パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

「好き」って大切

2018年1月10日 (水曜日)

皆さん、2018年もどうぞよろしくお願いします!
カカから「太陽」と言われてご機嫌の吉川です。

太陽は遠くにいれば優しく包み込むような暖かさを感じますが、近づくとその熱さで火傷するんですよねぇ。2018年は、皆が火傷しないよう、穏やかに過ごしたいと思います。

昨日、2018年最初の就職イベントを運営しました。
その名も「シェア活LIVE」。
職サークルで7年ぐらい続くイベントです。

参加企業は、松竹株式会社さんと、なんと株式会社パフ。
「人の心を動かすビジネス」という(半ば強引な)共通点のある企業2社のコラボイベントでした。

私は当日の司会進行をしたのですが、登壇された二人の採用担当者さんの話が面白すぎ!「私が学生だったらこの会社に入りたいって絶対思う!!」と何度も思う、ステキトークが繰り広げられました。

話の分かりやすさやユーモアやテンポの良さはもちろんなのですが、一番素敵だなと思ったのは、「自分の会社が好き」という気持ちがビシビシと伝わってきたところ。

一緒に働く仲間を尊敬している
仕事を通じて会社が生み出すことに誇りをもっている
この会社を選んだ自分の生き方に納得している

そんなことが感じられるエピソードが出るわ出るわ。

表面的な言葉では絶対相手に伝わらない「信念」、自分の中にある「正義」みたいなものが確かにこの二人の中にはある!と感じられるお話でした。

「好き」だからといって仕事が必ず成功するわけではない。
そんな気持ちから仕事上では「好きかどうか」を軽視していた私。

改めて「好き」という気持ちを大切にしたいなと思いました。

そして、松竹株式会社の採用担当Mさんにお礼メールを送ったら、こんなメッセージが返ってきました。

———————————–

個人的には「男はつらいよ」で、寅さんが言うセリフ
「あい・らぶ・ゆー。できるか青年。」という言葉が、人生においても重要だと考えています。

自分の選ぶ道に対して、アイラブユーと言えるかどうか、ということだけではなく、
自分が選んできた道に対しても、堂々とアイラブユーと言えて、
かつ、例え望まない道を与えられたとしても、アイラブユーと言って進めるかどうかというのが、
生きてくうえで本当に楽しめるかどうかのポイントなんだろうな、と考えています。

そんな寅さんに憧れて(寅さんはフーテンですが…笑)、これからも頑張ります。

———————————–

仕事を面白くするうえで「好き」って思うことって大切。
そして多くの困難を目の前にしても「好きになれる力」は、もっと大切。
2018年は「好き」を意識した働き方・生き方をしよう!と強く思いました。

明日は、きっと「好き」より「成果」を重視するタイプ、ホサカです。

猫より犬派

2018年1月9日 (火曜日)

あけましておめでとうございます!
カカこと石上です。
入社して、10ヶ月目に突入しました。

昨日は成人式。
世の中の新成人のみなさま、おめでとうございます!
三年前、私の成人式はこんな感じでした。(え?いらないですか?)

成人式の日はどこか背筋がピンとなったのを覚えています。
親や先生、友達に感謝を素直に伝えられるステキな1日。

成人式から三年が経った私は今年、年女です。
つまり、世の中の新入社員の多くは年女・年男。
どんな一年にしようかと期待と不安をもって、年越しをした友達も多かったようです。

そこで、戌年という、年そのものについて調べてみました。

—————
もう少しで十二の暦がひとめぐりしようという頃で、季節でいうと晩秋に例えられます。それは、これまで時間をかけて育ててきた作物を収穫する時期です。

 戌年は「結実」を表す年でもあるのです。ビジネス、勉強、家庭での取り組み、人間関係……これまで続けてきたさまざまな取り組みに、きっと良い結果が表れる年になるでしょう。努力が報われる、形になるのが、戌年なのです。

