パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

おもろいことが好き!

2018年10月19日 (金曜日)

おおきに!カカこと石上です。

パフに入社して、1年7ヶ月が経ちました。

伸びしろを常に広げたいと思っております!

 

今日はちょっぴりユルい内容ですので、お時間あれば続きを読んでください。

私のツボなものをただただ載せるだけの回です。たまには、イイですよね?

 

今回のツボは、大阪市阿倍野区にある「文の里商店街」の広告です。

シャッターを下ろした店が目立つようになってきた文の里商店街。

商店街の活気を取り戻そうと大阪商工会議所が、商店街のPRポスター約200点を、電通関西支社に依頼して制作したそうです。

 

私のお気に入りを一挙にご紹介します。

 

この秀逸さ、初めて見たときからファンになってしまいました。

それだけ、見せ方一つで変わるんだなぁとも感じた事例です。

 

パフでも、常日頃、採用における見せ方を考えているのですが、実は文の里商店街くらいに「自由」でもイイのかもしれないなと思いました。

 

来週は、自分の中でのヒットってなんですか?大門さんです。

キャンバスに絵を描く

2018年10月18日 (木曜日)

ようやく提案活動が一段落し、でも一段落してる場合じゃない業績なのでまだまだ頑張らねば、な大岡です。
最近頻度も落ち、人生がかなり仕事寄りになってきているので忘れられがちですが、私はずっと舞台に関わってきておりまして。
あ、忘れてませんか。ありがとうございます。
最近は役者としてしか関わってないのですが、実は演出の経験も意外と多くあります。
この演出、さまざまな要素をまとめて一つの舞台を作り上げる責任者のような立場ですが、その要素の中でも大きなものに小屋=劇場のサイズがあります。
観る側としては、好みは大小でわかれるので大きい方がいいというわけでは全くありません。
しかし、作り手目線で言うと、舞台上の密度を保ったまま、大きな空間を埋めるというのはやはりとても難しい作業で、小さな劇場であれば、役者の集中力はお客様にダイレクトに伝わり、また、お客様の目線も意識せずとも見て欲しいところが視界に入るのに反して、大きな舞台ではそれを戦略的にお届けするという工程が必要になります。
役者の演技に本人が意図しない範囲で作為的な動きをさせたり、お客様の目線を恣意的にある部分に集中させたりといった、小さな舞台では必要とされない要素が演出に求められます。
だからこそ、大舞台で見事な演出が出来る演出家というのはとても限られていて、仲間内ではそういう演出家のことを「大きなキャンバスに絵が描ける演出家」などと言っていました。
私は演出家としては最大でも200名くらいのキャパの劇場しか経験がなく、そんな小さなキャンバスでも手一杯でした。そんな自分からすると大きな絵が描ける演出家はもはや憧れとかでもなく、別世界の能力を持つ人としてただただ、すごいなぁと感心するしかないわけです。
でも、大きな絵が描ける人が「大は小を兼ねる」となるかというとおそらくそういうことではなく、きっと演出家によって、適切なサイズのキャンバスがあるのではないかな、などと考えています。
なんで唐突にこんな話を持ち出したかというと、最近「未来のパフの理想像を描く」という大仕事を頂戴いたしまして。
仕事においてもそのミッションはキャンバスの大きさに例えられるよなぁなどと真っ白な大きなキャンバスを見ながら途方にくれているからだったりするわけです。
例えばパフの仕事であれば、
・目の前のお客様に向き合って課題解決に取り組む
・複数のお客様を対象にしたイベントや企画を考え、運営する
・一定期間のミッションのリーダーとしてミッション達成と部下育成を担う
・年間のチーム戦略を考えて実行する、させる
・事業計画を立てて会社を運営する
・会社を経営する
などと言ったキャンバスの大きさの違う仕事が存在していて、そのどれが得意かということは人によって違うと思うので、その適正サイズに合った仕事はきっとその人が成果を出しやすいのではないかと。
ただ、そのキャンバスの適正サイズいうのは自分で決めちゃダメですね。
いろんなチャレンジをして、まず周りが認識し、結果的に強みとして適正サイズが決まるというのがいいんじゃないかななどと思います。
私自身ははっきり言って、仕事においても決して大きなキャンバスに絵を描いてはきませんでした。
描きなさいとも言われませんでしたし、描きたいとも思いませんでした。
適正サイズもなんとなく自分で決めていた部分も否めません。
とりあえず描いてみないと何ができるかわからないので、ひどい作品が出来上がるかもしれませんが、保坂のいう「いくつになっても伸び代」。
ありがたいチャンスとして頑張ってみます。
明日は伸び代で出来ている石上です。

“苦手”を一つ、克服したとき

2018年10月17日 (水曜日)

やってきました、第65回かほログ!

