パフスタッフが綴る何気ない日常。日々感謝をこめて。「パフ・ザ・マジックドラゴン 執務室」

日々是感謝ダイアリーに感謝

2008年10月3日 (金曜日)

こんにちは。パフの保坂です。

・・・

就職サイト Puff Port(2009年度卒向けサイト)は
10月15日に職学校Webに生まれ変わります!

それとともに、PuffPortのコンテンツだった「日々是感謝ダイアリー」は終了します。

※この「築地2丁目ブログ 職学校の日々」は継続し、
  私たちパフスタッフのコラムは続きます。

日々是感謝ダイアリーは、たしか2005年5月から、4年間続いていた企画です。
当時もWeb企画担当をしていた私。

顔見世請負人という言葉を使い始めた時期。
私たちパフスタッフが、このサイトを見てくれる学生や社会人の皆さんに
心の中をオープンにしなければいけないという思いから始まりました。

また、パフ社員が大切にすべき「感謝」を体現し、
日々忘れないためにも意図して企画しました。

そして4年間。
日々是感謝という言葉を何回書いたでしょうか。
本当に感謝すべきことが、日々の生活で、たくさんあるのだということに気付かされました。
日々是感謝ダイアリーがなかったら、いまの私はなかったかもしれません。

日々是感謝ダイアリーは終了しますが、
顔見世の趣は、このブログ形式の「築地2丁目ブログ 職学校の日々」に引き継がれます。

写真も掲載できますし、絵文字の挿入も簡単です。
だからこその生の私の姿を、顔見世していきたいと思います。

そして、日々是感謝の精神も忘れないよう。
時々、感謝にテーマをおいた、日記を書こうと思います。

日々是感謝ダイアリーに感謝。
今日は、その一言につきます。ありがとう。

・・・

今日は、ちょっとセンチなコラムでした。次回は、長崎が登場です。

仕事がデキる人の条件

2008年10月2日 (木曜日)

こんにちは。入社2年目の岩崎菜緒子です。

ここのところ私の文章はお友達ネタ(しかも誕生日ネタ)が
多かったので、今回はマジメにお仕事の話をしようと思います。

 *実はお友達のお誕生日ネタの話もあるのですが、それはまた次回。

というのも、とある仕事を通じて「仕事がデキる人」とは?と考える機会がありました。

先日の吉田ママのブログにもありましたが、
就活応援フリーペーパー「SHOKUNIN魂」Vol.2の完成にあたり、
この小冊子を職サークル協賛企業さん、取材に協力してくれた方々、
全国の大学に発送するという仕事がありました。
全部で588通。それをすべて今週中に発送しきるという仕事。

いざ進めてみたはいいものの、常に自分自身の段取り力の乏しさを痛感せず
にはいられませんでした

まず10部ずつ企業に発送したものが重量オーバーで返送。
同じく10部ずつ大学に発送するラベルをすべて張り替え。
そして封入物にミスと不足が発覚し、40通弱すべてやり直し。

幸いやり直しは1時間ちょっとで終わりました…。自力でやりましたが。
私の仕事は作業内容を確認・把握して、作業をしてくれるメンバーに指示をする。
確認や作業指示が完璧でないと、せっかく作業してくれたメンバーの時間も
無駄になってしまうのです。
1日で40通封入してくれた人とその人の時間がもったいないことになるのです。

そして思いました。
「仕事がデキる」って「頭がいい」とか「こんな資格持ってる」とかではなく、
「段取り力」なのではないかと。
段取り力って想定力。先の先の作業まで想定できるかどうか。
これができるだけで、たぶん仕事のスピードって相当変わってきます。

調べてみたら、「段取り力」について書かれた本ってたくさん出ているので、
まずは読みやすいものから手に取ってみようと思います。

次は私の上司・保坂光江さんです。

Fネット

2008年10月1日 (水曜日)