 一方で戌年は、収穫を終えて、ひとつ息をつく季節でもあります。いままで築いてきたものに対して、よし、という結果を得たら、気持ちを切り替えましょう。戌年はまた、次なるステップへの準備の年とも位置づけられています。なにかをがらりと変えるための、仕込みの年なのです。

引用:2018年はどんな年に… 「戌年」の由来や特徴は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com/dot/2017122800015.html
(最終アクセス日 2018年1月8日)
—————

結実、そして次なるステップへの準備。
まさに、21年目を迎えたパフにとっても、4月から2年目社員になる私にとっても、ピッタリな年かもしれないと思いました。

そして、実を結ぶためには、努力や苦労、勉強、成長、すべてがなくてはいけないな、と心に誓い、年始のブログはおしまいにします。
本年もよろしくお願い申し上げます。

次は、結実のためには欠かせない「太陽」のような、吉川さんです。

皆様、明けましておめでとうございます。
まもなく46歳の大岡です。
はじめに私事ではありますが、お付き合いさせていただいていた女性が昨年末に入籍いたしましたことをここにご報告させていただきます。

さて、20周年の振り返りがいつまでも続くのも何なので舞台監督として一言だけ。

『吉川と田代がセリに挟まらなくてよかった!』

そういや田代はスターウォーズにちょっと悪い感じで出演してましたね。ストークとかいう役で。挟まってたらあんな感じになっちゃったのかと思うと本当に無事でよかった。

皆さん、スターウォーズ観ましたか?
賛否両論あるって聞いて、え?どこに否定する要素あるの?と思いましたが、Facebookのエントリなどを読んで、これまでのスターウォーズとの付き合い方によって全然印象が違うんだということがわかりました。
こだわられ方に差が出るほど長く、深く愛される作品ってすごいですよね。
パフはまだまだ20年。でもとてもお客様に愛されている会社なので目指せスターウォーズです。
ちなみに私は4~6は観ようとしても必ず最後まで辿り着かずに寝てしまう、にわかとも言えないレベルですので、単に素晴らしいエンタメ映画として心から楽しみました。
なのでにわかの方は7と8観れば大満足間違いなしですよ。
と言っておきながらの昨年の俺的ベスト3

1.ガーディアンズオブギャラクシー2
2.バドリナートの花嫁
3.皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

またとりとめのないブログを書いてしまった。。。
今年は未踏の予算達成、採用力検定の事業スタート、リシュ活の有料化と新しいチャレンジ目白押しのパフですので、始まったばかりですが一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

フォースと共にあらんことを。

2018年もよろしくお願いします。

2018年1月4日 (木曜日)

新年あけましておめでとうございます。
2018年もパフを何卒よろしくお願い申し上げます。

―――

さて、やってきました、第50回かほログ!
ついに50回目です。

先日、このブログを50本ちかく見返してみたのですが、自分が思っていた以上に自身の変化を感じました。

この3年間での成長は?と問われたら、私は数えるほどしか挙げることができません。
何が変わったのだろうと焦るくらいです。

ただ、ブログ力(見てくださっている人に響かせる力、表現力、話題の選定)はまだまだなものの、
視点が多くなっていることや文章の書き方の変化などは見返していて面白かったです。

なかなか自分では変化に気づくことが難しいので、こうして何かしら形に残しておくことや、ときどき振り返ってみることは良いですね。

年末年始は家族と向き合う、自分と向き合う、最近会えてない人と向き合うといった過ごし方だったのですが、忙しなく毎日を過ごす中で忘れかけていたこと、気づかなかったことに気づくことのできる時間は大切だと思いました。

話は変わりますが、20周年式典にお越しいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

こんなにもパフに関わってくださっている方がいて、今でもパフに関心を持ってくださる人がいて、パフを応援してくださる方々がいるんだと実感した一日でした。

パフパフシスターズとして舞台に立ちましたが、温かい声をたくさんかけていただき、救われました。

また、普通に生活していたら絶対にしない経験をさせていただいたことも良かったです。

やりたくて志願したのではないものの(正直ですみません)、「せっかくならやろう」「やるならもちろん全力で」という考えでした。
中途半端が一番格好悪いですし、無駄な時間になってしまうのはもったいないので。

吉川さんがブログに書いていた「やるなら面白いことをやりたい」に近いのかもしれません。

なんとなく、式典でのパフ社員を見ていると通ずるところ(どんな役目であっても引き受け、全力で取り組む姿勢)がある気がしていて、それが私がこの会社で共に働きたいと思える理由の一つなのかもしれないと思いました。

今日から2018年がスタートしますが、気を引き締めていきたいと思います!

