるコツなのかな、と感じました。
(昔から母親がおでこに手を当てただけで体温が分かるのが不思議だったのですが、
こうやって母は子供のことがわかるようになるのですね)

 

この1年、自分のために休んだのはたぶん1~2日のみ。
仕事のピークが過ぎたら、ちょっと息抜きにお休みをもらおうかな、なんて
思ってしまったのでした(笑)

 

お次は小林さんです。

これで打ち止めです

2018年3月27日 (火曜日)

おはようございます、平原です。
身近な方にはすでにお伝えしていますが、この3月末で3度目の産休をいただくことになりました。
出産は5月下旬、今回は女子のようです。
3度目の帝王切開となりますので、平原の出産はこれで打ち止めです。

もともと子供は3人欲しかったので、計画通りといえば計画通りなのですが、昨年の4月末に復帰してからのこの1年弱は4年ぶりに営業として活動させていただいておりお客様に一番近いところでご提案からサービス履行までメインで動いてきましたので、採用活動がまさに佳境になるこのタイミングでまたドロップアウトしてしまうのはとても心苦しく・・・
ご迷惑をおかけする皆々様、申し訳ございません!!

1年間、2人の子供を保育園に預けながらフルタイムで営業としてどこまでできるか、、、
正直未知数なところがありましたが、本当に良いご縁があり、お客様に恵まれ、今までの社会人人生でも1,2を争う充実した1年間になりました。

・20周年式典もあり、採用担当も兼務させてもらい、改めてパフという恵まれた環境に感謝しました。

・1社1社さんに向き合う時間を長くとれたこともあり、これまで以上に深いお仕事ができたように感じています。

・自分の強みと弱みもよりはっきりし、、、社会人13年目にして、改めて自分の仕事の進め方を見直すタイミングにもなりました。

一方で、数字は積み残してしまっており、思うように残業できないなかで営業と納品のバランスを著しく欠いてしまったと反省も多い年です。

来年復帰するときは5歳、2歳、0歳の3児の母。さーてどこまで何ができるか。
パワーアップして帰ってこられるよう、1年を大切に過ごしたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします!

 

お次は岩崎さんです。

お笑い芸人と、仕事と、哲学と。

2018年3月26日 (月曜日)

こんにちは。全国行脚中の田代です。

ちなみに3月は、東京以外で言いますと、
札幌、仙台、福島、大阪、名古屋、岡山を行ったり来たりでした。

さて、今日のブログは、全国行脚とはまったく関係ありませんが、
お笑い芸人の話からスタートしたいと思います。

————————————————–

先月の話になりますが、我が家の近くで、
芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」のお笑いライブをやっていたので
芸能人にミーハーな私は、奥さんを引き連れて見に行ったのでした。

会場には、今を時めく、芸人ばかり。

● ブルゾンちえみ  さん
● にゃんこスター  さん
● サンシャイン池崎 さん
● ロッチ      さん など沢山の芸人さんが名を連ねました。

さて、ここで問題です。
私の独断と偏見ですが、上記の中で、誰が一番面白かったでしょうか。

今勢いのある、にゃんこスターさん?

老若男女に大人気、ブルゾンちえみさん?

ファイナルアンサー??

正解は…

サンシャイン池崎さんでした!!(あくまで独断と偏見)

自己紹介だけで、
こんなにも爆笑を取れる空前絶後の存在感。

イェイ、イェイ、言うだけで、
こんなにも大衆を前向きにさせてくれるリーダーシップ。

圧倒的に面白かったです。
明日から仕事を頑張ろうって思えました。

あまりに面白かったので、奥さんの反対を押し切り、
サンシャイン池崎さんのキーホルダーを購入して帰っちゃいましたけど。
(休日はプライベートのかばんに付けて歩いています)

さて、このお笑いライブの話。

私は、ブルゾンちえみさんのテーマソングである
オースティン・マホーンの「Dirty Work」をiPhoneに入れてヘビーローテーションするぐらい
ブルゾンファンなのですが、まさかのサンシャイン池崎さん。

百聞は一見に如かずとは言いますが、
やはり、自分の五感で判断するということは重要だなと思いましたね。

————————————————–

さて、ここからは真面目な仕事の話。

普段、日常業務をしていると、色々思うことがあります。

「進めているプロジェクトが上手くいくのだろうか」と不安な気持ちになったり、
「自分は価値ある人材になれているのだろうか」と自分の将来に疑問を持ったり。

子どもの頃、憧れていた社会人も、いざ、自分がなってみますと、
みんな不安や疑問を持ちながら緊張感を持って生きているんだなぁと思い知らされますね。
大人って楽じゃないよなぁ。(楽しいけど!)

人間は、根本的には、一人じゃ何もできない弱い動物です。
だから心の拠り所が必要になるのです。

仕事においての拠り所。
私は自分自身が納得した仕事の哲学を持つことだと思います。

ただし、この哲学は、誰かに教えてもらうのではなく、
仕事現場において、自らが五感で感じた思いを言葉を紡ぎ出さなければなりません。

私が大事にしている哲学の元は以下になります。

・専門家ではなくクラウドに向かうこと

・押すのではなく、引くこと

・服従ではなく、反抗すること

・モノではなく、システムに焦点を合わせること

・教育ではなく、学習に焦点を当てること

・理論ではなく、実践に基づくこと

・強さではなく、しなやかさを持つこと

・地図ではなく、良いコンパスを持つこと

・安全ではなく、リスクを取ること

そんな哲学の元を持って、世の中を見ていると、
自分が何で仕事を頑張れるのだろうか、という理由に行きつきます。

「周囲を照らすスポットライトになる」

自分が仕事を頑張れる源泉。

それは、「一生懸命」だったり「正義」が報われない世の中が許せない、
ただそれだけだったりする。

陰の汗と涙
もっと認められるべき人
無名だけど素敵な会社

新卒で働いてみて、
そんなことを沢山見てきたからこそちゃんと光を当てていきたい。
ただそれだけだったりする。

有名人でもない自分にできることは
大きな光ではないけれども、
誰にも気づかれない陰に対して、周囲を照らすスポットライトになること。

振り返れば、自分の人生はずっとそうしてきたではないか。

上記の言葉を考え、手帳に書いて持ち歩くようにしています。
いわゆる、自分自身のミッションステートメントです。

誰かに迷わされることなく、自分の五感を信じること。

それは、お笑いライブだろうが、仕事だろうが、就職活動だろうが、
きっと同じことが言えるのではないでしょうか。

大人も子供も関係なし。
現場に出て、自分の感性を磨き続ける。

これに尽きると思う今日この頃なのでした。

次のブログは平原さんです。

4月からしばしお休みに入る平原さんのラストメッセージをお見逃しなく!

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com