パフ代表の徒然ブログ「釘さん日記」

7月19日(木)

帯広のビジネスホテルで朝食を済ませたあと向かったのはここ。

 

 

 

そう、帯広競馬場である。またの名を「ばんえい十勝」。世界で唯一、ばんえい競馬を行っている競馬場だ。

ばんえい競馬についてWikipediaから引用してみる。

==

ばんえい競走では一般的な平地競走で使用されているサラブレッド系種などの「軽種馬」や北海道和種の「どさんこ」は使われず、古くから主に農耕馬などとして利用されてきた体重約800-1200kg前後の「ばんえい馬(重種馬。「ばん馬」ともいう)」が、騎手と重量物を積載した鉄製のそりを曳き、2箇所の障害(台形状の小さな山)が設置された直線200メートルのセパレートコースで力と速さ、および持久力や騎手のテクニックを競う[1]

(中略)

ばんえい競馬の起源は木材を運び出していた馬の力比べとされており、北海道開拓期より各地で余興や催事として行われていた。当初は2頭の馬に丸太を結びつけ、互いに引っ張りあっていたという。

明治時代末期頃から荷物を載せたそりを曳かせる現行の競走方式が登場したとされ、確認できる最古の競走は1915年大正4年)9月16日函館区外で十郡畜産共進会の余興として行われた「挽馬実力競争」である。競馬場内の広場に長さ40間(約73m)の平坦コースを設け、雪ゾリに一俵16貫(60kg)の土俵(つちだわら)を3-14俵集め、これを重しとして競走を行っていた[24]。その後も大正時代末期に亀田八幡宮渡島国亀田郡亀田村)の境内や五稜郭公園の敷地内で行われたのをはじめ、全道各地で同様の競走が行われていた。

==

なるほどね。勉強になりますね。wikipediaさん、ありがとう。

「ばんえい」は漢字では「輓曳」と表記される。「北の国から」でも、正吉のおじいさん(杵次:大友柳太朗)の愛馬のエピソードが出てきたが、北海道開拓において馬はなくてはならない存在だった。

で、帯広競馬場。

レースを開催しているのは、土・日・月だけで、残念ながら競走馬を見ることはできなかったのだが、「ふれあい動物園」では馬を間近に見ることができたし、資料館ではばんえい競馬の歴史を興味深く勉強することができた。

 

馬って本当に気は優しくて力持ち。人間のよきパートナーなのですね。

 

帯広でぶらぶらできたのはこの帯広競馬場だけ。すぐに駅に引き返し特急に飛び乗った。

夕方までに、洞爺湖まで行かねばならなかったのだが、帯広から洞爺湖ってむちゃくちゃ遠かったのだ。地図で見るとこんな感じ。

 

 

たいへんな移動距離だ。特急を乗り継いで4時間以上もかかった。

洞爺駅からさらに車で約30分。やっと予約していた洞爺湖畔の旅館に着いた。

 

 

 

 

残念ながら濃い霧で、湖の全景を見ることができなかったのだが、温泉にゆっくり浸かって、食事をし、夜は湖で打ち上げられた花火を見学するなどして、のんびりと北海道最後の夜を過ごすことができた。

 

 

 

 

 

さー、いよいよ明日は最終地の室蘭だ。オオノは元気かな?

(つづく)

 

7月18日(水)の夕方。

ラベンダー畑の散策を終えた僕は富良野から帯広まで下りてきた。

 

 

2016年の台風10号災害の影響で、根室本線の鉄路が滝川~新得間で寸断されており、途中でバスで乗り換えることになる。

災害からすでに丸2年。利用客が少なく赤字が続いていた路線であることから復旧は難しいらしい。このまま廃線になってしまうのだろうか。

 

 

バスに乗り換えた新得駅は、映画「ぽっぽや」の舞台となった幌舞(実在の駅は幾寅)のすぐそばっていうのもなんだか皮肉。ぽっぽやのロケ地を記念して設置されている機関車もなんだか寂しげだった。

さあ、そして到着したのが、帯広である。

 

「北の国から」で蛍の恋人だった勇次(緒方直人)が通っていた大学は帯広畜産大学だった。

実は僕も高校2年生のある時期、志望校を帯広畜産大学にしていたことがある。九州から逃げ出して遠いところに行きたかっただけなのだけど。そして北大には受かりそうもなかっただけなのだけど(苦笑)。

 

帯広に到着したのは、もう夕闇迫る18時ころ。

宿泊先のビジネスホテルの窓から外を見ると、なんとそこは六花亭の本社だった。

 

夜の7時まで営業しているようだ。

あ、そうだ。ここで会社へのお土産を買っちゃおう!