こんにちは。高田です。

去る9月29日ふるさとネットワーク主催のUターンイベント、
キミは、Uターンできるか?に参加しました。

しかも、寸劇に出ました。

共演者がまたすごい。
地元で就職支援を営んでいる社長様たち3人。

思ったことを何個か。

・社長は、何でもできる
・社長は、すごい良い声をしている
・馬鹿になれる人は、かっこよい
・社長の声は、でかい

やっぱり、社長ってすごかった。

で、イベントの様子。

東京で就職することを当たり前としない人たちは、
現状に疑問をもっている人たちは、素敵。

姿勢が前のめりでした。

現状に不満を言うのではなく
現状に疑問を持つこと。

この二つって、似ているようで、違うよなぁ。

社長のすごさと疑問を持つことの大事さを考えた日でした。

次は岩崎さんです。

プロ野球、復興のカギ

2008年9月30日 (火曜日)

こんにちは。田代です。

今日の日々是は、まったくの趣味であり、
そして私からの提言です。

野球の人気低迷が叫ばれている昨今。
野球大好きな自分としては、非常に嘆かわしいことです。
どうして、こんなに面白いスポーツが!悔しくてたまりません。

世の中の偉い人たちが、プロ野球改革だとか、
地域密着だとか、世界大会だとか

色々な取り組みをしてくださっています。
これはこれでとても大切なこと。

でも子供たちには、遠すぎます。
そういった組織や制度を変えることよりも
最も身近な存在である我々大人たちが、できることがあるはず。

そんなことを思った私はあることに気が付きました。

そういえば、街を歩いていると…
プロ野球球団の防止をかぶっている子供を見かけなくなったな。と。

子供たちはヤンキース帽やレッドソックス帽をなど、
みんなメジャーリーグの格好です。

私の少年時代には、まったくなかった光景ですね。
ちなみに、私の幼少時代は西武と巨人の帽子をかぶった写真が沢山あります。
そうです。あの「野球帽」が今の子供たちにはないのです!!!

アメリカの街では、地域密着ということもあり
大人たちが普段から地元球団の帽子をかぶっています。
大人たちのこうした無邪気な光景が、子供たちの心に残ると思うんですよね。

ということで、私は一人「日本球団の野球帽をかぶろう」キャンペーンを
掲げることにしました。

テレビでは、たまにSMAPの中居くんがジャイアンツ帽をかぶってくれます。
すごく嬉しいです。あの身近さが、いいですよね。
ということで早速、ジャイアンツ帽をかぶっています(笑)

P1180961_2
ご賛同いただける方は、
恥ずかしがらずに、日常生活で野球帽をかぶってください。
よろしくお願いします!

という、よく分からない提言でした。

次は、いつも元気な高田大輔君です。

 

便利になるということ

2008年9月29日 (月曜日)

こんにちは。平原です。

以前、スギヒラがこの日記に書いていたと思うのですが、
人は、環境が便利になると能力が落ちていくという話が頭から
離れません。

・携帯でいつでも連絡がとれるから、待ち合わせ場所も決めず
 に友達と待ち合わせ。電池が切れたら落ちあえない!
・電車の時間はネットですぐに調べられる。時刻表の読み方が
 分からない!
・キーボードを押せば漢字が出てくる。ペンを持っても漢字が
 書けない!

ちょっと昔、こんなに便利な世の中ではなかったころ、こうした
「不便」をカバーするのはすべて人間の能力でした。
でも今は、機械やシステムに頼るばかり。
私自身、エクセルがないと何もできない、なんて思います。

便利だからシステムに頼る。それはいいと思います。
でも、そんな「便利」に比例して、こんな声を聞くようになりました。

学生さんから・・・
「確認のメールがこなかったのでイベントに行きませんでした」

採用担当者さんから・・・
「内定者になんど電話しても折り返しすらかかってこない。
しまいにはご自宅に電話をして、会社に電話するように伝言して
もらう始末でした」

便利になり過ぎて、ちょっとした手間を惜しんだり、最適な環境が
用意されていることに慣れ過ぎてしまったりして、人として大切に
すべき細やかさや気づかいを失ってしまっている人も、増えてきて
いるのではないでしょうか。なんだか悲しいことですね。

たとえば、お友達からの連絡はちゃんと折り返す。そんな身近なこと
から、人との付き合い方を見直したいと思う今日この頃でした。

次は、同期の田代君です。

 

2008年9月26日 (金曜日)