 

先日とあるお客さまとお話ししていたところ、
「横山さんはメールの書き方がお上手ですよね」
とおっしゃっていただきました。

むしろ、入社前から文章を書くこと(メール、ブログ、メルマガなど)は
“苦手”なものとして向き合ってきたので驚きました。

 

メール文章の場合には
・見づらい
・何を言いたいのかわからない
・堅苦しい

といった点が“苦手”だと捉えていた理由なのですが、

それに対して意識していた
行間やひらがなを使うバランス、適度な記号の活用などを
ほぼすべてと言っていいほど褒めてくださり、
「これどこかに公開してたっけ?」と思ってしまうほどでした。

小さな努力が伝わっていたこと、
苦手を少しは克服できていたことが単純にとても嬉しかったです。

 

もちろん、複雑な内容をメールで長々と書かなければならない
場合には、不安で先輩に見ていただきアドバイスをいただくことも
あるので、そのご指導のおかげもあるかと思います。

ちなみにこのブログの行間は空けたい間隔で
なかなか空いてくれず(私だけでしょうか?)、
毎回苦戦しています…(笑)

 

といったことは置いておき、

こうした些細なことに気づくことができること、
そしてそれを相手にきちんと伝えることができることは素敵だなと感じ、
私も見習わねば!と思ったのでした。

さらには細かい努力も伝わるということ。
これからもこだわりを持って仕事をしていきたいと思います。

 

お次は大岡さんです!

大人は判ってくれる

2018年10月16日 (火曜日)

おはようございます牧野です。

最近、お天気が不安定なせいか風邪をひいてしまいました。

昨日はやるべきことの優先順位を決めて

体を休めていました。つまりお休みをいただきました。

なにか抜け漏れていたことがあったらすいません、

ご連絡ください。

さて、好きなドラマはたくさんあるのですが、

清水さんのバトンを受けて紹介するのでしたら、

「フリーター家を買う」(2010)でしょうか。

今クールのドラマ

「僕らは奇跡でできている」の脚本を書いている

橋部敦子さんの作品です。

新卒入社した会社を早々に辞めて

フリーター生活を送っていた主人公が、

バイトで入社した職場の人を巻き込みながら、

家族で住む家を買うお話です。

私がこのドラマの好きな所は、

主人公が周囲の人を巻き込みながら、

自分や周りの人を信じて、

自分の決めたことをやり遂げる所です。

橋部ドラマの特徴として、

困難に向かって、奮闘したり、葛藤したりする主人公に

周囲の人が影響を受けて、

自分を見つめなおして変化し、

行動していくところがあります。

主人公は決して冷静沈着ではないのですが、

周囲に向かって発信し、自分の考えを伝えます。

そこには、人(人間)への信頼があり、

その根底には自分への信頼があります。

何事も進めていく上で大切なことです。

就職活動のスケジュールがあってなきものとなりました。

周囲を巻き込むことと、自分を信じること

就職活動ではこの二つを伸ばせる良い機会だと思います。

当事者である(主に学生)もそうですが、

周囲の人(我々)もまさにそうです。

「僕らは奇跡でできている」チェックしていませんでしたが、

今から見てみようかな。

明日は、横山さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな奇跡とともに、真っ直ぐに。

2018年10月15日 (月曜日)

こんにちは!清水です。
話題になってからだいぶ経ちましたが…
前回のお約束通り「ギボムス」のお話をしたいと思います。

「義母と娘のブルース」略してギボムス。
TBS系で9月まで放送されていたドラマで、
一言で表すなら
バリキャリの女性が契約結婚し、義理の娘と本当の親子のような絆を築く話 です。

わたしがこのドラマにハマった理由は2つ。
主人公の女性がとにかく真っ直ぐだから。
そして、「小さな奇跡」にワクワクするから。

契約結婚によって、突然、小学生の娘を持つ母親となる主人公。
(結婚の理由はネタバレになるので伏せておきます)
最初は娘になかなか受け入れてもらえず苦労しますが、
培ってきたビジネスの経験を使いながら、なんとか、「親」になろうと頑張ります。
とにかく真っ直ぐで、一生懸命。
子供を心から愛し、考え、立派な人間に育てようとする姿に心を打たれました。
私のお気に入りは第3話、
親同士の揉め事に子供が巻き込まれ、主人公が学校に乗り込むシーンです。
PTAが怖くて言いなりになろうとする先生たちへ、こう啖呵を切ります。