―――

次は大岡さんです!

温故知新

2017年12月28日 (木曜日)

おはようございます!寒いですね。
社員旅行で、花やしきのローラーコースターに乗り、
黄色い声を出そうと思いましたが、
酒やけのせいか、高い声が全然出ず
心の中でがっかりしてしていた牧野です。

パフの20周年式典、私は裏方で舞台の袖にいましたが、
側面から
出演者の方々のクオリティの高いパフォーマンス、
会場の方々の温かく優しい声援に、
口頭で説明されるのではない
パフの歴史を改めて知り、
社内と社外の人々の距離の近さを感じたイベントでした。

祝賀会では、ご出席のお客様からお声がけいただき、
またパフの「職サークル」の卒業生が和気あいあいと
話している場を見ることが出来て嬉しかったです。

パフの式典から、
新しい出会いや、きっかけが
もう、うまれていると思います。

2017年、個人的に振り返ると
今まで自分がやってきた、
出来るだろうと思っていたことから
そことは違う新しいことにチャレンジした年でした。
手探りしている部分も多いですが、
どうやったらうまくいくのか、形になるのか、
2018年もさらに考えて行動していきたいと思います。
これが積み重なって新たな力になれば
更に嬉しい!

自分の得意分野を3つ掛け合わせると、
オンリーワンの力を備えた人材になれる。

パフの40周年記念イベントには、
そんな存在で参加したいです。
また舞台の袖で見守っているかもしれないですが(笑)

次回は、2018年も新たな進化を遂げる横山さんです。

一日家族になった日。

2017年12月27日 (水曜日)

こんにちは!清水です。

20周年、ありがとうございました!!
式典では「PC操作」という裏方担当だったため
ご挨拶できなかった方がたくさんいて寂しかったですが…
舞台裏から見える景色や、客席から聞こえる大きな拍手に
とても感動しました。本当に、ありがとうございました!

何より驚いたのは、社員数15名ちょっとの会社なのに
式典・祝賀会合わせて150名ほどの方にお越しいただいたことです。
まだまだ小さい会社で、私はたった5年しか関わっていませんが、
たくさんの方に支えられた20年だったんだなーとしみじみ思いました。
企業の20年生存率は0.3%と言われる中、20周年を迎えられたのは
支えてくださったすべての皆さまのおかげだと、心から思います。
これからの20年、30年も、引き続きよろしくお願いします!

さてその式典・祝賀会の翌日は記念旅行!
旅行と言いつつも、行先は東京・浅草。
スタートは、日本最古の遊園地「花やしき」にしました。
会社のメンバーと遊園地というのは初めてでしたが、
意外な姿…というよりは普段通りの姿が見られて
楽しかったです(笑)。
ひとしきり遊んだ後、17時に全員集合し総勢23名で真冬のBBQ!
(園内でBBQが楽しめるのでオススメです☆)
その後近くのスーパー銭湯に立ち寄り、いよいよ「一日家族」となる一軒家へ。
閑静な住宅街にあるお宅に宿泊…と言っても
パフメンバーが大人しく寝るわけもなく、
なんと朝4時!まで、飲んだり食べたり遊んだり(笑)。
まるで年始に久々集まった親戚のように、楽しく温かい「家族時間」を過ごしました。

***
12月16日~18日は、「会社を作るのは人」ということを実感した3日間でした。
お客様、株主の皆さま、パートナーの皆さま、元社員の皆さん、そして社員。
関わっていただく方の数だけ、会社も個人も成長するチャンスがあります。

「パフらしさ」は忘れず、どんどんデキる大人になっていきたいと思います!
引き続き、よろしくお願いします!