こんにちは。伊藤です。

秋がそこまできています。町の緑も、色が変わり始めた気がします。

後期が始まり、テレビ番組が変わり、服装が変わり、就職ナビが
オープンし、就職イベントの案内や企業からのパンフレットが
自宅に届く。

気づけば、環境がどんどん変化します。
就職とか社会人とか、まだまだ先のことだと思っていたことが、
グッといきなり近づいてきます。漠然と不安になることもあって当然。

そんなときこそ、リフレッシュ。秋は最適です。

風景がきれい。ご飯が美味しい。読書が進む。美術館もいいですね。

私はこの秋は、スポーツの秋にします。
応募した東京マラソンが当選するか分かりませんが、休日のランニング
は維持。いつもよりも長い距離を走ってみます(走ってるときって、
頭が空っぽになり、前日のお酒が体からどんどん抜けていって、気持ち
いいです)。

皆さんは、何の秋にしますか。
自己分析とか業界研究とか、就職活動もいいですが、自分が心から気持
ちよくなれる「○○の秋」をお互い過ごしましょう。

次は、4年目社員・平原葉子さんです。

 

手書きの威力

2008年9月25日 (木曜日)

こんにちは! パフ・社長室の杉平です。

先日、ある企業様の内定者研修でマナー研修の講師を務めました。

今回の研修の目玉は、
一般的なテーマである 「挨拶」 や 「言葉遣い」 に加えて、
「手紙」 について取り上げたこと。

担当者様と企画段階でお話をする中で出てきた、
「お礼状がきちんと書ける社会人になってほしい」 という思いから
内容を考えて組み込んだものです。

このネット社会、特に若者は携帯メールのやりとりが主ですから、
お手紙を書くこと自体、機会がないのだろうなと想像しつつ、
その研修の中で 「今年、年賀状を書いた人は?」 という質問をすると
手を上げたのはなんとわずか2名!

私は、御礼状や気持ちを込めたものなら、やっぱり手書きで・・・ という
感覚なのですが、未来にはお手紙の文化は廃れてしまうのかしら?と、
ちょっとした危機感すら覚えます。

研修ではいろいろ趣向を凝らして、コミュニケーションツールとして
の有効性や、仕事を通してお客様から感謝の言葉やお手紙をいただく
ということの喜びの大きさなどを、私なりに熱く語りました。
字や文章が下手だから書かないなんていわないで!
自分の気持ちがこもっていることが、一番大事なんだよ!と。
少しでも伝わっていたらいいのですが・・・

でも、手書きの威力って、いくら説明したところで、
実際に自分がもらってみて初めて心から実感できるものなのですよね。

パフでこの夏インターンとして働いていた3名の男子学生も、
きっと手紙を書く文化はそれまであまりなかったはずなのですが・・・。
彼らの最終勤務日、なんと彼らは社員ひとりひとりに手書きのメッセージをくれました。

なぜかといえば、彼ら自身がパフの社員たちから、本当にたくさんの、
心のこもった手書きのメッセージをもらってきたからに他なりません。
ほんのわずかな期間だけれど、
御礼、お祝い、激励、なんでもかんでも手書きで想いを伝えちゃう、
パフの 【手書き文化】 がしっかり伝染していたんですね。

してもらってすごく嬉しかったら、自分も誰かにしてあげようと思う。
そんな、自然な連鎖がたくさん存在する社会であって欲しい。

面倒だなんていわないで、
手書きパワー、改めて見直してみませんか?

 

一人ひとり愛着がわいています!

2008年9月24日 (水曜日)

こんにちは。2年目の木村です。

3日間のインターンシップイベント、PUFFSTUDY!が先日終了しました。

パフスタは昨年から開催していますが、実は私、担当として関わることはほとんどありませんでした。

今年、はじめてこのPUFFSTUDY!のクラス担当をしたのですが、
学生と企業の距離がぐっと縮まる、濃い3日間となったと思います。

 