っていうことですぐに入店し、あれこれお土産になりそうなものを探し、美味しそうなお菓子がたくさん入った詰め合わせを会社まで送った。

これで、ひとり気ままに北海道を放浪している社長への批判を多少はかわすことができたに違いない(笑)。

 

そして夕食はここ。

 

目の前にある魚介類を焼いてもらって、

 

サッポロビールを飲む。

店の名は、函館赤ちょうちん。

ここは帯広なんですけどね(‘_’)。

さて、明日は帯広で何をしよっかなー。

(つづく)

昨日のころたま(採用コロンブスの卵)は無事、盛況のうちに終了した。

ディスコさんにお借りした会場が良かったためか、基調講演の「マイナビ×キャリタス就活」のインパクトがあったためか、開始時からとても高い出席率、用意した席はギッシリだった。

 

 

そしてそのあとに続く8つの講座も、ドタキャンを遥かに上回るドタ参加。予約なしで聴講してくださる方々も多く、うれしい限りであった。

 

 

パフが採用のお手伝いをしているお客様の講演はもちろんだが、100×10チャレンジ修了生二人の対談も、企業の「常識」が実は「非常識」であるということに気づかされるという意味で、とても参考になるものだった。

 

 

 

で、この「ころたま」のあと。

神楽坂のヱビスバーで、二人の歓迎会と一人の壮行会が開催された。

 

この人たちが昨日の主役。

 

 

まず、真ん中にいるオジサン。

何回かこの日記でもチラ見せしてきたが、正式にご紹介しよう。

ヨーダである。

いや、本名ではないが、ご本人がそう呼んでくれというので仕方ない(笑)。

参考までに本名は、アオキタカヒロという。

先月から日本採用力検定協会の事務局長として、そして履修履歴活用コンソーシアムのアドバイザーとして、おまけにパフのシニアコーポレートアドバイザーとして、僕が招聘した人物だ。

 

次に、そのヨーダの右側にいる女性。

オニーである。あ、実名はオニマルである。そして戸籍上の名前はムラカミである。

パフ営業グループの強力な戦闘要員として、8月1日付で入社した中途社員。実は、ヨーダが新卒で入社した会社とオニーが新卒で入社した会社は同じ。時代が違いすぎて(つまりヨーダがその会社を卒業した後にオニーが入社したので)会ったことはないのだが、ここでの出会いも何かの縁。

ともに、パフの力をぐーんと伸ばしてほしい。

 

さて、しんがりに控えしは、ヨーダと僕のあいだに挟まれた女性。

ムラカミである。

遥か昔にもムラカミという女子社員がいたが、こっちのムラカミは、パフの某お取引先の人事部から「留職」してきた4年目社員。

昨日が、一週間の留職の最終日だったのだ。今日からまた本籍地のM社に戻るのだが、昨夜の会は、上ふたりの歓迎会とムラカミの壮行会を兼ねて開催されたのだ。

 

 

パフの全社員からプレゼントされた寄せ書きに、感動して泣いてくれたりもした。

昨日までの一週間は「営業マン」として新規アポを取ってもらったり、新規訪問をやってもらったりもした。あと1か月も居ることができたら、初受注まで行けたんじゃないかと思うくらい(人事に置いておくのはもったいないくらい?)の才能を見せてくれた。

 

 

「おいおい、こんな写真アップしてもいいのかよ?」と聞いたら「はい、ぜひ釘さん日記に載せてください!」というので、載せておくけど💦

まあ、たいした度胸です(笑)。

ムラカミさん、一週間お疲れさまでした!