お次は、花やしきで一緒にローラーコースターに乗った 牧野さんです♪

幸せだなぁ(若大将風)

2017年12月26日 (火曜日)

こんにちは!20周年行事の余韻が抜けきってない?溝渕です。
ご参加いただいた皆様、メッセージやプレゼント等いただいた
皆様、本当にありがとうございました。

前回のブログで「しっかり準備して臨む」と宣言していたにも
関わらず、結局式典が始まる瞬間までずっとバタついて、準備
万端とはほど遠い状態。直前のリハーサルでは変な笑いがこみ
上げてきました。

それでも、当日は朝からずーっと感動しきりで、「ありがたい
なぁ」とか「パフってやっぱりすごい会社だなぁ」とか(手前
味噌ですみません)しみじみ実感しまくった1日でした。特に
ゲストとの距離が近い祝賀会では、たくさんの方にお声がけい
ただき、改めてご挨拶させていただきながら、目頭が熱くなり
ました。変な話ですが、「なんでこの方々は、自分なんかのた
めにここまで親身になってくださるんだろうか」と疑問に思う
瞬間があるぐらいで、普段からいただいているものに対して、
自分はまだまだ全然お返しできていないなと身にしみて思いま
した。

また、数年前に職サークル会員だった若手社会人も駆けつけて
くれ、「知らない人ばっかりでビビッてます~」と言いながら
も楽しそうにワイワイしている姿を見れて、本当に幸せでした。
この先何十年も、こんな関係を築き続けられるといいな。

その後の社員旅行も、ずーっと笑顔で、やっぱり僕は、この会
社に関わる人が好きなんだぁと、ただただ幸せを噛み締めた数
日間でした。この温か~い気持ちを胸に、来年も精一杯生きて
ゆきます。2018年もよろしくお願いいたします。

さて次回は、幸せな家族旅行を企画、運営してくれた清水です。
お楽しみに♪

誠実な20年の歩み

2017年12月25日 (月曜日)

こんにちは、日本野鳥の会、コバやんです@
式典、祝賀会にとご列席くださいました皆様、誠にありがとうございました!
当日十分なお礼もできませんでしたので、この場を借りましてお礼申し上げます。
 
私はといえば、実際に野鳥を観察してるわけではないのですが
あの恰好のおかげか、祝賀会では皆様に「野鳥の会の?」と
たくさん声をかけていただきました♪
印象に残ることができて嬉しい限りです!
これからも採用イベントなどで皆様に楽しみや驚きや納得感を得ていただけるよう
社員一丸でがんばります!
 
 
…と、折角気持ちは前向きなのに、最近なにやらお茶の間を騒がせているのは
企業の改ざん事件や相次ぐ不祥事などなどなど。
世間では気持ちのいい年末年始を、とはいかない事情もあるようです。
 
先日ニュース内のあるコーナーでインタビューに応じていた専門家は
この一連の不祥事に対して、悪く言えば「トップの怠慢」であると
厳しく批判していました。
生産的ではない、あるいはリスクを抱えている部門を切らずに抱える、
ある種日本的な考え方でなあなあにしてきたツケであるということのようです。
 
「日本の場合、『社長』は会社員のゴールのようになってしまっている。
 ボトムアップで役職を上ってきても、いい副社長がいい社長になるわけではない。
 そもそも仕事が違う」との弁を
最近よく話に挙がる働き方改革の視点でいえば、現状のぬるま湯を守るのではなく
よりドラスティックな決断ができてこその社長ということでしょうか。
 
 
20周年の節目を迎えたパフですが、社長の釘崎さんには
どんな苦労や葛藤があったのでしょう。
一介の会社員である私は想像するしかないのですが
決断の連続を耐えながら、それでも難しい世の中でパフという会社が
「うまれよ」の精神で誠実に息づいている事実が
釘崎さんの足跡そのままなのだと感じています。
20年、本当にありがとうございます。
 
また、私の身に置き換えると
「コバやんをパフに採用する」という決断をしていただいたことで
20周年を社員の皆さんと楽しく迎えることができました♪
ぜひこの先も釘さん日記にも書いていらっしゃった「よくここまできたなー」を
社員の皆さんとともに笑顔で言える会社にしていきたいです!
 