「わたしたちは、『学生さん』とひとくくりにして呼びたくないんです」と、

ある採用担当者様がおっしゃっていたのですが、
まさにそのとおりだということを、私自身あらためてかみしめた3日間でした。

なぜなら、クラスのみんなの名前や顔を覚えると、
一人ひとりの『らしさ』が見えてくるし、一人ひとりに愛着がわくようになります。

初日は控え目だったけど、3日目の懇親会の時には社会人に積極的に話している姿を見たりしては、
あぁ嬉しいなぁ、と、感慨にふけってしまったりもします。
愛着でもあり、親心と言った方が正しいかもしれません。

一人ひとりと向き合うことの大切さを学んだPUFFSTUDY!。

本当は一人ひとり名前を書いていきたいのですが……。
参加してくださった学生のみなさん、職サークル企業のみなさん。
本当にありがとうございました

次回は、パフ女性社員の憧れ杉平です!

「働く」こと。

2008年9月22日 (月曜日)

子育ては放任主義ですが、「人として」のポイントはおさえたい、
ママ社員の吉田です。

9月16日、2010年卒者向け 就活応援フリーペーパー「SHOKUNIN魂」Vol.2 が
完成しました!

この冊子の制作ディレクションを担っています。

今回のテーマは「カッコイイ仕事人。」
以前、取材のことで、この日々是にも書きましたが、
巻頭特別インタビューは、歌舞伎役者:市川染五郎さん です。

ほか、誇りをもち、働く6人の方たちの理想と現実
インタビュー記事を掲載。
取材に応じてくださったみなさんは、
ご自身の「仕事」について、
つつみかくさず、本音で語ってくださいました。

そして、
・職サークル協賛企業による「採用宣言!」や応援メッセージ
・Uターン就職を応援する、「ふるさと就職応援ネットワーク」
・日本人留学生へおくる応援ページ
など
みなさんを応援する方々が、メッセージをよせてくださいました。
少しでも、「働く」を考える、行動する、きっかけづくりになれば
とてもうれしく思います。

この冊子は、職サークル協賛企業のみなさま、
取材にご協力いただいた方々、営業スタッフ、制作スタッフ、
ほか、関係者の方々、全員の力によりうまれたもの。
「仕事」は人との関係なくして、うまれるものではありません。
この冊子も、もちろん、いろんな人の力が加わり、もまれ完成しました。

見つけたら、ぜひ、お手にとってご覧ください!

<入手方法ほか>
★9月22日以降、2010年卒学生向け「職学校Web2010」をご覧いただいている、
職サークル会員の学生のみなさんに郵送でお送りします。

★そのほかの入手方法は・・・

・職サークル運営事務局が主催するイベントで配布!
・大学のキャリアセンター(みなさんの通う学校に届いているかもしれません)
・そのほか、各種就職イベントでも配布予定です。

職サークル運営事務局(パフ)では、
冊子のご意見・ご感想をお待ちしています!

次回は、入社2年目木村です。

親が薦める就職イベント

2008年9月19日 (金曜日)

こんにちは!村上です。

現在、10卒者向けのイベント「PUFF STUDY!(4クラス)」を開催しています。

この「PUFF STUDY!(4クラス)」は、パフが開催する数々のイベントの中で
一番早い時期に開催する、一番最初のイベントです。

詳細はこちら▼
http://puff.weblogs.jp/ps2010/

このイベントに、な、な、なんと
かつて採用担当をしていた親から薦められて参加した、という学生が
2名もいるのです。

「就活するなら、パフのイベントがおもしろいよ」
「パフのイベントは絶対参加したほうがいい!」
と親御さんから紹介されて、
「そこまでいうなら、参加してみようか・・・」と足を運んでくれたのです。

どちらのパターンの親御さんも現在は採用の現場を離れ、
今は、パフとの直接の接点がありません。

それでも、自分の息子・娘には、何よりもまずパフを薦めてくれたらしいのです。

う・う・うれしい!!

『元採用担当者の親が薦める就職イベント!』
なんだか、すごい効果がありそうじゃないですか!?
どうですか、参加してみたくなったでしょ!?

今後のパフのイベント情報はコチラ!
http://puff.weblogs.jp/kickoffmeeting2010/
http://puffport.com/front/event/event_top.html?eveId=50000044

次は、子育てのスタンスは放任主義の吉田ママです。