M社に戻っても、こっそり抜け出して、アポ取りや営業訪問してくれてもいいからね(^^)v

 

さてさて、いろんな意味で賑やかになってきたパフ。いよいよ営業戦線の本格スタートなのでありました。

では、本日も猛暑の中、行ってきます!

あ、北海道シリーズは本日はちょっと休憩でしたが、また明日からも続きますので悪しからず(#^^#)。

 

7月18日(水)

前日の夕方、旭川からやってきたのは富良野。

富良野と言えば「北の国から」。僕がまだ大学2年生だった1981年秋から1982年春にかけての半年間、フジテレビ系で放映されていたドラマである。

この連ドラのあともスペシャルドラマが数年に1回放映され続けた。シリーズ最終回は「北の国から 2002遺言」。21年に渡っての超大河ドラマだった。

僕はこのドラマの大ファンで、2002遺言のロケが行われた直後にも(札幌出張のついでに)富良野に行った。そしてその数年後も家族旅行にかこつけて富良野に行った。しかしいずれも、五郎さん(田中邦衛が演じたドラマの主人公)が建てた丸太小屋や石の家などのある六郷地区を見に行くだけで時間切れとなってしまっていた。

で、今回はドラマにでも出てくる富良野プリンスホテル(純と蛍のお母さん-いしだあゆみ-が宿泊したホテル)に泊まり、へそ踊りで有名な富良野市街地を朝ランし、ラベンダー畑を散策するなど、ゆったりと過ごすことにした。

以下、その写真集を載せることにします。

 

以下、ラベンダー畑の写真を連続でたくさん載せちゃいます。

 

 

おっと、チコちゃんに呆れられてしまったので、このへんで(笑)。

富良野いいですね。ところで来年2月の僕のライブでは、この「北の国から」のテーマソングをメドレーで演奏する計画だ。どうぞお楽しみに(#^^#)。

さあ、富良野の次はどこに行ったのかな?

ではまた明日!

 

6日連続で【北海道放浪記】を綴ってきたこの日記なのだが、少しは会社の仕事のことも書かないとチコちゃんに叱られそうなので、本日は明日開催の「ころたま」のことを書いてみよう。

 

 

あ、チコちゃんも許してくれたようですね(笑)。

 

さて、「ころたま」とは?

パフと1年以上お付き合いくださっている皆様はご存知だと思うが、正式名称を「採用コロンブスの卵」という。

なんのこっちゃ?

と、お思いの方もいらっしゃると思うが、このコンセプトコピーを読めば、ああ、なるほどね、となるのではないかな。

===

「だれでもできそうなことでも、最初にするのはむずかしい」
「少しの工夫を加えるだけで、見違えるような結果が生まれる」

これは「コロンブスの卵」のエピソードに込められたメッセージです。
本セミナーでは、採用活動における「コロンブスの卵」のような、柔軟な発想や逆転の発想で採用を成功された事例をご紹介します。

今こそ、世の中で一般的とされている採用手法を捨て、既成概念に捉われず、貴社らしいオリジナルな採用活動を創っていくことが必要ではないでしょうか。

===

もうかれこれ10年以上、毎年この時期に開催している。

ということで、明日はパフの新卒採用ソリューションセミナー「採用コロンブスの卵」。

今年はディスコさんに素敵な会場(神楽坂HCスタジオ)をご提供いただき開催することになった。

冒頭の特別講演は、そのディスコさんのキャリタスリサーチ上席研究員・武井さんと、マイナビHRリサーチ部長・栗田さんとの対談形式でお送りする。僕も聞き手役としてご一緒させていただく(ディスコさんとマイナビさんが一緒に対談するってすごいでしょw)。

実は一週間ほど前に、武井さんと栗田さんと僕の3人でご飯を食べながら打ち合わせをしていたのだが、お二人とも息がぴったり合っている。一昨日には対談に向けての調査資料も頂いたのだが、これもばっちり。対談のテーマは「今、学生に支持されるインターンシップとは?」というもの。

採用担当者の皆さんは、「今年のインターンシップどうしよう…」と悩んでおられる方も多いであろう。ぜひ明日の対談でヒントを掴んでほしい。

そしてこの対談後には、8つの事例発表セッション。ふたつの教室(教室Aと教室B)が用意されている。

教室Aでは、2019年採用を成功裏に終わらせたパフ顧客企業の採用担当者様が自ら登壇し、その成功の秘訣を余すところなく披露してくださる。

教室Bでは、パフとそのパートナーが有しているノウハウや武器や情報を提供させていただく。

 

それぞれの教室は1限目から4限目まで。時間は13時から17時45分までびっしり。体が二つないと全ての講義を受講できないので、1社2名で来ていただくのが理想的かな?