「 子供は親が嫌われるようなことをしたら自分も嫌われると思っている。
親は子供が嫌われることを嫌って言葉を飲み込み陰口で憂さを晴らす。
その背中を見て育った子は思うでしょう。
長いものには巻かれろ、
強い奴には逆らうな、
本当のことは陰で言うのが正しいんだ。
だって大好きなお父さんとお母さんがそうやっていたんだから。
  私は、大事な一人娘に、そんな背中を見せたくありません。」

大人だって迷うことや間違えることはたくさんあります。
でも、子供の手本になるよう心がけて行動することは出来るはず。
これは親子だけではなく、大人として、社会人として
部下や後輩、学生にどんな姿を見せるか、ということも同じだと思います。
自分が正しいと思うことは、はっきりと伝えられる大人でいたいな、と思いました。

それからもう1つ。
このドラマには「小さな奇跡」がたくさんあります。
でもこの奇跡は、私たち自身にも起こるようなことばかり。
当たり前を当たり前だと思わずに感謝していると
小さな奇跡が発見できる、と教えてくれました。

いいことばかりの人生なんて、たぶんありません。
でも考え方ひとつで、辛く悲しい出来事の中にも小さな奇跡は見い出せると思います。

見終わったあとに、明日も頑張ろう!と思えるステキなドラマでした。
来週取る夏休みに(もはや秋ですがw)原作も読んでみようと思っています。
皆さまも、お時間あるときにぜひご覧ください!!!

就職とか採用とか全然関係ない内容でしたが(笑)、今日はこれでおしまいにします。
次回は牧野さんです!
オススメの映画やドラマはなんですか??

「社会科見学」になるな

2018年10月12日 (金曜日)

こんにちは、コバやんです@
動線が考えられているかはアヤしいですが
料理が好きな方なので、「手際良く」というのは気にしています。
特に製菓は道具がすぐにシンクに溜まるので、片付けながらを基本にやってます。
最近料理の手伝いに興味を持った息子に「お父さんすごーい」と言われるように
ちゃんと料理を教えてあげられたらなー、なんて考える日々です。
 
 

 
先日19年度採用の内定式を終えたばかりなのに
今度は20年度採用のインターンシップ活動、と
慌ただしく人事の世界は回っておりますね。
 
セミナーの代替品になっているものは脇によけておいて
今回は実際に職業体験をしているほうについて少し考えてみました。
 
【インターンシップ】という言葉を改めて調べてみると
「学生がインターン(実習生)として一定期間、企業で実際の仕事を体験する制度」と
人事労務用語辞典では紹介されています。
 
もともとは医学界で研修医として勤務することをインターンと呼び
それが企業が取り入れる形で拡大。
その後1997年に政府が産学連携による人材育成を目的として導入の推進を始め
現在のインターンシップの形が出来上がったようです。
 
 
で、どうして今更インターンシップのことを言い出したのかといいますと
かなり前に駐在所でも高校生インターンシップを実施という話題を見まして
駐在所とは珍しいなぁ、と感じたこと半分、
残りはなんだか社会科見学みたいだなぁ、と感じたことがきっかけでした。
 
私が社会科見学で覚えているのは
小学生の時の製紙工場の見学(実家は紙の町なので)と
中学生の時のスーパーの定員の一日体験です。
スーパーの一日体験では、品出しや商品PRの声掛けなどをやっていました。
 
そして、それを思い出してふと一考。
ただの職業体験なら今の学生なら社会科見学でやってるだろうし
アルバイトも経験しているし
今時ネット使えば大概の情報は手に入るし…
半端なインターンシップ、就活生には必要なくない?
 
 
インターンシップが採用の主流となってきた昨今
用語辞典の言葉通り「実際の仕事を体験する」だけの
ステレオタイプのインターンシップにどれほどの価値があるでしょうか。
 
必要なのは、ビジネスという檀上で「Trial and Error」を実践し
仕事の本質を身に着けさせることではないかと考えています。
(学ばせるでも体験させるでもなく、体に覚えさせることが大事かと)
 
昔のギルド制度のような意見ですけど
真に「自分の会社のため」、また「学生のために」有限な時間を活用するなら
この実現を突き詰めていくことが
インターンシップの実施価値になるのではと私は思っています。
 