 
それではでは、コバやんのひとりごと、今日はこのへんで。
お次の溝渕くん、よろしくお願いします♪

みんなで守り、育てる

2017年12月22日 (金曜日)

20周年記念式典・祝賀会・社員旅行すべてに
2歳の娘を連れて参戦した岩崎です。
式典・祝賀会ではお久しぶりにお会いした方も多く、母子ともに元気な姿を
お見せすることができて良かったです。

 

 

今回の20周年記念式典・祝賀会では、パフスタッフの子供たちだけでなく、
お子様と一緒にお越しいただいた方も多かったことが印象に残っています。
会場には下は1歳から、上は小学校4年生まで、10数名の子供たちが思い思いの
形で参加してくれていました。
5年前の15周年記念、10年前の10周年記念では見られなかった光景です。

 

 

子連れスタッフはやはり身動きが取りづらい状況ではありましたが、
想像していたよりはずっと身軽に動くことができました。
それは、その場にいる大人やお姉さん・お兄さんがみんなで
娘を見てくれていたからです。
小学生のお姉ちゃんに何度「ちょっとこの子見てて!」と言って預けたことか(笑)

 

 

それぞれのおもちゃを貸し合ったり、
手をつないで散歩したり、
憧れのお姉ちゃんに必死でついて行ったり、
おやつのお裾分けをもらったり。

 

 

子連れ(特に赤子連れ)は何かと肩身が狭い昨今。
あんなに気楽な気持ちで過ごせるなんて思ってもいませんでした。
これがみんなで守り、育てることなのかなぁと。
その場にいらした皆さんの子供たちを見る目がとても温かく、
その先にパフが実現したい未来が見えた気がしました。

 

 

今後もパフのイベントごとは子連れ大歓迎!ですので、
お気軽にお子様とご一緒にお越しください。

 

 

お次は、パフの15周年と20周年を経験した小林さんです。

一緒に働いた仲間

2017年12月21日 (木曜日)

こんにちは、映像制作担当の平原です。
今回の20周年ではボツも含めて8本くらい動画を作りました、、、
簡単なものならある程度マスターしましたので、何かご要望ありましたら
ご相談ください♪

さて、20周年記念式典・祝賀会では本当にたくさんの方々にお祝いいただき、
なんというか、言葉にできない幸せを感じました。

来場いただいた方々の中には、いろいろな形でパフで働いてくださったこと
のある仲間もたくさんいました。

幸せをかみしめた20周年式典の夜。
実は、ある思いに駆られて胸がぎゅ~っとしました。

これまで一緒に働いてきたメンバーが、やっぱり大好きだな~
みんな戻ってくればいいのにな~
パフがめざす50人規模の会社って、あの人たちが戻ってきてくれたら
すぐだし、それって最高なのにな~

と。

すごく後ろ向きな考え方かもしれませんが、過去いてくれた社員たちが
やっぱり私にとってはかけがえのない仲間で、サイコーのメンバーで、
一緒に働けたことが幸せだなと思ったのです。

でも、そのメンバーもそれぞれに今幸せにしているので、みんなにとって
パフにいることだけが幸せではないのだということもわかります。

なので、やっぱり私はこういうかけがえのない仲間を、採用を通して
これからもたくさん見つけていくしかないのだと改めて感じました。

 

大好きな人たちと別れがあることはとてもつらいことだけれど、
こうして集ってくれる仲間でいられる事に感謝して、前を向こう!
と再決意。

 

2019年度採用も採用担当に立候補した平原。
早速横山を詰めまくってしまっていますが、詰めるのではなくサポート
できるように精進しつつ、いい採用をしていきたいと思います。

 

それでは、お次はお互い子連れで式典参戦だった岩崎さんです。