ということで、まだ席には若干の空きがあるようなので、この日記を読んで「やっぱり行こうかな…」と思ってくださった方は、ぜひお早めにお申し込みください。(お申し込みはこちらから⇒ https://www.puff.co.jp/seminars/20190802/ )

皆さんのお越しを楽しみにお待ちいたしております!

 

ところで明日は、チコちゃんに叱られることなく富良野の写真を載せられるかな?そちらもお楽しみに(@^^)/~~~

7月17日(火)

稚内から午前6時36分発の特急サロベツで旭川に向かった。

ちなみに旭川はここです。

 

 

 

北海道の中央からやや北よりのところ。北海道の中では気温は高いほうで、この日もちょっと蒸し暑い気候だった。といっても24℃くらいかな?本州の猛暑からすると申し訳ないくらいの気温ですが💦

旭川でのいちばんの目的地はここ。

 

 

そう、旭山動物園である。

旭川は人生二度目だったが、前回(もう10年以上前)はスケジュールの関係で来ることができず、ずっと心残りだった。

 

旭川駅から路線バスで30分程度。この日は平日だったのでバスもさほど混むことなく、ゆったりと旭川の街並みを眺めながら向かうことができた。

そして旭山動物園と言えばやっぱりこれですね。

 

 

 

なかなか可愛いですよね。

 

オランウータンもとても可愛かったし。

 

白熊クンも。

 

 

 

動物園に来るのっていつぶりだっただろう。娘がまだ小学校低学年のころ?いや、幼稚園に通っていた頃だったかな?

上野動物園や多摩動物公園や富士サファリパークなんかにもよく行ったものだが、もう20年以上も前のことだ。

こうやって、ボーっと何も考えずに動物を眺めるのっていいものですね。

 

 

 

あ、あんまりボーっとしてたら、チコちゃんに叱られてしまいました(笑)。

 

さあ、そして旭川から向かったのは懐かしの富良野。

 

 

10数年ぶりに訪れた北の国からのお話は、また明日(@^^)/~~~!

(つづく)

 

7月16日(月)午後1時過ぎ。

礼文島の美しい景色に後ろ髪をひかれながらもフェリーで利尻島に渡った。

 

 

利尻島まで約50分。着いたのはすでに午後2時を回っていた。

 

この日のうちに稚内に戻らなければならず、帰りのフェリーまで残す時間は3時間ちょっと。この3時間を有意義に過ごすためには……。

そうだ自転車だ!

ということで、フェリー乗り場近くにあった貸し自転車屋さん(といっても掘っ立て小屋みたいなところだけど)に行って、ロードバイクを借りた。そして颯爽と(でもないけど)自転車で島を駆け巡った。

 

利尻富士が本当にきれいだった。

 

フェリー乗り場からもこんなにきれいに見えるようになった。

 

僕は自転車で疲れすぎてこんな感じだったけど(笑)。

 

そして、あっという間にフェリーの時間が来てしまった。

次に来るときは、利尻島でも一泊してゆっくりと島の中を散策したい。

 

帰りのフェリーではこんなきれいな夕日を拝むこともできた。

 

あー、そうそう。2か月ほど前に稚内から約20kmを泳いで渡ったというヒグマに会うことはできなかった。なんでもこのヒグマ、メスを求めて渡ってきたということなのだが、稚内ではモテなかったのだろうか。なんとなく共感してしまう(笑)。

さーて、いよいよ放浪の旅も後半戦。明日は富良野かな?あーあー、あああ、あー♪

(つづく)