 
就活生の隙間なくスケジュール帳を埋め尽くすインターンシップの予定を見ると
彼らの頑張りがとてもよくわかります。
インターンシップ掛け持ちも当たり前です。
でも、その頑張りの先がセミナーラッシュではあまりにも残念です。
「自社に学生を呼び込むため」ではなく
「自分たちがその学生を成長させてやる!」の意気込みで
厳しくも楽しい気力に満ちた時間を学生と過ごしたいという企業が
1社でも増えてくれることを願っています。
 

 
 
それではでは、コバやんのひとりごと、今日はこのへんで。
お次は清水さんです。よろしくお願いします♪

動線大好き。

2018年10月11日 (木曜日)

タイピングの速さには自信がある岩崎です。
自宅でPCを使っていると「強すぎじゃね?!」と旦那に言われます(笑)

 

先日、1年ぶりに健康診断に行ってきました。
とある理由から、健診センターに行くことを毎年楽しみにしています。

 

なぜか小さい頃から病院のオペレーションを眺めるのが大好きな私。
受付をするとカルテが取り出され、それがこういってああいって、
検査と診察に回る。ふむふむ。
ムダなくスムーズに事が運ぶ様を見ると惚れ惚れしてしまいます。

 

毎年お世話になっている健診センターは、その最たるという感じで、
多くの人を混乱なく誘導する技術は素晴らしいのです。
さらに素晴らしいのは、同じ健診センターでも年々進化しているということ。

 

昨年は少し前のポイントカードみたいなものを健診者が持ち歩き、
そこに各検査結果を記録していき、検査が終了したかを手書きでチェックし、
経験則に基づいて次の検査項目に案内されるという流れだったのが、

 

今年は問診票のトップにあるバーコードを各検査前にピッとすると、
検査結果の記録だけでなく、終了後には自動で次の検査項目が
指示されるというハイテクぶり。
この方法だと、そのうち、ロッカーの鍵と連動したりして、
ウェアラブルになっていくのかなーなんて想像しています。
(今は健診者がファイルを持ち歩かないといけないのがちょっとダサい)

 

大規模なテクノロジーを導入しての改革は、なかなか自分の身の回りでは
真似できませんが、ほんの少し動線を変えるだけで驚くほど物事が
スムーズに進むようになることがあります。
『もしかしてここを変えたら良くなるのでは…?』という視点を忘れずに
日々、仕事・育児・家事をこなしていけたらと思います。

 

お次は、小林さんです。

エンターキー論

2018年10月10日 (水曜日)

おはようございます。
週末は我が家の前がコースになっている
地元のマラソン大会に出た田代です。

話は変わって日常の一コマ。

自分、平日・休日、外出の合間の時間で喫茶店やファミレスで
オン・オフの時間を過ごすことが多い人間です。

先日も、有楽町で次の訪問チェックやノートPCを開いて
メールのチェックをしていました。

すると…バチーン!バチーン!とサンドバッグを叩くような
強烈な音が後ろから聞こえてきました。あまりに凄い音だったので
何かと思って音源を探していたら、おじさんがノートPCのエンターキーを
バンバン叩く音だったのです。

もぉ、一度気になったら集中できません。
そんなに強く叩かんでもいいだろう!という音響で
店内を震撼とさせたのでした。

このエンターキー。

実は凄いくせもので面白い存在だと思います。
例えば、私はエンターキーの音で社風が分かると思い日々分析しています。

私の会社は(自分も含め)エンターキーをバンバン叩く社員ばかりで、
お客様先などでキーボードを叩く機会があると
「あの…もう少し静かに叩いてくれませんか。うるさいです。」と注意されます。
エンターキーをぶっ壊してナンボだという活気ある社風ですね。

一方、ある会社では、すごく執務室が静かで
なでるようにキーボードを叩く会社様もありました。
きっと無駄口一つ許されないきちっとした会社なのだと思います。

就職活動をする学生は、
志望する会社のエンターキー音が何デシベルなのかを計ったり、
社員にキーボードをぶっ壊したことがありますか?と聞いても面白いと思います。
なんて嘘のようであながち間違いではない企業文化を把握する質問です。

また、普段から周囲のエンターキーの音をチェックしておけば、
その人の心身の変化も分かります。
人間は機嫌が悪いとバンバン叩きますから要注意です。
反対に、エンターキーの音が聞こえなくなったら居眠りをしている可能性大です。

このようにエンターキーの世界は奥が深い。
だからこそ、全てのビジネスパーソンは自分のエンターキーの音には
敏感であってほしいと思います。

ここ数年、新幹線に乗ることも多いのですが、
バンバンとエンターキーの音が鳴る度に気にしてしまいます。

うるさいと嫌なので、自分への戒めとして、
乗車中のキーボードは普段の30%ぐらいの力で
ソフトタッチでパチパチ叩くように気をつけています。

エンターキーをマスターしたものは、ビジネスを征す。
まだまだ調査が必要な研究テーマです。

次は、エンターキーレベル2.5、社内では声の大きさはレベル5の岩崎さんです。

週末に思うこと

2018年10月9日 (火曜日)

AIとロボットの違いは「自ら考える力が備わっている」ということらしいです。

私は人間ですから、自ら考えることはもちろんできます。

AIで注目されるワードとして「ディープラーニング」がありますが、
この言葉に私は非常に関心があります。

自分は、経験を学びに繋げているのか。
AIに負けないように、人間として努力していきたいホサカです。

・・・

さて、本日のブログは
こんな話とはまったく関係のない、ただただ楽しかったという話です。

ここ数年、パフの有志のメンバーと、旅行に行くことが多くなってきました。

社会人になって、ワーカーホリックとして過ごしてきた私は
何もしない週末を十数年続けてきました。

そんな出不精な私に
アクティブな一部の社員が「〇〇に行こう」と旅行を企画してくれます。

誰かが行きたいという声に、私は単に便乗しているだけですが、
せっかく行くのだから、楽しさを最大化し、
できる限り、参加するメンバーも楽しいと思ってもらえるように。

さらにいうと、参加者以外の人にも、楽しさをおすそ分けしたいと思っているわけです。

そこで始まったFacebookでのリアルタイムレポート。

多くの方々に「いいね」とコメントをいただき
楽しさ倍増であります。

「内輪ウケの押しつけがまし」かもしれませんが、
いつもお付き合いいただく皆さん、本当にありがとうございます。

このような話もパフの風土なのかな、と思っています。

逆を言うと“ムリー”という方は合わないのかな。

いや、このような会への参加は任意なのも、パフらしさ。

週末は家族のために過ごす、自分の趣味に費やす。
まったくもって問題ありません。

自分らしさと、パフらしさを両方楽しめる、
そんなパフにいてよかったなと、ただ思う3連休明けのブログでした。

・・・

次回は、またマラソン大会に出たらしい、タシロさんです。
(当日暑かったけど、大丈夫だったかな?!)

“考え方”が合うかどうか

2018年10月5日 (金曜日)

皆さん、こんにちは。AIの得意な「ロジック」「法則」が全くない人生を送っている吉川です。

ただ譲れない価値観というか、モットーというか、そういう大切にしたいキーワードみたいなものは、実は持ってたりします。

●仕事で大切にしていること ⇒ 「すぐやる!今やる!早くやる!
●トラブルが起きたとき ⇒ 「逃げない!溜めない!諦めない!
●常にありたい姿 ⇒「前向き!ひたむき!ムッキムキ!

―――

人にもキャラクターがあるように、組織にも風土があります。

風土は、そこに居る人たちによって自然とできあがるものですが、文化は、リーダーが意図してつくりだすものだそうですね。

企業によって、風土や文化がどうつくられているかは違いますが、パフの風土は、創業時に作られた経営理念とサービスコンセプトに紐づくところが大きいです。

日々の仕事で何か決断をしないといけないとき、改めて「顔の見える就職と採用」とか「世界で、たったひとりのあなたのために」とか「うまれよ」とかを見返したりしています。

で、そんなスタイルで仕事をしていると、自然とお取引企業様も「理念」や「経営哲学」を大切にするお客様が多かったりします。

そんな方々と「自社に合う人とどうやったら出会えるかなぁ」と議論をした結果、2月に「理念を大切にした会社」ばかり集まって「理念で企業を選ぶのっていいよぉ」と学生に伝えるイベントをやろう!という話がまとまったりしました。

そのイベントについて打合せをしていた時、あるお客様からこんな話を聞きました。

「長寿企業には以下の共通点がある。
1)顧客第一主義
2)本業重視
3)品質本位
4)従業員重視
そして、その価値観が暗黙知として組織のなかに十分浸透している」

規模とか制度とか事業とか仕事とかで会社選びをするのもいいけど、実は日々仕事をしていて居心地がよい環境とは「自分の大切にしたいことを同じように大切にしている人たちと働けるか」、“考え方”が合うかどうか、が結構重要だな、なんて思ったりもします。

こいうことを学生にどう伝えれば、理解してもらえるのか。
まだまだ考えがまとまっていないので、もう少し深めていきたいと思います。

何か良いアイデアがある方、是非お声がけください!

お次は、パフの人情溢れるAI、ホサカです。

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com